Power BI への移行を準備するPrepare to migrate to Power BI

この記事では、Power BI に移行する前に考慮できる操作について説明します。This article describes actions you can consider prior to migrating to Power BI.

Power BI への移行のステージを示す画像。この記事では、移行前の手順について重点的に説明します。

注意

上の図の詳細については、「Power BI への移行の概要」を参照してください。For a complete explanation of the above graphic, see Power BI migration overview.

移行前の手順では、事前の計画が重視されます。これは、5 つの移行ステージに進む前に重要な準備です。The pre-migration steps emphasize up-front planning, which is important preparation before moving through the five migration stages. 移行前の手順のほとんどは 1 回実行されますが、大規模な組織では、事業単位または部門領域ごとに反復的に行われる場合があります。Most of the pre-migration steps will occur once, though for larger organizations some portions may be iterative for each business unit or departmental area.

移行前の手順の出力には、移行するレポートとデータのインベントリに加えて、初期ガバナンス モデルである初期の高レベルの初期展開計画が含まれます。The output from the pre-migration steps includes an initial governance model, initial high-level deployment planning, in addition to an inventory of the reports and data to be migrated. 個々のソリューションを移行するための工数レベルを完全に見積もるには、ステージ 1、2、3 のアクティビティの追加情報が必要になります。Additional information from activities in Stages 1, 2, and 3 will be necessary to fully estimate the level of effort for migrating individual solutions.

ヒント

この記事で説明するほとんどのトピックは、標準の Power BI 実装プロジェクトにも適用されます。Most of the topics discussed in this article also apply to a standard Power BI implementation project.

コストまたはメリットの分析と評価を作成するCreate cost/benefit analysis and evaluation

初期の評価では、次のような主な考慮事項があります。Several top considerations during the initial evaluation include obtaining:

  • ビジネス ケースと BI 戦略を明確にして、具体的な目的の状態を実現する。Clarity on the business case and BI strategy to reach a specific desired future state.
  • 成功の意味と、移行イニシアチブの進行状況および成功を測定する方法を明確にする。Clarity on what success means, and how to measure progress and success for the migration initiative.
  • コストの見積もりと、投資収益率 (ROI) の計算結果を取得する。Cost estimates and return on investment (ROI) calculation results.
  • 範囲と複雑さのレベルが低い、生産性の高いいくつかの Power BI イニシアチブが結果的に成功を収める。Successful results for several productive Power BI initiatives that are smaller in scope and complexity level.

利害関係者と役員サポートを識別するIdentify stakeholders and executive support

利害関係者の識別に関するいくつかの考慮事項を次に示します。Several considerations for identifying stakeholders include:

  • ビジネス ケースと BI 戦略での利害関係者との連携を確保する。Ensure alignment with stakeholders on the business case and BI strategy.
  • 事業単位全体の代表者を含める。これは、後のスケジュールでコンテンツが移行予定の場合でも、その動機と懸念事項を理解するためのものです。Include representatives from throughout the business units—even if their content is slated for migration on a later timetable—to understand their motivations and concerns.
  • Power BI のエキスパートを早期に含める。Involve Power BI champions early.
  • 関係者とのコミュニケーション計画を作成し、フォローする。Create, and follow, a communication plan with stakeholders.

ヒント

オーバーコミュニケーションが危惧されるくらいの状態が、ほどよいと言えます。If you fear you're starting to overcommunicate, then it's probably just about right.

