モデリングModeling

Power BIモデリング機能を使用すれば、複数のデータ ソースに接続してから、ニーズに合った一意のデータのモデルを作成する方法で、それらのデータ ソースを結合できます。With the modeling capabilities in Power BI, you can connect to multiple data sources, then combine them in ways that create a unique model of data that suits your needs.

これから学習する内容

データのモデリングの概要Introduction to modeling your data

Power BI のガイド付き学習コースの「モデリング」セクションへようこそ。Welcome to the Modeling section of the Guided Learning course for Power BI. このセクションでは、Power BI Desktop を使用して、データの使用に備えて接続する方法について説明します。This section shows you how to get your connected data ready for use, using Power BI Desktop. 多くの場合、複数のデータ ソースに接続してレポートを作成するため、それらのデータがすべて連動する必要があります。Often, you'll connect to more than one data source to create your reports, and you'll need all of that data to work together. この操作を行う方法がモデリングです。Modeling is how you get it there.

さまざまなデータ ソース間の論理接続を作成するには、リレーションシップを作成します。To create a logical connection between different data sources, you create a relationship. データ ソース間のリレーションシップにより、それらのテーブル間の関係がどのようになっているかを Power BI が認識するため、興味深いビジュアルとレポートを作成できます。A relationship between data sources enables Power BI to know how those tables relate to one another, allowing you to create interesting visuals and reports. このセクションでは、リレーションシップ (データを中心とするリレーションシップのみですが) について説明し、さらにリレーションシップが存在しない場合の作成方法も示します。This section explains relationships (only the data-centric ones, though), and even shows you how to create relationships when none exists.

いつものように、このコースでは、Power BI での作業の流れと同じ順序に従って一連の学習を行います。As always in this course, your learning journey follows the same path as the flow of work in Power BI. このセクションの大部分は Power BI Desktop についてですが、ここで完了した作業は、Power BI サービスでの作業にも直接影響します。We'll still be in Power BI Desktop for most of this section, but the work done here has direct affect on working in the Power BI service.

データのモデリングの概要Introduction to modeling your data

データをインポートして変換する方法の確認は以上ですので、モデリングを開始しましょう。Now that we've reviewed how to import your data and transform it, it's time to start modeling.

Power BI の強みの 1 つは、単一のテーブルにデータをフラット化する必要がないことです。One of Power BI's strengths is that you don't need to flatten your data into one table. 代わりに、複数のソースから複数のテーブルを使用し、それらの間でリレーションシップを定義できます。Instead, you can use multiple tables from multiple sources, and define the relationship between them. また、モデリングが容易になるように、独自のカスタム計算式を作成し、新しいメトリックを割り当ててデータの特定部分を表示し、これらの新しいメジャーを視覚エフェクトに使用することもできます。You can also create your own custom calculations and assign new metrics to view specific segments of your data, and use these new measures in visualizations for easy modeling.

データ リレーションシップを管理する方法How to manage your data relationships

Power BI では、テーブルや要素間のリレーションシップを視覚的に設定することができます。Power BI allows you to visually set the relationship between tables or elements. データを図形式で表示するには、画面の左側のレポート キャンバスの横にあるリレーションシップ ビューを使用します。To see a diagrammatic view of your data, use the Relationship view, found on the far left side of the screen next to the Report canvas.

リレーションシップ ビューには、各テーブルとその列を表すブロックと、ブロックどうしをつなぐ、リレーションシップを表す線が表示されます。From the Relationships view, you can see a block that represents each table and its columns, and lines between them to represent relationships.

リレーションシップは、簡単に追加および削除できます。Adding and removing relationships is simple. リレーションシップを削除するには、リレーションシップ上で右クリックし、[削除] を選択します。To remove a relationship, right-click on it and select Delete. リレーションシップを作成するには、テーブル間でリンクするフィールドをドラッグ アンド ドロップします。To create a relationship, drag and drop the fields that you want to link between tables.

