Power BI のスライサーSlicers in Power BI

レポートを見る人が売り上げ全体の指標を調べることができるだけでなく、個々の地域マネージャーや異なる期間の実績に注目することもできるようにしたい場合があります。You want your report readers to be able to look at overall sales metrics, but also highlight performance for individual District Managers and different time frames. 個別レポートや比較グラフを作成してもかまいませんが、スライサーを使用することもできます。You could create separate reports or comparative charts, or you could use slicers. スライサーはフィルターの代わりになる手段であり、レポートの他の視覚化に表示されるデータセットの一部を絞り込むことができます。A slicer is an alternate way of filtering that narrows the portion of the dataset shown in the other visualizations in a report.

このチュートリアルでは、無料の小売りの分析のサンプルを使って、リスト スライサーと日付範囲スライサーを作成、書式設定、使用する手順について説明します。This tutorial uses the free Retail Analysis Sample to walk you through creating, formatting, and using list and date range slicers. スライサーを書式設定して使用する方法がわかります。Have fun discovering ways to format and use slicers.

slicer

スライサーを使用する場合When to use a slicer

スライサーは、次のような場合に最適です。Slicers are a great choice when you want to:

  • レポート キャンバスによく使うフィルターまたは重要なフィルターを表示してアクセスしやすくする。Display commonly-used or important filters on the report canvas for easier access.
  • ドロップダウン リストを開くことなく、現在のフィルターされた状態を簡単に表示する。Make it easier to see the current filtered state without having to open a drop-down list.
  • データ テーブルで不要な非表示の列でフィルター処理する。Filter by columns that are unneeded and hidden in the data tables.
  • 重要なビジュアルの隣にスライサーを配置することにより、レポートを絞り込む。Create more focused reports by putting slicers next to important visuals.

Power BI のスライサーには次の制限があります。Power BI slicers have the following limitations:

  • スライスは入力フィールドをサポートしません。Slicers do not support input fields.
  • スライサーはダッシュボードに固定表示することはできません。Slicers cannot be pinned to a dashboard.
  • スライサーはドリルダウンでサポートされていません。Drilldown is not supported for slicers.
  • スライサーは、ビジュアル レベル フィルターをサポートしていません。Slicers do not support visual level filters.

スライサーを作成するCreate slicers

新しいスライサーを作成するには、スライサー アイコンを選んでから、フィルターを適用するデータ フィールドを選びます (または、データ フィールドを [視覚化] ウィンドウの [フィールド] ボックスにドラッグします)。または、先にデータ フィールドを選ぶかドラッグして視覚エフェクトを作成した後、スライサー アイコンを選んで視覚エフェクトをスライサーに変更することもできます。To create a new slicer, you can select the slicer icon and then select the data field to filter on (or drag it to the Fields box in the Visualizations pane), or you can select or drag the data field first to create a visualization, and then select the slicer icon to turn the visualization into a slicer. データ型が異なると異なる種類のスライサーが作成され、効果とオプションも異なります。Different data types create different types of slicers, with different effects and options.

初めてレポートを変更する際は、[既定値にリセット] のボタンが点灯します。The first time you change a report, the button for Reset to default lights up. これは、元のレポート設定に変更を加えたことを知らせるためのものです。This is a reminder that you've made a change to the original report settings. レポートから移動する場合、その変更内容は保存 (保持) されます。If you navigate away from the report, that change is saved (persists). レポートに戻ったときに、レポートを再スライスする必要はありません。When you return to the report you don't have to re-slice the report. ただし、レポートを作成者の既定の設定にリセットする場合は、上部のメニューバーから [既定値にリセット] ボタンを選択します。However, if you'd like to reset the report to the author's default settings, select the Reset to default button from the top menubar.

既定値に戻すボタン

注意

[既定値にリセット] ボタンが無効のままの場合、レポート作成者がレポートの機能を無効にしているか、レポートにカスタム ビジュアルが含まれていることを意味します。If your Reset to default button remains disabled, it either means the report author has disabled the feature for the report or the report contains a custom visual. ボタンの上にマウスを置くだけで、説明を示すヒントが表示されます。Simply hover over the button to read the tooltip for an explanation.

