ゲートウェイのトラブルシューティング - Power BITroubleshoot gateways - Power BI

注意

最近、オンプレミス データ ゲートウェイのドキュメントが改訂されました。これらは Power BI に固有のコンテンツと、ゲートウェイでサポートされるすべてのサービスに適用される一般的なコンテンツに分割されています。We recently revised the on-premises data gateway docs. We split them into content that's specific to Power BI and general content that applies to all services that the gateway supports. 現在見ているのは、Power BI のコンテンツです。You're currently in the Power BI content. この記事について、またはゲートウェイのドキュメントの全体的なエクスペリエンスに関してフィードバックを提供するには、記事の一番下までスクロールしてください。To provide feedback on this article, or the overall gateway docs experience, scroll to the bottom of the article.

この記事では、Power BI でオンプレミス データ ゲートウェイを使用するときの一般的な問題について説明します。This article discusses some common issues when you use the on-premises data gateway with Power BI. ここに記載されていない問題が発生した場合、Power BI コミュニティ サイトを使用できます。If you encounter an issue that isn't listed here, you can use the Power BI Community site. あるいは、サポート チケットを作成できますOr, you can create a support ticket.

構成Configuration

エラー:Power BI サービスからローカル ゲートウェイが到達不可という報告がありました。Error: Power BI service reported local gateway as unreachable. ゲートウェイを再起動してからもう一度お試しくださいRestart the gateway and try again.

構成の最後に、Power BI サービスがもう一度呼び出されてゲートウェイが検証されます。At the end of configuration, the Power BI service is called again to validate the gateway. Power BI サービスでは、ゲートウェイがライブ状態として報告されません。The Power BI service doesn't report the gateway as live. Windows サービスを再起動すると、通信が成功する場合があります。Restarting the Windows service might allow the communication to be successful. Collect logs from the on-premises data gateway app」 (オンプレミス データ ゲートウェイ アプリからログを収集する) の説明に従ってログを収集して確認し、詳細な情報を取得できます。To get more information, you can collect and review the logs as described in Collect logs from the on-premises data gateway app.

データ ソースData sources

エラー:接続できません。Error: Unable to Connect. 詳細:"接続の資格情報が正しくありません"Details: "Invalid connection credentials"

[詳細を表示する] には、データ ソースから受信したエラー メッセージが表示されます。Within Show details, the error message that was received from the data source is displayed. SQL Server の場合、次のように表示されます。For SQL Server, you see something like the following:

Login failed for user 'username'.

ユーザー名とパスワードが正しいことを確認します。Verify that you have the correct username and password. また、これらの資格情報を使用してデータ ソースに正常に接続できることを確認します。Also, verify that those credentials can successfully connect to the data source. 使用されているアカウントが認証方法と一致していることを確認してください。Make sure the account that's being used matches the authentication method.

エラー:接続できません。Error: Unable to Connect. 詳細:"データベースに接続できません"Details: "Cannot connect to the database"

サーバーには接続できましたが、指定されたデータベースには接続できませんでした。You were able to connect to the server but not to the database that was supplied. データベースの名前を確認し、そのデータベースにアクセスできる適切なアクセス許可がユーザー資格情報に付与されていることを確認します。Verify the name of the database and that the user credential has the proper permission to access that database.

[詳細を表示する] には、データ ソースから受信したエラー メッセージが表示されます。Within Show details, the error message that was received from the data source is displayed. SQL Server の場合、次のように表示されます。For SQL Server, you see something like the following:

Cannot open database "AdventureWorks" requested by the login. The login failed. Login failed for user 'username'.

エラー:接続できません。Error: Unable to Connect. 詳細:"Unknown error in data gateway" (データ ゲートウェイでの不明なエラー)Details: "Unknown error in data gateway"

このエラーは、さまざまな理由で発生する可能性があります。This error might occur for different reasons. ゲートウェイをホストしているコンピューターからデータ ソースに接続できることを必ず確認してください。Be sure to validate that you can connect to the data source from the machine that hosts the gateway. サーバーにアクセスできない場合も、この状況が発生することがあります。This situation could be the result of the server not being accessible.