初期ガバナンス モデルを生成するGenerate initial governance model

Power BI 実装の初期段階で対処すべきいくつかの重要な項目は、次のとおりです。Several key items to address early in a Power BI implementation include:

  • Power BI 導入の具体的な目標と、組織の BI 戦略全体の中で Power BI が適合する場所。Specific goals for Power BI adoption and where Power BI fits into the overall BI strategy for the organization.
  • Power BI 管理者ロールがどのように処理されるか (特に、分散された組織で)。How the Power BI administrator role will be handled, particularly in decentralized organizations.
  • 信頼できるデータの実現に関連するポリシー: 権限のあるデータ ソースの使用、データ品質の問題への対処、一貫性のある用語と共通定義の使用。Policies related to achieving trusted data: use of authoritative data sources, addressing data quality issues, and use of consistent terminology and common definitions.
  • データ ソース、データ モデル、レポート、内部および外部ユーザーへのコンテンツ配信に関するセキュリティとデータのプライバシー戦略。Security and data privacy strategy for data sources, data models, reports, and content delivery to internal and external users.
  • 内部および外部のコンプライアンス、規制、監査の要件が満たされるかどうか。How internal and external compliance, regulatory, and audit requirements will be met.

重要

最も効果的なガバナンス モデルは、ユーザーの権限と必要なレベルの制御とのバランスを取ることです。The most effective governance model strives to balance user empowerment with the necessary level of control. 詳細については、「中核部での統制」と「エッジにおける柔軟性」を参照してください。See more information, read about discipline at the core and flexibility at the edge.

初期の展開計画を実施するConduct initial deployment planning

初期の展開計画では、組織の Power BI 実装の標準、ポリシー、基本設定を定義します。Initial deployment planning involves defining standards, policies, and preferences for the organization's Power BI implementation.

ステージ 2 ではソリューションレベルの展開計画を参照することにご注意ください。Note that Stage 2 references solution-level deployment planning. ステージ 2 のアクティビティでは、可能な限り組織レベルの決定を考慮する必要があります。The Stage 2 activities should respect the organizational-level decisions whenever possible.

Power BI 実装の初期段階で対処すべきいくつかの重要な項目は、次のとおりです。Some critical items to address early in a Power BI implementation include:

  • Power BI のテナント設定に関する決定。ドキュメントに記載する必要があります。Power BI tenant setting decisions, which should be documented.
  • ワークスペース管理に関する決定。ドキュメントに記載する必要があります。Workspace management decisions, which should be documented.
  • アプリ、ワークスペース、共有、サブスクリプション、コンテンツの埋め込みなど、データとコンテンツの配布方法に関連する考慮事項および基本設定。Considerations and preferences related to data and content distribution methods, such as apps, workspaces, sharing, subscriptions, and embedding of content.
  • Import モードや DirectQuery モードの使用、Composite モデルでの 2 つのモードの組み合わせなど、データセット モードに関連する基本設定。Preferences related to dataset modes, such as use of Import mode, DirectQuery mode, or combining the two modes in a Composite model.
  • データとアクセスの保護Securing data and access.
  • 共有データセットを使用した再利用性の実現。Working with shared datasets for reusability.
  • データ証明の適用による、権限のある信頼できるデータの使用の促進。Applying data certification to promote the use of authoritative and trustworthy data.
  • さまざまなユース ケースや事業単位に対する、Power BI レポート、Excel レポート、ページ分割されたレポートなどのさまざまなレポートの種類の使用。Use of different report types, including Power BI reports, Excel reports, or paginated reports for different use cases or business units.
  • 一元化された BI 成果物とビジネス管理の BI 成果物を管理するための変更管理アプローチ。Change management approaches for managing centralized BI artifacts and business-managed BI artifacts.
  • コンシューマー、データ モデル作成者、レポート作成者、管理者向けのトレーニング計画。Training plans for consumers, data modelers, report authors, and administrators.
  • Power BI Desktop テンプレートカスタム ビジュアル、およびドキュメントに記載されたレポート デザイン標準を使用したコンテンツ作成者のサポート。Support for content authors by using Power BI Desktop templates, custom visuals, and documented report design standards.
  • 新しいライセンスの要求、新しいゲートウェイ データ ソースの追加、ゲートウェイ データ ソースへのアクセス許可の取得、新しいワークスペースの要求、ワークスペースのアクセス許可の変更、定期的に発生する可能性があるその他の一般的な要件など、ユーザーの要件を管理するための手順とプロセス。Procedures and processes for managing user requirements, such as requesting new licenses, adding new gateway data sources, gaining permission to gateway data sources, requesting new workspaces, workspace permissions changes, and other common requirements that may be encountered on a regular basis.

