視覚エフェクトVisualizations

Visualizations bring your data to life, and reveal insights that only compelling and amazing visual representations can. This section of Power BI Guided Learning shows you how to get started using them.

これから学習する内容

Power BI でのビジュアルの概要Introduction to visuals in Power BI

Power BI のガイド付き学習コースの「ビジュアル化」セクションへようこそ。Welcome to the Visualizations section of the Guided Learning course for Power BI. Power BI が提供する数多くの視覚エフェクトに関する、楽しくて興味をそそる有意義なツアーに向けて準備します。Get ready for a fun, interesting, and enlightening tour of the many, many visualizations Power BI has to offer. それだけではありません。視覚エフェクトは常に増え続けています。And this isn't all of them - there are more visualizations coming all the time!

もちろん、ビジュアルはすべてのビジネス インテリジェンス業務の最終結果です。 データを取得し、説得力と洞察のある方法でデータを提供し、際立った点を表示します。また、Power BI はさまざまな説得力のあるビジュアルを備えており、ほぼ無制限にカスタマイズできます。これは重要なセクションです。Of course, visuals are the end-result of any business intelligence undertaking... we want to take data, present it in a compelling and insightful way, and show what stands out. And Power BI has all sorts of compelling visuals - and a nearly limitless way to customize them - so this is an important section!

このセクションに多くのトピックがあるように見えるかもしれませんが、心配は無用です。各トピックは簡潔で、お察しのとおりビジュアルに溢れ、簡単に学習できます。It might seem like there are lots of topics in this section, but don't worry: each topic is short, filled with (you guessed it) visuals, and easy to absorb. このセクションを楽しみながら進み、これらのビジュアルを使ってどのように自分のデータを表示できるか想像することができます。You'll likely find yourself cruising through this section, and imagining how you'll make these visuals present your own data.

視覚エフェクトの柱である、なじみ深いシンプル ビジュアルから始め、その中身について学習します。We'll start with the mainstays of visualizations - the simple visuals we're all familiar with - and make sure you know the ins and outs. 次に、より高度なもの、または一般的ではないもの進み、レポート作成ツールボックスに入力していきます。Then we'll get more advanced, or at least a little less common, and fill up your report-creating toolbox.

ここで学べることは多くあるので、楽しんでください。Have fun - there's a lot to learn here!

Power BI でのビジュアルの概要Introduction to visuals in Power BI

データの視覚化は Power BI のコア部分であり、このコースで以前定義したように、Power BI の基本的な構成要素です。ビジュアルの作成は、洞察を検索して共有する最も簡単な方法です。Visualizing data is one of the core parts of Power BI - a basic building block as we defined it earlier in this course - and creating visuals is the easiest way to find and share your insights.

Power BI は既定で、さまざまな視覚エフェクトが利用可能です。単純な縦棒グラフから円グラフやマップまで使用でき、滝、漏斗、ゲージなど、さらに特別なサービスを利用できます。Power BI has a whole range of visualizations available by default, from simple bar charts to pie charts to maps, and even more esoteric offerings like waterfalls, funnels, gauges, and more. Power BI Desktop では、レポートを活かすことができる図形や画像など、ページ書式設定ツールを幅広く提供することもできます。Power BI Desktop also offers extensive page formatting tools, such as shapes and images, that help bring your report to life.

単純な視覚エフェクトの作成とカスタマイズCreate and customize simple visualizations

この記事では、新しい棒グラフ、円グラフ、ツリーマップの作成方法と、レポートに合わせてそれらをカスタマイズする方法を学習します。In this article you learn how to create new bar charts, pie charts, and treemaps, and customize them to suit your reports.

Power BI Desktop で新しい視覚エフェクトを作成する方法は、次の 2 種類です。There are two different ways to create a new visualization in Power BI Desktop:

  • [フィールド] ウィンドウからレポート キャンバス上にフィールド名をドラッグ アンド ドロップします。You can drag field names from the Fields pane, and drop them on the report canvas. 既定では、視覚エフェクトはデータのテーブルとして表示されます。By default your visualization appears as a table of data.

  • [視覚エフェクト] ウィンドウで、作成する視覚エフェクトの種類をクリックすることもできます。You can also click the type of visualization you want to create in the Visualizations pane. この方法の場合、既定のビジュアルは、選択したビジュアルの種類と似た空のプレース ホルダーです。With this method, the default visual is a blank placeholder that resembles the type of visual you selected.

グラフ、マップ、チャートを作成すると、[視覚エフェクト] ウィンドウの下の部分にデータ フィールドをドラッグし、ビジュアルを作成、編成できるようになります。Once you create your graph, map, or chart, you can begin dragging data fields onto the bottom portion of the Visualization pane to build and organize your visual. 使用できるフィールドは、選択した視覚エフェクトの種類に応じて変わります。The available fields will change based on the type of visualization that you selected. データ フィールドをドラッグ アンド ドロップすると、視覚エフェクトが自動的に更新されて変更が反映されます。As you drag and drop data fields, your visualization will automatically update to reflect changes.

視覚エフェクトのサイズを変更するには、視覚エフェクトを選択してハンドルを内側または外側へドラッグします。また、視覚化をクリック アンド ドラッグして、キャンバス上の任意の場所に移動することもできます。You can resize your visualization by selecting it and then dragging the handles in or out. You can also move your visualization anywhere on the canvas by clicking and then dragging it. 種類の異なる視覚エフェクトの間で変換する場合は、変更するビジュアルを選択し、[視覚エフェクト] ウィンドウのアイコンから異なるビジュアルを選択するだけです。If you want to convert between different types of visualizations, select the visual you want to change and simply select a different visual from the icons in the Visualization pane. Power BI は、選択したフィールドを新しいビジュアルの種類にできるだけ正確に変換しようとします。Power BI attempts to convert your selected fields to the new visual type as closely as possible.

視覚エフェクトの部分をポイントすると、ラベルと合計金額など、そのセグメントに関する詳細を含むツールヒントが表示されます。As you hover over parts of your visualizations, you'll get a tooltip that contains details about that segment, such as labels and total value.