テーブルまたは個々の列がレポートに表示されないようにするには、リレーションシップ ビューでテーブルまたは列を右クリックし、[Hide in Report View (レポート ビューで非表示にする)] を選択します。To hide a table or individual column from your report, right-click on it in the Relationship view and select Hide in Report View.

データ リレーションシップのより詳細なビューを表示するには、[ホーム] タブの [リレーションシップの管理] を選択します。[リレーションシップの管理] ダイアログが開き、リレーションシップが視覚的な図ではなくリストとして表示されます。For a more detailed view of your data relationships, select Manage Relationships in the Home tab. This will open the Manage Relationships dialog, which displays your relationships as a list instead of a visual diagram. ここで [自動検出] を選択すると、新しいデータまたは更新されたデータにおけるリレーションシップを見つけることができます。From here you can select Autodetect to find relationships in new or updated data. リレーションシップを手動で編集するには、[リレーションシップの管理] ダイアログの [編集] を選択します。Select Edit in the Manage Relationships dialog to manually edit your relationships. このダイアログに用意されている高度なオプションを使用して、リレーションシップのカーディナリティクロスフィルターの方向を設定できます。This is also where you can find advanced options to set the Cardinality and Cross-filter direction of your relationships.

[カーディナリティ] では、[Many to One (多対一)] または [One to One (一対一)] のオプションを選択できます。Your options for Cardinality are Many to One, and One to One. [Many to One (多対一)] は、ファクト対ディメンションの種類のリレーションシップです。たとえば、各製品が複数の行に記録されている売上テーブルを、製品がそれぞれ一意の行に記録されているテーブルと対応付けることができます。Many to One is the fact to dimension type relationship, for example a sales table with multiple rows per product being matched up with a table listing products in their own unique row. [One to One (一対一)] は、通常、参照テーブル内の単一のエントリをリンクするために使用します。One to One is used often for linking single entries in reference tables.

既定では、リレーションシップは両方向のクロスフィルター処理用に設定されます。By default, relationships will be set to cross-filter in both directions. 一方向のみのクロスフィルター処理では、リレーションシップのモデル機能の一部が制限されます。Cross-filtering in just one direction limited some of the modeling capabilities in a relationship.

データ間に正確なリレーションシップを設定することで、複数のデータ要素にまたがる複雑な計算を作成できます。Setting accurate relationships between your data allows you to create complex calculations across multiple data elements.

計算列の作成Create calculated columns

計算列の作成は、データを充実させて強化するための簡単な方法です。Creating calculated columns is a simple way to enrich and enhance your data. 計算列は、既存のデータの 2 つ以上の要素を変換したり組み合わせたりする計算式を定義することにより作成する新しい列です。A calculated column is a new column that you create by defining a calculation that transforms or combines two or more elements of existing data. たとえば、2 つの列を 1 つに組み合わせることによって、新しい列を作成できます。For example, you can create a new column by combining two columns into one.

計算列を作成する合理的な理由の 1 つは、リレーションシップの確立に使用できる一意のフィールドが存在しない場合に、テーブル間のリレーションシップを確立することです。One useful reason for creating a calculated column is to establish a relationship between tables, when no unique fields exist that can be used to establish a relationship. 単純なテーブルのビジュアルを Power BI Desktop で作成し、すべてのエントリに対して同じ値を取得した場合、リレーションシップがないことに気づきますが、基になるデータが異なることはわかっています。The lack of a relationship becomes apparent when you create a simple table visual in Power BI Desktop, and you get the same value for all entries, yet you know the underlying data is different.

データ内の一意のフィールドのリレーションシップを作成するには、たとえば「市外局番」列と「市内番号」列の値がデータ内に存在する場合は、それらを組み合わせることで「完全な電話番号」の新しい計算列を作成できます。To create a relationship with unique fields in data, you can, for example, create a new calculated column for "Full Phone Number" by combining the values from the "Area Code" and "Local Number" columns when those values exist in your data. 計算列は、モデルや視覚エフェクトをすばやく作成するのに役立つツールです。Calculated columns are a useful tool for quickly creating models and visualizations.