[詳細を表示する] には、DM_GWPipeline_UnknownError のエラー コードが表示されます。Within Show details, you can see an error code of DM_GWPipeline_UnknownError.

また、 [イベント ログ] > [アプリケーションとサービス ログ] > [オンプレミス データ ゲートウェイ サービス] の順に選択し、詳細を確認できます。You can also look in Event Logs > Applications and Services Logs > On-premises data gateway Service for more information.

エラー:<サーバー> に接続しようとしているときにエラーが発生しました。Error: We encountered an error while trying to connect to <server>. 詳細:"data gateway に到達しましたが、ゲートウェイがオンプレミスのデータ ソースにアクセスできません。"Details: "We reached the data gateway, but the gateway can't access the on-premises data source."

指定したデータ ソースに接続できませんでした。You were unable to connect to the specified data source. そのデータ ソースについて提供された情報を検証してください。Be sure to validate the information provided for that data source.

[詳細を表示する] には、DM_GWPipeline_Gateway_DataSourceAccessError のエラー コードが表示されます。Within Show details, you can see an error code of DM_GWPipeline_Gateway_DataSourceAccessError.

基になっているエラー メッセージが次のような場合は、データ ソースに対して使用しているアカウントがその Analysis Services インスタンスのサーバー管理者ではないことを意味しています。If the underlying error message is similar to the following, this means that the account you're using for the data source isn't a server admin for that Analysis Services instance. 詳細は、「Grant server admin rights to an Analysis Services instance」 (Analysis Services インスタンスにサーバー管理者権限を付与する) を参照してください。For more information, see Grant server admin rights to an Analysis Services instance.

The 'CONTOSO\account' value of the 'EffectiveUserName' XML for Analysis property is not valid.

基になっているエラー メッセージが次のような場合は、Analysis Services のサービス アカウントに token-groups-global-and-universal (TGGAU) ディレクトリ属性がない可能性があります。If the underlying error message is similar to the following, it could mean that the service account for Analysis Services might be missing the token-groups-global-and-universal (TGGAU) directory attribute.

The username or password is incorrect.

Windows 2000 以前と互換性のあるアクセス権を持つドメインでは TGGAU 属性は有効になります。Domains with pre-Windows 2000 compatibility access have the TGGAU attribute enabled. 最近作成されたドメインではこの属性が既定で有効になりません。Most newly created domains don't enable this attribute by default. 詳細は、「一部のアプリケーションや API でアカウント オブジェクトの承認情報に対するアクセス許可が必要になる 」を参照してください。For more information, see Some applications and APIs require access to authorization information on account objects.

属性が有効であるかどうかを確認するには、次の手順を行います。To confirm whether the attribute is enabled, follow these steps.

  1. SQL Server Management Studio 内の Analysis Services マシンに接続します。Connect to the Analysis Services machine within SQL Server Management Studio. 詳細接続プロパティ内に、該当するユーザーの EffectiveUserName を含め、この追加でエラーが再現されるかどうかを確認します。Within the Advanced connection properties, include EffectiveUserName for the user in question and see if this addition reproduces the error.

  2. dsacls Active Directory ツールを使用すれば、属性がリストされるかどうかを確認できます。You can use the dsacls Active Directory tool to validate whether the attribute is listed. このツールはドメイン コントローラーにあります。This tool is found on a domain controller. アカウントのドメインの識別名を確認し、ツールにその名前を渡す必要があります。You need to know what the distinguished domain name is for the account and pass that name to the tool.

     dsacls "CN=John Doe,CN=UserAccounts,DC=contoso,DC=com"
    

    結果は次のようになります。You want to see something similar to the following in the results:

         Allow BUILTIN\Windows Authorization Access Group
                                       SPECIAL ACCESS for tokenGroupsGlobalAndUniversal
                                       READ PROPERTY
    

この問題を修正するには、Analysis Services Windows サービスで使用するアカウントで TGGAU を有効にする必要があります。To correct this issue, you must enable TGGAU on the account used for the Analysis Services Windows service.