[視覚エフェクト] ウィンドウでペイントブラシのアイコンを選択すると、背景の配置、タイトルのテキスト、データの色など、ビジュアルに表面的な変更を加えることができます。Select the paintbrush icon on the Visualizations pane to make cosmetic changes to your visual, such as background alignment, title text, and data colors.

ビジュアルの表面的な変更に使用できるオプションは、選択したビジュアルの種類によって異なります。The available options for cosmetic changes to your visual vary depending on the type of visual you have selected.

複合グラフCombination charts

収益と単位など、非常に異なるスケールを適用する 2 つのメジャーを視覚化するとき、異なる軸のスケールで線やバーを表示する複合グラフは非常に便利です。When you want to visualize two measures that have very different scales, such as revenue and units, a combination chart that shows a line and a bar with different axis scales is very useful. Power BI は、一般的な折れ線グラフおよび積み上げ縦棒グラフを含む、さまざまな種類の複合グラフを既定でサポートしています。Power BI supports many different types of combination charts by default, including the popular Line and Stacked Columns charts.

複合グラフを作成するとき、[共有の軸] (X 軸) フィールドが表示されます。その後、2 つのフィールドの値が示されます。この場合、列と行の値です。When you create a combination chart, you're presented with a field for Shared Axis (the X-axis), and then values for your two fields, in this case a column and a line. 視覚化のいずれかの側に、2 つの y 軸の凡例が表示されます。The two Y-axis legends appear on either side of the visualization.

[視覚エフェクト] ウィンドウで系列フィールドにカテゴリをドラッグすることで、縦棒をそれぞれカテゴリ別に分割することもできます。You can also split each column by category, by dragging a category into the Column Series field in the Visualizations pane. このようにすると、各棒が、各カテゴリ内の値に基づいて、比例して色付けされます。When you do so, each bar is proportionately colored based on the values within each category.

複合グラフは、非常に異なるスケールを持つ複数のメジャーを、1 つのビジュアル化で視覚化することに効果的な方法です。Combination charts are an effective way to visualize multiple measures that have very different scales in a single visualization.

スライサーSlicers

スライサーは、最も強力なタイプの視覚エフェクトの 1 つで、特にビジー レポートでよく使用されます。Slicers are one of the most powerful types of visualizations, particularly as part of a busy report. Power BI Desktopスライサーは、レポートを見るだれもが特定の値 (年や地理的場所など) でデータをセグメント化できるようにする、キャンバス上の視覚フィルターです。A slicer is an on-canvas visual filter in Power BI Desktop that lets anyone looking at a report segment the data by a particular value, such as by year or by geographical location.

レポートにスライサーを追加するには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウから [スライサー] を選択します。To add a slicer to your report, select Slicer from the Visualizations pane.

スライスするフィールドをドラッグしてスライサー プレースホルダーにドロップします。Drag the field by which you want to slice and drop it top of the slicer placeholder. 視覚エフェクトが、チェック ボックスを持つ要素の一覧に変わります。The visualization turns into a list of elements with checkboxes. これらの要素がフィルターになります。セグメント化する要素の横のチェック ボックスをオンにすると、同じレポート ページ上の他のすべての視覚エフェクトにもこのフィルターが適用されます (選択内容に従ってスライスされます)。These elements are your filters - select the box next to one to segment, and all other visualizations on the same report page are filtered, or sliced, by your selection.

スライサーの書式設定用にいくつかのオプションが用意されています。There are a few different options available to format your slicer. 一度に複数の入力を受け取るように設定できます。また、一度に 1 つずつ使用するように [単一選択] モードを切り替えることもできます。You can set it to accept multiple inputs at once, or toggle Single Select mode to use one at a time. [すべて選択] オプションをスライサー要素に追加することもできます。これは、特に長いリストがある場合に便利です。You can also add a Select All option to your slicer elements, which is helpful when you have a particularly long list. 既定の垂直方向から水平方向にスライサーの向きを変更すると、チェックリストではなく選択バーになります。Change the orientation of your slicer from the vertical default to horizontal, and it becomes a selection bar rather than a checklist.

視覚エフェクトのマップMap visualizations

Power BI には、地理上のポイントにバブルを配置するバブル マップと、実際に視覚化する領域のアウトラインを表示する図形マップという、2 種類の視覚エフェクトマップがあります。Power BI has two different types of map visualizations: a bubble map that places a bubble over a geographic point, and a shape map that actually shows the outline of area you want to visualize.

注意

国または地域を扱うとき、3 文字の省略形を使用し、マップ視覚エフェクトでジオコーディングが正しく機能するようにします。When working with countries or regions, use the three-letter abbreviation to ensure that geocoding works properly in map visualizations. 2 文字の省略形は 使用しない でください。正しく認識されない国や地域があります。Do not use two-letter abbreviations, as some countries or regions may not be properly recognized. 省略形が 2 文字しかない場合、この外部ブログ投稿を参照してください。2 文字の国/地域コードを 3 文字の国/地域コードに関連付ける方法が紹介されています。If you only have two-letter abbreviations, check out this external blog post for steps on how to associate your two-letter country/region abbreviations with three-letter country/region abbreviations.

バブル マップを作成するCreate bubble maps

バブル マップを作成するには、[視覚エフェクト] ウィンドウで [マップ] オプションを選択します。To create a bubble map, select the Map option in the Visualization pane. マップのビジュアルを使用するには、[視覚エフェクト] オプションの [地域] バケットで値を追加する必要があります。You must add a value to the Location bucket in the Visualizations options to use a map visual.

Power BI では、市区町村名や空港コードのような一般的な詳細から、非常に具体的な緯度と経度のデータまで、地域の値の種類を柔軟に許可します。Power BI is flexible about what type of location value it accepts, from more general details like city name or airport code, down to very specific latitude and longitude data. マップの地域ごとにバブルのサイズを変更するには、[サイズ] バケットにフィールドを追加します。Add a field to the Size bucket to change the size of the bubble accordingly for each map location.

