Power BI でのデータの更新Data refresh in Power BI

このページはお役に立ちましたか?

Power BI を利用すると、データから分析情報へ、さらにはアクションへと迅速に移動することが可能です。ただし、Power BI レポートとダッシュボード内のデータは、確実に最新化しておく必要があります。Power BI enables you to go from data to insight to action quickly, yet you must make sure the data in your Power BI reports and dashboards is recent. データの更新方法を把握することは、多くの場合、正確な結果を得るうえで重要になります。Knowing how to refresh the data is often critical in delivering accurate results.

この記事では、Power BI のデータ更新機能とその依存関係について概念レベルで説明します。This article describes the data refresh features of Power BI and their dependencies at a conceptual level. また、一般的な更新の問題を回避するためのベスト プラクティスとヒントも提示します。It also provides best practices and tips to avoid common refresh issues. データ更新の仕組みを理解するための基礎を築く内容になっています。The content lays a foundation to help you understand how data refresh works. データ更新を構成する際に対象となる詳しい手順については、この記事の末尾にある「次の手順」セクションに示されたチュートリアルと攻略ガイドをご覧ください。For targeted step-by-step instructions to configure data refresh, refer to the tutorials and how-to guides listed in the Next steps section at the end of this article.

データ更新についてUnderstanding data refresh

Power BI では、データが更新されるたびに、基になるデータ ソースを照会し、必要に応じてソース データをデータセットに読み込んで、更新後のデータセットに依存するレポートまたはダッシュボード内のビジュアルをすべて更新する必要があります。Whenever you refresh data, Power BI must query the underlying data sources, possibly load the source data into a dataset, and then update any visualizations in your reports or dashboards that rely on the updated dataset. プロセス全体は、以降のセクションで説明するように、データセットのストレージ モードに応じて複数のフェーズで構成されます。The entire process consists of multiple phases, depending on the storage modes of your datasets, as explained in the following sections.

Power BI によるデータセット、レポート、およびダッシュボードの更新方法を理解するためには、次の概念について認識しておく必要があります。To understand how Power BI refreshes your datasets, reports, and dashboards, you must be aware of the following concepts:

  • ストレージ モードとデータセットの種類:Power BI によってサポートされるストレージ モードとデータセットの種類に応じて、更新の要件が異なります。Storage modes and dataset types: The storage modes and dataset types that Power BI supports have different refresh requirements. Power BI にデータを再インポートして、行われた変更をすべて確認するか、またはソースにあるデータを直接照会するかを選ぶことができます。You can choose between re-importing data into Power BI to see any changes that occurred or querying the data directly at the source.
  • Power BI の更新の種類:データセットの特性に関わらず、さまざまな更新の種類を把握しておくと、Power BI では更新処理中にどこに時間を費やす可能性があるのかを理解しやすくなります。Power BI refresh types: Regardless of dataset specifics, knowing the various refresh types can help you understand where Power BI might spend its time during a refresh operation. そして、これらの詳細とストレージ モードの特性を組み合わせると、データセットに対して [今すぐ更新] を選択した場合の Power BI の正確な動作を理解しやすくなります。And combining these details with storage mode specifics helps to understand what exactly Power BI performs when you select Refresh Now for a dataset.

ストレージ モードとデータセットの種類Storage modes and dataset types

さまざまなデータ ソースからデータにアクセスするために、Power BI データセットは次のいずれかのモードで操作できます。A Power BI dataset can operate in one of the following modes to access data from a variety of data sources. 詳細については、「Power BI Desktop のストレージ モード」をご覧ください。For more information, see Storage mode in Power BI Desktop.

  • Import モードImport mode
  • DirectQuery モードDirectQuery mode
  • LiveConnect モードLiveConnect mode
  • Push モードPush mode

次の図では、ストレージ モードに基づいて、さまざまなデータ フローを示しています。The following diagram illustrates the different data flows, based on storage mode. 最も重要な点は、Import モードのデータセットだけがソース データの更新を必要とすることです。The most significant point is that only Import mode datasets require a source data refresh. データ ソースからデータをインポートするのはこの種類のデータセットだけなので、更新が必要になります。また、インポートされたデータは、定期またはアドホック ベースで更新される可能があります。They require refresh because only this type of dataset imports data from its data sources, and the imported data might be updated on a regular or ad-hoc basis. Analysis Services に対する DirectQuery データセットと LiveConnect モードのデータセットでは、データをインポートしません。ユーザー操作ごとに、基になるデータ ソースを照会します。DirectQuery datasets and datasets in LiveConnect mode to Analysis Services don't import data; they query the underlying data source with every user interaction. Push モードのデータセットでは、データ ソースに直接アクセスしませんが、Power BI にデータをプッシュすることが期待されます。Datasets in push mode don't access any data sources directly but expect you to push the data into Power BI. データセットの更新要件は、ストレージ モード / データセットの種類に応じて異なります。Dataset refresh requirements vary depending on the storage mode/dataset type.

ストレージ モードとデータセットの種類

Import モードでのデータセットDatasets in Import mode

Power BI では、元のデータ ソースからデータセットへデータをインポートします。Power BI imports the data from the original data sources into the dataset. データセットに送信された Power BI レポートとダッシュボードのクエリでは、インポートされたテーブルと列から結果が返されます。Power BI report and dashboard queries submitted to the dataset return results from the imported tables and columns. このようなデータは、特定時点のコピーとして捉えることができます。You might consider such a dataset a point-in-time copy. Power BI ではデータをコピーするので、データセットを更新して、基になるデータ ソースから変更をフェッチする必要があります。Because Power BI copies the data, you must refresh the dataset to fetch changes from the underlying data sources.

Power BI ではデータをキャッシュするので、Import モードのデータセット サイズは、かなり大きくなる場合があります。Because Power BI caches the data, Import mode dataset sizes can be substantial. 各容量の最大データセット サイズについては、次の表を参照してください。Refer to the following table for maximum dataset sizes per capacity. 更新操作中に、データセットにおいて利用可能な最大量を超えるリソースが必要になった場合に、発生する可能性がある更新の問題を回避するために、常に最大データセット サイズを下回るようにしてください。Stay well below the maximum dataset sizes to avoid refresh issues that might occur if your datasets require more than the maximum available resources during a refresh operation.

容量の種類Capacity type 最大データセット サイズMaximum dataset size
Shared、A1、A2、または A3Shared, A1, A2, or A3 1 GB1 GB
A4 または P1A4 or P1 3 GB3 GB
A4 または P2A4 or P2 6 GB6 GB
A6 または P3A6 or P3 10 GB10 GB

DirectQuery/LiveConnect モードでのデータセットDatasets in DirectQuery/LiveConnect mode

Power BI では、DirectQuery/LiveConnect モードで動作する接続を介して、データをインポートすることはありません。Power BI does not import data over connections that operate in DirectQuery/LiveConnect mode. 代わりに、レポートまたはダッシュボードからデータセットが照会されるたびに、データセットは基になるデータ ソースから結果を返します。Instead, the dataset returns results from the underlying data source whenever a report or dashboard queries the dataset. Power BI ではクエリを変換して、データ ソースに転送します。Power BI transforms and forwards the queries to the data source.

