Power BI サービスのスライサー (チュートリアル)Slicers in Power BI service (Tutorial)

営業担当副社長は、部署全体および各地域の営業マネージャーそれぞれのメトリックスの数字を管理したいと考えています。Your VP of Sales wants to be able to look at a number of metrics, for the entire division and for each individual District Manager. この場合、各マネージャーに対して別々のレポート ページを作成することや、スライサーを使用することができます。She could create a separate report page for each manager, or she could use a slicer. スライサーを使用すると、ページの他の視覚化に表示されるデータセットの一部を絞り込むことができます。A slicer narrows the portion of the dataset shown in the other visualizations on the page. スライサーは一種のフィルターです。Slicers are an alternate way of filtering.

スライサーを使用する場合When to use a slicer

スライサーは、次の状況で最適な選択です。Slicers are a great choice in the following situations.

  • レポート キャンバスによく使うフィルターまたは重要なフィルターを表示してアクセスしやすくする場合。To display commonly-used or important filters on the report canvas for easier access.
  • ドロップダウン リストを開いてフィルターの詳細を確認することなく、現在のフィルターされた状態を簡単に表示する場合。To make it easier to see the current filtered state without having to open a drop-down list to find the filtering details.
  • 不要ですが、フィルターには使用できるように列を非表示にして、テーブルを整理し、サイズを小さくする場合。When you want to hide columns you don't need but still be able to use them to filter - this makes for narrower, cleaner tables.
  • さらに絞り込まれたレポートを作成する場合。スライサーは浮動オブジェクトなので、ユーザーの注目を集めたいレポートの該当部分の横に配置できます。To create more focused reports - since slicers are floating objects you can put them next to the interesting part of the report you want your users to focus on.

スライサーの作成Create a slicer

  1. 編集ビュー小売りの分析のサンプルを開き、新しいレポート ページを追加します。Open the Retail Analysis Sample in Editing View and add a new report page.
  2. [フィールド] ウィンドウから [District]、[District Manager] の順に選択します。From the Fields pane, select District > District Manager.

  3. 視覚化をスライサーに変換します。Convert the visualization to a slicer. [視覚化] ウィンドウでスライサー アイコンを選択します。In the Visualizations pane, select the slicer icon.

スライサーの書式設定Format the slicer

  1. [視覚化] ウィンドウで、スライサーを選択した状態で、ペイント ローラ アイコン を選択して書式設定のオプションを表示します。With the slicer selected, in the Visualizations pane, select the paint roller icon to display the Format options.
  2. [全般]、[輪郭の色] の順に選択します。次に、濃い青を選択し、[太さ]6 に変更します。Select General > Outline color and choose dark blue and change the Weight to 6.

  3. [選択コントロール]の既定では、 [すべて選択][オフ][単一選択][オン]です。Under Selection Controls, by default, Select All is Off and Single Select is On. つまり、複数の名前を同時に選択する場合は、Ctrl キーを使用する必要があります。This means that I have to use the CTRL key to select more than one name at a time. [すべて選択][オン] に、 [単一選択][オフ]に変更します。Turn Select All to On and Single Select to Off.

    • スライサーの一覧の一番上に、 [すべて選択] が表示されるようになります。Notice that the slicer now has a Select All option at the top of the list. [すべて選択] をクリックすると、すべての名前が選択された状態と、名前が選択されていない状態が切り替わります。Toggle Select All to select all of the names or to select none of the names.
    • Ctrl キーを使用せずに、複数の名前を選択できるようになります。And you can now select more than one name without having to use the CTRL key.
  4. [項目]で、テキスト サイズを 14 ポイントに上げます。Under Items, increase the text size to 14pt. 同僚がこのスライサーに気づくようにしたいと考えています。We want to be sure that our colleagues notice this slicer.
  5. 最後に、 [フォントの色] を濃い赤に設定します。Lastly, set Font color to a dark red. これで、スライサーで選択されている名前と、選択されていない名前が区別されます。This will distinguish the selected names from the unselected names in our slicer.

  6. スライサーで使用できるその他のオプションを自由に試してみてください。Have fun exploring the other options available for slicers.

レポートでスライサーを使用するUse the slicer in a report

  1. レポート ページにいくつか視覚化を追加するか、小売りの分析のサンプル レポートを開いて、[District Monthly Sales] (地域別/月別の売上) タブを選択します。Add some additional visualizations to the report page or open the Retail Analysis sample report and select the District Monthly Sales tab.

  2. Carlos のレポート ページをスライスします。Slice the report page for Carlos. 他の視覚化は、その選択を反映して更新されます。Notice how the other visualizations update to reflect these selections.

  3. 地域マネージャーの姓のアルファベット順でスライサーを並べ替えます。Sort the slicer alphabetically by District Manager last name. スライサーの右上にある省略記号 [...] を選択して、 [District Manager](地域マネージャー) を選択します。Select the ellipses (...) in the top right corner of the slicer and choose District Manager.

スライサーがページの他のビジュアルに与える影響をコントロールするControl what effect the slicer has on other visuals on the page

スライサーでレポート ページの一部のビジュアルのみにフィルターを適用する場合Do you want the slicer to only filter some of the visuals on the report page? これを設定するには、[ビジュアル対話] コントロールを使用します。Use the Visual interactions control to set this up.

: [ビジュアル対話] が表示されない場合、 の代わりにそのアイコンを探します。NOTE: If you don't see Visual Interactions, look for its icon instead . いずれも表示されない場合は、レポートの編集ビューであることを確認します。If you don't see either, make sure you are in report Editing view.

  1. スライサーを選択してアクティブにし、メニュー バーから [ビジュアル対話] を選択します。Select the slicer to make it active and, from the menu bar, choose Visual interactions.

  2. フィルター コントロールは、ページの他のビジュアルすべての上に表示されます。Filter controls will appear above all the other visuals on the page. スライサーでビジュアルをフィルター処理する必要がある場合は、[フィルター] アイコンを選択します。If the slicer should filter a visual, select the Filter icon. スライサーがビジュアルに影響を与えないよう設定する場合は、[なし] アイコンを選択します。If the slicer should have no effect on the visual, select the None icon.

詳しくは、「Power BI レポートでの視覚化の相互作用」をご覧ください。For more information, see Visual interactions in a Power BI report.

Power BI のスライサーに関する考慮事項とトラブルシューティングConsiderations and troubleshooting slicers in Power BI

Power BI では、スライサーの使用に関する以下の制限事項があります。There are a few limitations to using slicers in Power BI, which are the following:

  1. スライスは入力フィールドをサポートしません。Slicers do not support input fields.
  2. 1 つのスライサーをレポート全体で使用することはできません。A single slicer cannot be used across an entire report. スライサーは現在のページにのみ影響を与えます。A slicer only impacts the current page.
  3. スライサーはダッシュボードに固定表示することはできません。Slicers cannot be pinned to a dashboard.
  4. スライサーはドリルダウンでサポートされていません。Drilldown is not supported for slicers.
  5. スライサーは、ビジュアル レベル フィルターをサポートしていません。Slicers do not support Visual level filters.

Power BI を改善する方法について、ご意見がありましたら、Do you have ideas for how to improve Power BI? コメントを送信してください。Submit an idea.

次の手順Next steps

視覚化をレポートに追加するAdd a visualization to a report

Power BI での視覚化の種類Visualization types in Power BI

Power BI - 基本的な概念Power BI - Basic Concepts

試してみる (無料)Try it out -- it's free!

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community