図形マップを作成するCreate shape maps

図形マップを作成するには、[視覚エフェクト] ウィンドウで [塗り分け地図] オプションを選択します。To create a shape map, select the Filled Map option in the Visualization pane. バブル マップと同様に、このビジュアルを使用するには、[地域] バケットに何らかの値を追加する必要があります。As with bubble maps, you must add some kind of value to the Location bucket to use this visual. [サイズ] バケットにフィールドを追加すると、それに応じて塗りつぶしの色の濃さを変更できます。Add a field to the Size bucket to change the intensity of the fill color accordingly.

ビジュアルの左上隅にある警告アイコンは、値を正確にプロットするには、マップにより多くの地域データが必要であることを示します。A warning icon in the top left corner of your visual indicates that the map needs more location data to accurately plot values. これは、州または地域を示す ワシントン のような領域名を使用するなど、地域フィールド内のデータはがあいまいな場合によくある問題です。This is a particularly common problem when the data in your location field is ambiguous, such as using an area name like Washington that could indicate a state or a district. この問題を解決する 1 つの方法として、[都道府県] のような具体的な列名に変更します。One way to resolve this problem is to rename your column to be more specific, such as State. この問題を解決する別の方法として、[モデリング] タブで [データ カテゴリ] を選択して、データ カテゴリを手動でリセットします。そこから [都道府県] や [市区町村] などのカテゴリをデータに割り当てることができます。Another way to resolve it is to manually reset the data category by selecting Data Category in the Modeling tab. From there you can assign a category to your data such as "State" or "City".

マトリックスとテーブルMatrixes and tables

豊富なチャート以外にも、Power BI Desktop は、複数の表形式の視覚エフェクトをサポートしています。In addition to an abundance of charts, Power BI Desktop also supports more tabular visualizations. 実際には、カテゴリ別フィールドまたはテキスト フィールドをつかんでレポート キャンバスにドラッグすると、既定で結果のテーブルを取得できます。In fact, when you grab a categorical field or text field and drag it onto the report canvas, you get a table of results by default. テーブルを上下にスクロールすると、既定でアルファベット順に並べ替えられていることが分かります。You can scroll up and down through the table, and initially it will be sorted alphabetically.

テーブルに収益などの数値情報がある場合、合計が下部に表示されます。If you have numerical information in a table, such as revenue, a total sum will appear at the bottom. 列のヘッダーをクリックして昇順または降順を切り替えることで、列ごとに手動で並べ替えることができます。You can manually sort by each column by clicking on its header to toggle ascending or descending order. 列にすべての内容を表示するだけの幅がない場合は、ヘッダーを横方向にクリック アンド ドラッグして拡大します。If a column is not wide enough to display all of its contents, click and drag the header sideways to expand it.

視覚エフェクト ウィンドウの [値] バケットにあるフィールドの順序により、テーブルに表示される順序が決まります。The order of the fields in the Values bucket in the Visualizations pane determines the order in which they appear in your table.

マトリックスはテーブルに似ていますが、行と列のカテゴリ ヘッダーが異なります。A matrix is similar to a table, but it has different category headers on the columns and rows. テーブルと同様に、数値情報が自動的に合計されてマトリックスの下と右に表示されます。As with tables, numerical information will be automatically totaled along the bottom and right side of the matrix.

列の自動サイズ調整、行と列の合計の切り替え、色の設定など、マトリックスに使用できる表面処理のオプションは多数あります。There are many cosmetic options available for matrixes, such as auto-sizing columns, toggling row and column totals, setting colors, and more. マトリックスを作成する場合、カテゴリ データ (非数値データ) がマトリックスの左側にあり、数値ファイルが右側にあることを確認し、水平スクロール バーが表示され、そのスクロールが正常に動作することを確認してください。When creating a matrix, make sure your categorical data (the non-number data) is on the left of the matrix, and the numeric files on the right to ensure the horizontal scroll bar appears, and to make sure that scrolling behavior works properly.

散布図Scatter charts

売上数量と収益などの 2 つの異なるメジャーを比較する場合、通常は視覚エフェクトとして散布図を使用します。If you want to compare two different measures, such as unit sales verses revenue, a common visualization to use is a scatter chart.

空のグラフを作成するには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで [散布図] を選択します。To create a blank chart, select Scatter chart from the Visualizations pane. 比較する 2 つのフィールドを [フィールド] ウィンドウから [X 軸] および [Y 軸] のオプション バケットにドラッグ アンド ドロップします。Drag and drop the two fields you want to compare from the Fields pane to the X Axis and Y Axis options buckets. この時点で、散布図にはビジュアルの中央に小さなバブルがあるのみです。データをセグメント化する方法を示すには、[詳細] バケットにメジャーを追加する必要があります。At this point, your scatter chart probably just has a small bubble in the center of the visual - you need to add a measure to the Details bucket to indicate how you would like to segment your data. たとえば、品目の売上と収益を比較するときに、カテゴリ、製造元、または販売月でデータを分割することが必要になる場合があります。For example, if are comparing item sales and revenue, perhaps you want to split the data by category, or manufacturer, or month of sale.

[凡例] バケットにフィールドを追加すると、フィールドの値に従ってバブルが色分けされます。Adding an additional field to the Legend bucket color-codes your bubbles according to the field's value. [サイズ] バケットにフィールドを追加して、値に従ってバブル サイズを変更することもできます。You can also add a field to the Size bucket to alter the bubble size according to that value.

散布図についても、数多くのビジュアル書式設定オプションが用意されています。たとえば、色分けされた各バブルのアウトラインをオンにしたり、個々の各ラベルを切り替えたりできます。Scatter charts have many visual formatting options as well, such as turning on an outline for each colored bubble and toggling individual labels. 同様に、他の種類のグラフでデータの色を変更することもできます。You can change the data colors for other chart types, as well.

[再生軸] バケットに時間ベースのフィールドを追加すると、時間の経過に合わせて変化するバブル チャートのアニメーションを作成できます。You can create an animation of your bubble chart's changes over time by adding a time-based field to the Play Axis bucket. アニメーションの再生中にバブルをクリックすると、そのパスのトレースが表示されます。Click on a bubble during an animation to see a trace of its path.

