Power BI ダッシュボード、レポート、およびタイルを埋め込むEmbed your Power BI dashboards, reports and tiles

ここでは、アプリケーション内に Power BI コンテンツを埋め込むために必要な手順について説明します。Learn about the steps you need to take to embed Power BI content within your application.

Microsoft は Power BI Premium を発表しました。この新しい容量ベースのライセンス モデルは、ユーザーによるコンテンツのアクセス、共有および配布方法の柔軟性を高めます。Microsoft announced Power BI Premium, a new capacity-based licensing model that increases flexibility for how users access, share and distribute content. また、Power BI サービスのスケーラビリティとパフォーマンスが向上します。The offering also delivers additional scalability and performance to the Power BI service. Microsoft Azure 内に容量を作成することができる Power BI Embedded も発表されました。Power BI Embedded was also announced that allows for creating capacity within Microsoft Azure. Power BI Embedded はアプリケーションと顧客を対象としたものです。Power BI Embedded is focused on your application and your customers.

この記事では、組織向けと顧客向け両方の Power BI コンテンツの埋め込みについて説明します。This article will look at embedding your Power BI content for both your organization and your customers. 2 つのシナリオの手順は似ています。The steps are similar between the two scenarios. 手順が顧客向けの埋め込みに固有である場合は、そのことが示されています。Callouts will be made when a step is specific to embedding for your customer.

これを可能にするためにアプリケーションで実行する必要がある手順がいくつかあります。There are a few steps you have to do with your application to make this possible. アプリケーション内で埋め込みコンテンツを作成し、使用できるようにするために必要な手順を順に説明していきます。We will go through the steps needed to allow you to create and use embedded content within your application.

注意

Power BI API では引き続き、アプリ ワークスペースをグループと呼びます。The Power BI APIs still refer to app workspaces as groups. したがって、グループと記述されている場合はすべて、アプリ ワークスペースを使用していることを意味します。Any references to groups mean that you are working with app workspaces.

手順 1: 埋め込み分析開発環境をセットアップするStep 1: Setup your embedded analytics development environment

アプリケーションへのダッシュボードとレポートの埋め込みを開始する前に、埋め込めるように環境がセットアップされていることを確認する必要があります。Before you start embedding dashboards and reports into your application, you need to make sure your environment is setup to allow for embedding. セットアップの一環として、以下を行う必要があります。As part of the setup, you will need to do the following.

注意

アプリケーションの開発には、Power BI の容量は必要ありません。Power BI capacity is not required for development of your application. アプリケーションの開発者には Power BI Pro ライセンスが必要になります。The developers of the application will need to have a Power BI Pro license.

Azure Active Directory テナントAzure Active Directory tenant

Power BI からアイテムを埋め込むには、Azure Active Directory (Azure AD) テナントが必要になります。You will need an Azure Active Directory (Azure AD) tenant in order to embed items from Power BI. このテナントには少なくとも 1 人の Power BI Pro ユーザーが必要です。This tenant must have at least one Power BI Pro user. また、テナント内で Azure AD アプリを定義する必要があります。You will also need to define an Azure AD app within the tenant. 既存の Azure AD テナントを利用することも、埋め込み専用に新しいものを作成することもできます。You can make use of an existing Azure AD tenant or create a new one specifically for embedding purposes.

顧客向けに埋め込む場合は、使用するテナント セットアップを決める必要があります。You will need to determine what tenant setup to use if you are embedding for your customers.

  • 既存の企業の Power BI テナントを使用しますか。Use your existing corporate Power BI tenant?
  • アプリケーションで個別のテナントを使用しますか。Use a separate tenant for your application?
  • 顧客ごとに個別のテナントを使用しますか。Use a separate tenant for each customer?

既存のテナントを使用しない場合や、アプリケーション、または顧客ごとに新しいテナントを作成するよう選択できる場合は、「Azure Active Directory テナントを作成する」または「Azure Active Directory テナントを取得する方法」を参照してください。If you do not want to use an existing tenant, you can decide to create a new tenant for your application, or one for each customer, see Create an Azure Active Directory tenant or How to get an Azure Active Directory tenant.

