Power BI Q&A の概要

場合によって、自分のデータから回答を得る最も速い方法は、自然言語を使用してデータを検索することです。 Power BI の Q&A 機能では、自然言語を使用して自分の言葉で自分のデータを探索することができます。 Q&A は対話型で、楽しく行えます。 視覚化によってさらに調べるべき点が見つかるため、多くの場合は 1 つの質問が他の質問につながります。 質問をすることは、始まりにすぎません。 自分のデータを探索する場合は、質問を調整または拡張したり、新しい情報を明らかにしたり、詳しい情報に的を絞ったり、ズームアウトしてより広い視野を得たりすることができます。 エクスペリエンスは対話型で高速であり、メモリ内ストレージが利用されています。

Power BI Q&A は無料で、すべてのユーザーが利用できます。 Power BI Desktop では、レポート デザイナーは Q&A を使用してデータを探索し、視覚エフェクトを作成できます。 Power BI サービスでは、すべてのユーザーが Q&A を使用して自分のデータを探索できます。 Microsoft のモバイル アプリでは Q&A もサポートされています。iOS デバイスには Q&A 仮想アシスタントがあり、Android デバイスには Q&A ビジュアルがあります。 ダッシュボードまたはレポートを編集するためのアクセス許可を持っている場合は、自分の Q&A の結果をピン留めすることもできます。

Q&A の使用法

Q&A ホーム

入力を開始する前に、Q & A で質問を作るときに役立つ情報が新しい画面に表示されます。 提案された質問のいずれかから開始するか、または独自の質問を入力します。 Q&A では、次のような (ただし、これに限定されない) 幅広い質問がサポートされています。

  • 自然な質問をする どの売上が最も高い収益を上げていますか?
  • 相対日付フィルターを使用する 過去 1 年間の売上を表示
  • 上位 N 件のみを返す 売上高上位 10 の製品
  • フィルターを指定する 米国での売上を表示
  • 複雑な条件を指定する 製品カテゴリがカテゴリ 1 またはカテゴリ 2 の売上を表示
  • 特定のビジュアルを返す 製品別の売上を円グラフとして表示してください
  • 複雑な集計を使用する 製品別の売上の中央値を表示
  • 結果を並べ替える 売上高上位 10 か国を国コードで並べ替えて表示
  • データを比較する 売上合計と総コストの日付を表示
  • 傾向を表示する 時間の経過と共に売上を表示

オートコンプリート

質問を入力すると、Power BI によって Q&A に関連する文脈上の提案が表示されるため、自然言語ですぐに生産性を高めることができます。 入力すると、すぐにフィードバックと結果が得られます。 このエクスペリエンスは、検索エンジンでの入力に似ています。

Q&A 語句入力候補

赤、青、オレンジ色の下線

Q&A では、下線付きの単語が表示されるので、システムが認識した単語または認識しなかった単語を容易に確認できます。 青い実線の下線は、システムによってデータモデル内のフィールドまたは値と単語が正常に照合されたことを示します。 次の例は、EU Sales という単語が Q&A によって認識されたことを示しています。

Q&A の青い下線

オレンジ色の下線は、単語が "低い信頼度" として分類されていることを示します。 不明瞭またはあいまいな単語を入力すると、フィールドにオレンジ色の下線が表示されます。 例として、"Sales" という単語が挙げられます。 複数のフィールドに "Sales" という単語が含まれている可能性があるので、オレンジ色の下線が使用され、意図したフィールドを選択するようにシステムから求められます。 低信頼度の別の例として、"area" という単語を入力しても、一致する列が "region" である場合が挙げられます。 Bing と Office との統合により、Power BI Q&A では同じことを意味する複数の単語が認識されます。また、レポート内の名前変更を可能性のある候補として解釈することもあります。 Q&A によって単語にオレンジ色の下線が付けられているので、直接一致していないことがわかります。

赤い下線は、Q&A によって単語がまったく認識されていないことを意味します。 データのどこにも記述されていないドメイン固有の用語を使用したり、データ フィールドの名前が間違っていたりすると、この問題が発生する可能性があります。 例として、データ内のどこにも存在しない "Costs" という単語を使用した場合が挙げられます。 単語は英語の辞書に含まれていますが、Q&A によってこの用語に赤い下線のマークが付けられ、データに関してこの用語が見つからなかったことが示されます。

Q&A によって赤い下線が付けられた Sales

注意

青、赤、オレンジの下線の色は、Q&A の [Visual formatting](ビジュアルの書式設定) ウィンドウでカスタマイズできます。 また、Q&A ツールに関する記事には、Q&A で認識されなかった用語を定義する場合に使用する "Q&A トレーニング" について説明されています。

視覚化の結果

質問を入力すると、Q&A では即座に回答を解釈して視覚化することが試みられます。 最新の更新の一環として、Q&A では質問を解釈し、フィールドを適切な軸に自動的にプロットすることが試みられるようになりました。 たとえば、「Sales by year」(年間売上) と入力すると、Q&A では year が日付フィールドであることが検出され、このフィールドを X 軸に配置することが常に優先されます。 視覚エフェクトの種類を変更する場合は、質問の後に「as chart type」(グラフの種類として) と入力します。 Q&A では、現在、次の種類の視覚エフェクトがサポートされています。

  • 折れ線グラフ
  • 横棒グラフ
  • Matrix
  • テーブル
  • カード
  • 領域
  • 円グラフ
  • 散布図/バブル チャート

Q&A ビジュアルの結果

Q&A をレポートに追加する

Power BI Desktop または Power BI サービスでは次の 2 通りの方法でレポートに Q&A を追加できます。

  • Q&A ビジュアルを追加します。
  • Q&A ボタンを追加します。

Q&A ビジュアルをレポートに追加するには、新しい Q&A アイコンを選択し、[視覚化] ウィンドウで新しい Q&A ビジュアルを選択します。 あるいは、レポート キャンバス上の任意の場所をダブルクリックして、Q&A ビジュアルを挿入します。

Q&A ビジュアル アイコン

ボタンを追加するには、 [ホーム] リボンで、 [ボタン] > [Q&A] の順に選択します。Q&A ボタン イメージは完全にカスタマイズできます。

ダッシュボードに Q&A を使用する

既定では、Q&A はダッシュボードの上部にあります。 Q&A を使用するには、 [Ask a question on your data](データについて質問する) ボックスに入力します。

Q&A ダッシュボード

次の手順

自然言語は、自分のレポートにさまざまな方法で統合できます。 詳細については、次の記事を参照してください。