注意

散布図に表示されているバブルが 1 つのみの場合は、Power BI によってデータが集計されています。これは、既定の動作です。Remember, if you only see one bubble in your scatter chart, it's because Power BI is aggregating your data, which is the default behavior. 表示されるバブルの数を増やすには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで [詳細] バケットにカテゴリを追加します。Add a category to the Details bucket, in the Visualizations pane, to get more bubbles.

ウォーターフォール グラフとじょうごグラフWaterfall and funnel charts

ウォーターフォール グラフとじょうごグラフは、Power BI に含まれる 2 つの興味深い (またあまり一般的ではない) 標準的な視覚エフェクトです。Waterfall and funnel charts are two of the more interesting (and perhaps uncommon) standard visualizations that are included in Power BI. どちらかのグラフを空の状態で作成するには、[視覚エフェクト] ウィンドウでグラフのアイコンを選択します。To create a blank chart of either type, select its icon from the Visualizations pane.

ウォーターフォール グラフは、一般的に時間の経過に伴う特定の値の変更に使用します。Waterfall charts are typically used to show changes in a particular value over time.

ウォーターフォール グラフには、[カテゴリ][Y 軸] の 2 つのバケット オプションがあります。Waterfalls only have two bucket options: Category and Y Axis. [年] などの時間ベースのフィールドを [カテゴリ] バケットにドラッグし、追跡する値を [Y 軸] バケットにドラッグします。Drag a time-based field such as year to the Category bucket, and the value you want to track to the Y Axis bucket. 既定では、値が増加した期間は緑色で、値が減少した期間は赤色で表示されます。Time periods where there was an increase in value are displayed in green by default, while periods with a decrease in value are displayed in red.

じょうごグラフは、一般的に販売パイプラインや Web サイト保持の取り組みなど、特定のプロセスでの変更を表示する場合に使用します。Funnel charts are typically used to show changes over a particular process, such as a sales pipeline or website retention efforts.

ウォーターフォール グラフと じょうご グラフは、どちらもスライスして視覚的にカスタマイズできます。Both Waterfall and Funnel charts can be sliced and visually customized.

ケージと単一数値カードGauges and single-number cards

一般に、視覚エフェクトは 2 つ以上の異なる値を比較するのに使用します。Generally, visualizations are used to compare two or more different values. ただし、レポートを作成するときに、時間の経過に伴う主要業績評価指標 (KPI) やメトリックを 1 つだけ追跡する場合もあります。However, sometimes when building reports you may want to track a just single Key Performance Indicator (KPI) or metric over time. Power BI Desktop でこのような処理を実行する方法が、ゲージ または 単一数値 カード ビジュアルの使用です。The way to do this in Power BI Desktop is with a Gauge or single number card visual. どちらかのグラフを空の状態で作成するには、[視覚エフェクト] ウィンドウでグラフのアイコンを選択します。To create a blank chart of either type, select its icon from the Visualizations pane.

ゲージは、ダッシュ ボードを作成するときに、特定のターゲットに対する進捗状況を表示する場合に特に便利です。Gauges are particularly useful when you are building dashboards and want to show progress towards a particular target. ゲージを作成するには、[視覚エフェクト] ウィンドウからアイコンを選択し、[値] バケットに追跡するフィールドをドラッグします。To create a gauge, select its icon from the Visualizations pane, and drag the field you want to track into the Value bucket.

ゲージは既定で 50% か [値] の 2 倍で表示されています。この設定を調整する方法は 2 つあります。Gauges appear by default at 50%, or double the Value, and there are two ways to adjust this setting. 値を動的に設定するには、[最小][最大][ターゲット] のいずれかの [値] バケットにフィールドをドラッグします。To dynamically set the values, drag fields to the Minimum, Maximum, and Target Value buckets. または、ビジュアルの書式設定オプションを使用して、ゲージの範囲を手動でカスタマイズします。Alternatively, use the visual formatting options to manually customize the range of your gauge.

カードの視覚エフェクトは、フィールドを数値で表示しただけのものです。Card visualizations simply show a numeric representation of a field. カード ビジュアルの既定では、たとえば「$5,000,000,000」ではなく「$5bn」と表示するなど、数値を短くするための単位を使用します。By default card visuals use display units to keep the number short, for example displaying "$5bn" instead of "$5,000,000,000". 使用されている単位を変更したり完全に無効にするには、ビジュアルの書式設定オプションを使用します。Use the visual formatting options to change the unit being used, or disable it completely.

カードの 1 つの興味深いアプリケーションは、テキストと連結したカスタム メジャーの表示です。One interesting application of cards is to have them display a custom measure that you've concatenated with text. 前の例を使用するには、お使いのカードに高度な DAX 関数を含めることのできるカスタム メジャーを使用して「今年売上の合計: $5bn」や「今年の売上数量の進捗状況:」などを表示してから、進行状況を表す数値を追加します。To use the earlier example, with a custom measure your card could include advanced DAX functions and display something like, "Total revenue this year: $5bn" or "Progress on unit sales this year:" and then add the number that represents the progress.

グラフとビジュアルの色の変更Modify colors in charts and visuals

グラフやビジュアルに使用されている色を変更したい場合があります。There are many times when you might want to modify the colors used in charts or visuals. Power BI では、色の表示方法をさまざまな方法で制御できます。Power BI gives you lots of control over how colors are displayed. 最初に、ビジュアルを選択し、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで [paintbrush (ペイントブラシ)] アイコンをクリックします。To get started, select a visual then in the Visualizations pane, click the paintbrush icon.

ビジュアルの色または書式を変更するための多くのオプションがあります。There are many options for changing the colors or formatting of the visual. [既定色] の横のカラー ピッカーを選択し、目的の色を選択することで、ビジュアルのすべての棒の色を変更できます。You can change the color of all bars of a visual by selecting the color picker beside Default color, then selecting your color of choice.

また、[すべて表示] スライダーをオンに切り替えることで、それぞれの棒 (または、選択したビジュアルの種類に応じて他の要素) の色を変更できます。You can also change the color of each bar (or other element, depending on the type of visual you selected) by toggling the Show all slider to on. この場合、それぞれの要素に対して色の選択ツールが表示されます。When you do, a color selector appears for each element.