District Manager でデータをフィルター処理する新しいスライサーを作成するにはTo create a new slicer to filter data by District Manager

  1. Power BI Desktop または Power BI サービスで、小売りの分析のサンプルを開きますIn Power BI Desktop or Power BI service, open the Retail Analysis Sample. (Power BI サービスの場合は、左上の [レポートの編集] を選びます)。(In Power BI service, select Edit Report at upper left.)

  2. [Overview] ページを開き、キャンバスで何も選択されていない状態で、[視覚化] ウィンドウの [スライサー] アイコン [スライサー] アイコン を選択して新しいスライサーを作成します。On the Overview page, with nothing selected on the canvas, select the Slicer icon slicer icon in the Visualizations pane to create a new slicer.

  3. 新しいスライサーを選択し、[フィールド] ウィンドウの [District][District Manager] を選択して、スライサーを設定します。With the new slicer selected, select District Manager under District in the Fields pane to populate the slicer. 新しいスライサーは、名の前に選択ボックスの付いたリストです。The new slicer is a list with selection boxes before the names.

    新しいスライサー

  4. キャンバス上のスライサーと他の要素をサイズ変更およびドラッグして、スライサーのスペースを確保します。Resize and drag the slicer and other elements on the canvas to make room for the slicer. スライサーを小さくしすぎると、スライサーの項目が切れてしまうので注意してください。Note that the slicer items are cut off if you resize the slicer too small.

  5. スライサーの名前を選択し、ページ上の他の視覚エフェクトに与える影響を確認します。Select names on the slicer and note the effects on the other visualizations on the page. 名前を再び選んで選択を解除した後、Ctrl キーを押しながらの複数の名前を選びます。Select names again to deselect them, and hold down the Ctrl key to select more than one name. すべての名前を選ぶと、何も選ばない場合と同じ効果になります。Selecting all names has the same effect as selecting none.

ヒント

リスト スライサーの項目は、既定では英数字の昇順で並べられます。List slicer items are sorted in ascending alphanumerical order by default. 並べ替え順序を逆の降順にするには、スライサーの右上隅にある省略記号 [...] を選択し、ドロップダウン リストで [District Manager で並べ替え] を選択します。To reverse the sort order to descending, select the ellipses (...) in the top right corner of the slicer and choose Sort by District Manager in the drop-down list.

日付範囲でデータをフィルター処理する新しいスライサーを作成するにはTo create a new slicer to filter data by date range

  1. キャンバスを何も選択されていない状態にして、[フィールド] ウィンドウの [Time] ドロップダウンの [Month] (Power BI サービスの場合は [Date]) を [視覚化] ウィンドウの [値] ボックスにドラッグして、新しい視覚エフェクトを作成します。With nothing selected on the canvas, drop down Time in the Fields pane, and drag Month (or Date in Power BI service) to the Values box in the Visualizations pane to create a new visualization.

  2. 新しい視覚エフェクトを選択した状態で、[スライサー] アイコンを選択して、新しい視覚エフェクトをスライサーに変換します。With the new visualization selected, select the Slicer icon to convert the new visualization to a slicer. このスライサーは、日付範囲が設定されたスライダー コントロールです。This slicer is a slider control with the date range populated.

    新しい範囲スライサー

  3. キャンバス上のスライサーと他の要素をサイズ変更およびドラッグして、スライサーのスペースを確保します。Resize and drag the slicer and other elements on the canvas to make room for the slicer. スライサーのサイズに合わせてスライダーのサイズも変化しますが、スライサーを小さくしすぎるとスライダーが消えて日付の表示が切れるので注意してください。Note that the slider resizes with the slicer size, but it disappears and the dates are cut off if you resize the slicer too small.

  4. 異なる日付範囲を選択するには、スライダーを使うか、日付フィールドを選択して値を入力するか、カレンダーを表示して正確に選択します。Select different date ranges with the slider, or select a date field to type in a value or pop up a calendar for more precise selection. ページ上の他の視覚化に対する影響を確認してください。Note the effects on the other visualizations on the page.