計算列を作成するには、Power BI Desktop でレポート キャンバスの左側にある [データ ビュー] を選択します。To create a calculated column, select the Data view in Power BI Desktop from the left side of the report canvas.

[モデリング] タブから [新しい列] を選択します。From the Modeling tab, select New Column. これにより、DAX (Data Analysis Expressions) 言語を使用して計算式を入力できる数式バーが有効になります。This will enable the formula bar where you can enter calculations using DAX (Data Analysis Expressions) language. DAX は Excel にも見られる強力な数式言語で、堅牢な計算式を作成できます。DAX is a powerful formula language, also found in Excel, that lets you build robust calculations. 数式を入力すると、数式の作成を支援し高速化できるように、一致する数式やデータ要素が Power BI Desktop に表示されます。As you type a formula, Power BI Desktop displays matching formulas or data elements to assist and accelerate the creation of your formula.

数式を入力すると、Power BI の数式バーに、特定の DAX 関数と関連するデータ列の候補が表示されます。The Power BI formula bar will suggest specific DAX functions and related data columns as you enter your expression.

各テーブルに計算列が作成されると、それらを一意のキーとして使用し、テーブル間のリレーションシップを確立できます。Once the calculated columns are created in each table, they can be used as a unique key to establish a relationship between them. [リレーションシップ] ビューに移動すると、あるテーブルから別のテーブルへフィールドをドラッグしてリレーションシップを作成できます。Going to Relationship view, you can then drag the field from one table to the other to create the relationship.

[レポート] ビューに戻ると、地域別のさまざまな値が表示されています。Returning to Report view, you now see a different value for each district.

計算列を作成して実行できることは、ほかにもたくさんあります。There are all sorts of other things you can do by creating calculated columns, too.

データ モデルの最適化Optimizing data models

インポートしたデータには、余分な情報や既に別の列で利用できるデータなど、実際のレポート タスクや視覚化タスクには不要なフィールドが含まれていることがよくあります。Imported data often contains fields that you don't actually need for your reporting and visualization tasks, either because it's extra information, or because that data is already available in another column. Power BI Desktop には、データを最適化するためのツールが用意されています。データを最適化することで、レポートやビジュアルを作成したり、共有レポートを表示したりするうえでの有用性が高まります。Power BI Desktop has tools to optimize your data, and make it more usable for you to create reports and visuals, and for viewing your shared reports.

フィールドを非表示にするHiding fields

Power BI Desktop の [フィールド] ウィンドウで列を非表示にするには、列を右クリックし、[非表示] を選択します。To hide a column in the Fields pane of Power BI Desktop, right-click on it and select Hide. 非表示にした列は削除されるわけではありません。このフィールドを既存の視覚エフェクトで使用している場合、データはそのビジュアルに存在したままになります。また、他の視覚エフェクトでそのデータを使用することもできます。非表示のフィールドは、[フィールド] ウィンドウに表示されないだけです。Note that your hidden columns are not deleted; if you've used that field in existing visualizations, the data is still in that visual, and you can still use that data in other visualizations too, the hidden field just isn't displayed in the Fields pane.

リレーションシップ ビューでテーブルを表示した場合、非表示のフィールドは淡色で示されます。繰り返しますが、データはこの状態でも利用でき、モデルに属しています。これらのデータは単に表示されていないだけです。If you view tables in the Relationships view, hidden fields are indicated by being grayed out. Again, their data is still available and is still part of the model, they're just hidden from view. 非表示のフィールドは、いつでも再表示できます。そのためには、フィールドを右クリックし、[unhide (再表示)] を選択します。You can always unhide any field that has been hidden by right-clicking the field, and selecting unhide.