また、値またはメジャーに基づいて色を変更することもできます。You can also change the color based on a value, or measure. そのためには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウの [色の彩度] バケットにフィールドをドラッグします (これは [paintbrush (ペイントブラシ)] セクションではなく [field well (フィールド)] セクションから利用できます)。To do so, drag a field into the Color saturation bucket in the Visualizations pane (note that this is available in the field well section, not the paintbrush section).

さらに、スケールとデータ要素を色で塗りつぶすときに使用する色とスケールを変更できます。In addition, you can change the scale and the colors that are used when filling data element colors. さらに、3 つの色の間で色をスケーリングする [左右逆方向] スライダーをオンに切り替えることにより、左右逆方向のスケールを選択することもできます。You can also select a diverging scale by toggling the Diverging slider to on, which lets the color scale between three colors. さらに、グラフに表示される [Minimum (最小)] 値、[中央] 値、および [Maxumum (最大)] 値を設定することもできます。And you can also set Minimum, Center, and Maxumum values displayed on your chart.

たとえば、0 を超える値を特定の色に設定し、0 を下回る値を別の色に設定するなど、これらの値を使用してルールを作成できます。You can also use those values to create rules, for example, to set values above zero a certain color, and values below to another color.

色を使用する場合に便利なもう 1 つのツールは、定数線 (基準線とも呼ばれます) を設定することです。Another handy tool for using colors is setting a constant line, also sometimes referred to as a reference line. 定数線の値や色を設定できるほか、基準線にラベルを含めるかどうかも設定できます。You can set the value of the constant line, set its color, and even have the reference line contain a label. 定数線 (およびその他の挿入行) を作成するには、(虫眼鏡に似た) [分析] ウィンドウを選択し、[基準線] セクションを展開します。To create a constant line (and other interesting lines), select the Analytics pane (looks like a magnifying glass) then expand the Reference Line section.

ビジュアル用に作成できる線は他にも多数あり、[分析] ウィンドウにも表示されます。たとえば、最小値線、最大値線、平均線、中央値線、百分位線などがあります。There are many other lines you can create for a visual, also found in the Analytics pane, such as Min, Max, Average, Median, and Percentile lines.

最後に、個々の視覚エフェクトの周囲に境界線を作成し、他のコントロールと同様に境界線の色を指定することができます。Lastly, you can create a border around an individual visualization, and like other controls, you can specify the color of that border as well.

図形、テキスト ボックス、および画像Shapes, text boxes, and images

データ バインドされたビジュアルとともに、テキスト ボックス、画像、および図形などといった、レポートのビジュアル デザインを向上させるための静的な要素を追加することもできます。Along with data-bound visuals, you can also add static elements such as text boxes, images, and shapes to improve the visual design of your reports. 視覚要素を追加するには、[テキスト ボックス][画像]、または [ホーム] タブから [図形] を選択します。To add a visual element, select Text Box, Image, or Shapes from the Home tab.

テキスト ボックス は、大きいタイトル、キャプション、または短い段落の情報を、ビジュアル化と共に表示するための最適な方法です。Text boxes are an ideal way to display large titles, captions, or short paragraphs of information along with your visualizations. テキスト ボックスにはリンクを含めることができます。このリンクは、書き込まれた URL を通して、またはアンカー語句を強調表示し、テキスト ボックスのオプション バーのリンク シンボルを選択することで含めることができます。Text boxes can include links, either through a written URL or by highlighting an anchor phrase and selecting the link symbol on the text box options bar. テキスト ボックスに URL を含めることができ、Power BI は自動的にリンクを検出し、ライブにします。You can include URLs in text boxes, and Power BI automatically detects the link, and makes it live.

[画像] を選択すると、ファイル ブラウザーが開かれ、お使いのコンピューターまたは他のネットワークに接続されたソースから画像を選択できます。Selecting Image will open a file browser where you can select the image from your computer or other networked source. 既定では、レポート内の画像サイズを変更すると縦横比は維持されますが、ビジュアルの書式設定オプションで無効化にすることができます。By default, resizing an image in your report will maintain its aspect ratio, but this can be disabled in the visual formatting options.

図形 には、長方形や矢印を含む 5 つの異なる形式のオプションがあります。Shapes have five different options for form, including rectangles and arrows. 図形は、非透過、または透過で色つきの枠のものがあります。Shapes can be opaque, or transparent with a colored border. (後者は、視覚化のグループの周囲に罫線を作成するために便利です。)(The latter is useful for creating borders around groups of visualizations.)

ページ レイアウトと書式設定Page layout and formatting

Power BI Desktop では、サイズや向きなど、レポート ページのレイアウトと書式を制御できます。Power BI Desktop gives you the ability to control the layout and formatting of your report pages, such as size and orientation.

レポート ページをスケーリングする方法を変更するには、[ホーム] タブの [ページ表示] メニューを使用します。Use the Page View menu from the Home tab to change the way your report pages scale. 使用できるオプションには、[ページに合わせて表示] (既定)、[ページの幅に合わせて表示][原寸大] があります。The available options include Fit To Page (default), Fit To Width, and Actual Size.

ページ自体のサイズを変更することもできます。You can also change the pages size itself. 既定では、レポート ページは 16:9 の割合になっています。By default, report pages are 16:9. ページ サイズを変更するには、ビジュアルが選択されていないことを確認したうえで、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで [paintbrush (ペイントブラシ)] アイコンを選択し、[ページ サイズ] を選択してセクションを拡張します。To change the page size, make sure no visuals are selected, then select the paintbrush icon in the Visualizations pane, then select Page Size to expand that section.

サイズのオプションには、[4:3] (より正方形に近いアスペクト比) や、[ダイナミック] (使用できるスペースに合わせてページが拡張されます) があります。Options for page size include 4x3 (more square aspect ratio), and Dynamic (the page will stretch to fill the available space). また、レポート用に標準レター サイズも用意されています。There's a standard letter size for reports as well. ページ サイズを変更した後は、すべてのビジュアルがキャンバス上に表示されるようにビジュアルのサイズを変更することが必要になる場合があります。Keep in mind that you may need to resize your visuals after changing the page size to ensure that they're completely on the canvas.