Power BI Pro ユーザー アカウントを作成するCreate a Power BI Pro user account

コンテンツを埋め込む場合、1 つの Power BI Pro アカウントのみが必要となります。You only need a single Power BI Pro account to embed content. ただし、アイテムに固有のアクセス権を持ついくつかの異なるユーザーが必要になる場合があります。However, you may want to have a few different users that have specific access to items. ここでは、テナント内で考慮する必要がある可能性があるユーザーを示します。Here is a look at possible users to consider within your tenant.

次のアカウントはテナント内に存在し、Power BI Pro ライセンスを割り当てる必要があります。The following accounts will need to exist within your tenant and have a Power BI Pro license assigned to them. Power BI 内でアプリ ワークスペースを使用する場合は、Power BI Pro ライセンスが必要です。A Power BI Pro license is required to work with app workspaces within Power BI.

組織/テナント管理者ユーザーAn organization/tenant admin user

顧客向けの埋め込みでは、アプリケーションが使用するアカウントとして、組織/テナントのグローバル管理者ユーザーを使用しないことをお勧めします。It is recommended that your organization/tenant Global Admin user should not be used as account your application uses if embedding for your customers. そうすれば、テナント内でのアプリケーション アカウントによるアクセスが最小限に抑えられます。This is to minimize access that the application account has within your tenant. 管理者ユーザーは、埋め込むために作成されたすべてのアプリ ワークスペースの管理者にすることをお勧めします。It is recommended that the admin user be an admin of all app workspaces created for the purpose of embedding.

コンテンツを作成するアナリストのアカウントAccounts for analysts that will create content

複数のユーザーが Power BI のコンテンツを作成する可能性があります。You may have multiple users that create content for Power BI. コンテンツを作成し、Power BI に配置するアナリストごとに Power BI Pro アカウントが必要になります。You will need a Power BI Pro account for each analyst that is creating and deploying content to Power BI.

顧客向けの埋め込みのためのアプリケーション "マスター" ユーザー アカウントAn application master user account for embedding for your customers

マスター アカウントは、顧客向けのコンテンツ埋め込み時にアプリケーションが使用するアカウントです。The master account is the account your application will use when embedding content for your customers. 通常、このシナリオは ISV アプリケーション向けです。The scenario is typically for ISV applications. 組織内で本当に必要なアカウントはマスター アカウントだけです。The master account is really the only required account you need within your organization. 管理者およびアナリスト アカウントとしても使用できますが、お勧めできません。It can also be used as the admin and analyst account, but it is not recommended. アプリケーションのバックエンドにはこのアカウントの資格情報が格納され、Power BI API で使用する Azure AD 認証トークンを取得するために使用されます。Your application's backend will store the credentials for this account and use it for acquiring an Azure AD auth token for use with the Power BI APIs. このアカウントは、アプリケーションを顧客用に使用するための埋め込みトークンを生成する場合に使用されます。This account will be used to generate an embed token for the application to use for your customers.

マスター アカウントは、アプリケーションで使用する Power BI Pro ライセンスを持っている通常のユーザーに過ぎません。The master account is just a regular user with a Power BI Pro license that you use with your application. このアカウントは、埋め込みに使用されるアプリ ワークスペースの管理者である必要があります。The account must be an admin of the app workspace that is being used for embedding.

アプリの登録とアクセス許可App registration and permissions

REST API の呼び出しを行うには、Azure AD にアプリケーションを登録する必要があります。You will need to register your application with Azure AD in order to make REST API calls. 詳しくは、「Azure AD アプリを登録して Power BI コンテンツを埋め込む」をご覧ください。For more information, see Register an Azure AD app to embed Power BI content.

アプリ ワークスペースを作成するCreate app workspaces

顧客向けにダッシュボードとレポートを埋め込む場合は、そのダッシュボードとレポートをアプリ ワークスペース内に配置する必要があります。If you are embedding dashboards and reports for your customers, those dashboards and reports have to be placed within an app workspace. 前述の "マスター" アカウントは、アプリ ワークスペースの管理者である必要があります。The master account, that was mentioned above, must be an admin of the app workspace.

  1. 最初に、ワークスペースを作成します。Start by creating the workspace. [ワークスペース] > [アプリのワークスペースの作成] の順に選択します。Select Workspaces > Create app workspace.

