Power BI ビジュアルでのスライサーの同期Sync slicers in Power BI visuals

スライサーの同期機能をサポートするには、カスタム スライサー視覚化で API バージョン 1.13.0 以降を使用する必要があります。To support the Sync Slicers feature, your custom slicer visual must use API version 1.13.0 or later.

さらに、次のコードで示すように、capabilities.json ファイルでオプションを有効にする必要があります。Additionally, you need to enable the option in the capabilities.json file, as shown in the following code:

{
    ...
    "supportsHighlight": true,
    "suppressDefaultTitle": true,
    "supportsSynchronizingFilterState": true,
    "sorting": {
        "default": {}
    }
}

capabilities.json ファイルを更新した後は、カスタム スライサー ビジュアルを選択したときに、 [スライサーの同期] オプション ウィンドウを表示できます。After you've updated the capabilities.json file, you can view the Sync slicers options pane when you select your custom slicer visual.

注意

スライサーの同期機能では、複数のフィールドはサポートされていません。The Sync Slicers feature doesn't support more than one field. スライサーに複数のフィールド (カテゴリまたはメジャー) がある場合、機能は無効になります。If your slicer has more than one field (Category or Measure), the feature is disabled.

[スライサーの同期] ウィンドウ

[スライサーの同期] ウィンドウでは、スライサーの表示とそのフィルター処理を複数のレポート ページに適用できることがわかります。In the Sync slicers pane, you can see that your slicer visibility and its filtration can be applied to several report pages.