個人として Power BI サービスにサインアップまたは購入する


Power BI は、分析、視覚化、意思決定エンジンとしてグループ プロジェクト、部門、または会社全体を背後で支えることができますが、個人用のデータ分析および視覚化ツールとして使用することもできます。 この記事では、個人として Power BI にサインアップしたり、それを購入したりするために必要なオプションについて説明します。

個人が Power BI のライセンスを手に入れるには 2 つの方法があります。 自分でライセンスのサインアップまたは購入を行うことも、管理者にライセンスを割り当ててもらうこともできます。 この記事では、セルフサービスと呼ばれる最初のオプションについて説明します。
セルフサービスの概要については、Microsoft 365 の製品とサービスのセルフサービスに関する記事を参照してください。

セルフサービスの使用にすぐに進むには、セルフサービス サインアップとセルフサービス購入の使用方法に関する記事を参照してください。

セルフサービス サインアップとセルフサービス購入の違い

セルフサービス サインアップ機能は、個人が無料および試用版ライセンスに自分自身をサインアップさせるために使用されます。 セルフサービス購入は、個人が自分用に Pro または Premium Per User ライセンスを購入するために使用される機能です。

Power BI サービスのセルフサービス

この記事では、Power BI サービスのセルフサービス プロセスについて説明します。 Power BI Desktop のダウンロードおよびモバイル アプリのインストールに関するヘルプ情報については、次の記事を参照してください。

Power BI サービスの個人用ユーザー ライセンスを入手する

Power BI サービスのユーザーごとのライセンスを入手するには、さまざまな方法があります。 次に例を示します。

  • 組織が既に Power BI のサブスクリプションを取得している場合は、ライセンスを自分で割り当てることができる可能性があります。 利用できるライセンスの種類は、組織が購入したサブスクリプションの種類と、管理者により Power BI がどのように構成されているかによって異なります。
  • powerbi.com にアクセスして、[無料で試す] または [今すぐ購入] リンクをクリックできます。 次に、画面の指示に従ってサインアップまたは購入を完了します。
  • 既にライセンスを所有していて、高度な機能を試したい場合は、アップグレードまたは無料試用を促すメッセージが Power BI に表示されます。 Power BI Free ライセンスを持つユーザーには、サービスを使用している間にアカウントを Power BI Pro にアップグレードする機会が示される場合があります。 Power BI Pro ライセンスを既に持っているユーザーは、Power BI Premium Per User にアップグレードするように求められる場合があります。

セルフサービス サインアップおよびセルフサービス購入を使用する手順については、個人として Power BI にサインアップする方法に関する記事を参照してください

Power BI ライセンスの種類

サインアップまたは購入する前に、必要なライセンスの種類を決定します。 Power BI からは、ユーザーごとのライセンスがいくつか提供されていま: Free、Pro、Premium Per User。 また、Premium Per User については、無料試用アップグレードも用意されています。 個人が Power BI にサインアップするかそれを購入すると、Power BI ライセンスが自動的に割り当てられます。 自分に必要なライセンスの種類がわかりませんか。

  • 無料ライセンスを使用すると、マイ ワークスペースを使用して Power BI の個人データの分析と視覚化を試すことができますが、他のユーザーと共有することはできません。 コンテンツを共有するには、Power BI Pro または Power BI Premium Per User ライセンスが必要です。
  • Pro ライセンスを使用すると、コンテンツを作成して共有することで、Premium Per User および Pro ユーザーと共同作業を行うことができます。 そのコンテンツが Premium 容量にある場合、Pro ユーザーは、コンテンツを作成して共有することで、Free、Premium Per User、および Pro のユーザーと共同作業することができます。
  • Premium Per User ライセンスを使用すると、自分のため、および Premium Per User ライセンスを持つ他のユーザーのために、Premium 機能にアクセスできます。 Power BI Premium サブスクリプションによって、Premium でしかアクセスできない、さまざまな機能やコンテンツの種類へのアクセスがロック解除されます。 Power BI Premium は、Power BI Pro のアドオンとして使用できます。 Premium サブスクリプションについては、「Power BI Premium とは」を参照してください。