    注意

    データ型が数値および日付/時刻の場合は、既定で範囲スライダーのスライサーが生成されます。Numeric and date/time data types produce range slider slicers by default. 2018年 2 月の Power BI の更新以降、整数データ型の範囲スライダーは整数値にスナップされ、小数点以下は表示されなくなっています。Starting with the February 2018 Power BI update, whole number data type range sliders now snap to whole number values rather than showing decimal places.

ヒント

[Month] データ フィールドでは、既定で [指定の値の間] 範囲スライダー スライサーの種類が生成されますが、他のスライサーの種類および選択オプションに変更できます。Although the Month data field produces a Between range slider slicer type by default, you can change it to other slicer types and selection options. スライサーの種類を変更するには、スライサーを選択した状態で、スライサーの右上隅の領域をマウスでポイントし、表示されるカレットをドロップダウンして、[一覧][次の値より前] などの他のいずれかのオプションを選択します。To change the slicer type, with the slicer selected, hover over the upper-right area of the slicer, drop down the carat that appears, and choose one of the other options, such as List or Before. スライサーの外観と選択オプションが変化することを確認してください。Note how the slicer appearance and selection options change.

日付と数値の範囲スライサーの作成について詳しくは、次のビデオおよび「Power BI Desktop で数値範囲スライサーを使用する」をご覧ください。For more about creating date and numeric range slicers, watch the following video and see Use the numeric range slicer in Power BI Desktop.

スライサーによって影響を受けるページ ビジュアルを制御するControl which page visuals are affected by slicers

既定では、レポート ページ上のスライサーは、他のスライサーも含めて、そのページ上にある他のすべての視覚エフェクトに影響します。By default, slicers on report pages affect all the other visualizations on that page, including each other. 作成したリスト スライサーと日付スライダーで値を選択して、他の視覚エフェクトへの影響を確認してください。As you choose values in the list and date sliders you just created, note the effects on the other visualizations. フィルター選択されるデータは、両方のスライサーで選択した値の積集合です。The filtered data is an intersection of the values selected in both slicers.

[ビジュアル対話] を使うと、一部のページ視覚エフェクトを他のスライサーの影響から除外できます。You can use Visual interactions to exclude some page visualizations from being affected by others. [Overview] ページの [Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager] グラフには、月ごとの District Manager の全体的な比較データが表示されており、これは常に表示しておく必要があります。On the Overview page, the "Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager" chart shows overall comparative data for District Managers by Month, which you want to keep visible at all times. [ビジュアル対話] を使用して、スライサーを選択してもこのグラフがフィルター処理されないようにすることができます。You can use Visual interactions to keep slicer selections from filtering this chart.

  1. [District Manager] スライサーを選択した状態で、次のようにします。With the District Manager slicer selected:

    • Power BI Desktop では、[ビジュアル ツール][書式] を選択して [相互作用を編集] を選択します。In Power BI Desktop, select the Format menu under Visual Tools and select Edit interactions.
    • Power BI サービスでは、メニュー バーの [ビジュアル対話] を選択して [相互作用を編集] をオンにします。In Power BI service, drop down Visual interactions from the menu bar and turn on Edit interactions.

    ページの他のすべてのビジュアルの上に、フィルター コントロール フィルター コントロール が表示されます。Filter controls filter controls appear above all the other visuals on the page. 最初は、すべてで [フィルター] アイコンが選択されています。Initially, all the Filter icons are selected.

  2. [Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager] グラフの上の [なし] アイコンを選択して、スライサーのフィルター処理を停止します。Select the None icon above the Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager chart to make the slicer stop filtering it.

  3. [Month] スライサーを選択し、[Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager] グラフの上の [なし] アイコンを再び選択して、このスライサーのフィルター処理を停止します。Select the Month slicer, and again select the None icon above the Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager chart to make this slicer stop filtering it. これで、スライサーで名前や日付範囲を選択しても、[Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager] グラフは変更されません。Now, as you select names and date ranges in the slicers, the Total Sales Variance by FiscalMonth and District Manager chart is unchanged.