    アプリのワークスペースを作成する

    ここが、同僚と共同でコンテンツを配置する場所になります。This will be the place to put content that you and your colleagues collaborate on.

  2. ワークスペースの名前を付けます。Give the workspace a name. 対応するワークスペース ID が使用できない場合は、一意の ID になるように編集します。If the corresponding Workspace ID isn't available, edit it to come up with a unique ID.

    これはアプリの名前にもなります。This will be the name of the app, too.

    ワークスペースに名前を付ける

  3. 設定にはいくつかのオプションがあります。You have a few options to set. [パブリック] を選択すると、組織内のすべてのユーザーがワークスペースの内容を表示できます。If you choose Public, anyone in your organization can see what’s in the workspace. 一方、[プライベート] の場合、ワークスペースのメンバーしかその内容を表示できません。Private, on the other hand, means only members of the workspace can see its contents.

    公開または非公開を設定する

    グループを作成した後は、公開/非公開を変更することはできません。You can't change the Public/Private setting after you've created the group.

  4. メンバーが編集可能かどうか、表示専用のアクセス許可を持つかどうかも選択できます。You can also choose if members can edit or have view-only access.

    編集または表示専用を設定する

    コンテンツを編集できるようにアプリ ワークスペースだけにユーザーを追加します。Only add people to the app workspace so they can edit the content. コンテンツを表示するだけのユーザーの場合は、ワークスペースには追加しないでください。If they're only going to view the content, don't add them to the workspace. そのユーザーは、アプリを発行するときに追加できます。You can include them when you publish the app.

  5. ワークスペースへのアクセス許可を与えるユーザーの電子メール アドレスを追加して、[追加] を選択します。Add email addresses of people you want to have access to the workspace, and select Add. 追加できるのは個別ユーザーのみで、グループのエイリアスは追加できません。You can’t add group aliases, just individuals.

  6. ユーザーごとにメンバーか管理者かを判断します。Decide whether each person is a member or an admin.

    メンバーまたは管理者を設定する

    管理者は、他のメンバーの追加を含め、ワークスペース自体を編集できます。Admins can edit the workspace itself, including adding other members. メンバーは、表示専用のアクセス許可を持っていないかぎり、ワークスぺースのコンテンツを編集できます。Members can edit the content in the workspace, unless they have view-only access. 管理者とメンバーの両方がアプリを発行できます。Both admins and members can publish the app.

  7. [保存] を選択します。Select Save.

Power BI でワークスペースが作成され、開きます。Power BI creates the workspace and opens it. メンバーであるワークスペースの一覧が表示されます。It appears in the list of workspaces you’re a member of. 管理者は、省略記号 (...) を選択すると、前の画面に戻って新しいメンバーの追加やアクセス許可の変更などの変更を加えることができます。Because you’re an admin, you can select the ellipsis (…) to go back and make changes to it, adding new members or changing their permissions.

ワークスペースを編集する

レポートを作成してアップロードするCreate and upload your reports

Power BI Desktop を使用してレポートとデータセットを作成し、アプリ ワークスペースにこれらのレポートを発行できます。You can create your reports and datasets using Power BI Desktop and then publish those reports to an app workspace. レポートを発行するエンド ユーザーには、アプリ ワークスペースに発行するための Power BI Pro ライセンスが必要です。The end user publishing the reports need to have a Power BI Pro license in order to publish to an app workspace.

手順 2: コンテンツを埋め込むStep 2: Embed your content

アプリケーション内では、Power BI で認証する必要があります。Within your application, you will need to authenticate with Power BI. 顧客向けのコンテンツを埋め込む場合は、アプリケーション内に "マスター" アカウントの資格情報を格納します。If you are embedding content for your customers, you will store the credentials for the master account within your application. 詳しくは、「ユーザーを認証し、Power BI アプリ用の Azure AD アクセス トークンを取得する」をご覧ください。For more information, see Authenticate users and get an Azure AD access token for your Power BI app.

