オンプレミス データ ゲートウェイOn-premises data gateway

オンプレミス データ ゲートウェイはブリッジとして機能します。オンプレミス データ (クラウドにないデータ) と Power BI、Microsoft Flow、Logic Apps、PowerApps サービスの間で迅速かつ安全にデータを転送します。The on-premises data gateway acts as a bridge, providing quick and secure data transfer between on-premises data (data that is not in the cloud) and the Power BI, Microsoft Flow, Logic Apps, and PowerApps services.

1 つのゲートウェイを複数のサービスで同時に使用できます。You can use a single gateway with different services at the same time. PowerApps と共に Power BI を使用している場合、1 つのゲートウェイを両方に使用できます。If you are using Power BI as well as PowerApps, a single gateway can be used for both. サインインに使用したアカウントによって決まります。It is dependent on the account you sign in with.

注意

オンプレミス データ ゲートウェイは、すべてのモードでデータ圧縮およびトランスポートの暗号化を実行します。The on-premises data gateway implements data compression, and transport encryption, in all modes.

要件Requirements

最小要件:Minimum Requirements:

  • .NET 4.6 Framework.NET 4.6 Framework
  • 64 ビット版の Windows 7 または Windows Server 2008 R2 (またはそれ以降)64-bit version of Windows 7 / Windows Server 2008 R2 (or later)

推奨:Recommended:

  • 8 コア CPU8 Core CPU
  • 8 GB メモリ8 GB Memory
  • 64 ビット版の Windows 2012 R2 (またはそれ以降)64-bit version of Windows 2012 R2 (or later)

関連する考慮事項:Related Considerations:

  • ドメイン コントローラーにゲートウェイをインストールすることはできませんThe gateway cannot be installed on a domain controller
  • ゲートウェイは、コンピューターがオフ状態、スリープ状態、またはインターネットに接続されていない状態では実行できないので、そのような状況になる可能性があるラップトップなどのコンピューターには、ゲートウェイをインストールしないようにする必要があります。You shouldn't install a gateway on a computer, such a laptop, that may be turned off, asleep, or not connected to the Internet because the gateway can't run under any of those circumstances. さらに、ワイヤレス ネットワーク経由ではゲートウェイのパフォーマンスが低下する可能性があります。In addition, gateway performance might suffer over a wireless network.
  • ゲートウェイを使用するために Analysis Services は必要ありません。Analysis Services is not required to use the gateway. ゲートウェイを使用すると、Analysis Services データ ソースに接続できます。You can use the gateway to connect to an Analysis Services data source.

Analysis Services のライブ接続の制限事項Limitations of Analysis Services live connections

表形式または多次元インスタンスに対してライブ接続を使用することはできません。You can use a live connection against tabular or multidimensional instances.

サーバーのバージョンServer version 必要な SKURequired SKU
2012 SP1 CU4 以降2012 SP1 CU4 or later Business Intelligence と Enterprise SKUBusiness Intelligence and Enterprise SKU
20142014 Business Intelligence と Enterprise SKUBusiness Intelligence and Enterprise SKU
20162016 Standard SKU 以上Standard SKU or higher
  • セル レベルの書式設定および変換機能はサポートされていません。Cell level Formatting and translation features are not supported.
  • アクションおよび名前付きセットは Power BI には公開されませんが、アクションまたは名前付きセットも含む多次元キューブに接続し、ビジュアルおよびレポートを作成することはできます。Actions and Named Sets are not exposed to Power BI, but you can still connect to multidimensional cubes that also contain Actions or Named sets and create visuals and reports.