相互作用の編集については、「Power BI レポートでの視覚化の相互作用」をご覧ください。See Visual interactions in a Power BI report for more information about editing interactions.

他のページでスライサーを同期して使用するSync and use slicers on other pages

Power BI の 2018 年 2 月更新以降では、スライサーを同期し、レポートの任意のページまたはすべてのページで使用できます。Starting with the February 2018 Power BI update, you can sync a slicer and use it on any or all pages in a report.

現在のレポートでは、[District Monthly Sales] ページにも [District Manager] スライサーがありますが、[Overview] ページで作成したスライサーとは同期していません (2 つのスライサーで異なる項目を選択できます)。In the current report, the District Monthly Sales page also has a District Manager slicer, but it is not synced with the one you created on the Overview page (the two slicers can have different item selections). [New Stores] ページには、[Store Name] スライサーだけがあります。The New Stores page has only a Store Name slicer. 新しい [District Manager] スライサーをこれらのページと同期して、いずれかのページでのスライサーを選択すると、3 つのページすべての視覚エフェクトに反映されるようにすることができます。You can sync your new District Manager slicer to these pages, so that slicer selections on any page affect visualizations on all three pages.

  1. [ビュー] メニューで、[スライサーの同期] (Power BI Desktop の場合) または [スライサー ウィンドウの同期] (Power BI サービスの場合) を選択します。On the View menu, select Sync slicers in Power BI Desktop (or turn on Sync slicers pane in Power BI service). [スライサーの同期] ウィンドウが表示されます。The Sync Slicers pane appears.

  2. [Overview] ページで、[District Manager] スライサーを選択します。On the Overview page, select the District Manager slicer. [District Monthly Sales] ページにも[ District Manager] スライサーがあるので、このページの [表示] 列は既に選択されていますが、[同期] 列は選択されていません。Note that the District Monthly Sales page is already selected in the Visible column, because there is also a District Manager slicer on that page, but it is not selected in the Sync column.

    スライサーを同期する

  3. [同期] 列で [New Stores] ページと [District Monthly Sales] ページを選択し、[Overview] のスライサーをこれらのページと同期します。In the Sync column, select the New Stores page and the District Monthly Sales page to sync the Overview slicer to those pages.

  4. [表示] 列では、[New Stores] ページを選択し、[District Monthly Sales] ページは選択したままにします。In the Visible column, select the New Stores page and leave the District Monthly Sales page selected.

  5. スライサーの同期の効果を観察し、他のページで表示されるようにします。Observe the effects of syncing the slicer and making it visible on the other pages. [District Monthly Sales] ページの [District Manager] スライサーには、[Overview] ページのスライサーと同じ選択が表示されるようになります。On the District Monthly Sales page, the District Manager slicer now shows the same selections as the one on the Overview page. [New Stores] ページでは、[District Manager] スライサーでの選択により、[Store Name] スライサーで使用可能な選択が影響を受けます。On the New Stores page, the selections in the District Manager slicer affect the selections that are available in the Store Name slicer.

    ヒント

    同期されたページのスライサーは、最初は元のページと同じサイズおよび位置に表示されますが、各ページで個別に、同期されたスライサーを移動したり、サイズや書式設定を変更したりできます。Although the slicer initially appears on the synced pages at the same size and position as on the original page, you can move, resize, and format synced slicers on the various pages independently.

注意

他のページへのスライサーの同期だけを設定して、表示を設定しない場合でも、他のページで行われたスライサーの選択により、そのページのデータがフィルター処理されます。If you sync a slicer to a page but do not make it visible on that page, slicer selections made on the other pages still filter the data on the page.

スライサーの書式設定Format slicers

スライサーの種類に応じて、異なる書式設定オプションを使用できます。Different formatting options are available depending on the slicer type. 方向、レスポンシブ レイアウト、および項目の色分けを使用して、標準の一覧項目ではなくボタンやタイルを生成し、異なる画面サイズやレイアウトに合わせてスライサー項目のサイズが変化するようにできます。By using Horizontal orientation, Responsive layout, and Item coloring, you can produce buttons or tiles rather than standard list items, and make slicer items resize to fit different screen sizes and layouts.