別のフィールドによる視覚化データの並べ替えSorting visualization data by another field

[モデリング] タブに用意されている [列で並べ替え] ツールを使用すると、指定した順序でデータを表示できます。The Sort by Column tool, available in the Modeling tab, is very useful to ensure that your data is displayed in the order you intended.

一般的な例として、月の名前を含むデータは既定でアルファベット順に並べ替えられるため、"August" は "February" の前に来ます。As a common example, data that includes the name of the month is sorted alphabetically by default, so for example, "August" appears before "February".

この場合、[フィールド] の一覧でフィールドを選択し、[モデリング] タブの [列で並べ替え]、並べ替えるフィールドの順に選択することで、問題を解決できます。In this case, selecting the field in the Fields list, then selecting Sort By Column from the Modeling tab and then choosing a field to sort by can remedy the problem. このケースでは、"MonthNo" カテゴリ並べ替えオプションを選択すると、意図したとおりに月が並べ替えられます。In this case, the "MonthNo" category sort option orders the months as intended.

別の方法として、フィールドのデータ型を設定して、情報が適切に処理されるように最適化できます。Setting the data type for a field is another way to optimize your information so it's handled correctly. レポート キャンバスからデータ型を変更するには、[フィールド] ウィンドウで列を選択し、[Format (書式)] ボックスの一覧でいずれかの書式設定オプションを選択します。To change a data type from the report canvas, select the column in the Fields pane, and then use the Format drop-down menu to select one of the formatting options. 作成済みの、このフィールドを表示するすべてのビジュアルが自動的に更新されます。Any visuals you've created that display that field are updated automatically.

計算メジャーの作成Create calculated measures

メジャーは、Power BI のデータ モデルに存在する計算式です。A measure is a calculation that exists in your Power BI data model. メジャーを作成するには、[レポート] ビューで [モデリング] タブから [新しいメジャー] をクリックします。To create a measure, in Report view select New Measure from the Modeling tab.

DAX の優れた機能の 1 つが Power BI の Data Analysis Expression 言語ですが、この言語には、特に [年度累計][前年比] などの時間ベースの計算式を中心とする、たくさんの便利な関数があります。One of the great things about DAX, the Data Analysis Expression language in Power BI, is that it has lots of useful functions, particularly around time-based calculations such as Year to Date or Year Over Year. DAX で一度時刻のメジャーを定義すると、そのメジャーをデータ モデルから必要な数のフィールドにスライスできます。With DAX you can define a measure of time once, and then slice it by as many different fields as you want from your data model.

Power BI では、定義された計算式をメジャーといいます。In Power BI, a defined calculation is called a measure. メジャーを作成するには、[ホーム] タブから [新しいメジャー] をクリックします。これにより数式バーが開きます。このバーにメジャーを定義する DAX 式を入力できます。To create a measure, select New Measure from the Home tab. This opens the Formula bar where you can enter the DAX expression that defines your measure. 計算式を入力すると、関連する DAX 関数とデータ フィールドの候補が Power BI に表示されます。また、いくつかの構文と関数のパラメーターを説明するツールヒントを取得することもできます。As you type, Power BI suggests relevant DAX functions and data fields as you enter your calculation, and you'll also get a tooltip explaining some of the syntax and function parameters.

計算式が特に長い場合は、式エディターで ALT + Enter キーを押して改行をさらに追加できます。If your calculation is particularly long, you can add extra line breaks in the Expression Editor by typing ALT-Enter.

新しいメジャーを作成すると、画面の右側にある [フィールド] ウィンドウで、テーブルの 1 つにそのメジャーが表示されます。Once you've created a new measure, it will appear in one of the tables on the Fields pane, found on the right side of the screen. Power BI は現在選択しているテーブルに新しいメジャーを挿入します。このとき、メジャーがデータのどの位置にあるかは厳密に問題ではなく、メジャーを選択して [ホーム テーブル] ドロップダウン メニューを使用すれば簡単に移動できます。Power BI inserts the new measure into whichever table you have currently selected, and while it doesn't matter exactly where the measure is in your data, you can easily move it by selecting the measure and using the Home Table drop-down menu.