カスタムのページ サイズを指定することもできます。その場合は、インチまたはピクセル単位でサイズを設定し、レポート全体の背景色を変更します。You can also specify a custom page size, setting the size by inches or pixels, and change the background color of the entire report.

もう 1 つのオプションとして [Cortana] を選択できます。この場合、Cortana を使用した検索の結果として使用できるようにレポートのサイズが変更されます。Another option is to select Cortana, which sizes the report so that it can be used as a result for searches using Cortana.

視覚エフェクト間の相互作用のグループ化Group interactions among visualizations

同じレポート ページ上に複数の視覚エフェクトがある場合は、クリックするかスライサーを使用して特定のセグメントを選択すると、そのページ上のすべてのビジュアルが影響を受けます。When you have multiple visualizations on the same report page, selecting a particular segment by clicking or using a slicer will affect all the visuals on that page. ただし、特定のビジュアルのみを対象にスライス処理を行う方が適切である場合もあります。In some cases, though, you may want to slice only specific visuals. これは、特定のセグメントにデータを制限すると重要な意味が失われてしまう散布図などの要素を使用しているときに特に当てはまります。This is particularly true when using elements such as scatter plots, where limiting the data to a specific segment will remove crucial meaning. Power BI Desktop には、ビジュアル間の相互作用を制御する機能もあります。Fortunately, Power BI Desktop lets you control how interactions flow between visuals.

視覚エフェクト間の相互作用を変更するには、[ホーム] リボンの [ビジュアル] セクションで [編集] を選択して編集モードをオンにします。To change the interaction between your visualizations, select Edit from the Visuals section of the Home ribbon to toggle Edit Mode on.

注意

Power BI Desktop の [相互作用を編集] アイコンは、このビデオが録画された後で変更されています。The Edit Interactions icon in Power BI Desktop has changed since the video was recorded.

レポート キャンバスでビジュアルを 1 つ選択すると、影響を受ける他のすべてのビジュアルの右上隅に小さな不透明のフィルター アイコンが表示されます。Now when you select a visual on your report canvas, you'll see a small opaque filter icon in the top right-hand corner of every other visual it will affect. ビジュアルを相互作用から除外するには、右上隅のフィルター アイコンの近くにある [なし] シンボルをクリックします。To exclude a visual from the interaction, click the None symbol in the upper right corner, near the filter icon.

場合によっては、ビジュアル間のフィルター相互作用の種類を調整することもできます。In some instances you can adjust the type of filter interaction that happens between visuals. 編集モードがオンになっている状態で、フィルター処理に使用するビジュアルを選択します。With Edit Mode toggled on, select the visual you use to filter. 別のビジュアルの種類を変更できる場合は、円グラフ アイコンが右上隅のフィルターの横に表示されます。If you can change the type of interaction on another visual, a pie chart icon will appear next to the filter icon in the top right-hand corner.

セグメント化されたデータを強調表示するには、円グラフ アイコンをクリックします。Click the pie chart icon to highlight the segmented data. それ以外の場合、データはフィルター処理されます。Otherwise, the data will be filtered. 既に説明したように、[なし] アイコンをクリックすると、すべての相互作用が削除されます。As before, you can click the None icon to remove all interaction.

デザイン上の有益な手法として、相互にやり取りするビジュアルの周囲に透過的な図形を描画してこれらのビジュアルの間に対話関係があることをユーザーにわかりやすくすることをお勧めします。A useful design tip is to draw a transparent shape around visuals that interact with each other, so it's clear to the user that they have an interactive relationship.

レポート ページの複製Duplicate a report page

レポートの各ページは、特定の方法で対話し、正確な書式設定を持つ複数の視覚エフェクトで構成されるなど、非常に複雑な場合があります。Individual pages of a report can be quite complex, with multiple visualizations that interact in specific ways and have precise formatting. レポートを作成する場合、2 つの異なるページのトピックで同じビジュアルとレイアウトを使用することがあります。Occasionally when building a report, you may want to use the same visuals and layouts for two different page topics. たとえば、総売上に関するレポート ページだけをまとめた場合、純売上に関してもほぼ同じページが必要な場合があります。For example, if you've just put together a report page on gross revenue, you may want an almost identical page on net revenue.

ページをすべて再作成するのは困難ですが、Power BI Desktop があれば、レポート ページを複製するだけで済みます。Recreating all of your work would be difficult, but with Power BI Desktop you can just duplicate a report page.

コピーするタブを右クリックし、[ページの複製] を選択します。Right-click on the tab you want to copy, and select Duplicate Page.

次に、必要に応じて新しいページ タブの名前を変更し、テキストのタイトルがあれば更新し、追跡する新しいフィールドでビジュアルを更新します。You can then rename the new page tab as appropriate, update the text title if you have one, and then update your visuals with the new field you want to track.

データなしでカテゴリを表示するShow categories with no data

既定では、列の見出しが表示されるのは、レポートにデータが含まれている場合のみです。By default, column headings are only displayed in your reports if they contain data. たとえば、国別の売上を表示していて、ノルウェーの売上がない場合、ノルウェーは視覚エフェクトのどこにも表示されません。For example, if you were displaying revenue by country and had no sales in Norway, then Norway would not appear anywhere in your visualization.

空のカテゴリを表示するには、[視覚エフェクト] ウィンドウで変更するフィールドの下向き矢印をクリックして、[データのない項目を表示する] を選択します。To display empty categories, click on the down-arrow in the field you want to change in the Visualizations pane, and select Show items with no data.

これで、空の列が空白の値を持つビジュアルに表示されます。Any empty columns now appear in your visual with blank values.

[視覚エフェクト] ウィンドウで、あるフィールドの [データのない項目を表示する] を選択すると、[視覚エフェクト] ウィンドウに表示されるすべてのフィールドに適用されます。Once you select Show items with no data for any field in the Visualizations pane, it applies to all fields displayed in the Visualizations pane. したがって、別のフィールドを追加すると、データがない項目も表示されるため、ドロップダウン メニューを再確認する必要はありません。So if you add another field, any items that have no data will also be shown, without having to revisit the drop-down menu.