使用可能なデータ ソースの種類の一覧List of available data source types

データ ソースData source Live/DirectQueryLive/DirectQuery ユーザー構成による手動更新またはスケジュールされた更新User configured manual or scheduled refresh
Analysis Services 表形式Analysis Services Tabular はいYes はいYes
Analysis Services 多次元Analysis Services Multidimensional はいYes はいYes
ファイルFile いいえNo はいYes
フォルダーFolder いいえNo はいYes
IBM DB2IBM DB2 いいえNo はいYes
IBM Informix データベースIBM Informix Database いいえNo はいYes
ImpalaImpala はいYes はいYes
MySQLMySQL いいえNo はいYes
ODataOData いいえNo はいYes
ODBCODBC いいえNo はいYes
OledbOledb いいえNo はいYes
OracleOracle はいYes はいYes
PostgresSQLPostgresSQL いいえNo はいYes
SAP BWSAP BW はいYes はいYes
SAP HANASAP HANA はいYes はいYes
SharePoint リスト (オンプレミス)SharePoint list (on-premises) いいえNo はいYes
SnowflakeSnowflake はいYes はいYes
SQL ServerSQL Server はいYes はいYes
SybaseSybase いいえNo はいYes
TeradataTeradata はいYes はいYes
WebWeb いいえNo はいYes

オンプレミス データ ゲートウェイをダウンロードし、インストールするDownload and install the on-premises data gateway

ゲートウェイをダウンロードするには、[ダウンロード] メニューで [データ ゲートウェイ] を選択します。To download the gateway, select Data Gateway under the Downloads menu. オンプレミス データ ゲートウェイをダウンロードします。Download the on-premises data gateway.

オンプレミス データ ゲートウェのインストールInstall the on-premises data gateway

データ ゲートウェイがコンピューターにインストールされ、実行されます。The data gateway installs and runs on your computer. ゲートウェイは、常時稼働可能なコンピューターにインストールすることをお勧めします。It is best to install the gateway on a machine that can be left running all the time.

注意

ゲートウェイは、64 ビット Windows オペレーティング システムでのみサポートされます。The gateway is supported only on 64-bit Windows operating systems.

Power BI の場合、最初に選ぶ必要があるのは、ゲートウェイのモードです。For Power BI, the first choice you have to make is the mode of the gateway.

  • オンプレミス データ ゲートウェイ: このモードでは、複数のユーザーがゲートウェイを共有して再利用できます。On-premises data gateway: Multiple users can share and reuse a gateway in this mode. このゲートウェイは、Power BI、PowerApps、Flow、または Logic Apps で使用できます。This gateway can be used by Power BI, PowerApps, Flow or Logic Apps. Power BI の場合、スケジュール更新と DirectQuery の両方のサポートが含まれます。For Power BI, this includes support for both schedule refresh and DirectQuery
  • Personal: これは Power BI 専用であり、管理者の構成を行わなくても、個人として使用できます。Personal: This is for Power BI only and can be used as an individual without any administrator configuration. これは、オンデマンドの更新とスケジュールの更新のためだけに使用できます。This can only be used for on-demand refresh and schedule refresh. これを選択すると、個人用ゲートウェイのインストールが開始します。This selection launchs installation of the personal gateway.

いずれのモードのゲートウェイをインストールする場合でも、いくつかの注意点があります。There are a few things to note about insalling either mode of the gateway:

  • いずれのゲートウェイも 64 ビットの Windows オペレーティング システムを必要としますboth gateways require 64-bit Windows operating systems
  • ドメイン コントローラーにゲートウェイをインストールすることはできませんgateways can’t be installed on a domain controller
  • 最大 2 つのオンプレミス データ ゲートウェイを同じコンピューターにインストールできます。各モード (個人用と標準) に 1 つ実行します。you can install up to two on-premises data gateways on the same computer, one running in each mode (personal and standard).
  • 同じコンピューターの同じモードで複数のゲートウェイを実行することはできません。you cannot have more than one gateway running in the same mode on the same computer.
  • 異なるコンピューターに複数のオンプレミス データ ゲートウェイをインストールし、すべて同じ Power BI ゲートウェイ管理インターフェイスから管理することができます。個人用は除きます。次の箇条書きをご覧ください。you can install multiple on-premises data gateways on different computers, and manage them all from the same Power BI gateway management interface (excluding personal, see the following bullet point)
  • Power BI ユーザーごとに 1 つの個人用モード ゲートウェイを実行できます。You can only have one Personal mode gateway running for each Power BI user. 同じユーザーに別の個人用モード ゲートウェイをインストールする場合、コンピューターが違っていても、一番新しいインストールが前のインストールに取って代わります。If you install another Personal mode gateway for the same user, even on a different computer, the most recent installation replaces the existing previous installation.