Power BI 上でクエリがソースに転送されるという点で、DirectQuery モードおよび LiveConnect モードは似ていますが、重要なのは、LiveConnect モードの場合、Power BI 上でのクエリ変換は必須ではない点に留意することです。Although DirectQuery mode and LiveConnect mode are similar in that Power BI forwards the queries to the source, it is important to note that Power BI does not have to transform queries in LiveConnect mode. クエリは、共有された容量や Premium 容量のリソースを消費することなく、データベ―スをホストしている Analysis Services インスタンスに直接送信されます。The queries go directly to the Analysis Services instance hosting the database without consuming resources on shared capacity or a Premium capacity.

Power BI ではデータをインポートしないため、データ更新を実行する必要はありません。Because Power BI does not import the data, you don't need to run a data refresh. ただし、更新の種類に関する次のセクションで説明するように、Power BI では、タイルの更新と、可能であればレポートの更新を実行します。However, Power BI still performs tile refreshes and possibly report refreshes, as the next section on refresh types explains. タイルは、ダッシュボードにピン留めされたレポート ビジュアルであり、タイルに最新の結果が表示されるように、ダッシュボード タイルの更新は約 1 時間ごとに行われます。A tile is a report visual pinned to a dashboard, and dashboard tile refreshes happen about every hour so that the tiles show recent results. 次のスクリーンショットに示すように、データセットの設定では、スケジュールを変更できます。または、 [今すぐ更新] オプションを使用して、手動でダッシュボードの更新を強制実行します。You can change the schedule in the dataset settings, as in the screenshot below, or force a dashboard update manually by using the Refresh Now option.

スケジュールの更新

注意

[データセット] タブにある [スケジュールされたキャッシュの更新] セクションは、Import モードのデータセットでは利用できません。The Scheduled cache refresh section of the Datasets tab is not available for datasets in import mode. これらのデータセットでは、スケジュールされた各データ更新またはオンデマンドでの各データ更新の間に Power BI 上で自動的にタイルが更新されるので、個別のタイル更新を必要としません。These datasets don't require a separate tile refresh because Power BI refreshes the tiles automatically during each scheduled or on-demand data refresh.

プッシュ データセットPush datasets

Push データセットには、データ ソースの正式な定義は含まれません。そのため、Power BI 上でデータ更新を実行する必要はありません。Push datasets don't contain a formal definition of a data source, so they don't require you to perform a data refresh in Power BI. Azure Stream Analytics などの外部サービスやプロセスを経由して、データセットにデータをプッシュすることで、更新を行います。You refresh them by pushing your data into the dataset through an external service or process, such as Azure Stream Analytics. これは、Power BI を利用したリアルタイム分析では、一般的な手法です。This is a common approach for real-time analytics with Power BI. Power BI では、Push データセットの最上部に使用されるタイルに対しては、引き続きキャッシュの更新を実行します。Power BI still performs cache refreshes for any tiles used on top of a push dataset. 詳細なチュートリアルについては、「チュートリアル: Stream Analytics と Power BI:ストリーミング データのリアルタイム分析ダッシュボード」をご覧ください。For a detailed walkthrough, see Tutorial: Stream Analytics and Power BI: A real-time analytics dashboard for streaming data.

注意

Push モードには、「Power BI REST API の制限事項」に示されているように、複数の制限事項があります。Push Mode has several limitations as documented in Power BI REST API limitations.

Power BI の更新の種類Power BI refresh types

Power BI の更新操作は、データ更新、OneDrive の更新、クエリ キャッシュの更新、タイルの更新、およびレポート ビジュアルの更新を含む、複数の更新の種類で構成できます。A Power BI refresh operation can consist of multiple refresh types, including data refresh, OneDrive refresh, refresh of query caches, tile refresh, and refresh of report visuals. 指定したデータセットに対して必要な更新手順は、Power BI によって自動的に判断されますが、それらが更新操作の複雑さや期間にどのように影響するのかは、ご自身で把握しておく必要があります。While Power BI determines the required refresh steps for a given dataset automatically, you should know how they contribute to the complexity and duration of a refresh operation. 簡単な参考情報については、次の表で確認してください。For a quick reference, refer to the following table.

ストレージ モードStorage mode データ更新Data refresh OneDrive の更新OneDrive refresh クエリのキャッシュQuery caches タイルの更新Tile refresh レポート ビジュアルReport visuals
インポートImport スケジュール設定とオンデマンドScheduled and on-demand はい (接続されたデータセットに対して)Yes, for connected datasets Premium 容量で有効になっている場合If enabled on Premium capacity 自動およびオンデマンドAutomatically and on-demand いいえNo
DirectQueryDirectQuery 該当なしNot applicable はい (接続されたデータセットに対して)Yes, for connected datasets Premium 容量で有効になっている場合If enabled on Premium capacity 自動およびオンデマンドAutomatically and on-demand いいえNo
LiveConnectLiveConnect 該当なしNot applicable はい (接続されたデータセットに対して)Yes, for connected datasets Premium 容量で有効になっている場合If enabled on Premium capacity 自動およびオンデマンドAutomatically and on-demand はいYes
プッシュPush 該当なしNot applicable 該当なしNot applicable 実効性なしNot practical 自動およびオンデマンドAutomatically and on-demand いいえNo

データ更新Data refresh

Power BI ユーザーにとって、データ更新とは通常、更新スケジュールに基づくか、またはオンデマンドで、元のデータ ソースからデータセットへデータをインポートすることを意味します。For Power BI users, refreshing data typically means importing data from the original data sources into a dataset, either based on a refresh schedule or on-demand. データセットの更新は 1 日に複数回実行でき、基になるソース データが頻繁に変更される場合には、その必要が生じる可能性があります。You can perform multiple dataset refreshes daily, which might be necessary if the underlying source data changes frequently. Power BI では、共有された容量にあるデータセットに対して、1 日の更新を 8 回までに制限しています。Power BI limits datasets on shared capacity to eight daily refreshes. データセットが Premium 容量にある場合は、1 日に最大 48 回まで更新を実行できます。If the dataset resides on a Premium capacity, you can perform up to 48 refreshes per day. 詳しくは、この記事で後述する「スケジュールされた更新の構成」をご覧ください。For more information, see Configuring scheduled refresh later in this article.

1 日の更新の上限は、スケジュールされた更新とオンデマンドの更新の両方を組み合わせた回数に適用されることを周知することも重要です。It is also important to call out that the daily refresh limitation applies to both, scheduled and on-demand refreshes combined. 次のスクリーンショットに示すように、データセット メニューにある [今すぐ更新] を選択して、オンデマンドの更新をトリガーできます。You can trigger an on-demand refresh by selecting Refresh Now in the dataset menu, as the following screenshot depicts. また、Power BI REST API を使用して、プログラムによってデータ更新をトリガーすることもできます。You can also trigger a data refresh programmatically by using the Power BI REST API. 独自の更新ソリューションを構築することに関心をお持ちの場合は、「Datasets - Refresh Dataset (データセット - データセットの更新)」をご覧ください。See Datasets - Refresh Dataset if you are interested in building your own refresh solution.

