Power BI サービスのデザイナー向けの基本的な概念Basic concepts for designers in the Power BI service

この記事の目的は、Power BI サービスに対するご自分の位置を確認することです。さまざまな要素とそれらが連動するしくみ、およびその操作方法について説明します。The aim of this article is to orient you to the Power BI service: what the different elements are, how they work together, and how you can work with them. 既に Power BI サービスにサインアップしていくつかデータを追加している場合は、より役に立つかもしれません。You may get more out of it if you've already signed up for the Power BI service and added some data. デザイナーの一般的なワークフローは、Power BI Desktop でレポートを作成することから始まります。As a designer, your typical workflow is usually to start by creating reports in Power BI Desktop. 次に、それらを Power BI サービスに公開します。ここで引き続きそれを変更できます。Then you publish them to the Power BI service, where you can continue modifying them. また、Power BI サービスでは、レポートに基づくダッシュボードを作成することもできます。You also create the dashboards based on your reports in the Power BI service.

この記事では、独自のレポートがまだない場合、Power BI サンプルのいずれかをインストールしてみてください。For this article, if you don't have your own reports yet try installing one of the Power BI samples.

ブラウザー内の Power BI サービスのホーム画面のスクリーンショットを示す図であり、番号が付けられた領域が以下にリストされている。

ブラウザーで Power BI サービスを開くと、最初にホーム画面が表示されます。When you open the Power BI service in a browser, you start at your Home screen. 表示される可能性がある要素は次のとおりです。Here are the elements you may see:

  1. ナビゲーション ウィンドウNavigation pane
  2. Microsoft 365 アプリ起動ツールMicrosoft 365 app launcher
  3. Power BI ホーム ボタンPower BI home button
  4. アイコン ボタン (設定、ヘルプ、フィードバックを含む)Icon buttons, including settings, help, and feedback
  5. 検索ボックスSearch box
  6. お気に入りとよく使用するダッシュボード、レポート、ワークスペースFavorite and frequent dashboards, reports, and workspaces
  7. 最近のダッシュボード、レポート、ワークスペースRecent dashboards, reports, and workspaces
  8. ワークスペースYour workspaces

あなたと、ご自分のレポートおよびダッシュボードのエンド ユーザーは、ブラウザーの Power BI サービスでの開始時のエクスペリエンスは同じです。You and the end users for your reports and dashboards have the same start experience in the Power BI service in a browser.

これらの機能については後に詳しく説明しますが、まずいくつかの Power BI の概念を確認します。We'll dig into these features later, but first let's review some Power BI concepts. または、このビデオを最初に視聴することもできます。Or you might want to watch this video first. このビデオでは、Will が Power BI サービスの基本的な概念と概要について説明しています。In the video, Will reviews the basic concepts and gives a tour of the Power BI service.

Power BI の概念Power BI concepts

Power BI の 5 つの主要な構成要素は、"ダッシュボード"、"レポート"、"ブック"、"データセット"、"データフロー" です。The five major building blocks of Power BI are: dashboards, reports, workbooks, datasets, and dataflows. これらはすべて "ワークスペース" にまとめられており、"容量" に基づいて作成されます。They're all organized into workspaces, and they're created on capacities. 5 つの構成要素について詳しく説明する前に、容量とワークスペースを理解しておくことが重要であるため、そこから始めましょう。It's important to understand capacities and workspaces before we dig into the five building blocks, so let's start there.

容量Capacities

容量は、Power BI コンテンツのホストと配信に使用される一連のリソース (ストレージ、プロセッサ、メモリ) を表す Power BI の中心的な概念です。Capacities are a core Power BI concept representing a set of resources (storage, processor, and memory) used to host and deliver your Power BI content. 容量は "共有" または "専用" のいずれかです。Capacities are either shared or dedicated. 共有容量は他の Microsoft のお客様と共有されますが、専用容量はそれぞれのお客様に完全にコミットされます。A shared capacity is shared with other Microsoft customers, while a dedicated capacity is fully committed to a single customer. 専用容量にはサブスクリプションが必要です。詳しくは、「Premium 容量を管理する」の記事で説明されています。Dedicated capacities require a subscription, and are fully described in the Managing Premium capacities article.