On-prem-data-gateway-install-powerbi

ゲートウェイをインストールする前に考慮する点を次に示します。Here are a few things to consider before installing the gateway.

  • ノート PC にインストールすると、ノート PC の電源がオフでインターネットに接続していないときや、ノート PC がスリープ状態のとき、ゲートウェイは動作せず、クラウド サービスにあるデータはオンプレミスのデータと同期されません。If you are installing on a laptop, and your laptop is turned off, not connected to the internet, or asleep the gateway won’t work and the data in the cloud service will not be synchronized with your on-premises data.
  • コンピューターがワイヤレス ネットワークに接続されている場合、ゲートウェイの動作は遅くなる可能性があり、そのため、クラウド サービス内のデータとオンプレミスのデータを同期するのに時間がかかることがあります。If your machine is connected to a wireless network, the gateway may perform more slowly which will cause it to take longer to synchronize the data in the cloud service with your on-premises data.

ゲートウェイがインストールされたら、職場または学校のアカウントでサインインする必要があります。Once the gateway is installed, you will need to sign in with your work or school account.

On-prem-data-gateway-install-signin

サインインした後、新しいゲートウェイを構成するか、既存のゲートウェイを移行、復元、または継承するかを選択できます。After you are signed in, you will have the option to configure a new gateway, or to migrate, restore, or take over an existing gateway.

On-prem-data-gateway-install-register-recovery

新しいゲートウェイの構成Configure a new gateway

  1. ゲートウェイの名前を入力します。Enter a name for the gateway
  2. 回復キーを入力します。Enter a recovery key. これは 8 文字以上である必要があります。This has to be a minimum of 8 characters.
  3. [構成] を選択します。Select Configure.

注意

回復キーは、ゲートウェイを移行、復元、継承する場合に必要になります。The recovery key will be needed if you ever need to migrate, restore or take over a gateway. このキーは安全な場所に保存してください。Be sure to keep this key in a safe place.

On-prem-data-gateway-install-recovery

既存のゲートウェイの移行、復元、または継承Migrate, restore or take over an existing gateway

回復するゲートウェイを選択し、最初にゲートウェイを作成するときに使用した回復キーを指定する必要があります。You will need to select the gateway you want to recover and supply the recovery key that was used to first create the gateway.

接続されたオンプレミス データ ゲートウェイOn-premises data gateway connected

ゲートウェイを構成した後、ゲートウェイを使用してオンプレミス データ ソースに接続できます。Once the gateway is configured, you will be able to make use of it to connect to on-premises data sources.

ゲートウェイが Power BI 用の場合は、Power BI サービス内のゲートウェイにデータ ソースを追加する必要があります。If the gateway is for Power BI, you will need to add your data sources to the gateway within the Power BI service. これは、[ゲートウェイの管理] 領域で行います。This is done within the Manage gateways area. 詳細については、データ ソースの管理に関する記事をご覧ください。You can refer to the manage data sources articles for more information.

PowerApps の場合は、サポートされているデータ ソースの定義済み接続用のゲートウェイを選択する必要があります。For PowerApps, you will need to select a gateway for a defined connection for supported data sources. Flow と Logic Apps の場合は、このゲートウェイをオンプレミス接続に使用できます。For Flow and Logic Apps, this gateway is ready to be used with your on-premises connections.

個人モードでゲートウェイをインストールするInstall the gateway in personal mode

注意

Personal は Power BI でのみ機能します。Personal will only work with Power BI.

Personal Gateway をインストールしたら、Power BI Gateway - Personal 構成ウィザードを起動する必要があります。After the personal gateway is installed, you will need to launch the Power BI Gateway - Personal Configuration Wizard.

Power BI にサインインし、クラウド サービスにゲートウェイを登録する必要があります。You will then need to sign into Power BI to register the gateway with the cloud service.