今すぐ更新

注意

データ更新は、2 時間未満で完了する必要があります。Data refreshes must complete in less than 2 hours. ご自身のデータセットが、更新処理により長い時間を必要とする場合、データセットを Premium 容量へ移行することを検討してください。If your datasets require longer refresh operations, consider moving the dataset onto a Premium capacity. Premium では、更新の最大期間は 5 時間です。On Premium, the maximum refresh duration is 5 hours.

OneDrive の更新OneDrive refresh

OneDrive または SharePoint Online 上の Power BI Desktop ファイル、Excel ワークブック、またはコンマ区切りの値 (.csv) ファイルに基づいてデータセットとレポートを作成した場合、Power BI では、OneDrive の更新と呼ばれる別の種類の更新を実行します。If you created your datasets and reports based on a Power BI Desktop file, Excel workbook, or comma separated value (.csv) file on OneDrive or SharePoint Online, Power BI performs another type of refresh, known as OneDrive refresh. 詳しくは、「ファイルから Power BI 用のデータを取得する」をご覧ください。For more information, see Get data from files for Power BI.

OneDrive の更新では、データセットの更新中に Power BI がデータ ソースからデータセットへデータをインポートするのではなく、データセットとレポートをソース ファイルと同期します。Unlike a dataset refresh during which Power BI imports data from a data source into a dataset, OneDrive refresh synchronizes datasets and reports with their source files. Power BI では既定で、OneDrive または SharePoint Online 上のファイルに接続されているデータセットを同期する必要があるかどうかを、約 1 時間ごとにチェックします。By default, Power BI checks about every hour if a dataset connected to a file on OneDrive or SharePoint Online requires synchronization. 過去の同期サイクルを確認するには、更新履歴にある [OneDrive] タブをチェックします。To review past synchronization cycles, check the OneDrive tab in the refresh history. 次のスクリーンショットは、サンプル データセットに対する完了済みの同期サイクルを示しています。The following screenshot shows a completed synchronization cycle for a sample dataset.

更新履歴

上記のスクリーンショットに示すように、Power BI ではこの OneDrive の更新をスケジュールされた更新として識別しますが、更新間隔を構成することはできません。As the above screenshot shows, Power BI identified this OneDrive refresh as a Scheduled refresh, but it is not possible to configure the refresh interval. データセットの設定では、OneDrive の更新を非アクティブ化することしかできません。You can only deactivate OneDrive refresh in the dataset's settings. 更新の非アクティブ化は、Power BI のデータセットとレポートにより、ソース ファイルから自動的に変更が取得されないようにしたい場合に便利です。Deactivating refresh is useful if you don't want your datasets and reports in Power BI to pick up any changes from the source files automatically.

次のスクリーンショットに示すように、データセットが OneDrive または SharePoint Online 上のファイルに接続されている場合、データセットの設定ページには [OneDrive の資格情報][OneDrive の更新] セクションのみが表示されることに注意してください。Note that the dataset settings page only shows the OneDrive Credentials and OneDrive refresh sections if the dataset is connected to a file in OneDrive or SharePoint Online, as in the following screenshot. データセットが OneDrive または SharePoint Online 上のソース ファイルに接続されていない場合、これらのセクションは表示されません。Datasets that are not connected to sources file in OneDrive or SharePoint Online don't show these sections.

[OneDrive の資格情報] と [OneDrive の更新]

データセットに対して OneDrive の更新を無効にした場合、データセット メニューにある [今すぐ更新] を選択することで、引き続きオンデマンドでデータセットを同期することができます。If you disable OneDrive refresh for a dataset, you can still synchronize your dataset on-demand by selecting Refresh Now in the dataset menu. Power BI では、オンデマンド更新の中で、OneDrive または SharePoint Online 上のソース ファイルが Power BI にあるデータセットよりも新しいかどうかをチェックして、これに該当した場合にデータセットを同期します。As part of the on-demand refresh, Power BI checks if the source file on OneDrive or SharePoint Online is newer than the dataset in Power BI and synchronizes the dataset if this is the case. [更新履歴] では、 [OneDrive] タブ上にオンデマンド更新としてこれらのアクティビティが一覧表示されます。The Refresh history lists these activities as on-demand refreshes on the OneDrive tab.

OneDrive の更新では、元のデータ ソースからデータがプルされないことに留意してください。Keep in mind that OneDrive refresh does not pull data from the original data sources. OneDrive の更新では、次の図に示すように、.pbix、.xlsx、または .csv ファイルからのメタデータおよびデータを利用して、単純に Power BI 上のリソースを更新します。OneDrive refresh simply updates the resources in Power BI with the metadata and data from the .pbix, .xlsx, or .csv file, as the following diagram illustrates. データセットがデータ ソースからの最新のデータを保持することを保証するために、Power BI では、オンデマンド更新の中でデータ更新もトリガーします。To ensure that the dataset has the most recent data from the data sources, Power BI also triggers a data refresh as part of an on-demand refresh. [スケジュール] タブに切り替えると、 [更新履歴] 上でこれを確認できます。You can verify this in the Refresh history if you switch to the Scheduled tab.

OneDrive 更新の図

OneDrive または SharePoint Online に接続されたデータセットに対して OneDrive の更新を有効にした状態で、スケジュール ベースでのデータ更新を実行したい場合は、Power BI によるデータ更新が OneDrive の更新の後に実行されるように、確実にスケジュールを構成してください。If you keep OneDrive refresh enabled for a OneDrive or SharePoint Online-connected dataset and you want to perform data refresh on a scheduled basis, make sure you configure the schedule so that Power BI performs the data refresh after the OneDrive refresh. たとえば、毎夜午前 1 時にソース ファイルを更新するために独自のサービスまたはプロセスを作成した場合、Power BI がデータ更新の開始前に OneDrive の更新を完了できるだけの十分な時間を取れるように、スケジュールされた更新を午前 2 時 30 分に構成できます。For example, if you created your own service or process to update the source file in OneDrive or SharePoint Online every night at 1 am, you could configure scheduled refresh for 2:30 am to give Power BI enough time to complete the OneDrive refresh before starting the data refresh.

クエリ キャッシュの更新Refresh of query caches

データセットが Premium 容量にあるなら、次のスクリーンショットに示すように、クエリ キャッシュを有効にすることで、関連するレポートとダッシュボードのパフォーマンスを向上させることができる場合があります。If your dataset resides on a Premium capacity, you might be able to improve the performance of any associated reports and dashboards by enabling query caching, as in the following screenshot. クエリ キャッシュにより、Premium 容量はそのローカル キャッシュ サービスを使用してクエリ結果を維持するよう指示され、基になるデータ ソースによってそれらの結果が計算されることが回避されます。Query caching instructs the Premium capacity to use its local caching service to maintain query results, avoiding having the underlying data source compute those results. 詳しくは、「Power BI Premium でのクエリのキャッシュ」をご覧ください。For more information, see Query caching in Power BI Premium.