既定では、ワークスペースは共有容量で作成されます。By default, workspaces are created on a shared capacity. 共有容量の場合、ワークロードは他のお客様と共有される計算リソースで実行されます。In shared capacity, workloads run on computational resources shared with other customers. この容量ではリソースを共有する必要があるため、最大モデル サイズ (1 GB) や最大日次更新頻度 (1 日 8 回) など、"フェア プレイ" を確保するための制限が課されます。As the capacity must share resources, limitations are imposed to ensure "fair play", such as the maximum model size (1 GB) and maximum daily refresh frequency (eight times per day).

ワークスペースWorkspaces

ワークスペースは容量に基づいて作成されます。Workspaces are created on capacities. 基本的に、これらは Power BI のダッシュボード、レポート、ブック、データセット、およびデータフロー用のコンテナーになります。Essentially, they are containers for dashboards, reports, workbooks, datasets, and dataflows in Power BI.

2 種類のワークスペース、"マイ ワークスペース" と "ワークスペース" があります。There are two types of workspaces: My workspace and workspaces.

  • "マイ ワークスペース" は、自分のコンテンツを使う Power BI ユーザー向けの個人用ワークスペースです。My workspace is the personal workspace for any Power BI customer to work with your own content. ユーザーは自分のマイ ワークスペースにのみアクセスできます。Only you have access to your My workspace. マイ ワークスペースからダッシュボードとレポートを共有できます。You can share dashboards and reports from your My Workspace. ダッシュボードとレポートで共同作業する場合や、アプリを作成する場合は、ワークスペースで作業できます。If you want to collaborate on dashboards and reports, or create an app, then you want to work in a workspace.

  • "ワークスペース" は、同僚とコンテンツの共同作業および共有を行うために使われます。Workspaces are used to collaborate and share content with colleagues. ワークスペースに同僚を追加して、ダッシュボード、レポート、ブック、データセットの共同作業を行うことができます。You can add colleagues to your workspaces and collaborate on dashboards, reports, workbooks, and datasets. 1 つの例外として、ワークスペース メンバーにはすべて Power BI Pro ライセンスが必要です。With one exception, all workspace members need Power BI Pro licenses. 新しいワークスペースの詳細については、こちらを参照してください。Read more about the new workspaces.

    ワークスペースは、組織向け "アプリ" を作成、公開、管理する場所でもあります。Workspaces are also the places where you create, publish, and manage apps for your organization. ワークスペースは、Power BI アプリを構成するコンテンツ用のステージング領域およびコンテナーと考えることができます。Think of workspaces as staging areas and containers for the content that will make up a Power BI app. ところで、"アプリ" とは何でしょうか。So what is an app? 組織の Power BI のコンシューマーに主要なメトリックを提供するために作成された、ダッシュボードとレポートのコレクションです。It's a collection of dashboards and reports built to deliver key metrics to the Power BI consumers in your organization. アプリは対話型ですが、コンシューマーがそれを編集することはできません。Apps are interactive, but consumers can't edit them. アプリの使用者 (アプリへのアクセス権を持つ同僚) には必ずしも Pro ライセンスは必要ありません。App consumers, the colleagues who have access to the apps, don't necessarily need Pro licenses.

一般的な共有について学ぶ場合は、作業のダッシュボードを共有する方法に関する記事から始めてください。To learn more about sharing in general, start with Ways to share dashboards your work.

次に、5 つの Power BI の構成要素について説明します。Now, on to the five Power BI building blocks.

データフローDataflows

"データフロー" を使用すると、組織はさまざまなソースからデータを統合できます。A dataflow helps organizations to unify data from disparate sources. これらは省略可能であり、プロジェクトが複雑な場合や大規模な場合によく使用されます。They are optional, and are often used in complex or larger projects. これらは、データセットで使用するために準備およびステージングされたデータを表します。They represent data prepared and staged for use by datasets. しかし、レポートのソースとして直接使用することはできません。However, they can't be used directly as a source for reporting. オンプレミスとクラウドベースのデータ ソースからデータを取り込むことができるように、Microsoft のデータ コネクタの豊富なコレクションが利用されます。They leverage the extensive collection of Microsoft data connectors, enabling the ingestion of data from on-premises and cloud-based data sources.