"ユーザー名またはパスワードが間違っている" 可能性もあるAnother possibility for "The username or password is incorrect."

Analysis Services サーバーがユーザーとは異なるドメインにあり、双方向の信頼が確立されていない場合にも、このエラーが発生することがあります。This error could also be caused if the Analysis Services server is in a different domain than the users and there isn't a two-way trust established.

ドメイン管理者と協力して、ドメイン間の信頼関係を確認してください。Work with your domain administrators to verify the trust relationship between domains.

Power BI サービスの Analysis Services の [データの取得] エクスペリエンスで、データ ゲートウェイのデータ ソースが表示されないUnable to see the data gateway data sources in the Get Data experience for Analysis Services from the Power BI service

ゲートウェイ構成内のデータ ソースの [ユーザー] タブに、自分のアカウントが表示されていることを確認します。Make sure that your account is listed in the Users tab of the data source within the gateway configuration. ゲートウェイへのアクセス権がない場合は、ゲートウェイの管理者に連絡して確認を依頼してください。If you don't have access to the gateway, check with the administrator of the gateway and ask them to verify. [ユーザー] の一覧にあるアカウントのみが、Analysis Services の一覧にあるデータ ソースを参照できます。Only accounts in the Users list can see the data source listed in the Analysis Services list.

エラー:このデータセットのデータ ソースに対してゲートウェイをインストールまたは構成していません。Error: You don't have any gateway installed or configured for the data sources in this dataset.

ゲートウェイに 1 つ以上のデータ ソースを追加していることを確認してください。詳細は「データ ソースの追加」にあります。Ensure that you've added one or more data sources to the gateway, as described in Add a data source. ゲートウェイが管理者ポータルの [ゲートウェイの管理] に表示されない場合、ブラウザーのキャッシュを消去するか、サービスからサインアウトし、もう一度サインインしてください。If the gateway doesn't appear in the admin portal under Manage gateways, clear your browser cache or sign out of the service and then sign back in.

データセットDatasets

エラー:この行には十分な領域がありません。Error: There is not enough space for this row.

これは、1 つのサイズが 4 MB を超える行がある場合に発生します。This error occurs if you have a single row greater than 4 MB in size. データ ソースから行を特定し、その行をフィルターで除外するか、その行のサイズを減らしてください。Determine what the row is from your data source, and attempt to filter it out or reduce the size for that row.

エラー:指定されたサーバー名が、SQL Server SSL 証明書のサーバー名と一致しませんError: The server name provided doesn't match the server name on the SQL Server SSL certificate.

これは、証明書共通名がサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) に対するものであるときに、サーバーの NetBIOS 名だけを指定すると発生します。This error can occur when the certificate common name is for the server's fully qualified domain name (FQDN), but you supplied only the NetBIOS name for the server. この状況により、証明書の不一致が発生します。This situation causes a mismatch for the certificate. この問題を解決するには、ゲートウェイのデータ ソースと PBIX ファイルのサーバー名でサーバーの FQDN を使用します。To resolve this issue, make the server name within the gateway data source and the PBIX file use the FQDN of the server.

エラー:スケジュールされた更新を構成するときに、オンプレミス データ ゲートウェイが表示されません。Error: You don't see the on-premises data gateway present when you configure scheduled refresh.