クエリ キャッシュ

しかし、データ更新の後は、以前にキャッシュされたクエリ結果は無効になってしまいます。Following a data refresh, however, previously cached query results are no longer valid. Power BI では、キャッシュされたこれらの結果を破棄して、再構築する必要があります。Power BI discards these cached results and must rebuild them. このため、1 日に 48 回など、極めて頻繁に更新されるデータセットに関連付けられたレポートおよびダッシュボードでは、クエリキャッシュによるメリットはあまり得られない可能性があります。For this reason, query caching might not be as beneficial for reports and dashboards associated with datasets that you refresh very often, such as 48 times per day.

タイルの更新Tile refresh

Power BI では、ダッシュボード上のすべてのタイル ビジュアルのキャッシュを維持し、データが変更された場合には速やかにタイル キャッシュを更新します。Power BI maintains a cache for every tile visual on your dashboards and proactively updates the tile caches when data changes. つまり、タイル更新は、データ更新に続けて自動的に行われます。In other words, tile refresh happens automatically following a data refresh. これは、スケジュール更新およびオンデマンド更新のどちらの操作にも適用されます。This is true for both, scheduled and on-demand refresh operations. ダッシュボードの右上にある省略記号 (...) を選択し、 [ダッシュボード タイルの更新] を選択して、強制的にタイルを更新することもできます。You can also force a tile refresh by selecting the ellipsis (...) in the upper right of a dashboard and selecting Refresh dashboard tiles.

ダッシュボード タイルの更新

タイル更新は、自動的に行われることから、データ更新に組み込まれた一部分として捉えることができます。Because it happens automatically, you can consider tile refresh an intrinsic part of data refresh. 何よりも、タイル数に応じて更新期間が長くなることに気が付くかもしれません。Among other things, you might notice that the refresh duration increases with the number of tiles. タイル更新のオーバーヘッドによって、大きな影響が出る可能性があります。The tile refresh overhead can be significant.

Power BI は既定で、タイルごとに単一のキャッシュを維持しますが、「Power BI での行レベルのセキュリティ (RLS)」に説明されているように、動的なセキュリティを使用してユーザー ロールに基づくデータ アクセスを制限する場合、Power BI ではロールごとおよびタイルごとに 1 つのキャッシュを維持する必要があります。By default, Power BI maintains a single cache for every tile, but if you use dynamic security to restrict data access based on user roles, as covered in the article row-level security (RLS) with Power BI, then Power BI must maintain a cache for every role and every tile. タイル キャッシュ数に、ロール数が掛け合わされます。The number of tile caches multiplies by the number of roles.

チュートリアル「Analysis Services 表形式モデルを使用した動的な行レベル セキュリティ」で強調されているように、データセットが RLS による Analysis Services データ モデルへのライブ接続を使用している場合、状況はより複雑になる可能性があります。The situation can get even more involved if your dataset uses a live connection to an Analysis Services data model with RLS, as highlighted in the tutorial Dynamic row level security with Analysis services tabular model. このような状況では、Power BI は、タイルごとおよびダッシュボードを閲覧したユーザーごとに、1 つのキャッシュを維持して更新する必要があります。In this situation, Power BI must maintain and refresh a cache for every tile and every user who ever viewed the dashboard. このようなデータ更新操作の一部として行われるタイル更新に、ソースからのデータのフェッチよりも長い時間がかかることは、珍しくありません。It is not uncommon that the tile refresh portion of such a data refresh operation far exceeds the time it takes to fetch the data from the source. タイル更新について詳しくは「タイルのエラーのトラブルシューティング」をご覧ください。For more details around tile refresh, see Troubleshooting tile errors.

レポート ビジュアルの更新Refresh of report visuals

この更新プロセスは、Analysis Services へのライブ接続にしか該当しないため、重要度は低くなります。This refresh process is less important because it is only relevant for live connections to Analysis Services. これらの接続の場合、レポートを再度表示するときに Power BI が Analysis Services の表形式モデルを照会する必要がないように、Power BI ではレポート ビジュアルの最新状態をキャッシュします。For these connections, Power BI caches the last state of the report visuals so that when you view the report again, Power BI does not have to query the Analysis Services tabular model. レポート フィルターを変更するなど、レポートを操作した場合、Power BI では表形式モデルを照会して、レポート ビジュアルを自動的に更新します。When you interact with the report, such as by changing a report filter, Power BI queries the tabular model and updates the report visuals automatically. レポートに古いデータが表示されていると思われる場合は、次のスクリーンショットに示されるように、レポートの [更新] ボタンを選択してすべてのレポート ビジュアルの更新をトリガーすることもできます。If you suspect that a report is showing stale data, you can also select the Refresh button of the report to trigger a refresh of all report visuals, as the following screenshot illustrates.

レポート ビジュアルの更新

データ インフラストラクチャの依存関係を確認するReview data infrastructure dependencies

ストレージ モードに関係なく、基になるデータ ソースがアクセス可能でない限り、データ更新を成功させることはできません。Regardless of storage modes, no data refresh can succeed unless the underlying data sources are accessible. 主なデータ アクセスのシナリオとして、次の 3 つがあります。There are three main data access scenarios:

  • データセットが、オンプレミスにあるデータ ソースを使用するA dataset uses data sources that reside on-premises
  • データセットが、クラウドにあるデータ ソースを使用するA dataset uses data sources in the cloud
  • データセットが、オンプレミスおよびクラウド ソースの両方からのデータを使用するA dataset uses data from both, on-premises and cloud sources

オンプレミス データ ソースへの接続Connecting to on-premises data sources

データセットが、直接ネットワーク接続では Power BI からアクセスできないデータ ソースを使用している場合は、更新スケジュールを有効にしたり、オンデマンドによるデータ更新を実行したりできるように、事前にこのデータセットに対してゲートウェイ接続を構成しておく必要があります。If your dataset uses a data source that Power BI can't access over a direct network connection, you must configure a gateway connection for this dataset before you can enable a refresh schedule or perform an on-demand data refresh. データ ゲートウェイとその仕組みについては、「オンプレミス データ ゲートウェイとは」をご覧ください。For more information about data gateways and how they work, see What are on-premises data gateways?

次のようなオプションがあります。You have the following options:

  • 必要なデータ ソース定義を利用してエンタープライズ データ ゲートウェイを選択するChoose an enterprise data gateway with the required data source definition
  • 個人用のデータ ゲートウェイを展開するDeploy a personal data gateway

注意

データ ゲートウェイを必要とするデータ ソースの種類の一覧については、「データ ソースの管理 - インポート/スケジュールされた更新」の記事で確認できます。You can find a list of data source types that require a data gateway in the article Manage your data source - Import/Scheduled Refresh.

エンタープライズ データ ゲートウェイの使用Using an enterprise data gateway

Microsoft では、個人用ゲートウェイではなくエンタープライズ データ ゲートウェイを使用して、オンプレミス データ ソースにデータセットを接続することを推奨しています。Microsoft recommends using an enterprise data gateway instead of a personal gateway to connect a dataset to an on-premises data source. 確実にゲートウェイが正しく構成されるようにしてください。つまり、ゲートウェイでは、最新の更新情報と必要なすべてのデータ ソース定義を保持している必要があります。Make sure the gateway is properly configured, which means the gateway must have the latest updates and all required data source definitions. データ ソース定義は、接続エンドポイント、認証モード、資格情報など、指定されたソースへの接続情報を Power BI に提供します。A data source definition provides Power BI with the connection information for a given source, including connection endpoints, authentication mode, and credentials. ゲートウェイ上でのデータ ソースの管理について詳しくは、「データ ソースの管理 - インポート/スケジュールされた更新」をご覧ください。For more information about managing data sources on a gateway, see Manage your data source - import/scheduled refresh.