重要

展開計画は反復的なプロセスです。Deployment planning is an iterative process. 展開に関する決定は、Power BI に関する組織の経験が豊かになり、Power BI が進化するにつれて、何度も改善され、強化されます。Deployment decisions will be refined and augmented many times as your organization's experience with Power BI grows, and as Power BI evolves. このプロセスで行った決定は、移行プロセスのステージ 2に関するページで説明されているソリューションレベルの展開計画で使用されます。The decisions made during this process will be used during the solution-level deployment planning discussed in Stage 2 of the migration process.

初期アーキテクチャを確立するEstablish initial architecture

BI ソリューション アーキテクチャは、時間の経過と共に進化し、成熟します。Your BI solution architecture will evolve and mature over time. Power BI のすぐに処理べきセットアップ タスクは次のとおりです。Power BI setup tasks to handle right away include:

移行の成功の基準を定義するDefine success criteria for migration

最初のタスクは、個々のソリューションを移行する場合の成功とはどのようなものかを理解することです。The first task is to understand what success looks like for migrating an individual solution. 次のような疑問が生じることが考えられます。Questions you might ask include:

  • この移行の動機と目標は何ですか?What are the specific motivations and objectives for this migration? 詳細については、「Power BI 移行の概要」の「移行の理由を検討する」を参照してください。For more information, see Power BI migration overview (Consider migration reasons). この記事では、Power BI に移行する最も一般的な理由について説明します。This article describes the most common reasons for migrating to Power BI. もちろん、目標は組織レベルで指定する必要があります。Certainly, your objectives should be specified at the organizational level. これに加えて、あるレガシ BI ソリューションを移行すると、コストの節約によって大きなメリットが得られる可能性があります。一方、別のレガシ BI ソリューションの移行では、ワークフローの最適化によるメリットを得ることに重点が置かれる場合があります。Beyond that, migrating one legacy BI solution may benefit significantly from cost savings, whereas migrating a different legacy BI solution may focus on gaining workflow optimization benefits.
  • この移行で予想されるコストやメリットまたは ROI はどのようなものですか?What's the expected cost/benefit or ROI for this migration? コスト、強化された機能、複雑さの軽減、機敏性の向上に関連する期待値を明確に理解することは、成功を測定するうえで役立ちます。Having a clear understanding of expectations related to cost, increased capabilities, decreased complexity, or increased agility, is helpful in measuring success. これにより、移行プロセス中の意思決定に役立つ基本原則を提供できます。It can provide guiding principles to help with decision-making during the migration process.
  • 成功を測定するためにどのような主要業績評価指標 (KPI) が使用されますか?What key performance indicators (KPIs) will be used to measure success? 次の一覧に KPI の例をいくつか示します。The following list presents some example KPIs:
    • レガシ BI プラットフォームから表示されるレポートの数。月単位で減少します。Number of reports rendered from legacy BI platform, decreasing month over month.
    • Power BI から表示されるレポートの数。月単位で増加します。Number of reports rendered from Power BI, increasing month over month.
    • Power BI レポートのコンシューマーの数。四半期単位で増加します。Number of Power BI report consumers, increasing quarter over quarter.
    • ターゲットの日付別の運用環境に移行されたレポートの割合。Percentage of reports migrated to production by target date.
    • ライセンス コストの年単位の削減。Cost reduction in licensing cost year over year.

ヒント

Power BI アクティビティ ログは、KPI の進行状況を測定するためのソースとして使用できます。The Power BI activity log can be used as a source for measuring KPI progress.