注意

Azure Government または Azure China 21Vianet クラウドにデプロイされた組織や教育機関では、Pro または Premium Per User を直接購入したり、それらにアップグレードしたりすることはできません。 ライセンスとサブスクリプションの詳細については、Power BI でのライセンスに関する記事を参照してください。

現在のライセンスを確認する

Power BI へのアクセス権を既にお持ちかもしれません。 既に組織によって Power BI サブスクリプションに追加されている可能性があります。 また、Office 365 E5 など、製品ライセンスの一部のバージョンには Power BI Pro ライセンスが含まれているため、Power BI に個別にサインアップする必要はありません。

既にサインインできるかどうか確認してください。 次の URL を使用して Power BI サービスを開きます: app.powerbi.com。 Power BI が開いたら、右上隅にある [Me]\(プロファイル\) アイコンを選択して、現在のライセンスを確認します。

Screenshot of the Account drop down showing your license type.

Power BI サービスにログインできない場合、または別の方法で Power BI ライセンスを確認したい場合は、代わりに Microsoft アカウントを開きます。 URL は myaccount.microsoft.com です。

  1. Power BI サービスで使用するのと同じ職場または学校アカウントでサインインします。

  2. 左側のメニューから [サブスクリプション] を選択します

    Screenshot of myaccount.microsoft.com home page.

  3. サブスクリプションをスクロールし、Power BI を探します。 この例の個人は、Free ライセンスと Pro ライセンスの両方を持っています。 Pro ライセンスは、Office 365 E5 に含まれているものです。

    Screenshot of Office 365 E5 list of licenses.

    Screenshot of Office Free license.

Power BI の試用に関する情報

個々のライセンスを取得するには、有料バージョンの Power BI Premium Per user の無料試用版にサインアップすることが、方法の 1 つです。 通常、試用期間は 1 か月または 2 か月です。 試用期間の終了時にアップグレードを購入しない場合、試用を始める前に所有していたものに応じて、ライセンスは Free または Pro に戻ります。

試用版をキャンセルするには、 [Me]\(プロファイル\) アイコンから [試用の取り消し] を選択します。

Screenshot of the Account drop down showing the Cancel trial option.

Power BI のサインアップまたは購入ができない

セルフサービスを使用して自分用の Power BI ライセンスを入手できない場合は、管理者がこのオプションを無効にしている可能性があります。 ドメインを管理する管理者は、セルフサービス サインアップ、セルフサービス購入、アップグレード、無料試用を無効にすることができます。 セルフサービスを使用できない場合のヘルプについては、セルフサービス購入のヘルプに関する記事を参照してください。

考慮事項とトラブルシューティング

• 組織に属しているユーザーが、セルフサービスを使用して Power BI を購入した場合、組織のグローバル管理者または課金管理者は、サブスクリプションの所有権を引き継ぎライセンスの割り当てまたは割り当て解除を行うことができます。
• 試用期間の終了時に Premium Per User を購入しない場合でも、Pro または Free ライセンスのいずれかを引き続き所有します。 また、引き続きワークスペースにはアクセスできますが、Premium Per User ライセンスを必要とするコンテンツは使用できなくなります。

次のステップ

• セルフサービス サインアップまたはセルフサービス購入を使用して、個人用の Power BI Free または試用版ライセンスを入手する手順については、個人用の Power BI セルフサービスに関する記事を参照してください

• セルフサービス サインアップとセルフサービス購入の概念の詳細については、セルフサービスの説明に関する記事を参照してください

• グローバル管理者または課金管理者である場合は、組織向けの Power BI ライセンスに関する記事を参照してください。

• グローバル管理者または課金管理者が、組織内のユーザーによるセルフサービス サインアップの使用を禁止する場合は、セルフサービスの有効化または無効化に関する記事を参照し、これをオフにする方法を確認してください。