認証を行った後、アプリケーション内で、Power BI REST API と JavaScript API を使用して、ダッシュボードとレポートをアプリケーションに埋め込みます。Once authenticated, within your application, use the Power BI REST APIs and JavaScript APIs to embed dashboards and reports into your application.

組織向けの埋め込みについては、以下のチュートリアルをご覧ください。For embedding for your organization, see the following walkthroughs:

通常は ISV を対象としたものである顧客向けの埋め込みについては、以下をご覧ください。For embeding with your customers, which is typical for ISVs, see the following:

顧客向けに埋め込む場合は、埋め込みトークンが必要です。When embedding for your customers, an embed token is required. 詳細については、「GenerateToken」を参照してください。To learn more see, GenerateToken.

手順 3: ソリューションを運用に昇格するStep 3: Promote your solution to production

運用環境に移行には、追加手順がいくつか必要です。Moving to production requires a few extra steps.

組織向けの埋め込みEmbedding for your organization

組織向けの埋め込みの場合は、アプリケーションへのアクセス方法を知らせるだけです。If you are embedding for your organization, you only need to let people know how to get to your application.

容量によってアプリ ワークスペース (グループ) がバックアップされている場合、無料ユーザーはそのワークスペースから埋め込まれたコンテンツを利用できます。Free users can consume content that is embedded from an app workspace (group), if that workspace is backed by capacity. アプリ ワークスペース (グループ) のメンバーとして無料ユーザーをリストします。そうしないと、401 非承認エラーが発生します。List the Free user as a member of app workspace (group), otherwise you receive a 401 unauthorized error. 次の表は、Office 365 で利用可能な Power BI Premium SKU の一覧です。The following table lists the available Power BI Premium SKUs available within Office 365.

容量ノードCapacity Node 合計コアTotal cores
(バックエンド + フロントエンド)(Backend + frontend)
バックエンド コアBackend Cores フロントエンド コアFrontend Cores DirectQuery/ライブ接続の制限DirectQuery/live connection limits ピーク時の最大のページ レンダリング数Max page renders at peak hour
EM3EM3 4 v コア4 v-cores 2 コア、10 GB の RAM2 cores, 10GB RAM 2 コア2 cores 601-1,200601-1,200
P1P1 8 v コア8 v-cores 4 コア、25 GB の RAM4 cores, 25GB RAM 4 コア4 cores 1 秒あたり 3030 per second 1,201-2,4001,201-2,400
P2P2 16 v コア16 v-cores 8 コア、50 GB の RAM8 cores, 50GB RAM 8 コア8 cores 1 秒あたり 6060 per second 2,401-4,8002,401-4,800
P3P3 32 v コア32 v-cores 16 コア、100 GB の RAM16 cores, 100GB RAM 16 コア16 cores 1 秒あたり 120120 per second 4,801-96004,801-9600

注意

グローバルまたは課金管理者は、Power BI Premium を購入するためには、テナント内に存在する必要があります。You must be a Global or Billing Admin, within your tenant, in order to purchase Power BI Premium. Power BI Premium の購入方法については、「Power BI Premium の購入方法」を参照してください。For information on how to purchase Power BI Premium, see How to purchase Power BI Premium.

顧客向けの埋め込みEmbedding for your customers

顧客向けに埋め込む場合は、次のようにします。If you are embedding for your customers, do the following.

  • 開発用に個別のテナントを使う場合は、アプリ ワークスペース、ダッシュボード、およびレポートが運用環境で利用可能であることを確認する必要があります。If you are using a separate tenant for development, then you must make sure your app workspaces, along with dashboards and reports, are available in your production environment. また、運用テナントの Azure AD でアプリケーションを作成し、手順 1 のとおり、適切なアプリにアクセス許可を割り当てたことを確認します。Make sure that you create the application in Azure AD for your production tenant and assign the proper app permissions as indicated in Step 1.
  • ニーズに合う容量を購入します。Purchase a capacity that fits your needs. 以下の表を使って、必要になる可能性がある Power BI Embedded 容量の SKU を把握できます。You can use the table below to understand which Power BI Embedded capacity SKU you may need. 詳細については、「Embedded analytics capacity planning whitepaper」 (埋め込み分析の容量計画に関するホワイト ペーパー) を参照してください。For more details, see Embedded analytics capacity planning whitepaper. 準備ができたら、Microsoft Azure Portal で購入できます。When you are ready to purchase, you can do so within the Microsoft Azure portal. Power BI Embedded 容量の作成方法の詳細については、「Create Power BI Embedded capacity in the Azure portal」(Azure Portal で Power BI Embedded 容量を作成する) をご覧ください。For details on how to create Power BI Embedded capacity, see Create Power BI Embedded capacity in the Azure portal.