データフローは、ワークスペース (しかし、"マイ ワークスペース" 以外) でのみ作成および管理され、Azure Data Lake Storage Gen2 の Common Data Model (CDM) にエンティティとして格納されます。Dataflows are only created and managed in workspaces (but not My Workspace), and they are stored as entities in the Common Data Model (CDM) in Azure Data Lake Storage Gen2. 通常、これらは最新のデータを格納するために、定期的に更新するようにスケジュールされています。Typically, they're scheduled to refresh on a recurring basis to store up-to-date data. データセットによって使用される (および再利用される可能性がある) データを準備するのに適しています。They're great for preparing data for use—and potential re-use—by your datasets. 詳細については、「Power BI でのセルフサービスのデータ準備」の記事を参照してください。For more information, see the Self-service data prep in Power BI article.

ダッシュボードやレポートは、データがないと使用できません (空のダッシュボードや空のレポートを用意することもできますが、データが取り込まれるまでは利用価値がありません)。そのため、今度はデータセットを紹介しましょう。You can't have dashboards or reports without data (well, you can have empty dashboards and empty reports, but they're not useful until they have data), so let's now introduce datasets.

データセットDatasets

データセット は、インポート先または接続先となるデータのコレクションです。A dataset is a collection of data that you import or connect to. Power BI を使うと、あらゆる種類のデータセットに接続してインポートし、すべてを 1 か所にまとめることができます。Power BI lets you connect to and import all sorts of datasets and bring all of it together in one place. データセットは、データフローからのデータをソースにすることもできます。Datasets can also source data from dataflows.

データセットは "ワークスペース" と関連付けられており、1 つのデータセットが多くのワークスペースの一部になることができます。Datasets are associated with workspaces and a single dataset can be part of many workspaces. ワークスペースを開くと、関連付けられているデータセットが [データセット] タブに一覧表示されます。表示されている各データセットは、データの 1 つのソースを表します。たとえば、OneDrive の Excel ブック、オンプレミスの SSAS 表形式データセット、Salesforce データセットなどです。When you open a workspace, the associated datasets are listed under the Datasets tab. Each listed dataset represents a single source of data, for example, an Excel workbook on OneDrive, or an on-premises SSAS tabular dataset, or a Salesforce dataset. 多くのさまざまなデータ ソースがサポートされており、頻繁に新しいデータソースが追加されていきます。There are many different data sources supported, and we're adding new ones all the time. Power BI で使用できるデータセットの種類の一覧を参照してください。See the list of dataset types that you can use with Power BI.

次の例は、"Sales and marketing" ワークスペースを選んで、 [データセット] タブをクリックしたものです。In the example below, I've selected the "Sales and marketing" workspace and clicked the tab for Datasets.

[データセット] が選択された状態のサンプル ワークスペースを示す Power BI のスクリーンショット。

1 つの データセットを...ONE dataset...

  • 1 つのワークスペースまたは多くのワークスペースで繰り返し使うことができます。can be used over and over in one or in many workspaces.

  • 多くのさまざまなレポートで使用できます。can be used in many different reports.

  • その 1 つのデータセットからの視覚エフェクトを、多くのさまざまなダッシュボードで表示できます。Visualizations from that one dataset can display on many different dashboards.

    レポートおよびダッシュボードに対するデータセットのリレーションシップを示す図

データセットに接続したりデータセットをインポートしたりするには、ナビ ペインの下部にある [データの取得] を選択します。To connect to or import a dataset, select Get Data at the bottom of the nav pane. 手順に従って、特定のソースに接続するかソースをインポートして、アクティブなワークスペースにデータセットを追加します。Follow the instructions to connect to or import the specific source and add the dataset to the active workspace. 新しいデータセットは、黄色のアスタリスクで示されます。New datasets are marked with a yellow asterisk. Power BI 内で行う作業によって、基になるデータセットが変更されることはありません。The work you do in Power BI doesn't change the underlying dataset.