ゲートウェイ管理者になっている場合、データセットをエンタープライズ ゲートウェイに接続することは、比較的簡単です。Connecting a dataset to an enterprise gateway is relatively straightforward if you are a gateway administrator. 管理者権限があれば、速やかにゲートウェイを更新し、必要に応じて不足するデータ ソースを追加できます。With admin permissions, you can promptly update the gateway and add missing data sources, if necessary. 実際に、データセットの設定ページから直接、不足しているデータ ソースをゲートウェイに追加できます。In fact, you can add a missing data source to your gateway straight from the dataset settings page. 次のスクリーンショットに示すように、トグル ボタンを展開してデータ ソースを表示し、 [ゲートウェイに追加] リンクを選択します。Expand the toggle button to view the data sources and select the Add to gateway link, as in the following screenshot. 一方、ゲートウェイ管理者でない場合は、表示された連絡先情報を使用して、ゲートウェイ管理者に必要なデータ ソース定義の追加依頼を送信します。If you are not a gateway administrator, on the other hand, use the displayed contact information to send a request to a gateway admin for adding the required data source definition.

ゲートウェイに追加

データ ソースに適切なデータ ソースの定義をマップすることを確認します。Make sure you map the correct data source definition to your data source. 上記のスクリーン ショットに示すように、ゲートウェイの管理者は、それぞれ別の資格情報を持つ同じデータ ソースに接続する単一のゲートウェイで複数の定義を作成できます。As the above screenshot illustrates, gateway admins can create multiple definitions on a single gateway connecting to the same data source, each with different credentials. 例で示したとおり、販売部署のデータセットの所有者は AdventureWorksProducts 販売データ ソースの定義を選択し、サポート部門のデータセットの所有者は、データセットを AdventureWorksProducts サポートのデータ ソースの定義にマップします。In the example shown, a dataset owner in the Sales department would choose the AdventureWorksProducts-Sales data source definition while a dataset owner in the Support department would map the dataset to the AdventureWorksProducts-Support data source definition. データ ソースの定義の名前が直感的でない場合は、ゲートウェイの管理者に、どの定義を選択するべきかお問い合わせください。If the names of the data source definition aren’t intuitive, contact your gateway admin to clarify which definition to pick.

注意

1 つのデータセットでは、単一のゲートウェイ接続しか使用できません。A dataset can only use a single gateway connection. 言い換えると、複数のゲートウェイ接続にわたってオンプレミス データ ソースにアクセスすることはできません。In other words, it is not possible to access on-premises data sources across multiple gateway connections. したがって、必要なすべてのデータ ソース定義を必ず同じゲートウェイに追加してください。Accordingly, you must add all required data source definitions to the same gateway.

個人用データ ゲートウェイを展開するDeploying a personal data gateway

お客様がエンタープライズ データ ゲートウェイにアクセスできず、またデータセットを管理する唯一のユーザーであるために他のユーザーとデータ ソースを共有する必要がない場合は、個人用モードでデータ ゲートウェイを展開できます。If you have no access to an enterprise data gateway and you're the only person who manages datasets so you don't need to share data sources with others, you can deploy a data gateway in personal mode. [ゲートウェイ接続] セクション内で、 [個人用ゲートウェイがインストールされていません] の下にある [今すぐインストール] を選択します。In the Gateway connection section, under You have no personal gateways installed , select Install now. オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード)」で説明されているように、個人用データ ゲートウェイには複数の制限事項があります。The personal data gateway has several limitations as documented in On-premises data gateway (personal mode).

エンタープライズ データ ゲートウェイとは違って、個人用ゲートウェイにはデータ ソース定義を追加する必要はありません。Unlike for an enterprise data gateway, you don't need to add data source definitions to a personal gateway. 代わりに、次のスクリーンショットに示すように、データセットの設定にある [データ ソースの資格情報] セクションを使用して、データ ソースの構成を管理します。Instead, you manage the data source configuration by using the Data source credentials section in the dataset settings, as the following screenshot illustrates.

ゲートウェイ用にデータ ソースの資格情報を構成する

注意

個人用データ ゲートウェイでは、DirectQuery/LiveConnect モードのデータセットをサポートしていません。The personal data gateway does not support datasets in DirectQuery/LiveConnect mode. データセットの設定ページ上でインストールを求められるかもしれませんが、個人用ゲートウェイしか使用していない場合は、ゲートウェイ接続を構成できません。The dataset settings page might prompt you to install it, but if you only have a personal gateway, you can't configure a gateway connection. これらの種類のデータ セットをサポートするには、必ずエンタープライズ データ ゲートウェイを使用するようにしてください。Make sure you have an enterprise data gateway to support these types of datasets.

クラウド データ ソースへのアクセスAccessing cloud data sources

Azure SQL DB などのクラウド データ ソースを使用するデータセットでは、Power BI がソースへの直接ネットワーク接続を確立できる場合、データ ゲートウェイを必要としません。Datasets that use cloud data sources, such as Azure SQL DB, don't require a data gateway if Power BI can establish a direct network connection to the source. したがって、データセットの設定にある [データ ソースの資格情報] セクションを使用して、これらのデータ ソースの構成を管理できます。Accordingly, you can manage the configuration of these data sources by using the Data source credentials section in the dataset settings. 次のスクリーンショットに示すように、ゲートウェイ接続を構成する必要はありません。As the following screenshot shows, you don't need to configure a gateway connection.

ゲートウェイなしでデータ ソースの資格情報を構成する

同一ソース クエリでのオンプレミスとクラウド ソースへのアクセスAccessing on-premises and cloud sources in the same source query

1 つのデータセットでは複数のソースからデータを取得でき、これらのソースをオンプレミスまたはクラウド内に配置しておくことが可能です。A dataset can get data from multiple sources, and these sources can reside on-premises or in the cloud. しかし、前述したように、1 つのデータセットでは単一のゲートウェイ接続しか使用できません。However, a dataset can only use a single gateway connection, as mentioned earlier. クラウド データ ソースでは必ずしもゲートウェイを必要としないものの、単一のマッシュアップ クエリ内で 1 つのデータセットからオンプレミスとクラウド ソースの両方に接続する場合には、ゲートウェイが必要になります。While cloud data sources don't necessarily require a gateway, a gateway is required if a dataset connects to both on-premises and cloud sources in a single mashup query. このシナリオでは、クラウド データ ソースの場合でも、Power BI においてゲートウェイを使用する必要があります。In this scenario, Power BI must use a gateway for the cloud data sources as well. 次の図は、このようなデータセットがデータ ソースにアクセスする仕組みを示しています。The following diagram illustrates how such a dataset accesses its data sources.