また、Windows サービスを実行するユーザー名とパスワードを入力する必要があります。You will also need to supply the windows user name and password that the windows service will run as. 自分の Windows アカウントとは別のアカウントを指定できます。You can specify a different Windows account from your own. このアカウントを使用して、ゲートウェイ サービスが実行されます。The gateway service will run using this account.

インストールの完了後、Power BI 内のデータセットに移動し、オンプレミス データ ソースの資格情報を入力する必要があります。After the installation is complete, you will need to go to your datasets within Power BI and make sure credentials are entered for your on-premises data sources.

暗号化された資格情報をクラウドに格納するStoring encrypted credentials in the cloud

データ ソースをゲートウェイに追加する場合は、そのデータ ソースの資格情報を指定する必要があります。When you add a data source to the gateway, you need to provide credentials for that data source. データ ソースへのすべてのクエリは、これらの資格情報を使用して実行されます。All queries to the data source will run using these credentials. 資格情報は、クラウド内で解読されないように、クラウドに格納される前に非対称暗号化を使用して安全に暗号化されます。The credentials are encrypted securely, using asymmetric encryption so that they cannot be decrypted in the cloud, before they are stored in the cloud. 資格情報は、データ ソースにアクセスするときに、ゲートウェイを実行しているオンプレミスのコンピューターに送信されて暗号化が解除されます。The credentials are sent to the machine, running the gateway, on-premises where they are decrypted when the data sources are accessed.

サインイン アカウントSign in account

ユーザーは職場または学校のアカウントでサインインします。Users will sign in with either a work or school account. これは組織アカウントです。This is your organization account. Office 365 サービスにサインアップし、実際の職場のメールを指定しなかった場合、nancy@contoso.onmicrosoft.com のようになります。クラウド サービス内では、アカウントは Azure Active Directory (AAD) のテナント内に保存されます。If you signed up for an Office 365 offering and didn’t supply your actual work email, it may look like nancy@contoso.onmicrosoft.com. Your account, within a cloud service, is stored within a tenant in Azure Active Directory (AAD). ほとんどの場合、AAD アカウントの UPN はメール アドレスに一致します。In most cases, your AAD account’s UPN will match the email address.

Windows サービス アカウントWindows Service account

オンプレミス データ ゲートウェイは、Windows サービスのログオン資格情報に NT SERVICE\PBIEgwService を使用するように設定されています。The on-premises data gateway is configured to use NT SERVICE\PBIEgwService for the Windows service logon credential. 既定では、この資格情報には、サービスとしてログオンの権限があります。By default, it has the right of Log on as a service. これは、ゲートウェイのインストール先コンピューターのコンテキストです。This is in the context of the machine that you are installing the gateway on.

注意

個人モードを選択した場合は、Windows サービス アカウントを個別に構成します。If you selected personal mode, you configure the Windows service account separately.

これは、オンプレミスのデータ ソースへの接続に使用するアカウントではありません。This is not the account used to connect to on-premises data sources. また、クラウド サービスへのサインインに使用する職場または学校のアカウントでもありません。This is also not your work or school account that you sign into cloud services with.

認証のためにプロキシ サーバーで問題が発生する場合は、Windows サービス アカウントをドメイン ユーザーまたは管理されたサービス アカウントに変更する必要があります。If you encounter issues with your proxy server, due to authentication, you may want to change the Windows service account to a domain user or managed service account. プロキシ構成でアカウントを変更する方法についてはこちらをご覧ください。You can learn how to change the account in proxy configuration.