1 人のワークスペース メンバーによって追加されたデータセットは、"管理者"、"メンバー"、または "共同作成者" のロールを持つ他のワークスペース メンバーが使用できます。Datasets added by one workspace member are available to the other workspace members with an admin, member, or contributor role.

データセットの更新、名前変更、探索、削除を行うことができます。Datasets can be refreshed, renamed, explored, and removed. データセットを使ってレポートを最初から作成するか、クイック インサイトを実行します。Use a dataset to create a report from scratch or by running quick insights. データセットを既に使っているレポートとダッシュボードを確認するには、 [関連の表示] を選びます。To see which reports and dashboards are already using a dataset, select View related. データセットを調べるには、そのデータセットを選択します。To explore a dataset, select it. この操作によって、実際にはそのデータセットをレポート エディターで開いています。ここで視覚エフェクトを作成することにより、データの調査を実際に開始できます。What you're actually doing is opening the dataset in the report editor where you can really start exploring into the data by creating visualizations.

それでは、次のトピック「レポート」に進みましょう。Now, let's move on to the next topic—reports.

詳細情報Dig deeper

レポートReports

Power BI レポートは、1 ページまたは複数ページの視覚エフェクト (チャート、グラフ、ツリーマップ) からなります。A Power BI report is one or more pages of visualizations such as line charts, maps, and treemaps. 視覚エフェクトは ビジュアル とも呼ばれます。Visualizations are also called visuals. レポートのすべての視覚エフェクトは 1 つのデータセットから取得されます。All of the visualizations in a report come from a single dataset. レポートは、Power BI 内で最初から作成すること、ダッシュボードを使用して同僚が共有しているものをインポートすること、Excel、Power BI Desktop、データベース、SaaS アプリケーションからデータセットに接続するときに Power BI で作成することができます。You can create reports from scratch within Power BI, import them with dashboards that colleagues share with you, or Power BI can create them when you connect to datasets from Excel, Power BI Desktop, databases, and SaaS applications. たとえば、Power View シートを含む Excel ブックに接続するとき、Power BI はそのシートに基づくレポートを作成します。For example, when you connect to an Excel workbook that contains Power View sheets, Power BI creates a report based on those sheets. SaaS アプリケーションに接続すると、Power BI は構築済みのレポートをインポートします。And when you connect to an SaaS application, Power BI imports a pre-built report.

レポートを表示して操作するモードは 2 つ、"読み取りビュー" と "編集ビュー" です。There are two modes to view and interact with reports: Reading view and Editing view. レポートを開くと、読み取りビューで開きます。When you open a report, it opens in Reading view. 編集アクセス許可を持っている場合は、左上隅の [レポートの編集] が表示され、編集ビューでレポートを表示できます。If you have edit permissions, then you see Edit report in the upper-left corner, and you can view the report in Editing view. レポートがワークスペース内にある場合は、"管理者"、"メンバー"、または "共同作成者" のロールを持つすべてのユーザーが編集できます。If a report is in a workspace, everyone with an admin, member, or contributor role can edit it. これらのユーザーは、そのレポートの編集ビューのすべての探索、設計、構築、および共有機能にアクセスできます。They have access to all the exploring, designing, building, and sharing capabilities of Editing view for that report. それらのユーザーがレポートを共有した相手のみが、読み取りビューでレポートを閲覧できます。The people they share the report with can explore and interact with the report in Reading view.

ワークスペースを開くと、関連付けられているレポートが [レポート] タブに一覧表示されます。リストされている各レポートは、基になるただ 1 つのデータセットに基づく、視覚エフェクトの 1 つ以上のページを表します。When you open a workspace, the associated reports are listed under the Reports tab. Each listed report represents one or more pages of visualizations based on only one of the underlying datasets. レポートを開くには、それを選択します。To open a report, select it.

