Power BI でのウォーターフォール図 (チュートリアル)Waterfall charts in Power BI (Tutorial)

ウォーターフォール図では、値が加算または減算された際の累計 (現在の合計) が示されます。A waterfall chart shows a running total as values are added or subtracted. 一連の加算と減算の変化によって、初期値 (たとえば、純利益) が、どのように影響を受けるかを理解するために役立ちます。It's useful for understanding how an initial value (for example, net income) is affected by a series of positive and negative changes.

各縦棒が色分けされるため、ひと目で増減を識別できます。The columns are color coded so you can quickly tell increases and decreases. 最初と最後の値の縦棒は、通常横軸を起点としますが、中間値の縦棒は浮動縦棒です。The initial and the final value columns often start on the horizontal axis, while the intermediate values are floating columns. この外観から、ウォーターフォール図はブリッジ図と呼ばれることもあります。Because of this "look", waterfall charts are also called bridge charts.

ウォーターフォール図を使用すべきケースWhen to use a waterfall chart

ウォーターフォール図は、次のような場合に最適な選択肢です。Waterfall charts are a great choice:

  • 時系列やさまざまなカテゴリにわたりメジャーに変化がある場合when you have changes for the measure across time series or different categories
  • 合計値に影響を与える大きな変化を監査する場合to audit the major changes contributing to the total value
  • 収益のさまざまな要因を示すことによって、会社の年間利益をプロットして、総利益 (または損) に到達するよう表示する場合to plot your company's annual profit by showing various sources of revenue and arrive at the total profit (or loss).
  • 会社のある年の年始と年末の社員数をグラフに示す場合to illustrate the beginning and the ending headcount for your company in a year
  • 毎月の収入と支出、および口座の現在の残高を視覚化する場合to visualize how much money you make and spend each month, and the running balance for your account.

ウォーターフォール図の作成Create a waterfall chart

ここでは、月別の売上差異 (予想売上高と実際の売上高の差異) を示すウォーターフォール図を作成します。We'll create a waterfall chart that displays sales variance (estimated sales versus actual sales) by month. 先に進むには、Power BI にサインインして、[データの取得] > [サンプル] > [小売りの分析のサンプル] を選びます。To follow along, sign in to Power BI and select Get Data > Samples > Retail Analysis Sample.

  1. [データセット] タブを選択し、新しい [小売りの分析のサンプル] データセットまでスクロールします。Select the Datasets tab and scroll to the new "Retail Analysis Sample" dataset. レポートの作成アイコンを選択し、レポート編集ビューでデータセットを開きます。Select the Create report icon to open the dataset in report editing view.

  2. [フィールド] ウィンドウで、[セールス] > [Total Sales Variance] (総売上差異) を選択します。From the Fields pane, select Sales > Total Sales Variance. [Total Sales Variance] (総売上差異) が [Y 軸] 領域内にない場合、そこにドラッグします。If Total Sales Variance isn't in the Y Axis area, drag it there.
  3. グラフを ウォーターフォールに変換します。Convert the chart to a Waterfall.

  4. [時刻] > [FiscalMonth] を選択して、[Total Sales Variance] を [カテゴリ] に追加します。Select Time > FiscalMonth to add it to the Category well.

  5. 時系列でウォーターフォール図を並べ替えます。Sort the waterfall chart chronologically. 図の右上にある省略記号 [...] を選択し、[FiscalMonth] を選択します。From the top-right corner of the chart, select the ellipses (...) and choose FiscalMonth.

  6. さらに調べると、月別の変化の要因がわかります。Dig in a little more to see what's contributing most to the changes month to month. [Store] > [Territory][詳細] バケットにドラッグします。Drag Store > Territory to the Breakdown bucket.

  7. Power BI の既定では、月別の増減に寄与した上位 5 個の要素が追加されます。By default, Power BI adds the top 5 contributors to increases or decreases by month. ただし、ここでは上位 2 個の要素にのみ興味があります。But we're only interested in the top 2 contributors. [書式設定] ウィンドウで [詳細] を選択し、[最大値] を 2 に設定します。In the Formatting pane, select Breakdown and set Maximum to 2.

    ウォーターフォール図をざっと見ると、オハイオ州とペンシルバニア州の地域が売上の増減に最も大きく貢献していることがわかります。A quick review reveals that the territories of Ohio and Pennsylvania are the biggest contributors to movement, negative and positive, in our waterfall chart.

  8. これは興味深い発見です。This is an interesting finding. オハイオ州とペンシルバニア州の売上が他の地域よりもはるかに高いため、この 2 つの州がこのように重大な影響を及ぼしているのでしょうか。Do Ohio and Pennsylvania have such a significant impact because sales in these 2 territories are much higher than the other territories? このようなことも確認するには、We can check that. 地域別の売上を表示するマップを作成します。Create a map that looks at sales by territory.

    このマップはこの理論をサポートしています。Our map supports our theory. これら 2 つの地域は、昨年 (バブルのサイズ) と今年 (バブルの網掛け) の売上値が最高だったことが示されています。It shows that these 2 territories had the highest value of sales last year (bubble size) and this year (bubble shading).

強調表示とクロス フィルター処理Highlighting and cross-filtering

[フィルター] ウィンドウの使用方法については、「Power BI でのレポートへのフィルターの追加」をご覧ください。For information about using the Filters pane, see Add a filter to a report.

ウォーターフォール図内の縦棒を強調表示すると、レポートのページ上の他の視覚化がクロス フィルター処理されます。逆の場合も同様です。Highlighting a column in a waterfall chart cross-filters the other visualizations on the report page... and vice versa. ただし、[合計] の縦棒では強調表示がトリガーされることも、クロス フィルター処理に反応することもありません。However, the Total column does not trigger highlighting or respond to cross-filtering.

次の手順Next steps

Power BI のレポートReports in Power BI

Power BI での視覚化の種類Visualization types in Power BI

Power BI レポートでの視覚化Visualizations in Power BI reports

Power BI - 基本的な概念Power BI - Basic Concepts

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community