Power BI ビジュアル API の変更ログPower BI visuals API changelog

このページには、API バージョンの簡単な概要が含まれています。This page contains a quick summary of the API versions. ここに記載されているバージョンは安定バージョンと見なされ、変更されません。Versions listed here are considered stable and will not change.

API v3.2.0API v3.2.0

API v2.6.0API v2.6.0

  • 更新オプションに isInFocus を追加。ビジュアル ホストに switchFocusModeState メソッドを追加Adds isInFocus to update option and switchFocusModeState method to visual host
  • subtotals のカスタマイズをサポートSupports subtotals customization

API v2.5.0API v2.5.0

  • 分析ペイン をサポートSupports Analytics Pane
  • SelectionIdBuilderwithMatrixNode および withTable メソッドをサポートSupports SelectionIdBuilder withMatrixNode and withTable methods
  • DataRepetitionSelector インターフェイスのサポートが終了し、data.CustomVisualOpaqueIdentity インターフェイスに置き換えNo longer supports DataRepetitionSelector interface, replaced with data.CustomVisualOpaqueIdentity interface

API v2.3.0API v2.3.0

API v2.2.0API v2.2.0

API v2.1.0API v2.1.0

  • パフォーマンスの向上:Performance enhancements:
    • 読み込み時間の短縮Faster load times
    • より小さなメモリ占有領域Smaller memory footprint
    • 最適化されたデータおよびイベント トランザクションOptimized data and event transactions

リリース ノートRelease notes

  • リファクタリングされたフィルター処理 API シリーズは API 2.2 で利用可能になり、API 2.1 ではサポートされません。Refactored filtering APIs will be available in API 2.2 and are not supported in API 2.1.
  • ビジュアルは、その機能で宣言された dataView 型のみを受け取ります。Visuals will only receive the dataView type that was declared in their capabilities. 複数の dataView 型を使用しているビジュアルは、この更新の結果として中断されます。Visuals that used multiple dataView types will break as a result of this update.
  • DataViewScopeIdentity インターフェイスのサポートが終了し、data.DataRepetitionSelector インターフェイスに置き換えられました。No longer supports DataViewScopeIdentity interface, replaced with data.DataRepetitionSelector interface. DataViewScopeIdentity インターフェイスのキー プロパティを使用していた場合は、JSON.stringify(identity) に置き換えることができますIf you used key property of the DataViewScopeIdentity interface, you can replace it with JSON.stringify(identity)
  • undefined は dataView 内で null に置き換えられます。undefined is replaced with null inside the dataView. var item in myArray を使用して配列を反復処理する場合、undefined はスキップされますが、null はスキップされません。When iterating over an array using var item in myArray it skips on undefined, but doesn’t skip on null. このパターンを使用するビジュアルは、この更新によって破損する可能性があります。Visuals that use this pattern may be broken by this update. 配列内の null を確認してください。Make sure to check for null in arrays:
    for (var item in myArray) {
       if (!item) {
         continue;
       }
       console.log(item);
    }
    
  • proto プロパティでは、dataView 内に非表示のメタデータまたはデータが格納されなくなりました。The proto property no longer stores hidden metadata\data inside the dataView. proto を介してプロパティにアクセスするビジュアルは、この更新によって破損する可能性があります。Visuals that access properties via proto may be broken by this update.

API v1.13.0API v1.13.0

API v1.12.0API v1.12.0

API v1.11.0API v1.11.0

API v1.10.0API v1.10.0

  • ILocalizationManager を追加Adds ILocalizationManager
  • 認証 APIAuthentication API

API v1.9.0API v1.9.0

API v1.8.0API v1.8.0

  • 機能スキーマで新しい型 fillRule (勾配) をサポートSupports new type fillRule (gradient) in capabilities schema
  • オブジェクト プロパティの機能スキーマで rule プロパティをサポートSupports rule property in capabilities schema for object properties

API v1.7.0API v1.7.0

API v1.6.2API v1.6.2

API v1.5.0API v1.5.0

API v1.4.0API v1.4.0

API v1.3.0API v1.3.0

API v1.2.0API v1.2.0

  • colorPalette を追加して、ビジュアルで使用する色を管理します。Adds colorPalette to manage the colors used on your visual.
  • 複数選択をサポート。selectionManager は SelectionId の配列を受け入れることができます。Supports Multiple selection - selectionManager can accept an array of SelectionId.
  • R スクリプトを使用した R ビジュアル をサポートSupports R visuals using R scripts

API v1.1.0API v1.1.0

  • iFrame 内のデバッグ ビジュアルをサポートSupports debug visual in iFrame
  • iFrame の初期化を高速にする軽量のサンドボックスを追加Adds light weight sandbox with faster initialization of the iFrame
  • Capabilities.objects で "テキスト" 型がサポートされない問題を修正Fixes Capabilities.objects does not support "text" type issue
  • ビジュアル API の型定義とスキーマを更新するための pbiviz update をサポートSupports pbiviz update to update visual API type definitions and schema
  • 特定の API バージョンでビジュアルを作成するための、pbiviz new--api-version フラグをサポートSupports --api-version flag in pbiviz new to create visuals with a specific api version
  • API v1.2.0 のアルファ リリースをサポートSupports alpha release of API v1.2.0

ビジュアル ホストVisual Host

  • データ選択に使用される一意の識別子を作成するための createSelectionIdBuilder を追加Adds createSelectionIdBuilder to create unique identifiers used for data selection
  • ビジュアルの選択状態を管理し、ビジュアル ホストに変更を通知するための createSelectionManager を追加Adds createSelectionManager to manage the selection state of the visual and communicates changes to the visual host
  • ビジュアルで使用する既定の colors の配列を追加Adds an array of default colors to use in visuals

API v1.0.0API v1.0.0

  • 最初の API リリースInitial API release