アプリを開くと、ダッシュボードが表示されます。When you open an app, you're presented with a dashboard. 基になるレポートにアクセスするには、レポートからピン留めされたダッシュボードのタイルを選びます (タイルについては詳しく後で説明)。To access an underlying report, select a dashboard tile (more on tiles later) that was pinned from a report. すべてのタイルがレポートからピン留めされているわけではないので、レポートを探すにはタイルをいくつかクリックすることが必要な場合があることに注意してください。Keep in mind that not all tiles are pinned from reports, so you may have to click a few tiles to find a report.

既定では、レポートは読み取りビューで開きます。By default, the report opens in Reading view. 編集ビューで開くには、 [レポートの編集] を選びます (必要なアクセス許可がある場合)。Just select Edit report to open it in Editing view (if you have the necessary permissions).

次の例は、"Sales and marketing" ワークスペースを選んで、 [レポート] タブをクリックしたものです。In the example below, I selected the "Sales and marketing" workspace and clicked the tab for Reports.

[レポート] が選択された状態のサンプル ワークスペースを示す Power BI のスクリーンショット。

1 つの レポートを...ONE report...

  • 1 つのワークスペースに含めることができます。is contained in a single workspace.

  • そのワークスペース内の複数のダッシュボードに関連付けることができます。can be associated with multiple dashboards within that workspace. 1 つのレポートからピン留めされたタイルは、複数のダッシュボードに表示できます。Tiles pinned from that one report can appear on multiple dashboards.

  • 1 つのデータセットのデータを使用して作成できます。can be created using data from one dataset. Power BI Desktop を使用すると、複数のデータ ソースをレポート内の 1 つのデータセットに結合し、そのレポートを Power BI にインポートできます。Power BI Desktop can combine more than one data source into a single dataset in a report, and that report can be imported into Power BI.

    データ セットおよびダッシュボードに対するレポートのリレーションシップを示す図

詳細情報Dig deeper

ダッシュボードDashboards

"ダッシュボード" は、Power BI サービスを使って自分で作成する場合と、同僚が Power BI サービスで作成したものを共有してもらう場合があります。A dashboard is something you create in the Power BI service or something a colleague creates in the Power BI service and shares with you. これは 0 または 1 つ以上のタイルとウィジェットを含む単一のキャンバスです。It is a single canvas that contains zero or more tiles and widgets. レポートまたは Q&A からピン留めされた各タイルには、データセットのデータから作成され、ダッシュボードに固定された単一の視覚エフェクトが表示されます。Each tile pinned from a report or from Q&A displays a single visualization that was created from a dataset and pinned to the dashboard. レポート ページ全体をダッシュボードに 1 つのタイルとしてピン留めすることもできます。Entire report pages can also be pinned to a dashboard as a single tile. ダッシュボードにタイルを追加する方法は多数ありますが、多すぎるためこの概要トピックでは紹介できません。There are many ways to add tiles to your dashboard; too many to be covered in this overview topic. 詳しくは、「Power BI のダッシュボードのタイル」をご覧ください。To learn more, see Dashboard tiles in Power BI.

なぜダッシュボードを作成しますか。Why do people create dashboards? 理由の一部は以下のとおりです。Here are just some of the reasons:

  • 意思決定に必要なすべての情報をひとめで確認できるようにするため。to see, in one glance, all the information needed to make decisions.
  • 業務に関する最も重要な情報を監視するため。to monitor the most-important information about your business.
  • すべての同僚が、同じ情報を表示および使用して、同じ考えを持てるようにするため。to ensure all colleagues are on the same page, viewing and using the same information.
  • ビジネス、製品、ビジネス単位、またはマーケティング キャンペーンの正常性を監視するためto monitor the health of a business or product or business unit or marketing campaign, etc.
  • 大きなダッシュボードの個人ビューを作成して、自分の関心のあるメトリックスをそこに表示するため。to create a personalized view of a larger dashboard -- all the metrics that matter to you.