クラウドおよびオンプレミスのデータ ソース

注意

1 つのデータセットが別個のマッシュアップ クエリを使用してオンプレミスとクラウド ソースに接続する場合、Power BI では、オンプレミス ソースにアクセスするにはゲートウェイ接続を使用し、クラウド ソースには直接ネットワーク接続を使用します。If a dataset uses separate mashup queries to connect to on-premises and cloud sources, Power BI uses a gateway connection to reach the on-premises sources and a direct network connection to the cloud sources. 1 つのマッシュアップ クエリにおいて、オンプレミスとクラウドのソースからデータをマージまたはアペンドする場合は、Power BI では、クラウド ソースに対してもゲートウェイ接続に切り替えます。If a mashup query merges or appends data from on-premises and cloud sources, Power BI switches to the gateway connection even for the cloud sources.

Power BI のデータセットは Power Query に依存して、ソース データにアクセスして取得します。Power BI datasets rely on Power Query to access and retrieve source data. 次のマッシュアップは、オンプレミス ソースとクラウド ソースからデータをマージする基本例を示しています。The following mashup listing shows a basic example of a query that merges data from an on-premises source and a cloud source.

Let

    OnPremSource = Sql.Database("on-premises-db", "AdventureWorks"),

    CloudSource = Sql.Databases("cloudsql.database.windows.net", "AdventureWorks"),

    TableData1 = OnPremSource{[Schema="Sales",Item="Customer"]}[Data],

    TableData2 = CloudSource {[Schema="Sales",Item="Customer"]}[Data],

    MergedData = Table.NestedJoin(TableData1, {"BusinessEntityID"}, TableData2, {"BusinessEntityID"}, "MergedData", JoinKind.Inner)

in

    MergedData

オンプレミスおよびクラウド ソースからのデータのマージまたはアペンドをサポートするようにデータ ゲートウェイを構成するには、2 つのオプションがあります。There are two options to configure a data gateway to support merging or appending data from on-premises and cloud sources:

  • オンプレミス データ ソースだけでなく、クラウド ソース用のデータ ソース定義をデータ ゲートウェイに追加します。Add a data source definition for the cloud source to the data gateway in addition to the on-premises data sources.
  • [Allow user's cloud data sources to refresh through this gateway cluster](このゲートウェイ クラスターを利用してユーザーのクラウド データ ソースを更新することを許可します) のチェックボックスをオンにします。Enable the checkbox Allow user's cloud data sources to refresh through this gateway cluster.

ゲートウェイ クラスターを利用して更新する

上記のスクリーンショットに示すように、 [Allow user's cloud data sources to refresh through this gateway cluster in the gateway configuration](ゲートウェイ構成のこのゲートウェイ クラスターを利用してユーザーのクラウド データ ソースを更新することを許可します) のチェックボックスをオンにした場合、Power BI ではデータセットの設定にある [データソースの資格情報] 下でユーザーがクラウド ソース用に定義した構成を使用できます。If you enable the checkbox Allow user's cloud data sources to refresh through this gateway cluster in the gateway configuration, as in the screenshot above, Power BI can use the configuration that the user defined for the cloud source under Data source credentials in the dataset settings. これにより、ゲートウェイ構成のオーバーヘッドを低減できます。This can help to lower the gateway configuration overhead. 一方で、お使いのゲートウェイによって確立された接続を介して、より詳細な制御を行いたい場合は、このチェックボックスをオンにしてはいけません。On the other hand, if you want to have greater control over the connections that your gateway establishes, you should not enable this checkbox. この場合、サポート対象にするすべてのクラウド ソース用の明示的なデータ ソース定義を、お使いのゲートウェイに追加する必要があります。In this case, you must add an explicit data source definition for every cloud source that you want to support to your gateway. また、チェックボックスを有効にした状態で、クラウド ソース用の明示的なデータ ソース定義をゲートウェイに追加することも可能です。It is also possible to enable the checkbox and add explicit data source definitions for your cloud sources to a gateway. この場合、ゲートウェイでは、一致するすべてのソースに対してデータ ソース定義を使用します。In this case, the gateway uses the data source definitions for all matching sources.

クエリ パラメーターの構成Configuring query parameters

Power Query を使用して作成したマッシュアップまたは M クエリでは、簡単な手順からパラメーター化されたコンストラクトまで、複雑さに違いが生じる場合があります。The mashup or M queries you create by using Power Query can vary in complexity from trivial steps to parameterized constructs. データベース内の指定されたテーブルにアクセスするために SchemaName および TableName という 2 つのパラメーターを使用する小規模なサンプル マッシュアップ クエリを、次に示します。The following listing shows a small sample mashup query that uses two parameters called SchemaName and TableName to access a given table in an AdventureWorks database.

let

    Source = Sql.Database("SqlServer01", "AdventureWorks"),

    TableData = Source{[Schema=SchemaName,Item=TableName]}[Data]

in

    TableData

注意

クエリ パラメータ―は、Import モードのデータセットに対してのみ、サポートされています。Query parameters are only supported for Import mode datasets. DirectQuery/LiveConnect モードでは、クエリ パラメーターの定義をサポートしていません。DirectQuery/LiveConnect mode does not support query parameter definitions.

パラメータ―化されたデータセットから適切なデータに確実にアクセスするには、データセットの設定内でマッシュアップ クエリ パラメータ―を構成する必要があります。To ensure that a parameterized dataset accesses the correct data, you must configure the mashup query parameters in the dataset settings. また、Power BI REST API を使用して、プログラムによってパラメータ―を更新することもできます。You can also update the parameters programmatically by using the Power BI REST API. 次のスクリーンショットは、上記のマッシュアップ クエリを使用するデータセットに対してクエリ パラメータ―を構成するためのユーザー インターフェイスを示しています。The following screenshot shows the user interface to configure the query parameters for a dataset that uses the above mashup query.

クエリ パラメーターを構成する

注意

Power BI では現在、動的データ ソースとも呼ばれるパラメーター化されたデータ ソース定義をサポートしていません。Power BI currently does not support parameterized data source definitions, also known as dynamic data sources. たとえば、データ アクセス関数である Sql.Database("SqlServer01", "AdventureWorks") をパラメーター化することはできません。For example, you can't parameterize the data access function Sql.Database("SqlServer01", "AdventureWorks"). お使いのデータセットが動的データ ソースに依存している場合、Power BI からは不明またはサポート対象外のデータ ソースを検出したことが通知されます。If your dataset relies on dynamic data sources, Power BI informs you that it detected unknown or unsupported data sources. Power BI によってデータ ソースを識別して接続できるようにする場合、データ アクセス関数内のパラメーターを静的な値に置き換える必要があります。You must replace the parameters in your data access functions with static values if you want Power BI to be able to identify and connect to the data sources. 詳しくは、「更新がサポートされていないデータ ソースのトラブルシューティング」をご覧ください。For more information, see Troubleshooting unsupported data source for refresh.