このエラーの原因として、次のようないくつかのシナリオが考えられます。A few different scenarios could be responsible for this error:

  • サーバーとデータベース名が、Power BI Desktop で入力されたものと、ゲートウェイに対して構成されているデータ ソースに一致していません。The server and database name don't match what was entered in Power BI Desktop and the data source configured for the gateway. これらの名前は同じである必要があります。These names must be the same. 大文字と小文字は区別されません。They aren't case sensitive.
  • ゲートウェイ構成内のデータ ソースの [ユーザー] タブに、自分のアカウントが表示されていません。Your account isn't listed in the Users tab of the data source within the gateway configuration. ゲートウェイの管理者に依頼し、そのリストに追加してもらう必要があります。You need to be added to that list by the administrator of the gateway.
  • Power BI Desktop ファイルに複数のデータ ソースがあり、それらのデータ ソースのすべてがゲートウェイで構成されているわけではありません。Your Power BI Desktop file has multiple data sources within it, and not all of those data sources are configured with the gateway. スケジュールされている更新にゲートウェイを表示させるには、ゲートウェイで各データ ソースを定義する必要があります。You need to have each data source defined with the gateway for the gateway to show up within scheduled refresh.

エラー:ゲートウェイ クライアントで受信した非圧縮データが制限を超えています。Error: The received uncompressed data on the gateway client has exceeded the limit.

テーブルごとの非圧縮データの上限は 10 GB です。The exact limitation is 10 GB of uncompressed data per table. この問題か発生した場合、最適化して問題を回避できる適切な選択肢があります。If you're hitting this issue, there are good options to optimize and avoid it. 具体的には、不変性が高く、長い文字列値の使用を減らし、代わりに、正規化されたキーを使用します。In particular, reduce the use of highly constant, long string values and instead use a normalized key. あるいは、使用されていない列を削除すると問題が解消されることがあります。Or, removing the column if it's not in use helps.

レポートReports

エラー:レポートからデータ ソースにアクセスできませんでした。オンプレミス データ ゲートウェイ経由でデータ ソースにアクセスできません。Error: Report could not access the data source because you do not have access to our data source via an on-premises data gateway.

このエラーは通常、次のいずれかの原因によって発生します。This error is usually caused by one of the following:

  • データ ソースの情報が、基になるデータセットの情報と一致しません。The data source information doesn't match what's in the underlying dataset. オンプレミス データ ゲートウェイ用に定義されているデータ ソースと Power BI Desktop で指定するものとの間では、サーバーとデータベース名が一致している必要があります。The server and database name need to match between the data source defined for the on-premises data gateway and what you supply within Power BI Desktop. Power BI Desktop で IP アドレスを使用する場合は、オンプレミス データ ゲートウェイ用のデータ ソースでも IP アドレスを使用する必要があります。If you use an IP address in Power BI Desktop, the data source for the on-premises data gateway needs to use an IP address as well.
  • 組織内のゲートウェイには、使用可能なデータ ソースがありません。There's no data source available on any gateway within your organization. 新規または既存のオンプレミス データ ゲートウェイでデータ ソースを構成できます。You can configure the data source on a new or existing on-premises data gateway.

エラー:データ ソースのアクセス エラー。Error: Data source access error. ゲートウェイの管理者にお問い合わせください。Please contact the gateway administrator.

このレポートで Analysis Services ライブ接続を使用している場合、EffectiveUserName に渡される値が有効でないか、Analysis Services コンピューターへのアクセス許可のないという問題が発生する場合があります。If this report makes use of a live Analysis Services connection, you could encounter an issue with a value being passed to EffectiveUserName that either isn't valid or doesn't have permissions on the Analysis Services machine. 通常、認証の問題は、EffectiveUserName に渡される値がローカルのユーザー プリンシパル名 (UPN) と一致していない場合に発生します。Typically, an authentication issue is due to the fact that the value being passed for EffectiveUserName doesn't match a local user principal name (UPN).

有効なユーザー名を確認するには、次の手順を実行します。To confirm the effective username, follow these steps.

  1. ゲートウェイ ログ内で有効なユーザー名を見つけます。Find the effective username within the gateway logs.

