Power BI レポートのフィルターと強調表示についてAbout filters and highlighting in Power BI reports

フィルター処理を実行すると、絞り込んだデータ以外のすべてのデータが削除されます。Filters remove all but the data you want to focus on. 強調表示はフィルター処理ではありません。データが削除されることはなく、表示されるデータのサブセットが強調表示され、強調表示対象外のデータは淡色表示になります。Highlighting is not filtering since it does not remove data but instead highlights a subset of the visible data; the unhighlighted data remains visible but dimmed.

Power BI ではさまざまな方法でレポートをフィルター処理および強調表示できます。There are a lot of different ways you can filter and highlight reports in Power BI. すべての情報をまとめて説明すると混乱するので、次のように分けて説明します。Putting all of that information in one article would get confusing, so we've broken it down like this:

ヒント

Power BI はどのようにしてデータの関連方法を認識しているのでしょうか? How does Power BI knows how data is related? Power BI は基となるデータモデル内の各種テーブルとフィールド間のリレーションシップを使用して、レポート ページ上の項目を相互に対話させます。It uses the relationships between the different tables and fields in the underlying data model to make items on a report page interact with each other.

フィルター ウィンドウを使用したレポートでのフィルターと強調表示の概要Introduction to filters and highlighting in reports using the Filters pane

フィルターと強調表示は、フィルター ウィンドウを使用して、またはレポート自体で直接選択することによって (アドホック、後述)、適用できます。Filters and highlighting can be applied using the Filters pane or by making selections directly on the report itself (ad-hoc, see bottom of page). フィルター ウィンドウには、レポートで使用されているテーブルとフィールド、および適用されているフィルター (ある場合) が表示されます。The Filters pane shows the tables and fields used in the report and the filters that have been applied, if any. フィルターは、ページ レベル フィルターレポート レベル フィルタービジュアル レベル フィルターに分かれます。The filters are divided up into Page level filters, Report level filters, and Visual level filters. レポート キャンバスで視覚エフェクトを選択した場合は、ビジュアル レベル フィルターだけが表示されます。You'll only see visual level filters if you've selected a visualization on the report canvas.

ヒント

フィルターの横に [All] と表示されている場合は、フィールド全体がフィルターとして含まれることを意味します。If the filter has the word All next to it, that means that entire field is being included as a filter. たとえば、次のスクリーンショットの [Chain(All)] は、このレポート ページにすべてのストア チェーンに関するデータが含まれることを示します。For example, Chain(All) in the screenshot below tells us that this report page includes data about all the store chains. 一方、レポート レベル フィルターの [FiscalYear is 2013 or 2014] は、レポートに 2013 年および 2014 年の会計年度のデータのみが含まれることを示します。On the other hand, the report level filter of FiscalYear is 2013 or 2014 tells us that the report only includes data for the fiscal years of 2013 and 2014.

読み取りビューのフィルターと編集ビューのフィルターFilters in Reading View versus Editing View

レポートとの対話には 2 つのモード (読み取りビューと編集ビュー) があります。There are two modes for interacting with reports: Reading view and Editing view. 使用できるフィルター処理機能は、どのモードを使用しているかによって異なります。And the filtering capabilities available to you depend on which mode you're in.

  • 編集ビューでは、レポート フィルター、ページ フィルター、ビジュアル フィルターを追加できます。In Editing View, you can add report, page, and visual filters. レポートを保存すると、フィルターが一緒に保存されます。When you save the report, the filters are saved with it. 読み取りビューでレポートを表示しているユーザーは、追加したフィルターと対話できますが、変更を保存することはできません。People looking at the report in Reading View can interact with the filters you added, but not save their changes.
  • 読み取りビューでは、レポートに既に存在しているページ フィルターおよびビジュアル フィルターと対話できますが、フィルターの変更を保存することはできません。In Reading View, you can interact with any page and visual filters that already exist in the report, but you won't be able to save your filter changes.

読み取りビューのフィルター ウィンドウThe Filters pane in Reading View

読み取りビューでしかレポートにアクセスできない場合、フィルター ウィンドウは次のようになります。If you only have access to a report in Reading View, the Filters pane looks similar to this:

レポートのこのページには、6 個のページ レベル フィルターと 1 個のレポート レベル フィルターがあります。So this page of the report has 6 page level filters and 1 report level filter.

ビジュアル レベル フィルターが存在するかどうかを確認するには、ビジュアルを選択します。To see if any visual level filters exist, select a visual. 次の図では、バブル チャートに 6 個のフィルターが適用されています。In the image below, the bubble chart has 6 filters applied.

読み取りビューでは、既存のフィルターを変更することによってデータを調べます。In Reading View, explore the data by modifying the existing filters. 詳細については、「Power BI の読み取りビューでレポートと対話する」をご覧ください。Learn how in the article Interact with filters in Reading view

編集ビューのフィルター ウィンドウThe Filters pane in Editing View

レポートに対する所有者権限を持つユーザーが編集ビューでレポートを開くと、フィルターは使用可能な複数の編集ウィンドウの 1 つとして表示されます。When you have owner permissions for a report and open it in Editing View, you see that Filters is just one of several editing panes available.

前の読み取りビューと同じように、レポートのこのページには 6 個のページ レベル フィルターと 1 個のレポート レベル フィルターがあります。As in Reading View (above) we see that this page of the report has 6 page level filters and 1 report level filter. また、バブル チャートを選択すると、6 個のビジュアル レベル フィルターが適用されていることがわかります。And by selecting the bubble chart, we'd see it has 6 visual level filters applied.

ただし、編集ビューでは、フィルターと強調表示に関してさらに多くの機能を使用できます。But in Editing View, there is so much more that we can do with filters and highlighting. 最大の違いは、新しいフィルターを追加できることです。The main difference being that we can add new filters. 追加およびその他の方法については、「Power BI でのレポートへのフィルターの追加」をご覧ください。Learn how to do this and so much more in the article Add a filter to a report

アドホックのフィルターと強調表示Ad-hoc filterting and highlighting

レポート キャンバスでフィールドを選択すると、ページの他の部分がフィルター処理および強調表示されます。Select a field on the report canvas to filter and highlight the rest of the page. 同じビジュアルの空いている領域を選択すると、フィルターおよび強調表示が解除されます。Select any empty space in the same visual to remove it. この種のフィルターと強調表示はレポートと共には保存されませんが、データの影響を簡単に調べることができます。This type of filtering and highlighting is not saved with the report but is fun way to quickly explore data impacts. この種のクロスフィルター処理とクロス強調表示を微調整する方法については、「Power BI レポートでの視覚化の相互作用」をご覧ください。To fine-tune how this type of cross-filtering and cross-highlighting works, see Visual interactions

次の手順Next steps

フィルターとの対話と強調表示 (読み取りビュー)Interact with filters and highlighting (in Reading View)

レポートへのフィルターの追加 (編集ビュー)Add a filter to a report (in Editing View)

レポート フィルターの使用方法Take a tour of report filters

レポートのビジュアル相互間のクロスフィルター処理とクロス強調表示を変更する方法Change how report visuals cross-filter and cross-highlight each other

Power BI のレポートで詳細を確認するRead more about reports in Power BI

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community