メジャーの使用方法は他のテーブル列と同様で、レポート キャンバスまたは視覚エフェクトのフィールドにドラッグ アンド ドロップできます。You can use a measure like any other table column: just drag and drop it onto the report canvas or visualization fields. またメジャーは、スライサーとシームレスに統合してその場でデータをセグメント化できます。つまり、一度メジャーを定義すれば、さまざまな視覚エフェクトに使用できます。Measures also integrate seamlessly with slicers, segmenting your data on the fly, which means you can define a measure once, and use it in many different visualizations.

Calculate DAX 関数は強力な関数で、あらゆる種類の便利な計算が可能になります。特に、財務報告やビジュアルに便利です。The Calculate DAX function is a powerful function that enables all sorts of useful calculations, which is especially useful for financial reporting and visuals.

計算テーブルの作成Create calculated tables

計算テーブルは、新しいモデリング機能の全範囲を表すことができる、DAX の 1 つの機能です。Calculated tables are a function within DAX that allows you to express a whole range of new modeling capabilities. たとえば、異なる種類のマージ結合を行う場合や、関数式の結果に基づいてその場で新しいテーブルを作成したりする場合は、計算テーブルを使用できます。For example, if you want to do different types of merge joins or create new tables on the fly based on the results of a functional formula, calculated tables are the way to accomplish that.

計算テーブルを作成するには、Power BI Desktop のデータ ビューを開きます。データ ビューは、レポート キャンバスの左側からアクティブ化できます。To create a calculated table, go to Data view in Power BI Desktop, which you can activate from the left side of the report canvas.

[モデリング] タブの [新しいテーブル] を選択して、数式バーを開きます。Select New Table from the Modeling tab to open the formula bar.

等号の左側に新しいテーブルの名前を入力し、右側にそのテーブルで使用する計算を入力します。Type the name of your new table on the left side of the equal sign, and the calculation that you want to use to form that table on the right. 計算が完成すると、モデルの [フィールド] ウィンドウに新しいテーブルが表示されます。When you're finished your calculation, the new table appears in the Fields pane in your model.

作成した計算テーブルは、リレーションシップ、式、レポートで他のテーブルと同じように使用できます。Once created, you can use your calculated table as you would any other table in relationships, formulas, and reports.

時間ベースのデータの探索Explore your time-based data

Power BI では、時間ベースのデータを簡単に分析できます。It's easy to analyze time-based data with Power BI. Power BI Desktop のモデリング ツールでは生成されたフィールドが自動的に取り込まれるため、1 回クリックするだけで、年、四半期、月、および日にドリルダウンできます。The modeling tools in Power BI Desktop automatically include generated fields that let you drill down through years, quarters, months, and days with a single click.

日付フィールドを使用してレポートにテーブル視覚エフェクトを作成すると、Power BI Desktop によって期間別の分類が自動的に追加されます。When you create a table visualization in your report using a date field, Power BI Desktop automatically includes breakdowns by time period. たとえば、日付テーブル内の 1 つの日付フィールドが、Power BI によって、次の図に示すように、年、四半期、月、日に自動的に分類されます。For example, the single date field in the Date table was automatically separated into Year, Quarter, Month and Day by Power BI, as shown in the following image.

視覚エフェクトではデータは既定でレベルで表示されますが、ビジュアルの右上隅の [ドリルダウン] をオンにすることでこれを変更できます。Visualizations display data at the year level by default, but you can change that by turning on Drill Down in the top right-hand corner of the visual.