  1. いずれかのページで [District Manager] スライサーを選択した状態で、[視覚化] ウィンドウで [書式] アイコン を選択して書式設定コントロールを表示します。With the District Manager slicer selected on any page, in the Visualizations pane, select the Format icon to display the formatting controls.

    書式設定

  2. 各カテゴリの横にあるドロップダウン矢印を選択してオプションを表示し、編集します。Select the drop-down arrows next to each category to display and edit the options.

[全般] オプションGeneral options

  1. [輪郭の色] で赤を選び、[輪郭の太さ] を "2" に変更します。Select red under Outline color and change Outline weight to "2". ヘッダーと項目の輪郭または下線 (有効になっている場合) の色と太さが設定されます。This sets the color and thickness of the header and item outlines or underlines, when enabled.

  2. [方向] の既定値は [縦] です。Under Orientation, Vertical is the default. [横] を選択すると、タイルやボタンが横方向に配置され、スライサーに収まらない項目にアクセスするためのスクロール矢印が付いた、スライサーが作成されます。Select Horizontal to produce a slicer with horizontally arranged tiles or buttons, and scroll arrows to access items that do not fit in the slicer.

    横

  3. ViewScreen とスライサーのサイズに応じて、スライサーの項目のサイズと配置を変更するには、[レスポンシブ] レイアウトをオンにします。Turn on Responsive layout to change the size and arrangement of slicer items according to viewscreen and slicer size. リスト スライサーの場合、レスポンシブ レイアウトは横方向でのみ使用でき、小さい画面で項目が切り取られるのを防ぎます。For list slicers, responsive layout is only available in horizontal orientation, and prevents items from being cut off on small screens. 範囲スライダー スライサーのレスポンシブ書式設定では、スライダーのスタイルが変更されて、より柔軟なサイズ変更を提供します。For range slider slicers, responsive formatting changes the style of the slider and provides more flexible resizing. どちらの種類のスライサーも、非常に小さいサイズではフィルター アイコンになります。Both types of slicers become filter icons at very small sizes.

    レスポンシブ

    注意

    レスポンシブ レイアウトの変更により、ユーザーが設定した特定の見出しと項目の書式設定がオーバーライドされることがあります。Responsive layout changes may override specific heading and item formatting that you set.

  4. [X 方向の位置][X 方向の位置][幅][高さ] でスライサーの位置とサイズを数値で指定するか、キャンバス上で直接スライサーを移動およびサイズ変更します。Set the slicer position and size with numeric precision under X Position, Y Position, Width, and Height, or move and resize the slicer directly on the canvas. 項目のサイズと配置を変えてテストし、それに従ってレスポンシブ書式設定がどのように変化するかを確認してください。Experiment with different item sizes and arrangements, and note how the responsive formatting changes accordingly.

    横並びのボタン

横方向およびレスポンシブのレイアウトについては、「Power BI でサイズを変更することが可能なレスポンシブ スライサーの作成」をご覧ください。See Create a responsive slicer you can resize in Power BI for more about horizontal orientation and responsive layout.

[選択範囲のコントロール] のオプション (リスト スライサーのみ)Selection Controls options (list slicers only)

  1. [[すべて選択] オプションを表示する] は既定では [オフ] になっています。Show Select All is Off by default. すべての項目の選択と選択解除を切り替える [すべて選択] 項目をスライサーに追加するには、[オン] にします。Turn it to On to add a Select All item to the slicer that selects or deselects all items when toggled. すべての項目を選択してから 1 つの項目をクリックまたはタップして選択を解除すると、"is-not" タイプのフィルターを使用できます。When all items are selected, clicking or tapping one item deselects it, allowing an "is-not"-type filter.

