Power BI Premium のよく寄せられる質問

この記事では、Power BI Premium についてよく寄せられる質問を取り上げます。 概要については、「Microsoft Power BI Premium とは何ですか?」を参照してください。

Power BI Premium

このセクションでは、Power BI Premium の元のバージョンに関する質問と回答について説明します。

Power BI Premium とは

Power BI Premium は、以下を含む容量ベースのプランです。

  • 企業全体に幅広くレポートを発行できる柔軟性。受信者にユーザー別のライセンスを付与する必要はありません。
  • Power BI サービスにおける共有された容量よりも優れたスケールとパフォーマンス。
  • Power BI レポート サーバーでオンプレミスのビジネス インテリジェンス資産を保守する機能。
  • 一貫性のある一連の機能を利用し、埋め込み分析の最新機能にアクセスできる 1 つの API サーフェス。

Power BI Premium Generation 2 とは

Power BI Premium に Premium Gen2 という名前の新しいバージョンの Power BI Premium が最近リリースされました。 Premium Gen2 を使用すると、Premium 容量の管理が簡素化され、管理オーバーヘッドが削減されます。 Premium Gen2 の詳細については、「Power BI Premium Generation 2」を参照してください。

Power BI Premium は何を実行しますか? それはどのように機能するのでしょうか。

Power BI Premium は、各組織専用に割り当てられている Power BI サービスの容量で構成されます。 この容量は、Microsoft が完全に管理している専用ハードウェアでサポートされています。 組織は容量を幅広く適用するか、ユーザー数、ワークロードのニーズなどの要因に基づいて割り当てられたワークスペースに割り当てることができます。また、要件に変化に応じてスケールアップまたはスケールダウンすることができます。

Power BI Pro と Power BI Premium の違いは何ですか?

Power BI Premium は容量ベースのライセンスですが、Power BI Pro と Premium Per User (PPU) はユーザーベースのライセンスです。 Power BI Pro は、レポートの公開や、ダッシュボードの共有のほか、ワークスペースで仕事仲間と共同作業したり、その他の関連アクティビティを行ったりするユーザーを対象としています。たとえば、次の作業を行うことができます。

  • カスタマイズされたビューの編集と保存
  • 個人用ダッシュボードの作成 (新しいダッシュボードへのピン留め)
  • Excel または Power BI Desktop でのデータ分析
  • Excel Web App サポートとの共有
  • ダッシュボードの共有と、Microsoft 365 グループとのコラボレーション
  • Microsoft Teams とのコンテンツの統合

Premium Per User (PPU) ライセンスには、Pro ユーザーのすべての機能が含まれ、さらに追加の機能があります。

Power BI Premium を使用するには Power BI Pro が必要ですか?

はい。 レポートの発行、ダッシュボードの共有、ワークスペースでの同僚とのコラボレーション、他の関連するアクティビティの実行には、Power BI Pro または Premium Per User (PPU) が必要です。 Power BI Pro は、Premium 容量内のコンテンツを使用する必要がありません。

Power BI Pro と Power BI Premium で最新の BI を導入する組織に対応するシナリオについて概要を教えてください。

次の例は、Power BI Pro と Power BI Premium を組み合わせて BI のニーズを満たす方法を示しています。

シナリオ 1 シナリオ 2 シナリオ 3 シナリオ 4
組織または部門は、すべての従業員がセルフサービス BI を使用し、互いに共同作業 (ダッシュボードの共有、即席の分析の実行、レポートの発行) できるようにしたいと考えています。 組織または部門には、セルフサービス BI とコラボレーションが必要なユーザーと、BI コンテンツを使用するだけでよいユーザーの組み合わせが存在します。 組織または部門には、セルフサービス BI とコラボレーションが必要なユーザーと、レポートをオンプレミスに保持する要件が存在します。 財務部門は、決算発表の前に大規模なデータセットを分析することに積極的に取り組み、ワークロードを管理するために無制限で分離された容量が必要です。
解決方法:

1.全ユーザーに Power BI Pro

2.Power BI Premium を追加することにより可能性を広げることを検討する – 他のシナリオを参照
解決方法:

1.セルフサービス BI とコラボレーションが必要なユーザーに Power BI Pro

2.Power BI Premium を追加して、BI コンテンツの使用のみが必要なユーザー向けに BI コンテンツを配信できるようにする
解決方法:

1.セルフサービス BI とコラボレーションが必要なユーザーに Power BI Pro

2.Power BI Premium を追加してオンプレミスでレポートを発行できるようにして、必要に応じてクラウドに移行する
解決方法:

1.財務部門の全ユーザーに Power BI Pro

2. 予約リソース (クラウド内) 用に Power BI Premium を追加し、財務チーム専用にして、スケールとパフォーマンスを向上する

Power BI Premium のコストはどのくらいですか? 使用できる SKU 数はどのくらいですか?

Power BI Premium は、仮想コア数に基づいて購入します。 価格については、Power BI の価格のページを参照してください。 ノードと v コアの詳細については、Microsoft Power BI Premium のホワイトペーパーを参照してください。

"容量" どのような意味で使われていますか?

容量とは、Power BI の使用についてお客様の組織に予約されているコンピューティング能力の量です。 これは、サービス管理者が Power BI Premium 管理ポータルの [容量管理] ページでプロビジョニングするものです。

Power BI Premium の請求方法を教えてください。

Power BI Premium は、年間契約で毎月請求されます。

Power BI Premium の購入方法を教えてください。

Power BI Premium は、Microsoft 365 管理センターから入手できます。 詳細については、「How to purchase Power BI Premium」(Power BI Premium の購入方法) を参照してください。 また、詳細については Microsoft の担当者に相談にお問い合わせください。

Power BI Premium は Office 365 E5 で使用できますか?

Power BI Premium は、Power BI Pro のアドオンとして使用できます。 Office 365 E5 には Power BI Pro が含まれています。 E5 ユーザーは、既存の Pro ライセンスのアドオンとして Premium を購入できます。

Power BI Report Server とは オンプレミスで Power BI を使用できるということですか?

Power BI Report Server はオンプレミス サーバーです。完全に組織のファイアウォールの境界内で、対話型の Power BI レポートとページ分割されたレポートを展開し、配布することができます。 Power BI Report Server は Power BI Premium で使用できます。または、SQL Server Enterprise Edition とソフトウェア アシュアランスを持つお客様の特典として利用できます。 ライセンスの詳細については、「Power BI Report Server のライセンス」を参照してください。 詳細については、Microsoft の担当者にお問い合わせください。

Power BI Premium では、組織がクラウド内にプロビジョニングした同数の仮想コアを Power BI Report Server 経由でオンプレミスに展開することもできます。 容量を分割する必要はありません。 組織は、クラウド内の Power BI または Power BI レポート サーバーを選択して、Power BI レポート サーバーと共にオンプレミスにレポートを保存し、自分のペースでクラウドに移行することができます。

詳細については、「Power BI レポート サーバーの概要」を参照してください。