重要

埋め込みトークンは開発と開発テストのためのものです。そのため、Power BI マスター アカウントで生成できる埋め込みトークンの数には限りがあります。Because embed tokens are intended for development testing only, the number of embed tokens a Power BI master account can generate is limited. 運用環境で埋め込む場合、容量を購入する必要があります。A capacity must be purchased for production embedding scenarios. 容量を購入する場合、埋め込みトークンの生成数には上限がありません。There is no limit to embed token generation when a capacity is purchased.

容量ノードCapacity Node 合計コアTotal cores
(バックエンド + フロントエンド)(Backend + frontend)
バックエンド コアBackend Cores フロントエンド コアFrontend Cores DirectQuery/ライブ接続の制限DirectQuery/live connection limits ピーク時の最大のページ レンダリング数Max page renders at peak hour
A1A1 1 v コア1 v-cores 0.5 コア、3 GB の RAM.5 cores, 3GB RAM 0.5 コア.5 cores 1 秒あたり 55 per second 1-3001-300
A2A2 2 v コア2 v-cores 1 コア、5 GB の RAM1 core, 5GB RAM 1 コア1 core 1 秒あたり 1010 per second 301-600301-600
A3A3 4 v コア4 v-cores 2 コア、10 GB の RAM2 cores, 10GB RAM 2 コア2 cores 1 秒あたり 1515 per second 601-1,200601-1,200
A4A4 8 v コア8 v-cores 4 コア、25 GB の RAM4 cores, 25GB RAM 4 コア4 cores 1 秒あたり 3030 per second 1,201-2,4001,201-2,400
A5A5 16 v コア16 v-cores 8 コア、50 GB の RAM8 cores, 50GB RAM 8 コア8 cores 1 秒あたり 6060 per second 2,401-4,8002,401-4,800
A6A6 32 v コア32 v-cores 16 コア、100 GB の RAM16 cores, 100GB RAM 16 コア16 cores 1 秒あたり 120120 per second 4,801-96004,801-9600
  • アプリ ワークスペースを編集し、[詳細] で容量にそれを割り当てます。Edit the app workspace and assign it to a capacity under advanced.

    容量にアプリ ワークスペースを割り当てる

  • 更新されたアプリケーションを運用環境にデプロイし、Power BI ダッシュボードとレポートの埋め込みを始めます。Deploy your updated application to production and begin embedding Power BI dashboards and reports.

管理の設定Admin settings

グローバル管理者または Power BI サービス管理者は、テナントに対し REST API を使う機能を有効または無効にできます。Global Admins, or Power BI service administrators, can turn the ability to use the REST APIs, on or off for a tenant. Power BI 管理者は、組織全体または個々のセキュリティ グループに対してこれを設定できます。Power BI admins can set this setting for the entire organization, or for individual security groups. 既定では組織全体に対して有効になります。It is enabled for the entire organization by default. これは Power BI 管理ポータルから行います。This is done through the Power BI admin portal.

次の手順Next steps

Power BI で埋め込みEmbedding with Power BI
Power BI に Power BI Embedded ワークスペース コレクション コンテンツを移行する方法How to migrate Power BI Embedded workspace collection content to Power BI
Power BI Premium とはPower BI Premium - what is it?
Power BI Premium の購入方法How to purchase Power BI Premium
JavaScript API Git リポジトリJavaScript API Git repo
Power BI C# Git リポジトリPower BI C# Git repo
JavaScript 埋め込みサンプルJavaScript embed sample
埋め込み分析の容量計画に関するホワイト ペーパーEmbedded analytics capacity planning whitepaper
Power BI Premium ホワイト ペーパーPower BI Premium whitepaper

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティで質問してみてくださいTry asking the Power BI Community