ワークスペースを開くと、関連付けられているダッシュボードが [ダッシュボード] タブに一覧表示されます。ダッシュボードを開くには、それを選びます。When you open a workspace, the associated dashboards are listed under the Dashboards tab. To open a dashboard, select it. アプリを開くと、ダッシュボードが表示されます。When you open an app, you'll be presented with a dashboard. 各ダッシュボードは、基になるデータセットの一部のサブセットのカスタマイズしたビューを表します。Each dashboard represents a customized view of some subset of the underlying dataset(s). ダッシュボードを所有している場合は、基になるデータセットとレポートの編集アクセス権限もあります。If you own the dashboard, you'll also have edit access to the underlying dataset(s) and reports. 他のユーザーからダッシュボードを共有されている場合、ダッシュボードおよび基になっているレポートを操作することはできますが、変更を保存することはできません。If the dashboard was shared with you, you'll be able to interact with the dashboard and any underlying reports, but will not be able to save any changes.

ユーザーまたは同僚がダッシュボードを共有するには、さまざまな方法があります。There are many different ways that you, or a colleague, can share a dashboard. ダッシュボードを共有するには Power BI Pro が必要であり、共有ダッシュボードを表示するときも必要になる場合があります。Power BI Pro is required for sharing a dashboard and may be required for viewing a shared dashboard.

1 つの ダッシュボードに...ONE dashboard...

  • 1 つのワークスペースが関連付けられます。is associated with a single workspace

  • 多くの異なるデータセットの視覚エフェクトを表示できます。can display visualizations from many different datasets

  • 多くの異なるレポートの視覚エフェクトを表示できます。can display visualizations from many different reports

  • 他のツール (Excel など) からピン留めされた視覚エフェクトを表示できます。can display visualizations pinned from other tools (for example, Excel)

    データセットおよびレポートに対するダッシュボードのリレーションシップを示す図

詳細情報Dig deeper

ブックWorkbooks

ブックは特別な種類のデータセットです。Workbooks are a special type of dataset. 上記の「データセット」セクションを読まれていれば、ブックについて知っておく必要のあることは既にほぼ理解されています。If you've read the Datasets section above, you know almost all you need to know about workbooks. ただし、Power BI によって Excel ブックがデータセットとして分類される場合とブックとして分類される場合がある理由が気になるかもしれません。But you may be wondering why sometimes Power BI classifies an Excel workbook as a Dataset and other times as a Workbook.

Excel ファイルで [データの取得] を使うときは、ファイルを "インポート" する、またはファイルに "接続" するオプションがあります。When you use Get data with Excel files, you have the option to Import or Connect to the file. [接続] を選ぶと、ブックは Excel Online に存在する場合と同じように Power BI に表示されます。When you choose Connect, your workbook will appear in Power BI just like it would in Excel Online. ただし、Excel Online とは異なり、ワークシートの要素をダッシュボードにピン留めするのに役立ついくつかの優れた機能を利用できます。But, unlike Excel Online, you'll have some great features to help you pin elements from your worksheets right to your dashboards.

Power BI ではブックを編集できません。You can't edit your workbook in Power BI. しかし、変更を加える必要がある場合は、[編集] をクリックして、Excel Online でブックを編集するかまたは自分のコンピューターの Excel で開くかを選択できます。But if you need to make some changes, you can click Edit, and then choose to edit your workbook in Excel Online or open it in Excel on your computer. ブックに加えたすべての変更は、OneDrive 上のブックに保存されます。Any changes you make are saved to the workbook on OneDrive.

詳細情報Dig deeper

[マイ ワークスペース] のダッシュボードA dashboard in My Workspace

ここまで、ワークスペースと構成要素について説明してきました。We've covered workspaces and building blocks. ここで一度振り返り、Power BI サービスのダッシュボードを構成する要素をもう一度確認しましょう。Let's bring it together and review the pieces that make up the dashboard experience in the Power BI service.