  2. 値が渡されたら、それが正しいことを確認します。After you have the value being passed, validate that it's correct. 自分のユーザーの場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを使用して UPN を確認できます。If it's your user, you can use the following command from a command prompt to see the UPN. UPN は電子メール アドレスのような形式です。The UPN looks like an email address.

     whoami /upn
    

必要に応じて、Azure Active Directory から Power BI が取得した内容を確認できます。Optionally, you can see what Power BI gets from Azure Active Directory.

  1. https://developer.microsoft.com/graph/graph-explorer にアクセスします。Browse to https://developer.microsoft.com/graph/graph-explorer.

  2. 右上隅にある [サインイン] を選択します。Select Sign in in the upper-right corner.

  3. 次のクエリを実行します。Run the following query. かなり大きな JSON 応答が表示されます。You see a rather large JSON response.

     https://graph.windows.net/me?api-version=1.5
    
  4. userPrincipalName を探します。Look for userPrincipalName.

Azure Active Directory UPN がローカルの Active Directory UPN と一致しない場合は、[ユーザー名のマップ] 機能を使用して、有効な値に置き換えることができます。If your Azure Active Directory UPN doesn't match your local Active Directory UPN, you can use the Map user names feature to replace it with a valid value. あるいは、テナント管理者かローカルの Active Directory 管理者と協力して UPN を変更できます。Or, you can work with either your tenant admin or local Active Directory admin to get your UPN changed.

KerberosKerberos

Kerberos の制約付き委任に対し、基になるデータベース サーバーとオンプレミス データ ゲートウェイが適切に構成されていない場合、ゲートウェイで詳細なログを有効にします。If the underlying database server and on-premises data gateway aren't appropriately configured for Kerberos constrained delegation, enable verbose logging on the gateway. 次に、トラブルシューティングの出発点として、ゲートウェイのログ ファイルのエラーまたはトレースに基づいて調査します。Then, investigate based on the errors or traces in the gateway’s log files as a starting point for troubleshooting. 表示するゲートウェイ ログの収集については、「Collect logs from the on-premises data gateway app (オンプレミス データ ゲートウェイ アプリからログを収集する)」をご覧ください。To collect the gateway logs for viewing, see Collect logs from the on-premises data gateway app.

ImpersonationLevelImpersonationLevel

ImpersonationLevel は、SPN の設定またはローカル ポリシーの設定に関連しています。The ImpersonationLevel is related to the SPN setup or the local policy setting.

[DataMovement.PipeLine.GatewayDataAccess] About to impersonate user DOMAIN\User (IsAuthenticated: True, ImpersonationLevel: Identification)

解決方法Solution

問題を解決するには、次の手順を実行します。Follow these steps to solve the issue.

  1. オンプレミス ゲートウェイ用に SPN を設定します。Set up an SPN for the on-premises gateway.
  2. Active Directory で制約付き委任を設定します。Set up constrained delegation in your Active Directory.

FailedToImpersonateUserException:ユーザーの userid の Windows ID を作成できませんでしたFailedToImpersonateUserException: Failed to create Windows identity for user userid

FailedToImpersonateUserException は、別のユーザーを偽装できない場合に発生します。The FailedToImpersonateUserException happens if you're unable to impersonate on behalf of another user. このエラーは、偽装しようとしているアカウントが、ゲートウェイ サービス ドメインとは別のドメインのアカウントの場合にも発生する可能性があります。This error could also happen if the account you're trying to impersonate is from another domain than the one the gateway service domain is on. これは制限です。This is a limitation.

解決方法Solution

  • 前の "ImpersonationLevel" セクションの手順に従って構成が正しいことを確認します。Verify that the configuration is correct as per the steps in the previous "ImpersonationLevel" section.
  • 偽装しようとしているユーザー ID が有効な Active Directory アカウントであることを確認します。Ensure that the user ID it's trying to impersonate is a valid Active Directory account.