スケジュールされた更新の構成Configure scheduled refresh

Power BI とデータ ソース間での接続の確立は、データ更新の構成の中でも圧倒的に困難な作業です。Establishing connectivity between Power BI and your data sources is by far the most challenging task in configuring a data refresh. それ以外の手順は比較的簡単であり、更新スケジュールの設定や更新失敗の通知の有効化などがあります。The remaining steps are relatively straightforward and include setting the refresh schedule and enabling refresh failure notifications. 詳しい手順については、攻略ガイド「スケジュールされた更新の構成」をご覧ください。For step-by-step instructions, see the how-to guide Configuring scheduled refresh.

更新スケジュールの設定Setting a refresh schedule

[スケジュールされている更新] セクションでは、データセットを更新する頻度と時間枠を定義します。The Scheduled refresh section is where you define the frequency and time slots to refresh a dataset. 前述のように、データセットが共有された容量上にある場合は 1 日に最大 8 時間の枠を、Power BI Premium 上では 48 時間の枠を構成できます。As mentioned earlier, you can configure up to eight daily time slots if your dataset is on shared capacity, or 48 time slots on Power BI Premium. 次のスクリーンショットは、12 時間間隔の更新スケジュールを示しています。The following screenshot shows a refresh schedule on a twelve-hour interval.

スケジュールされた更新の構成

更新スケジュールを構成すると、上記のスクリーンショットに示すように、データセットの設定ページ上で次回の更新時刻が通知されます。Having configured a refresh schedule, the dataset settings page informs you about the next refresh time, as in the screenshot above. ゲートウェイとデータ ソースの構成をテストする場合など、データの更新をより早く行いたい場合には、左側のナビゲーション ウィンドウ内のデータセット メニューにある [今すぐ更新] オプションを使用して、オンデマンド更新を実行します。If you want to refresh the data sooner, such as to test your gateway and data source configuration, perform an on-demand refresh by using the Refresh Now option in the dataset menu in the left navigation pane. オンデマンド更新は、スケジュールされた次回の更新時刻には影響を及ぼしません。ただし、この記事で前述したように、1 日の更新上限に対してはカウントされます。On-demand refreshes don't affect the next scheduled refresh time, but they count against the daily refresh limit, as explained earlier in this article.

また、構成された更新時刻は、スケジュールされた次のプロセスが Power BI によって開始される正確な時刻になるとは限らない点に注意してください。Note also that the configured refresh time might not be the exact time when Power BI starts the next scheduled process. Power BI では、ベスト エフォート方式を基本として、スケジュールされた更新を開始します。Power BI starts scheduled refreshes on a best effort basis. スケジュールされた時間枠の 15 分以内に更新を開始することを目標としますが、サービスが必要なリソースを迅速に割り当てることができない場合、最大で 1 時間の遅延が生じる可能性があります。The target is to initiate the refresh within 15 minutes of the scheduled time slot, but a delay of up to one hour can occur if the service can't allocate the required resources sooner.

注意

連続で 4 回失敗した後、あるいは、資格情報が無効または期限切れの場合など、構成の更新が必要になる回復不能なエラーをサービスが検出した場合に、Power BI では更新スケジュールを非アクティブ化します。Power BI deactivates your refresh schedule after four consecutive failures or when the service detects an unrecoverable error that requires a configuration update, such as invalid or expired credentials. 連続エラーのしきい値を変更することはできません。It is not possible to change the consecutive failures threshold.

更新失敗の通知の取得Getting refresh failure notifications

Power BI では既定で、更新の問題が発生した場合に、データセットの所有者が適時に対応できるように、電子メール経由で所有者に更新失敗の通知を送信します。By default, Power BI sends refresh failure notifications through email to the dataset owner so that the owner can act in a timely manner should refresh issues occur. また、Power BI では、連続するエラーが原因でサービスによってスケジュールが無効にされた場合にも、通知を送信します。Power BI also sends you a notification when the service disables your schedule due to consecutive failures. Microsoft では、 [更新失敗に関する通知を電子メールで受信する] を有効のままにしておくことをお勧めしています。Microsoft recommends that you leave the checkbox Send refresh failure notification emails to me enabled.

Power BI では、更新失敗時だけでなく、非アクティブ状態が原因でサービスがスケジュールされた更新を一時停止した場合にも、通知を送信することに注意してください。Note that Power BI not only sends notifications on refresh failures but also when the service pauses a scheduled refresh due to inactivity. 2 か月が経過して、データセット上に構築されたダッシュボードまたはレポートにアクセスしたユーザーが誰もいなかった場合、Power BI ではデータセットを非アクティブと見なします。After two months, when no user has visited any dashboard or report built on the dataset, Power BI considers the dataset inactive. このような場合、Power BI では、サービスによってデータセットに対する更新スケジュールが一時停止にされたことを示す電子メール メッセージをデータセット所有者に送信します。In this situation, Power BI sends an email message to the dataset owner indicating that the service paused the refresh schedule for the dataset. 次のスクリーンショットに、このような通知の例を示します。See the following screenshot for an example of such a notification.

更新が一時停止された場合の電子メール

スケジュールされた更新を再開するには、このデータセットを使用して構築されたレポートまたはダッシュボードにアクセスするか、または [今すぐ更新] オプションを使用して手動でデータセットを更新します。To resume scheduled refresh, visit a report or dashboard built using this dataset or manually refresh the dataset using the Refresh Now option.

更新の状態と履歴のチェックChecking refresh status and history

失敗の通知以外にも、更新失敗について定期的にデータセットをチェックすることをお勧めします。In addition to failure notifications, it is a good idea to check your datasets periodically for refresh errors. 簡単な方法としては、ワークスペースにデータセットの一覧を表示します。A quick way is to view the list of datasets in a workspace. エラーがあるデータベースには、小さな警告アイコンが表示されます。Datasets with errors show a small warning icon. 次のスクリーンショットに示すように、警告アイコンを選択して追加情報を取得します。Select the warning icon to obtain additional information, as in the following screenshot. 特定の更新失敗のトラブルシューティングについて詳しくは、「更新に関するトラブルシューティング シナリオ」をご覧ください。For more information about troubleshooting specific refresh errors, see Troubleshooting refresh scenarios.

更新の状態に関する警告

警告アイコンによって現在のデータセットの問題が示されますが、時には更新履歴をチェックすることもお勧めします。The warning icon helps to indicate current dataset issues, but it is also a good idea to check the refresh history occasionally. 名前からもわかるように、更新履歴では、過去の同期サイクルの成功や失敗の状態を確認できます。As the name implies, the refresh history enables you to review the success or failure status of past synchronization cycles. たとえば、ゲートウェイ管理者が、有効期限が切れた一連のデータベース資格情報を更新したかもしれません。For example, a gateway administrator might have updated an expired set of database credentials. 次のスクリーンショットに示すように、更新履歴には、影響を受けた更新が再稼働を開始した時刻が示されます。As you can see in the following screenshot, the refresh history shows when an affected refresh started working again.

更新履歴のメッセージ

注意

データセットの設定には、更新履歴を表示するためのリンクがあります。You can find a link to display the refresh history in the dataset settings. また、Power BI REST API を使用して、プログラムによって更新履歴を取得することも可能です。You can also retrieve the refresh history programmatically by using the Power BI REST API. カスタム ソリューションを使用して、複数のデータセットの更新履歴を一元的な方法で監視することができます。By using a custom solution, you can monitor the refresh history of multiple datasets in a centralized way.