既存のレポートのインベントリを準備するPrepare inventory of existing reports

レガシ BI プラットフォームで既存のレポートのインベントリを準備することは、既に存在するものを理解するための重要な手順です。Preparing an inventory of existing reports in the legacy BI platform is a critical step towards understanding what already exists. この手順の結果は、移行工数レベルを評価するための入力となります。The outcome of this step is an input to assessing the migration effort level. インベントリの準備に関連するアクティビティには、次のものが含まれます。Activities related to preparing an inventory may include:

  1. レポートのインベントリ: 移行の候補であるレポートとダッシュボードの一覧をコンパイルします。Inventory of reports: Compile a list of reports and dashboards that are migration candidates.
  2. データ ソースのインベントリ: 既存のレポートによってアクセスされるすべてのデータ ソースの一覧をコンパイルします。Inventory of data sources: Compile a list of all data sources accessed by existing reports. これには、エンタープライズ データ ソースと部門データ ソースおよび個人データ ソースの両方が含まれている必要があります。It should include both enterprise data sources as well as departmental and personal data sources. このプロセスでは、これまで IT 部門に知られていなかったデータ ソース (" シャドウ IT " とも呼ばれる) が明らかになる可能性があります。This process may unearth data sources not previously known to the IT department, often referred to as shadow IT .
  3. 監査ログ: レガシ BI プラットフォームの監査ログからデータを取得して、使用パターンを把握し、優先順位付けを支援します。Audit log: Obtain data from the legacy BI platform audit log to understand usage patterns and assist with prioritization. 監査ログから取得する重要な情報は次のとおりです。Important information to obtain from the audit log includes:
    • 各レポートが週、月、または四半期ごとに実行された平均回数。Average number of times each report was executed per week/month/quarter.
    • 週、月、または四半期ごとのレポートあたりの平均コンシューマー数。Average number of consumers per report per week/month/quarter.
    • 各レポート (特に役員が使用するレポート) のコンシューマー。The consumers for each report, particularly reports used by executives.
    • 各レポートが実行された最新の日付。Most recent date each report was executed.

注意

多くの場合、コンテンツはそのまま Power BI に移行されません。In many cases, the content isn't migrated to Power BI exactly as is. 移行は、データ アーキテクチャを再設計したり、レポートの配信を改善したりする機会を表します。The migration represents an opportunity to redesign the data architecture and/or improve report delivery. レポートのインベントリをコンパイルすることは、どのようなリファクタリングが必要であるかを評価できるように、現在存在しているものを理解するために重要です。Compiling an inventory of reports is crucial to understanding what currently exists so you can begin to assess what refactoring needs to occur. このシリーズの残りの記事では、改善の可能性について詳しく説明します。The remaining articles in this series describe possible improvements in more detail.

オートメーション オプションの詳細Explore automation options

Power BI の変換プロセスをエンドツーエンドで完全に自動化することはできません。It isn't possible to completely automate a Power BI conversion process end-to-end.

自動化のための既存のツールがある場合は、自動化の候補として、データとレポートの既存のインベントリをコンパイルすることが考えられます。Compiling the existing inventory of data and reports is a possible candidate for automation when you have an existing tool that can do it for you. 移行プロセスの一部 (既存のインベントリのコンパイルなど) で自動化を使用できる程度は、使用しているツールによって大きく異なります。The extent to which automation can be used for some portions of the migration process—such as compiling the existing inventory—highly depends upon the tools you have.

次のステップNext steps

この Power BI 移行シリーズの次の記事では、Power BI への移行時における要件の収集と優先順位付けに関係するステージ 1 について説明します。In the next article in this Power BI migration series, learn about Stage 1, which is concerned with gathering and prioritizing requirements when migrating to Power BI.

その他の役に立つリソースは次のとおりです。Other helpful resources include:

熟練の Power BI パートナーを活用して、組織の移行プロセスを成功させることができます。Experienced Power BI partners are available to help your organization succeed with the migration process. Power BI パートナーを手配するには、Power BI パートナー ポータルにアクセスしてください。To engage a Power BI partner, visit the Power BI partner portal.