一般エラー:プロトコルの解析中に 1033 エラーが発生しましたGeneral error: 1033 error while you parse the protocol

ユーザーが UPN (alias@domain.com) を使用して偽装されていると、SAP HANA で構成された外部 ID がサインインと一致しない場合に 1033 エラーが発生します。You get the 1033 error when your external ID that's configured in SAP HANA doesn't match the sign-in if the user is impersonated by using the UPN (alias@domain.com). 次のように、エラー ログの先頭に "Original UPN 'alias@domain.com' replaced with a new UPN 'alias@domain.com'" と表示されます。In the logs, you see "Original UPN 'alias@domain.com' replaced with a new UPN 'alias@domain.com'" at the top of the error logs, as seen here:

[DM.GatewayCore] SingleSignOn Required. Original UPN 'alias@domain.com' replaced with new UPN 'alias@domain.com.'

解決方法Solution

  • SAP HANA では、偽装されるユーザーが Active Directory (ユーザー エイリアス) で sAMAccountName 属性を使用する必要があります。SAP HANA requires the impersonated user to use the sAMAccountName attribute in Active Directory (user alias). この属性が正しくない場合は、1033 エラーが表示されます。If this attribute isn't correct, you see the 1033 error.

    sAMAccount

  • ログには、UPN ではなく sAMAccountName (エイリアス) が表示されます。このエイリアスの後にドメイン (alias@doimain.com) が続きます。In the logs, you see the sAMAccountName (alias) and not the UPN, which is the alias followed by the domain (alias@doimain.com).

    sAMAccount

      <setting name="ADUserNameReplacementProperty" serializeAs="String">
        <value>sAMAccount</value>
      </setting>
      <setting name="ADServerPath" serializeAs="String">
        <value />
      </setting>
      <setting name="CustomASDataSource" serializeAs="String">
        <value />
      </setting>
      <setting name="ADUserNameLookupProperty" serializeAs="String">
        <value>AADEmail</value>

Active Directory で委任が正しく構成されていない場合は、"-10709 Connection failed" エラー メッセージが表示されます。You get the "-10709 Connection failed" error message if your delegation isn't configured correctly in Active Directory.

解決方法Solution

  • Active Directory のゲートウェイ サービス アカウントの [委任] タブに SAP Hana サーバーがあることを確認します。Make sure that you have the SAP Hana server on the delegation tab in Active Directory for the gateway service account.

    [委任] タブ

更新履歴Refresh history

スケジュールされている更新にゲートウェイを使用するときに、 [更新履歴] で発生したエラーの内容を確認できます。When you use the gateway for a scheduled refresh, Refresh history can help you see what errors occurred. サポート リクエストを作成する場合に役立つデータが得られることもあります。It can also provide useful data if you need to create a support request. スケジュールされた更新とオンデマンドの更新を表示できます。You can view scheduled and on-demand refreshes. 更新履歴を表示する方法は次のようになります。The following steps show how you can get to the refresh history.

  1. Power BI ナビゲーション ウィンドウの [データセット] で、データセットを選択します。In the Power BI navigation pane, in Datasets, select a dataset. メニューを開き、 [更新のスケジュール設定] を選択します。Open the menu, and select Schedule refresh.

    [更新のスケジュール設定] を選択する方法

  2. [設定] > [更新のスケジュール設定] で、 [更新履歴] を選択します。In Settings for... > Schedule refresh, select Refresh history.

    [更新履歴] を選択する

    更新履歴の表示

更新のトラブルシューティング シナリオについては、「更新に関するトラブルシューティング シナリオ」をご覧ください。For more information about troubleshooting refresh scenarios, see Troubleshoot refresh scenarios.

Fiddler のトレースFiddler trace

Fiddler は、HTTP トラフィックを監視する Telerik 提供の無償ツールです。Fiddler is a free tool from Telerik that monitors HTTP traffic. クライアント コンピューターから Power BI サービスによるやり取りを確認できます。You can see the back and forth with the Power BI service from the client machine. このトラフィックの一覧では、エラーとその他の関連する情報が表示される場合があります。This traffic list might show errors and other related information.

Fiddler トレースの使用

次の手順Next steps

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してください。Try the Power BI Community.