Power BI の塗り分け地図 (コロプレス) (チュートリアル)Filled maps (choropleths) in Power BI (Tutorial)

塗り分け地図では、網掛け、着色またはパターンを使用して、値の違いを割合に応じて、地理的または地域的に表示します。A filled map uses shading or tinting or patterns to display how a value differs in proportion across a geography or region. こうした相対的な違いは、薄い色の網掛け (頻度が低い/量が少ない) から、濃い色の網掛け (頻度が高い/量が多い) を使用して、すぐにわかるように表示されます。Quickly display these relative differences with shading that ranges from light (less-frequent/lower) to dark (more-frequent/more).

Bing への送信内容What is sent to Bing

Power BI は Bing と統合されており、既定のマップ座標 (ジオコーディングと呼ばれるプロセス) を提供します。Power BI integrates with Bing to provide default map coordinates (a process called geo-coding). Power BI サービスまたは Power BI Desktop でマップの視覚エフェクトを作成すると、(その視覚エフェクトの作成に使用された) 場所緯度、および経度バケットのデータが Bing に送信されます。When you create a map visualization in Power BI service or Power BI Desktop, the data in the Location, Latitude, and Longitude buckets (that is being used to create that visualization) is sent to Bing.

ユーザーまたは管理者は、Bing がジオコーディングに使う URL へのアクセスを許可するように、ファイアウォールを更新することが必要な場合があります。You, or your administrator, may need to update your firewall to allow access to the URLs Bing uses for geocoding. 以下の URL です。Those URLs are:

Bing に送信されているデータの詳細、およびジオコーディングをより成功させるためのヒントについては、「マップの視覚エフェクトに関するヒントとテクニック」をご覧ください。For more information about the data being sent to Bing, and for tips to increase your geo-coding success, see Tips and tricks for map visualizations.

塗り分け地図を使用すべきケースWhen to use a filled map

塗り分け地図は、次の場合に最適な選択になります。Filled maps are a great choice:

  • 量的な情報を地図に表示する。to display quantitative information on a map.
  • 空間的なパターンと関係を示す。to show spatial patterns and relationships.
  • データが標準化されている。when your data is standardized.
  • 社会経済的なデータを扱っている。when working with socioeconomic data.
  • 特定の地域に関心がある。when defined regions are important.
  • 異なる地理的位置への分散状況を全体的に理解する。to get an overview of the distribution across the geographic locations.

前提条件Prerequisites

  • Power BI サービスまたは Power BI DesktopPower BI service or Power BI Desktop
  • 売上およびマーケティングのサンプルSales and Marketing Sample

まず、このチュートリアルでは Power BI Desktop ではなく Power BI サービスを使います。To follow along, the tutorial uses Power BI service, not Power BI Desktop.

基本的な塗り分け地図を作成するCreate a basic filled map

このビデオでは、基本的な地図マップを作成し、塗り分け地図に変換する様子をご覧いただけます。In this video, Kim creates a basic map and converts it to a filled map.

  1. 独自の塗り分け地図を作成するには、Power BI にサインインして [データの取得] > [サンプル] > [売上およびマーケティング] > [接続] の順に選択し、売上およびマーケティングのサンプルをダウンロードします。To create your own filled map, download the Sales and Marketing sample by signing in to Power BI and selecting Get Data > Samples > Sales and Marketing > Connect.
  2. 成功メッセージが表示されたら、[データセットの表示] を選択します。When the success message appears, select View dataset.

  3. Power BI の空白のレポート キャンバスが編集ビューに表示されます。Power BI opens a blank report canvas in Editing View.

  4. フィールド ウィンドウで [Geo (地理)] > [State] フィールドを選択します。From the Fields pane, select the Geo > State field.

  5. グラフを変換して、塗り分け地図にします。Convert the chart to a filled map. [State] も、[場所] に含まれるようになったことに注目してください。Notice that State is now in the Location well. Bing 地図は、マップの作成に [場所] のフィールドも使用します。Bing Maps uses the field in the Location well to create the map. 場所には、正しい各種の場所 (国、都道府県、市区町村、郵便番号など) を指定できます。Bing 地図には、世界中の場所に対応する塗り分け地図の輪郭が用意されています。The location can be a variety of valid locations: countries, states, counties, cities, zip codes or other postal codes etc. Bing Maps provides filled map shapes for locations around the world. 正しいエントリが [場所] に指定されていないと、Power BI では塗り分け地図を作成できなくなります。Without a valid entry in the Location well, Power BI cannot create the filled map.