集計およびカテゴリのオプションSummarization and category options

Power BI では、モデル内のフィールドにプロパティを割り当てることができます。これにより、レポートを容易に作成し、よりわかりやすい形式でデータを視覚化および表示できます。Power BI has properties that you can assign for fields in your model, which can help report and visualize and present data in ways that provide more clarity. たとえば、数字のリストの平均を必要としているにもかかわらず Power BI によってリストの合計が自動的に計算されることがあります。For example, sometimes you want to average a list of numbers, but Power BI automatically sums the list. Power BI では、これらの数字のリストの集計方法を調整できます。With Power BI, you can adjust how those lists of numbers are summarized.

数値の集計コントロールNumeric control over summarization

ここでは、例を使いながら、Power BI で数値データ フィールドがどのように制御されるかについて説明します。Let's take an example, and demonstrate how to control the way Power BI summarizes numeric data fields.

レポート キャンバス上のビジュアルを選択し、[フィールド] ウィンドウでフィールドを選択します。Select a visual on your report canvas, and then select a field in the Fields pane. リボンに [モデリング] タブが表示され、データの書式およびプロパティを設定するためのオプションが表示されます。The Modeling tab appears in the ribbon and displays options for formatting data, and data properties.

使用する通貨記号を選択するには、次の図に示すように、通貨記号ボックスの一覧から目的の通貨記号を選択します。You can select the type of currency symbol used, by selecting the currency symbol drop down, which is shown in the following image.

フィールドの書式設定用のオプションも数多く用意されています。There are many different options for formatting fields. たとえば、通貨からパーセンテージに書式を変更することができます。For example, you can change the format from currency to percentage.

Powwer BI でデータを集計する方法を変更することもできます。You can change how Powwer BI summarizes the data, too. [既定の概要] アイコンを選択して、合計、カウント、平均の表示方法など、フィールドの集計方法を変更できます。Select the Default Summarization icon to change how a field is summarized, including displaying a sum, a count, or an average.

場所データの管理および明確化Manage and clarify your location data

地図上に場所を描画するときに類似する変更を加えることができます。You can make similar changes when plotting locations on a map. 地図を選択し、[フィールド] ウィンドウで、[場所] の値に使用するフィールドを選択します。Select your map, and then select the field in the Fields pane that you use for the Location value. [モデリング] タブで、[データ カテゴリ] を選択し、場所データを表すカテゴリをドロップダウン メニューから選択します。On the Modeling tab, select Data Category and then choose the category that represents your location data from the drop-down menu. たとえば、"都道府県"、"郡"、または "市区町村" を選択します。For example, select state, county, or city.

Z オーダーZ-order

レポートの要素がたくさんある場合、Power BI では、それらを相互に重ねる方法を管理できます。When you have lots of elements on a report, Power BI lets you manage how they overlap with each other. 項目を階層化したり別の項目の上に配置する方法は、しばしば Z オーダーと呼ばれます。How items are layered, or arranged on top of one another, is often referred to as the z-order.

レポート内の要素の Z オーダーを管理するには、要素を選択し、リボンの [ホーム] タブにある [配置] ボタンを使用して重ね順を変更します。To manage the z-order of elements in a report, select an element, and use the Arrange button on the Home tab of the ribbon to change its z-order.

[配置] ボタンのメニューを使用すると、要素の順序を思いどおりの方法でレポートに取得できます。By using the options in the Arrange button menu, you can get the ordering of elements on you report just the way you want it. ビジュアルを 1 レイヤー分だけ前方または後方に移動したり、オーダーの最背面または最前面に送ることができます。You can move a visual one layer forward or backward, or send it all the way to the front of the back of the order.

装飾用の背景や罫線として図形を使用する場合や、個々のチャートやグラフの特定のセクションを強調表示する場合は、特に [配置] ボタンの使用が役立ちます。Using the Arrange button is particularly useful when using shapes as decorative backgrounds or borders, or to highlight particular sections of an individual chart or graph. このボタンは、レポート タイトルの背景に使用されている次の水色の四角形など、背景を作成するのにも使用できます。You can also use them to create a background, such as the following light-blue rectangle being used for a report title background.

ビジュアルの階層とドリルダウンVisual hierarchies and drill-down

[軸] フィールド バケットのビジュアルに [日付] フィールドを追加すると、[年][四半期][月][日] を含む時間階層が Power BI によって自動的に追加されます。When you add a date field to a visual in the Axis field bucket, Power BI automatically adds a time hierarchy that includes Year, Quarter, Month and Day. これにより、ユーザーはこれらの異なる時間レベルにドリルダウンできるため、ビジュアルとレポートを表示するユーザーとの時間ベースの対話が可能になります。By doing this, Power BI allows your visuals to have time-based interaction with those viewing your reports, by letting users drill-down through those different time levels.

階層が設定されたことで、時間の階層をドリルダウンできるようになります。With a hierarchy in place, you can begin drilling down through the time hierarchy. たとえば、グラフ内の年をクリックすると、階層の次のレベル (この例では [四半期]) にドリルダウンされ、ビジュアルに表示されます。For example, clicking a year in the chart drills down to the next level in the hierarchy, in this case Quarters, which are then displayed in the visual.

この自動的に作成された階層では、共有レポートをユーザーがドリルダウンできるレベルを管理することもできます。In that automatically created hierarchy, you can also manage to which level your shared report allows people to drill. そのためには、[Visualizations (視覚化)] ウィンドウで、削除する階層の横の [X] をクリックします。To do this, in the Visualizations pane, simply click the X beside the hierarchy that you want to remove. 削除したレベルはレポートから削除され、ドリルダウンによってそのレベルを表示することはできなくなります。The deleted level is removed from the report, and drilling no longer displays that level.

再びその階層レベルが表示されるようにするには、[日付] フィールドをいったん削除した後、[フィールド] ウィンドウからもう一度追加します。これで、階層がもう一度自動的に作成されます。If you need to get that level of the hierarchy back, just remove the date field, and then add it again from the Fields pane, and the hierarchy is once again created for you automatically.