グラフの棒または線をクリックすると、時間階層の次のレベルまでドリルダウンします (たとえば、から四半期)。Now when you click on the bars or lines in your chart, it drills down to the next level of time hierarchy, for example from years to quarters. この操作を繰り返すことで、階層の最小レベルまでドリルダウンできます (この例では、)。You can continue to drill down until you reach the most granular level of the hierarchy, which in this example is days. 時間階層の上のレベルに戻るには、ビジュアルの左上隅にある [Drill Up (ドリル アップ)] をクリックします。To move back up through the time hierarchy, click on Drill Up in the top left-hand corner of the visual.

選択した 1 つの期間ではなく、ビジュアルに表示されているすべてのデータにドリルダウンすることもできます。そのためには、ビジュアルの右上隅にある、二重の矢印で示された [Drill All (すべてドリル)] アイコンを使用します。You can also drill down through all of the data shown on the visual, rather than one selected period, by using the Drill All double-arrow icon, also in the top right-hand corner of the visual.

Power BI では、モデルに日付フィールドがあると時間階層ごとに異なるビューが自動的に生成されます。As long as your model has a date field, Power BI will automatically generate different views for different time hierarchies.

日付階層を使わずに個別の日付に戻るには、[フィールド] ウェルで列の名前を右クリックし (次の図では、列の名前は InvoiceDate です)、表示されるメニューから [日付の階層] ではなく列名を選びます。To get back to individual dates rather than using the date hierarchy, simply right-click the column name in the Fields well (in the following image, the name of the column is InvoiceDate), then select the column name from the menu that appears, rather than Date Hierarchy. ビジュアルには、日付階層を使わずに、その列のデータに基づくデータが表示されます。Your visual then shows the data based on that column data, without using the date hierarchy. 日付階層を使うように戻したい場合は、Need to go back to using the date hierarchy? 再び右クリックして [日付の階層] を選ぶだけです。No problem - just right-click again and select Date Hierarchy from the menu.

次の手順Next steps

お疲れ様でした。Congratulations! Power BI のガイド付き学習コースのこのセクションが完了しました。You've completed this section of the Guided Learning course for Power BI. データのモデリングについて理解したところで、次の「Visualizations (視覚エフェクト)」セクションに進みましょう。Now that you know about modeling data, you're ready to learn about the fun stuff waiting in the next section: Visualizations.

前述のとおり、このコースでは、Power BI の一般的なワークフローに従って、次の知識を習得します。As mentioned before, this course builds your knowledge by following the common flow of work in Power BI:

  • Power BI Desktop にデータを取り込み、レポートを作成します。Bring data into Power BI Desktop, and create a report.
  • Power BI サービスに発行し、そこで新しい視覚エフェクトを作成したりダッシュボードを構築します。Publish to the Power BI service, where you create new visualizations and build dashboards
  • 他のユーザー、特に外出中のユーザーとダッシュボードを共有します。Share your dashboards with others, especially people who are on the go
  • 共有したダッシュボードとレポートを、Power BI Mobile アプリで表示して操作します。View and interact with shared dashboards and reports in Power BI Mobile apps

これらの作業をすべて自分で行うとは限りませんが、ダッシュボードの作成方法やデータへの接続方法について理解できます。また、このコースを修了すると、独自のダッシュボードを作成できるようになります。While you might not do all that work yourself, you'll understand how those dashboards were created, and how they connected to the data... and when you're done with this course, you'll be able to create one of your own.

次のセクションを参照してください。See you in the next section!

おめでとうございます

その調子です。You are on a roll. Power BI の学習を進めましょう。Keep up the good work in learning about Power BI! Microsoft Power BI ガイド付き学習の「モデリング」セクションを完了しました。You've completed the Modeling section of Microsoft Power BI Guided learning. 次は視覚エフェクトです。Next up is visualizations.

これまでに学習した内容

次のチュートリアル

視覚エフェクトVisualizations

共同作成者

  • Davidiseminger
  • olprod
  • Alisha-Acharya