  6. 地図にフィルターを適用して、米国本土のみが表示されるようにします。Filter the map to display only the continental United States.

    a.a. [視覚化] ウィンドウの下部にある [フィルター] 領域を探します。At the bottom of the Visualizations pane, look for the Filters area.

    b.b. [State] にポインターを合わせて、展開シェブロンをクリックします。Hover over State and click the expand chevron

    c.c. [すべて] の横のチェックマークを付けて、[AK] の横のチェックマークを外します。Place a checkmark next to All and remove the checkmark next to AK.

  7. [SalesFact] > [センチメント] を選択して、これも [色の彩度] に追加します。Select SalesFact > Sentiment to add it to the Color saturation well. [色の彩度] のフィールドも、マップの網掛けの制御に関わります。The field in the Color saturation well controls the map shading.
  8. 塗り分け地図は、緑色で網掛け表示されます。薄い緑色は、センチメント数が低いことを表します。また、濃い緑色は、より多くの肯定的なセンチメントを表します。The filled map is shaded in green, with light green representing the lower sentiment numbers and dark green representing the higher, more-positive sentiment. ここでは、ワイオミング州 (WY) を強調表示にして、センチメントが非常に良好 (74) であることを確認しています。Here I've highlighted the state of Wyoming (WY) and see that Sentiment is very good, 74.
  9. レポートを保存します。Save the report.

強調表示とクロス フィルター処理Highlighting and cross-filtering

[フィルター] ウィンドウの使用方法については、「Power BI でのレポートへのフィルターの追加」をご覧ください。For information about using the Filters pane, see Add a filter to a report.

塗り分け地図で 1 つの場所を強調表示にすると、レポート ページにある他の視覚化がクロスフィルター処理されます。逆の場合も同様です。Highlighting a Location in a Filled Map cross-filters the other visualizations on the report page... and vice versa.

確認するには、塗り分け地図をコピーし、売上およびマーケティング レポートの [センチメント] ページに貼り付けます。To follow along, copy and paste your Filled map onto the Sentiment page of the Sales and Marketing report.

  1. 塗り分け地図で、1 つの州を選択します。On the filled map, select a state. これにより、ページ上の他の視覚化が強調表示されます。This highlights the other visualizations on the page. たとえば、テキサスを選択すると、センチメントが 74 であること、テキサスが中心地区 #23 にあること、モデレーションおよび利便性のセグメントが売上高のほとんどを占めていることが示されます。Selecting Texas, for example, shows me that Sentiment is 74, Texas is in the Central District #23, and that most of the sales volume comes from the Moderation and Convenience segments.
  2. 折れ線グラフでは、 [いいえ][はい]の切り替えができます。On the line chart, toggle between No and Yes. これにより、塗り分けマップをフィルター処理して、VanArsdel と VanArsdel の競合他社のセンチメントを示すことができます。This filters the Filled Map to show Sentiment for VanArsdel and for VanArsdel's competition.

考慮事項とトラブルシューティングConsiderations and troubleshooting

地図データは、あいまいになることがあります。Map data can be ambiguous. たとえば、パリ (Paris) はフランスにありますが、テキサス州にもパリ (Paris) があります。For example, there's a Paris, France, but there's also a Paris, Texas. 地理データは、個別の列 (市区町村名の列、都道府県名の列など) に保存されていると考えられるため、Bing では、どちらがどちらのパリなのかを特定できないことがあります。Your geographic data is probably stored in separate columns – a column for city names, a column for state or province names, etc. – so Bing may not be able to tell which Paris is which. データセットに緯度と経度のデータが含まれている場合、Power BI には地図データのあいまいさをなくすために役立つ特別なフィールドが用意されています。If your dataset already contains latitude and longitude data, Power BI has special fields to help make the map data unambiguous. 緯度データを格納しているフィールドを [視覚化] > [緯度] 領域にドラッグします。Just drag the field that contains your latitude data into the Visualizations > Latitude area. 経度データについても、同じ操作を実行します。And do the same for your longitude data.

Power BI Desktop でデータセットを編集するアクセス許可がある場合は、このビデオでマップのあいまいさに対処する方法をご覧ください。If you have permissions to edit the dataset in Power BI Desktop, watch this video for help addressing map ambiguity.

緯度と経度のデータにアクセスできない場合は、この手順に従ってデータセットを更新してください。If you do not have access to latitude and longitude data, follow these instructions to update your dataset.

マップの視覚エフェクトについて詳しくは、「マップの視覚エフェクトに関するヒントとテクニック」をご覧ください。For more help with Map visualizations, see Tips and tricks for map visualizations.

次の手順Next steps

塗り分け地図をダッシュボード タイルとして追加 (このグラフのビジュアルをピン留め) Add the filled map as a dashboard tile (pin the visual)
視覚化をレポートに追加するAdd a visualization to a report
Power BI での視覚化の種類 Visualization types in Power BI
使用中の視覚化のタイプを変更する Change the type of visualization being used
他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community