階層をビジュアルに使用しない方がよい場合もあります。There may be times when you don't want the hierarchy to be used for a visual. その場合は、(ビジュアルに追加した) [日付] フィールドの横にある下向きの矢印ボタンを選択し、[日付の階層] ではなく [日付] を選択します。You can control that by selecting the down-arrow button beside the Date field (once you've added it to a visual), and select Date rather than Date Hierarchy. これにより、生の日付値がビジュアルに表示されるようになります。That prompts Power BI to show the raw date values in the visual.

四半期または年を個別に選択する代わりに、現在表示されているすべてのデータ要素を一度に展開することもできます。You can also expand all data elements currently visible at once, rather than selecting a single quarter, or a single year. そのためには、左上にある、二重の下向き矢印で示された [Drill All (すべてドリル)] アイコンを選択します。To do that, select the Drill all icon in the top left of the visual, which is a double-down arrow icon.

Power BI Desktop での R 統合R integration in Power BI Desktop

Power BI desktop では、解析や統計的分析を実行し、R と統合することで説得力のあるビジュアルを作成できます。これらの R 視覚エフェクトは、Power BI Desktop レポート内でホストできます。With Power BI Desktop, you can perform analytical and statistical analysis and create compelling visuals by integrating with R. You can host those R visualizations within the Power BI Desktop report.

[視覚エフェクト] ウィンドウで R ビジュアルのアイコンを選択すると、Power BI が R ビジュアルをホストするキャンバスにプレース ホルダーを作成し、キャンバスで使用する R スクリプト エディターが表示されます。When you select the R visual icon from the Visualizations pane, Power BI creates a placeholder on the canvas to host your R visual, and then presents an R script editor for you to use right on the canvas. R ビジュアルにフィールドを追加すると、Power BI Desktop はそれらを R スクリプトのエディター ウィンドウに追加します。As you add fields to the R visual, Power BI Desktop adds them to the R script editor pane.

Power BI が R スクリプト エディターで生成した内容の下で、R スクリプトの作成を開始してビジュアルを生成できます。Below what Power BI generates in the R script editor, you can begin creating your R script to generate the visual. スクリプトが完了して [実行] を選択すると、次のようになります。Once your script is complete, select Run and the following occurs:

  1. ([フィールド] ウィンドウの) ビジュアルに追加されたデータが、Power BI Desktop から R のローカル インストールに送信されるThe data added to the visual (from the Fields pane) is sent from Power BI Desktop to the local installation of R
  2. Power BI Desktop の R スクリプト エディターで作成したスクリプトが、その R のローカル インストールで実行されるThe script created in the Power BI Desktop R script editor is run on that local installation of R
  3. Power BI Desktop が R のインストールから再度ビジュアルを取得し、それをキャンバスに表示するThen Power BI Desktop gets a visual back from the R installation, and displays it on the canvas

これらの処理がすべて迅速に行われ、結果がキャンバスの R ビジュアル視覚エフェクトに表示されます。It all happens quite quickly, and the result appears in the R visual visualization on the canvas.

R ビジュアルを変更するには、R スクリプトを調整してから [実行] を再度選択します。You can change the R visual by adjusting the R script, and then selecting Run again. 次の図では、正方形ではなく円を表示するようにビジュアルを変更しています。In the following image, we changed the visual to display circles instead of squares.

R ビジュアルは Power BI Desktop の他のビジュアルと同様なので、キャンバス上の他のビジュアルの操作や接続も同じようにできます。And since the R visual is just like any other visual in Power BI Desktop, you can interact with it and make connections with other visuals on the canvas as well. フィルター処理や強調表示により、キャンバス上の他のビジュアルを操作すると、R ビジュアルが Power BI の他のビジュアルと同じように自動的に反応するため、R スクリプトを調整する必要はありません。When you interact with other visuals on the canvas, through filtering or highlighting, the R visual automatically reacts just like any other Power BI visual, without needing to adjust the R script.

Power BI Desktop に備わった R の機能を活用することをお勧めします。It's a great way to use the power of R, right in Power BI Desktop.

次の手順Next steps

お疲れ様でした。Congratulations! Power BI のガイド付き学習コースの「視覚エフェクト」セクションが完了しました。You've completed this Visualizations section of the Guided Learning course for Power BI. これで皆さんは、Power BI で提供されるさまざまな視覚エフェクトに精通し、それらの視覚エフェクトを使用、変更、カスタマイズする方法についても理解したことでしょう。You can consider yourself well-versed in the many visualizations offered in Power BI, and also knowledgeable about how to use, modify, and customize them. そして幸運にも、視覚エフェクトは基本的に Power BI Desktop と Power BI サービスで同じなので、学習した内容は両方に適用されます。And good news: visualizations are essentially the same in Power BI Desktop and the Power BI service, so what you learned applies to both.

クラウドの説明に進み、Power BI サービスに専念する準備はこれで完了です。ここではデータを探索できます。You're now ready to head to the cloud and get immersed in the Power BI service, where you can Explore Data. ご存知のとおり、作業の流れは次のようになります。As you know, the flow of work looks something like the following:

  • Power BI Desktop にデータを取り込み、レポートを作成します。Bring data into Power BI Desktop, and create a report.
  • Power BI サービスに発行し、そこで新しい視覚エフェクトを作成したりダッシュボードを構築します。Publish to the Power BI service, where you create new visualizations and build dashboards
  • 他のユーザー、特に外出中のユーザーとダッシュボードを共有します。Share your dashboards with others, especially people who are on the go
  • 共有したダッシュボードとレポートを、Power BI Mobile アプリで表示して操作します。View and interact with shared dashboards and reports in Power BI Mobile apps

レポートを作成するのか、表示して操作するだけなのかに関係なく、これらすべての優れたビジュアルの作成方法や、データへの接続方法については、既に理解しています。Whether you create reports or just view and interact with them, you now know how all those cool visuals are created, and how they connected to the data. 次に、これらのビジュアルとレポートを実際に見ていきましょう。Next we get to see those visuals and reports in action.

次のセクションをご覧ください。See you in the next section!

おめでとうございます

Nice work. You've completed the Visualizations section of Guided Learning, and you're ready for the next tutorial - Exploring data.

これまでに学習した内容

次のチュートリアル

Exploring data

共同作成者

  • Davidiseminger
  • olprod
  • Alisha-Acharya