ベスト プラクティスBest practices

データセットの更新履歴を定期的にチェックすることは、レポートとダッシュボードにおいて最新のデータが利用されることを保証するために取り入れることができる、最も重要なベスト プラクティスの 1 つです。Checking the refresh history of your datasets regularly is one of the most important best practices you can adopt to ensure that your reports and dashboards use current data. 問題を発見した場合には速やかに対応し、データ ソースの所有者とゲートウェイ管理者と共に対処します。If you discover issues, address them promptly and follow up with data source owners and gateway administrators if necessary.

さらに、データセットに対して信頼できるデータ更新プロセスを確立して維持するために、次の推奨事項について検討します。In addition, consider the following recommendations to establish and maintain reliable data refresh processes for your datasets:

  • 特にデータセットが Power BI Premium 上にある場合には、ビジー状態の時間を減らすように更新をスケジュールします。Schedule your refreshes for less busy times, especially if your datasets are on Power BI Premium. データセットの更新サイクルをより広範な時間枠にわたって分散させると、利用可能なリソースに高い負荷を強いる可能性があるピーク時間を回避できます。If you distribute the refresh cycles for your datasets across a broader time window, you can help to avoid peaks that might otherwise overtax available resources. 更新サイクルの開始の遅延は、リソース オーバーヘッドの指標になります。Delays starting a refresh cycle are an indicator of resource overload. Premium 容量が完全に消費されると、Power BI では更新サイクルをスキップする可能性もあります。If a Premium capacity is completely exhausted, Power BI might even skip a refresh cycle.
  • 更新に関する制限事項に常に留意してください。Keep refresh limits in mind. ソース データが頻繁に変更される場合や、データ ボリュームがかなり大きい場合には、ソースでの負荷の上昇やクエリ パフォーマンスへの影響を許容できるのであれば、Import モードではなく DirectQuery/LiveConnect モードを使用することを検討してください。If the source data changes frequently or the data volume is substantial, consider using DirectQuery/LiveConnect mode instead of Import mode if the increased load at the source and the impact on query performance are acceptable. Import モードのデータセットを絶えず更新することは避けてください。Avoid constantly refreshing an Import mode dataset. ただし、DirectQuery/LiveConnect モードには、Power BI Desktop での DirectQuery の使用に関するページに示されているように、応答データに対する 100 万行の上限やクエリ実行に対する 225 秒の応答時間の上限など、複数の制限事項があります。However, DirectQuery/LiveConnect mode has several limitations, such as a one-million-row limit for returning data and a 225 seconds response time limit for running queries, as documented in Use DirectQuery in Power BI Desktop. これらの制限事項によって、やはり Import モードを使用することが必要になる場合もあります。These limitations might require you to use Import mode nonetheless. データ ボリュームが非常に大きい場合は、Power BI での集計を利用することを検討してください。For very large data volumes, consider the use of aggregations in Power BI.
  • データセットの更新時間が、更新期間の上限を超過していないことを確認します。Verify that your dataset refresh time does not exceed the maximum refresh duration. Power BI Desktop を使用して更新期間をチェックしてください。Use Power BI Desktop to check the refresh duration. 2 時間を超える場合は、データセットを Power BI Premium に移行することを検討してください。If it takes more than 2 hours, consider moving your dataset to Power BI Premium. 共有された容量では、データセットが更新できない恐れがあります。Your dataset might not be refreshable on shared capacity. また、1GB を超えるデータセットや、更新に数時間かかるデータセットには、Power BI Premium での増分更新を使用することを検討してください。Also consider using incremental refresh in Power BI Premium for datasets that are larger than 1GB or take several hours to refresh.
  • レポートおよびダッシュボードで使用されるテーブルと列だけを含むように、データセットを最適化します。Optimize your datasets to include only those tables and columns that your reports and dashboards use. マッシュアップ クエリを最適化し、必要に応じて、動的データ ソース定義や高コストの DAX 計算を回避してください。Optimize your mashup queries and, if possible, avoid dynamic data source definitions and expensive DAX calculations. 特に、メモリ消費量が高くオーバーヘッド処理があることから、テーブル内のすべての行をテストする DAX 関数は回避してください。Specifically avoid DAX functions that test every row in a table because of the high memory consumption and processing overhead.
  • Power BI において効率的なソース クエリを確実に生成できるように、Power BI Desktop と同じプライバシー設定を適用します。Apply the same privacy settings as in Power BI Desktop to ensure that Power BI can generate efficient source queries. Power BI Desktop ではプライバシー設定は公開されないことに留意してください。Keep in mind that Power BI Desktop does not publish privacy settings. データセットの公開後、手動でデータ ソース定義の設定を再適用する必要があります。You must manually reapply the settings in the data source definitions after publishing your dataset.
  • 特に行レベルのセキュリティ (RLS) を使用する場合には、ダッシュボード上のビジュアル数を制限します。Limit the number of visuals on your dashboards, especially if you use row-level security (RLS). この記事で前述したように、ダッシュボード タイルの数が多くなり過ぎると、更新期間が大幅に増大する可能性があります。As explained earlier in this article, an excessive number of dashboard tiles can significantly increase the refresh duration.
  • 信頼できるエンタープライズ データ ゲートウェイの展開を利用して、オンプレミス データ ソースにデータセットを接続します。Use a reliable enterprise data gateway deployment to connect your datasets to on-premises data sources. ゲートウェイが利用不可能や過負荷になるなどで、ゲートウェイ関連の更新失敗に気付いたら、ゲートウェイ管理者と共に、既存のクラスターにさらにゲートウェイを追加するか、新しいクラスターを展開して、対応を行います (スケールアップとスケールアウト)。If you notice gateway-related refresh failures, such as gateway unavailable or overloaded, follow up with gateway administrators to either add additional gateways to an existing cluster or deploy a new cluster (scale up versus scale out).
  • ユーザー操作のたびにデータ ソースを照会することから、スケジュールされた更新の間に行われるデータ インポートが DirectQuery/LiveConnect データセットの最上部にあるレポートやダッシュボードのパフォーマンスに影響しないように、Import データセットと DirectQuery/LiveConnect データセットには別個のデータ ゲートウェイを使用します。Use separate data gateways for Import datasets and DirectQuery/LiveConnect datasets so that the data imports during scheduled refresh don't impact the performance of reports and dashboards on top of DirectQuery/LiveConnect datasets, which query the data sources with each user interaction.
  • Power BI からご自身の電子メール ボックスに更新失敗の通知を送信できることを確認します。Ensure that Power BI can send refresh failure notifications to your mailbox. スパム フィルターによって、電子メール メッセージがブロックされたり、気付かないような別のフォルダーへ直ちに移動されたりする可能性があります。Spam filters might block the email messages or move them into a separate folder where you might not notice them immediately.

次の手順Next steps

スケジュールされた更新の構成Configuring scheduled refresh
更新の問題をトラブルシューティングするためのツールTools for troubleshooting refresh issues
更新に関するトラブルシューティング シナリオTroubleshooting refresh scenarios

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティで質問してみてくださいTry asking the Power BI Community