Power BI サービスでページ分割されたレポート用の埋め込みデータ ソースを作成するCreate an embedded data source for paginated reports in the Power BI service

この記事では、Power BI サービスでページ分割されたレポートの埋め込みデータ ソースを作成および変更する方法について説明します。In this article, you learn how to create and modify an embedded data source for a paginated report in the Power BI service. 埋め込みデータ ソースは、1 つのレポートで定義し、そのレポート内のみで使用します。You define an embedded data source in a single report, and use it only in that report. 現時点では、Power BI サービスに発行されるページ分割されたレポートには、埋め込みデータセットと埋め込みデータ ソースが必要であり、次のデータ ソースに接続できます。Currently, paginated reports published to the Power BI service need embedded datasets and embedded data sources, and can connect to these data sources:

  • Azure Analysis ServicesAzure Analysis Services
  • Azure SQL DatabaseAzure SQL Database and
  • Azure SQL Data WarehouseAzure SQL Data Warehouse
  • SQL ServerSQL Server
  • SQL Server Analysis ServicesSQL Server Analysis Services
  • OracleOracle
  • TeradataTeradata

次のデータ ソースの場合は、SQL Server Analysis Services 接続オプションを使用します。For the following data sources, use the SQL Server Analysis Services connection option:

  • Power BI Premium データセットPower BI Premium datasets

ページ分割されたレポートは、Power BI ゲートウェイを使用してオンプレミスのデータ ソースに接続します。Paginated reports connect to on-premises data sources by way of a Power BI gateway. ゲートウェイの設定は、Power BI サービスにレポートを発行した後で行います。You set up the gateway after you publish the report to the Power BI service.

詳細については、「Report Data in Power BI Report Builder」 (Power BI レポート ビルダーでのレポート データ) を参照してください。See Report Data in Power BI Report Builder for more detailed information.

埋め込みデータ ソースを作成するCreate an embedded data source

  1. Power BI レポート ビルダーを開きます。Open Power BI Report Builder.

  2. [レポート データ] ペインのツール バーで、 [新規] > [データ ソース] の順に選択します。On the toolbar in the Report Data pane, select New > Data Source. [データ ソースのプロパティ] ダイアログ ボックスが開きます。The Data Source Properties dialog box opens.

    新しいデータ ソース

  3. [名前] テキスト ボックスにデータ ソースの名前を入力するか、または既定値をそのまま使用します。In the Name text box, type a name for the data source or accept the default.

  4. [レポートに埋め込まれた接続を使用する] を選択します。Select Use a connection embedded in my report.

  5. [接続の種類の選択] の一覧から、データ ソースの種類を選択します。From the Select connection type list, select a data source type.

  6. 次のいずれかの方法を使用して、接続文字列を指定します。Specify a connection string by using one of these methods:

    • [接続文字列] テキスト ボックスに接続文字列を直接入力します。Type the connection string directly in the Connection string text box.

    • [構築] を選択し、手順 2 で選択したデータ ソースの [接続プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。Select Build to open the Connection Properties dialog box for the data source you chose in step 2.

      [接続プロパティ] ダイアログ ボックス内のフィールドに、データソースの種類に応じて適切に入力します。Fill in the fields in the Connection Properties dialog box as appropriate for the data source type. 接続のプロパティには、データ ソースの種類、データ ソースの名前、および使用する資格情報が含まれます。Connection properties include the type of data source, the name of the data source, and the credentials to use. このダイアログ ボックスで値を指定した後、 [接続テスト] を選択して、データ ソースが使用可能であり、指定した資格情報が正しいことを確認します。After you specify values in this dialog box, select Test Connection to verify that the data source is available and that the credentials you specified are correct.

  7. [資格情報] を選択します。Select Credentials.

    このデータ ソースに使用する資格情報を指定します。Specify the credentials to use for this data source. データ ソースの所有者は、サポートされている資格情報の種類を選択します。The owner of the data source chooses the type of credentials that are supported. 詳しくは、「レポート データ ソースに関する資格情報と接続情報を指定する」をご覧ください。For more information, see Specify Credential and Connection Information for Report Data Sources.

  8. [OK] を選択します。Select OK.

    データ ソースが [レポート データ] ペインに表示されます。The data source appears in the Report Data pane.

制限事項と考慮事項Limitations and Considerations

ページ分割されたレポートを Power BI データセットに接続する場合は、軽微な変更が加えられた Power BI での共有データセットに関する規則に従います。Paginated reports connecting to Power BI datasets follow the rules for shared datasets in Power BI with some minor changes. ユーザーが Power BI データセットを使用してページ分割されたレポートを正しく表示し、行レベルのセキュリティ (RLS) が確実に有効にされ閲覧者に適用されるようにする場合、あなたは必ず次の規則に従ってください。For users to properly view paginated reports using Power BI datasets, and to ensure row-level security (RLS) is enabled and enforced for your viewers, make sure you follow these rules:

従来のアプリとワークスペースClassic apps and workspaces

  • データセットと同じワークスペース内の .rdl (同じ所有者): サポートされている.rdl in same workspace as dataset (same owner): Supported
  • データセットと異なるワークスペース内の .rdl (同じ所有者): サポートされている.rdl in different workspace as dataset (same owner): Supported
  • 共有された .rdl: レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要がありますShared .rdl: You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level
  • 共有されたアプリ: レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要がありますShared app: You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level
  • データセットと同じワークスペース内の .rdl (異なるユーザー): サポートされている.rdl in same workspace as dataset (different user): Supported
  • データセットと異なるワークスペース内の .rdl (異なるユーザー): レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要があります.rdl in different workspace as dataset (different user):You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level
  • ロールレベルのセキュリティ: これを適用するには、レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要があります。Role-level security: You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level to have it enforced.

新しいエクスペリエンス アプリとワークスペースNew experience apps and workspaces

  • データセットと同じワークスペース内の .rdl: サポートされている.rdl in same workspace as dataset: Supported
  • データセットと異なるワークスペース内の .rdl (同じ所有者): サポートされている.rdl in different workspace as dataset (same owner): Supported
  • 共有された .rdl: レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要がありますShared .rdl: You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level
  • 共有されたアプリ: レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要がありますShared app: You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level
  • データセットと同じワークスペース内の .rdl (異なるユーザー) - サポートされている.rdl in same workspace as dataset (different user) - Supported
  • データセットと異なるワークスペース内の .rdl (異なるユーザー): レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要があります.rdl in different workspace as dataset (different user): You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level
  • ロールレベルのセキュリティ: これを適用するには、レポートを表示するユーザーごとに、データセット レベルで読み取りのアクセス許可を割り当てる必要がありますRole-level security: You need Read permission assigned for each user viewing the report at the dataset level to have it enforced

次の手順Next steps