ブラウザー内の Power BI サービスのスクリーンショットであり、番号が付けられた機能が以下にリストされている。

1.ナビゲーション ペイン1. Navigation pane

ワークスペースを探したり、Power BI の構成要素 (ダッシュボード、レポート、ブック、データセット) の間を移動したりするには、ナビ ペインを使います。Use the nav pane to locate and move between your workspaces and the Power BI building blocks: dashboards, reports, workbooks, and datasets.

[ナビゲーション] ウィンドウを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

  • データセット、レポート、ダッシュボードを Power BI に追加するには、 [データの取得] を選びます。Select Get Data to add datasets, reports, and dashboards to Power BI.
  • ナビ ペインを展開したり折りたたんだりするには、次のアイコンを使用します:Expand and collapse the nav pane with this icon [ナビゲーション] ウィンドウのアイコンを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。..
  • お気に入りのコンテンツを開いたり管理したりするには、 [お気に入り] を選びます。Open or manage your favorite content by selecting Favorites.
  • 最近アクセスしたコンテンツを表示して開くには、 [最近] を選びます。View and open your most-recently visited content by selecting Recent
  • アプリを表示したり、開いたり、削除したりするには、 [アプリ] を選びます。View, open, or delete an app by selecting Apps.
  • 同僚からコンテンツを共有されている場合、Did a colleague share content with you? そのコンテンツを並べ替えて必要なものを探すには、 [自分と共有] を選びます。Select Shared with me to search and sort that content to find what you need.
  • [ワークスペース] を選び、ワークスペースを表示して開きます。Display and open your workspaces by selecting Workspaces.

これらの要素を 1 回クリックします。Single-click these elements:

  • アイコンまたは見出しをクリックすると、コンテンツ ビューで開きますan icon or heading to open in content view
  • 右矢印 (>) で、[お気に入り]、[最近]、[ワークスペース] のポップアップ メニューが開きます。a right arrow (>) to open a flyout menu for Favorites, Recent, and Workspaces.
  • シェブロン アイコンをクリックすると、 [マイ ワークスペース] にダッシュボード、レポート、ブック、データセットのスクロール可能な一覧が表示されます。a chevron icon to display the My Workspace scrollable list of dashboards, reports, workbooks, and datasets.

2.キャンバス2. Canvas

ダッシュボードを開いたので、キャンバス領域には視覚エフェクトのタイルが表示されています。Because we've opened a dashboard, the canvas area displays visualization tiles. たとえばレポート エディターを開いた場合は、レポート ページがキャンバス領域に表示されます。If for example, we had opened the report editor, the canvas area would display a report page.

ダッシュボードは、タイルで構成されます。Dashboards are composed of tiles. タイルは、レポートの編集ビュー、Q&A、他のダッシュボードで作成され、Excel、SSRS などからピン留めできます。Tiles are created in report Editing view, Q&A, other dashboards, and can be pinned from Excel, SSRS, and more. ウィジェットと呼ばれる特別な種類のタイルがダッシュボードに直接追加されます。A special type of tile called a widget is added directly onto the dashboard. ダッシュボードに表示されるタイルは、レポートの作成者/所有者によってそこに配置されています。The tiles that appear on a dashboard were specifically put there by a report creator/owner. ダッシュボードにタイルを追加する動作は、 ピン留めと呼ばれます。The act of adding a tile to a dashboard is called pinning.

ダッシュボード キャンバスを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

詳しくは、前の「ダッシュボード」をご覧ください。For more information, see Dashboards (above).

3.Q&A 質問ボックス3. Q&A question box

データを探索する方法の 1 つは、質問をして、Power BI Q&A から視覚エフェクトの形式で回答を受け取ることです。One way to explore your data is to ask a question and let Power BI Q&A give you an answer, in the form of a visualization. Q&A を使って、ダッシュボードまたはレポートにコンテンツを追加できます。Q&A can be used to add content to a dashboard or report.

Q&A は、ダッシュボードに接続されたデータセットで回答を検索します。Q&A looks for an answer in the dataset(s) connected to the dashboard. 接続されたデータセットとは、ダッシュボードに 1 つ以上のタイルが固定されているものです。A connected dataset is one that has at least one tile pinned to that dashboard.