    すべて選択

  2. [単一選択] は既定では [オン] になっています。Single Select is On by default. 各項目をクリックまたはタップするとその項目が選択され、Ctrl キーを押しながらクリックまたはタップすると複数の項目を選択できます。Clicking or tapping each item selects it, and holding down the Ctrl key while clicking or tapping selects multiple items. Ctrl キーを押さなくても複数の項目を選択できるようにするには、[単一選択][オフ] にします。Turn Single Select to Off to allow selecting multiple items without holding down the Ctrl key. 各項目を再度クリックまたはタップすると選択が解除されます。Clicking or tapping each item again deselects it.

[ヘッダー] のオプションHeader options

[ヘッダー] は既定では [オン] になっており、スライサーの上部にデータ フィールドの名前が表示されます。The Header is On by default, showing the data field name at the top of the slicer.

  1. ヘッダー テキストの書式を設定し、[フォントの色] を赤、[テキスト サイズ] を 14 pt、[フォント ファミリ] を Arial Black にします。Format the header text to make the Font color red, Text size 14 pt, and Font family Arial Black.
  2. [全般] オプションで設定したサイズと色で下線を生成するには、[アウトライン][下端のみ] を選択します。Under Outline, choose Bottom only to produce an underline with the size and color that you set under General options.

[項目] のオプション (リスト スライサーのみ)Item options (list slicers only)

  1. 項目のテキストと背景の書式を設定し、[フォントの色] を黒、[背景] を薄い赤、[テキスト サイズ] を 10 pt、[フォント ファミリ] を Arial にします。Format item text and background to make the Font color black, Background light red, Text size 10 pt, and Font family Arial.

  2. [全般] オプションで設定したサイズと色で各項目を境界線で囲むには、[アウトライン][フレーム] を選択します。Under Outline, choose Frame to draw a border around each item with the size and color you set under General options.

    書式設定済み

    ヒント

    • [方向] > [横] の場合、選択されていない項目は指定したテキスト色と背景色で表示され、選択された項目はシステムの既定値 (通常は黒い背景と白いテキスト) を使用します。With Orientation > Horizontal, deselected items show the chosen text and background colors, while selected items use the system default, usually black background with white text.
    • [方向] > [縦] の場合、項目は常に指定した色で表示され、選択ボックスはオンの場合は常に黒で表示されます。With Orientation > Vertical, items always show the set colors, and selection boxes are always black when selected.

日付/数値入力とスライダーのオプション (範囲スライダー スライサーのみ)Date/numeric inputs and Slider options (range slider slicers only)

  • 日付/数値入力のオプションは、[アウトライン] または下線がないことを除けば、リスト スライサーの [項目] オプションと同じです。Date/numeric input options are the same as the Item options for list slicers, except there is no Outline or underline.
  • [スライダー] オプションでは、範囲スライダーの色を設定でき、スライダーを [オフ] にすると数値入力だけが表示されます。Slider options allow you to set the color of the range slider, or turn the slider to Off, leaving only the numeric inputs.

その他の書式設定オプションOther formatting options

その他の書式設定オプションは既定ではオフです。The other formatting options are off by default. オンにすると次のようになります。When turned On:

  • [タイトル]: スライサーの上部に (ヘッダーとは別に) タイトルを追加して書式設定します。Title: Adds and formats a title (in addition to and independent of the header) at the top of the slicer.
  • [背景]: スライサー全体に背景色を追加し、透過性を設定します。Background: Adds a background color to the overall slicer and sets its transparency.
  • [縦横比を固定する]: スライサーのサイズを変更するときに形状を維持します。Lock aspect: Retains the shape of the slicer if it is resized.
  • [罫線]: スライサーの周囲に 1 ピクセルの枠線を追加し、その色を設定しますBorder: Adds a 1-pixel border around the slicer and sets its color. (このスライサーの枠線は、[全般] の [アウトライン] の設定とは別であり影響を受けません)。(This slicer border is separate from and unaffected by the General Outline settings.)

次の手順Next steps

無料試用版にサインアップSign up for a free trial

Power BI を改善する方法について、ご意見がありましたら、Do you have ideas for how to improve Power BI? コメントを送信してください。Submit an idea.

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community

視覚化をレポートに追加するAdd a visualization to a report

Power BI での視覚化の種類Visualization types in Power BI

Power BI - 基本的な概念Power BI - Basic Concepts