Power BI Premium でのクエリのキャッシュQuery caching in Power BI Premium

Power BI Premium を使用する組織は、クエリ キャッシュを活用して、データセットに関連付けられたレポートを高速化できます。Organizations with Power BI Premium can take advantage of query caching to speed up reports associated with a dataset. クエリ キャッシュにより、Premium 容量はそのローカル キャッシュ サービスを使用してクエリ結果を維持するよう指示され、基になるデータ ソースによってそれらの結果が計算されることが回避されます。Query caching instructs the Premium capacity to use its local caching service to maintain query results, avoiding having the underlying data source compute those results.

重要

クエリ キャッシュは Power BI Premium でのみ利用できます。Query caching is only available on Power BI Premium. Azure Analysis Services または SQL Server Analysis Services を利用する LiveConnect データセットに適用することはできません。It is not applicable to LiveConnect datasets leveraging Azure Analysis Services or SQL Server Analysis Services.

キャッシュされたクエリ結果は、ユーザーおよびデータセットのコンテキストに固有であり、常にセキュリティ規則を順守します。Cached query results are specific to user and dataset context and always respect security rules. 現時点では、このサービスでは、表示した最初のページに対してのみクエリ キャッシュが行われます。At present the service only does query caching for the initial page that you land on. つまり、レポートと対話する際には、クエリはキャッシュされません。In other words, queries aren't cached when you interact with the report. クエリ キャッシュは個人用ブックマーク固定フィルターを尊重します。そのため、個人用レポートによって生成されたクエリはキャッシュされます。The query cache respects personal bookmarks and persistent filters, so queries generated by a personalized report will be cached. 同じクエリを利用するダッシュボードのタイルも、クエリがキャッシュされることでメリットを得られます。Dashboard tiles that are powered by the same queries also benefit once the query is cached. パフォーマンスは、データセットが頻繁にアクセスされてあまり更新する必要がない場合に、特に大きなメリットを得られます。Performance especially benefits when a dataset is accessed frequently and doesn't need to be refreshed often. クエリ キャッシュにより、全体的なクエリ数を減少させることで、Premium 容量に対する負荷を軽減することもできます。Query caching can also reduce load on your Premium capacity by reducing the overall number of queries.

クエリ キャッシュの動作は、Power BI サービスのデータセット用の [設定] ページで制御します。You control query caching behavior on the Settings page for the dataset in the Power BI service. ここには次の 2 つの設定があります。It has two possible settings:

  • オフ: このデータセットにはクエリ キャッシュを使用しません。Off: Don't use query caching for this dataset.

  • オン: このデータセットにはクエリ キャッシュを使用します。On: Use query caching for this dataset.

[クエリ キャッシュ] ダイアログ ボックス

考慮事項と制限事項Considerations and limitations

  • キャッシュの設定を [オン] から [オフ] に変更すると、以前に保存されたデータセットのクエリ結果が容量のキャッシュから削除されます。When you change caching settings from On to Off, all previously saved query results for the dataset are removed from the capacity cache. キャッシュは明示的にオフにするか、または管理者が容量の既定値を [オフ] に設定していた場合は規定値に戻すことで、オフにすることができます。You can turn off caching either explicitly or by reverting to capacity default setting that an administrator has set to Off. キャッシュをオフにすると、レポートで次回このデータセットに対してクエリを実行する際に、わずかな遅延が生じる可能性があります。Turning it off can introduce a small delay the next time any report runs queries against this dataset. 遅延は、保存された結果を活用しないでオンデマンドで実行される、こうしたレポート クエリが原因で発生します。The delay is caused by those report queries running on demand and not leveraging saved results. また、クエリを処理するには、まず必須のデータセットをメモリに読み込まなければならない場合があります。Also, the required dataset may need to be loaded into memory before it can service queries.
  • クエリ キャッシュを最新の情報に更新したら、Power BI では、基になるデータ モデルに対してクエリを実行し、最新の結果を取得する必要があります。When the query cache is refreshed, Power BI must run queries against the underlying data models to get the latest results. 大量のデータセットでクエリ キャッシュが有効になっているとき、Premium 容量の負荷が高い場合は、キャッシュの更新中にパフォーマンスが低下する可能性があります。If a large number of datasets have query caching enabled and the Premium capacity is under heavy load, some performance degradation may occur during cache refresh. パフォーマンスの低下は、実行されるクエリの量が増えることで発生します。Degradation results from the increased volume of queries being executed.

次の手順Next steps

Power BI Premium とは何ですか?What is Power BI Premium?