Power BI ユーザー ライセンスの表示と管理

この記事では、管理者が Microsoft 365 管理センターまたは Azure portal を使用して、Power BI サービスのユーザー ライセンスを表示および管理する方法について説明しています。

注意

ユーザーには、Power BI Free と Power BI Pro ライセンスの両方を割り当てることができます。 これは、ユーザーが無料ライセンスにサインアップした後で Power BI Pro ライセンスが割り当てられた場合に起こる場合があります。 ここでは、最上位のライセンス レベルを有効にします。

サブスクリプションを表示する

組織が持っている Power BI サブスクリプションを確認するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft 365 管理センターにサインインします。
  2. ナビゲーション メニューで、 [課金]>[お使いの製品] の順に選択します。

アクティブな Power BI サブスクリプションが、ご利用中のその他のサブスクリプションと共に一覧表示されます。 次に示すように、想定されていない Power BI Free のサブスクリプションが表示される場合があります。

Screenshot of the Power B I subscription, showing a free subscription.

この種類のサブスクリプションは、ユーザーがセルフサービス サインアップを利用するときに自動的に作成されます。 詳細については、「組織内の Power BI」を参照してください。

Microsoft 365 でライセンスを管理する

Microsoft 365 管理センターを使用してユーザー ライセンスを管理するには、「ビジネス サブスクリプションと課金ドキュメント」を参照してください。

Azure portal でライセンスを管理する

次の手順に従い、Azure portal を使用して、Power BI ライセンスの表示と割り当てを行います。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. Azure Active Directory を検索して選択します。

  3. Azure Active Directory リソース メニューの [管理] の下にある [ライセンス] を選択します。

  4. リソース メニューから [すべての製品] を選択します。次に、Power BI ライセンスの種類を選択して、ライセンス ユーザーの一覧を表示します。

  5. ライセンスを割り当てるには、コマンド バーで、 [+ 割り当て] を選択します。 [ライセンスの割り当て] ページでユーザーを選択します。次に、 [割り当てオプション] を選択して、選択したユーザー アカウントの Power BI ライセンスを有効にします。

  6. ライセンスを削除するには、ユーザー名の横のチェックボックスを選択した後、 [ライセンスを削除する] を選択します。

次の手順