ポートPorts

ゲートウェイは、Azure Service Bus への送信接続を作成します。The gateway creates an outbound connection to Azure Service Bus. 通信は、送信ポート TCP 443 (既定値)、5671、5672、9350 ~ 9354 で行われます。It communicates on outbound ports: TCP 443 (default), 5671, 5672, 9350 thru 9354. ゲートウェイには、受信ポートは必要ありません。The gateway does not require inbound ports. 詳細情報Learn more

ファイアウォールでデータ領域の IP アドレスをホワイトリストに登録することをお勧めします。It is recommended that you whitelist the IP addresses, for your data region, in your firewall. Microsoft Azure データ センター IP リストをダウンロードできます。You can download the Microsoft Azure Datacenter IP list. このリストは毎週更新されます。This list is updated weekly. ゲートウェイは、IP アドレスと完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使って Azure Service Bus と通信します。The gateway will communicate with Azure Service Bus using the IP address along with the fully qualified domain name (FQDN). HTTPS を使用して通信するようにゲートウェイを強制している場合は、必ず FQDN のみを使用し、IP アドレスを使用した通信は行われません。If you are forcing the gateway to communicate using HTTPS it will strictly use FQDN only, and no communication will happen using IP addresses.

注意

Azure データ センター IP リストに列記されている IP アドレスは CIDR 表記です。The IP Addresses listed in the Azure Datacenter IP list are in CIDR notation. たとえば、10.0.0.0/24 は 10.0.0.0 ~ 10.0.0.24 の意味ではありません。For example, 10.0.0.0/24 does not mean 10.0.0.0 thru 10.0.0.24. CIDR 表記についてはこちらをご覧ください。Learn more about the CIDR notation.

ゲートウェイで使用される完全修飾ドメイン名の一覧を次に示します。Here is a listing of the fully qualified domain names used by the gateway.

ドメイン名Domain names 送信ポートOutbound ports 説明Description
*.download.microsoft.com*.download.microsoft.com 8080 インストーラーをダウンロードするために使用する HTTP です。HTTP used to download the installer.
*.powerbi.com*.powerbi.com 443443 HTTPSHTTPS
*.analysis.windows.net*.analysis.windows.net 443443 HTTPSHTTPS
*.login.windows.net*.login.windows.net 443443 HTTPSHTTPS
*.servicebus.windows.net*.servicebus.windows.net 5671-56725671-5672 Advanced Message Queuing Protocol (AMQP)Advanced Message Queuing Protocol (AMQP)
*.servicebus.windows.net*.servicebus.windows.net 443, 9350-9354443, 9350-9354 TCP 上での Service Bus Relay のリスナー (Access Control のトークン取得のために 443 が必要)Listeners on Service Bus Relay over TCP (requires 443 for Access Control token acquisition)
*. frontend.clouddatahub.net*.frontend.clouddatahub.net 443443 HTTPSHTTPS
*.core.windows.net*.core.windows.net 443443 HTTPSHTTPS
login.microsoftonline.comlogin.microsoftonline.com 443443 HTTPSHTTPS
*.msftncsi.com*.msftncsi.com 443443 Power BI サービスがゲートウェイに到達できない場合に、インターネット接続をテストするために使用します。Used to test internet connectivity if the gateway is unreachable by the Power BI service.
*.microsoftonline-p.com*.microsoftonline-p.com 443443 構成によっては認証に使用します。Used for authentication depending on configuration.

注意

visualstudio.com または visualstudioonline.com へのトラフィックはアプリの洞察用であり、関数へのゲートウェイには必要ありません。Traffic going to visualstudio.com or visualstudioonline.com are for app insights and are not required for the gateway to function.

Azure Service Bus との強制的な HTTPS 通信Forcing HTTPS communication with Azure Service Bus

ゲートウェイと Azure Service Bus との間の通信に、直接 TCP ではなく HTTPS を使用するように強制できます。You can force the gateway to communicate with Azure Service Bus using HTTPS instead of direct TCP. これはパフォーマンスに影響する場合があります。This may have an impact on performance. この操作を行うには、この段落の直後に続くコード スニペットに示すように、値を AutoDetect から Https に変更して、Microsoft.PowerBI.DataMovement.Pipeline.GatewayCore.dll.config ファイルを変更します。To do so, modify the Microsoft.PowerBI.DataMovement.Pipeline.GatewayCore.dll.config file by changing the value from AutoDetect to Https, as shown in the code snippet directly following this paragraph. このファイルは、既定では C:\Program Files\On-premises data gateway にあります。That file is located (by default) at C:\Program Files\On-premises data gateway.