Q&A 質問ボックスを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

Q&A では、質問の入力を開始するとすぐに Q&A ページが表示されます。As soon as you start to type your question, Q&A takes you to the Q&A page. 入力中に Q&A は言い直し、オートコンプリート、候補表示などの方法により、正しく質問して最適な回答を得られるように支援します。As you type, Q&A helps you ask the right question and find the best answer with rephrasings, autofill, suggestions, and more. 求めている視覚エフェクト (回答) を得ることができたら、それをダッシュボードにピン留めします。When you have a visualization (answer) you like, pin it to your dashboard. 詳しくは、「Power BI での Q&A」をご覧ください。For more information, see Q&A in Power BI.

4.黒いヘッダー バーのアイコン4. Icons in the black header bar

右上隅のアイコンは、設定、通知、ダウンロード、ヘルプの表示、 [新しい外観] のオン/オフ、Power BI チームへのフィードバックの送信を行うためのリソースです。The icons in the upper right corner are your resource for settings, notifications, downloads, getting help, turning the New look on or off, and providing feedback to the Power BI team.

複数のアイコン ボタンを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

5.ダッシュボード タイトル (ナビゲーション パス、または階層リンク)5. Dashboard title (navigation path, or breadcrumbs)

アクティブになっているワークスペースやダッシュボードがわかりにくい場合があるため、Power BI ではナビゲーション パスが作成されます。It's not always easy to figure out which workspace and dashboard are active, so Power BI creates a navigation path for you. この例では、ワークスペース (マイ ワークスペース) とダッシュボードのタイトル (Retail Analysis Sample) が表示されています。In this example, we see the workspace (My workspace) and the dashboard title (Retail Analysis Sample). レポートが開かれている場合は、レポートの名前がナビゲーション パスの末尾に追加されます。If we opened a report, the name of the report would be appended to the end of the navigation path. パスの各セクションは、アクティブなハイパーリンクになっています。Each section of the path is an active hyperlink.

ダッシュボードのタイトルの後にある [C] というアイコンに注意してください。Notice the "C" icon after the dashboard title. このダッシュボードには、"confidential (機密)" のデータ分類タグが設定されています。This dashboard has a data classification tag of "confidential." タグは、データの秘密度とセキュリティ レベルを示します。The tag identifies the sensitivity and security level of the data. 管理者がデータの分類を有効にしている場合、すべてのダッシュボードに既定のタグが設定されます。If your Admin has turned on data classification, every dashboard will have a default tag set. ダッシュボードの所有者は、ダッシュボードの適切なセキュリティ レベルと一致するようにタグを変更する必要があります。Dashboard owners should change the tag to match their dashboard's proper security level.

[データ分類] アイコンを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

6.Microsoft 365 アプリ起動ツール6. Microsoft 365 app launcher

アプリ起動ツールを使うと、すべての Microsoft 365 アプリを 1 回のクリックで簡単に利用できます。With the app launcher, all your Microsoft 365 apps are easily available with one click. ここからは、メール、ドキュメント、予定表などをすばやく起動できます。From here, you can quickly launch your email, documents, calendar, and more.

Office アプリ起動ツールを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

7.Power BI ホーム7. Power BI home

[Power BI] を選ぶと、Power BI のホームに戻ることができます。Selecting Power BI brings you back to your Power BI home.

Power BI のホームに戻るアイコンを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

8.灰色のメニュー バーのラベル付きアイコン8. Labeled icons in the gray menu bar

画面のこの領域には、コンテンツ (この場合はダッシュボード) を操作するための他のオプションが表示されます。This area of the screen contains additional options for interacting with the content (in this case, with the dashboard). ラベルの付いたアイコン以外にも、 [その他のオプション (...)] を選択すると、ダッシュボードの複製、印刷、更新などのオプションが開きます。Besides the labeled icons you can see, selecting the More options (…) reveals options for duplicating, printing, refreshing the dashboard and more.

ラベル付きアイコン ボタンを表示している Power BI サービスのスクリーンショット。

次の手順Next steps