<setting name="ServiceBusSystemConnectivityModeString" serializeAs="String">
    <value>Https</value>
</setting>

ServiceBusSystemConnectivityModeString パラメーターの値は大文字小文字を区別します。The value for the ServiceBusSystemConnectivityModeString parameter is case sensitive. 有効な値は、AutoDetectHttps です。Valid values are AutoDetect and Https.

代わりに、2017 年 3 月のリリースから開始する、ゲートウェイのユーザー インターフェイスを使用して、ゲートウェイがこの動作を適用するように強制することができます。Alternatively, you can force the gateway to adopt this behavior using the gateway user interface, beginning with the March 2017 release. ゲートウェイのユーザー インターフェイスで、[ネットワーク] を選択し、[Azure Service Bus 接続モード][オン] に切り替えます。In the gateway user interface select Network, then toggle the Azure Service Bus connectivity mode to On.

変更した後、[適用] を選ぶと (変更を行ったときにのみ表示されるボタン)、ゲートウェイ Windows サービスが自動的に再起動して、変更が有効になります。Once changed, when you select Apply (a button that only appears when you make a change), the gateway Windows service restarts automatically, so the change can take effect.

将来の参照のためには、[サービス設定][今すぐ再起動] の順に選ぶことで、ユーザー インターフェイスのダイアログからゲートウェイ Windows サービスを再起動できます。For future reference, you can restart the gateway Windows service from the user interface dialog by selecting Service Settings then select Restart Now.

TLS 1.1/1.2 のサポートSupport for TLS 1.1/1.2

2017 年 8 月の更新以降、オンプレミス データ ゲートウェイは既定でトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.1 または 1.2 を利用して Power BI サービスと通信します。With the August 2017 update and beyond, the on-premises data gateway uses Transport Layer Security (TLS) 1.1 or 1.2 to communicate with the Power BI service by default. オンプレミス データ ゲートウェイの以前のバージョンは、既定で、TLS 1.0 を使用します。Previous versions of the on-premises data gateway use TLS 1.0 by default. 2018 年 3 月 15 日に TLS 1.0 のサポートが終了します。これには、ゲートウェイで TLS 1.0 を利用し Power BI サービスとやりとりする機能も含まれます。そのため、オンプレミス データ ゲートウェイを引き続き利用するには、そのときまでに 2017 年 8 月公開以降のものにアップグレードする必要があります。On March 15th 2018, support for TLS 1.0 will end, including the gateway's ability to interact with the Power BI service using TLS 1.0, so by then you must upgrade your on-premises data gateway installations to the August 2017 release or newer to ensure your gateways continue to operate.

11 月 1 日まではオンプレミス データ ゲートウェイは TLS 1.0 に対応しており、フォールバック メカニズムとしてゲートウェイに利用されることにご留意ください。It's important to note that TLS 1.0 is still supported by the on-premises data gateway prior to November 1st, and is used by the gateway as a fallback mechanism. すべてのゲートウェイ トラフィックで TLS 1.1 または 1.2 が使用されるように (また、ゲートウェイで TLS 1.0 の使用を防止するために)、ゲートウェイ サービスを実行しているコンピューターで次のレジストリ キーを追加または変更する必要があります。To ensure all gateway traffic uses TLS 1.1 or 1.2 (and to prevent the use of TLS 1.0 on your gateway), you must add or modify the following registry keys on the machine running the gateway service:

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319]"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\.NETFramework\v4.0.30319]"SchUseStrongCrypto"=dword:00000001

注意

これらのレジストリ キーを追加したり、変更したりすると、すべての .NET アプリケーションに変更が適用されます。Adding or modifying these registry keys applies the change to all .NET applications. 他のアプリケーションの TLS に影響を与えるレジストリ変更については、トランスポート層セキュリティ (TLS) レジストリ設定をご覧ください。For information about registry changes that affect TLS for other applications, see Transport Layer Security (TLS) registry settings.

ゲートウェイを再起動する方法How to restart the gateway

ゲートウェイは、Windows サービスとして実行されます。The gateway runs as a windows service. 他の Windows サービスのように、開始および停止できます。You can start and stop it like any windows service. これを行う方法は複数あります。There are multiple ways to do this. コマンド プロンプトを使用する方法を次に示します。Here is how you can do it from the command prompt.

  1. ゲートウェイが実行されているコンピューターで、管理者のコマンド プロンプトを起動します。On the machine where the gateway is running, launch an admin command prompt.
  2. サービスを停止するには、次のコマンドを使用します。Use the following command to stop the service.

    net stop PBIEgwServicenet stop PBIEgwService

  3. サービスを開始するには、次のコマンドを使用します。Use the following command to start the service.

    net start PBIEgwServicenet start PBIEgwService

ゲートウェイのしくみHow the gateway works

On-prem-data-gateway-how-it-works

最初に、オンプレミスのデータ ソースに接続されたレポートを操作した場合に、どのような処理が行われるかを見てみましょう。Let’s first look at what happens when a user interacts with an element connected to an on-premises data source.

注意

Power BI の場合、ゲートウェイのデータ ソースを構成する必要があります。For Power BI, you will need to configure a data source for the gateway.

  1. クエリは、オンプレミスのデータ ソースの暗号化された資格情報を使用してクラウド サービスによって作成され、キューに送信されて、ゲートウェイで処理されます。A query will be created by the cloud service, along with the encrypted credentials for the on-premises data source, and sent to the queue for the gateway to process.
  2. ゲートウェイ クラウド サービスは、クエリを分析し、要求を Azure Service Bus へプッシュします。The gateway cloud service will analyze the query and will push the request to the Azure Service Bus.
  3. オンプレミス データ ゲートウェイは、Azure Service Bus へのポーリングを実行して保留中の要求の有無を確認します。The on-premises data gateway polls the Azure Service Bus for pending requests.
  4. ゲートウェイはクエリを取得して資格情報の暗号化を解除し、その資格情報を使用してデータ ソースに接続します。The gateway gets the query, decrypts the credentials and connects to the data source(s) with those credentials.
  5. クエリは、ゲートウェイによってデータ ソースへ送信され、実行されます。The gateway sends the query to the data source for execution.
  6. データ ソースからゲートウェイに結果が返送され、さらにクラウド サービスに送信されます。The results are sent from the data source, back to the gateway, and then onto the cloud service. 結果がサービスで使用されます。The service then uses the results.

トラブルシューティングTroubleshooting

ゲートウェイをインストールおよび構成するときに問題が発生する場合は、「オンプレミス データ ゲートウェイのトラブルシューティング」をご覧ください。If you’re having trouble when installing and configuring a gateway, be sure to see Troubleshooting the on-premises data gateway. ファイアウォールで問題が発生していると思われる場合は、トラブルシューティング記事のファイアウォールまたはプロキシに関するセクションを参照してください。If you think you are having an issue with your firewall, see the firewall or proxy section in the troubleshooting article.

ゲートウェイでプロキシの問題が発生していると思われる場合は、「Power BI Gateway のプロキシ設定を構成する」をご覧ください。If you think you are encountering proxy issues, with the gateway, see Configuring proxy settings for the Power BI gateways.

次の手順Next steps

データ ソースの管理 - Analysis ServicesManage your data source - Analysis Services
データ ソースの管理 - SAP HANAManage your data source - SAP HANA
データ ソースの管理 - SQL ServerManage your data source - SQL Server
データ ソースの管理 - OracleManage your data source - Oracle
データ ソースの管理 - インポート/スケジュールされた更新Manage your data source - Import/Scheduled refresh
オンプレミス データ ゲートウェイの詳細On-premises data gateway in-depth
オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) - 新しいバージョンのパーソナル ゲートウェイ オンプレミス データ ゲートウェイのプロキシ設定を構成するOn-premises data gateway (personal mode) - the new version of the personal gateway Configuring proxy settings for the on-premises data gateway
他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community