Power BI における色の書式設定に関するヒントとコツTips and tricks for color formatting in Power BI

Power BI は、ダッシュボードとレポートをカスタマイズするためのさまざまな方法を提供しています。Power BI provides many different ways to customize your dashboards and reports. この記事では、Power BI の視覚化を、説得力のある興味をひくものにして、お客様のニーズに合わせてカスタマイズできる各種ヒントについて詳しく説明しています。This article details a collection of tips that can make your Power BI visualizations more compelling, interesting, and customized to your needs.

ヒントには次のものがあります。The following tips are provided. 優れた別のヒントをお持ちですか。Have another great tip? それは素晴らしいことです。Great! そのヒントを是非マイクロソフトまでお送りください。この一覧への追加を検討させていただきます。Send it our way and we’ll see about adding it to this list.

  • 1 つのデータ ポイントの色を変更するChange the color of a single data point
  • グラフの色を 1 つの数値に基づいて決めるBase the colors of a chart on a numeric value
  • データ ポイントの色を 1 つのフィールドの値に基づいて決めるBase the color of data points on a field value
  • カラー スケールで使用する色をカスタマイズするCustomize colors used in the color scale
  • 左右逆方向のカラー スケールを使用するUse diverging color scales
  • Power BI で元に戻す方法How to undo in Power BI

変更を行うには、レポートを編集している必要があります。つまり、次の図に示すように、[マイ ワークスペース] ウィンドウから [レポート] を選んでから、上部のメニュー領域で [レポートの編集] を選びます。To make any changes, you must be editing a report: select your Report from the My Workspace pane, then select Edit Report from the top menu area, as shown in the following image.

[視覚化] ウィンドウが [レポート] キャンバスの右側に表示されたら、カスタマイズを開始できます。When the Visualizations pane appears along the right side of the Report canvas, you’re ready to start customizing.

1 つのデータ ポイントの色を変更するChange the color of a single data point

特定の 1 つのデータ ポイントを強調表示したい場合があります。Sometimes you want to highlight one particular data point. このようなデータ ポイントには、発売した新製品の売上高や、新しい計画が開始した後に向上した品質のスコアなどがあります。Perhaps it’s sales figures for the launch of a new product, or increased quality scores after launching a new program. Power BI を使用すれば、特定のデータ ポイントの色を変更することで、それを強調表示できます。With Power BI, you can highlight a particular data point by changing its color.

次の視覚化では、生活費に関する状態を順位付けしています。The following visualization ranks states in terms of cost of living.

ここで、この順位付けされた一覧での Washington の位置を、色を使用してすばやく示したいとします。Now imagine you want to quickly show where Washington lands in that ranked list, by using color. この手順を以下に示します。Here are the steps:

[データの色] セクションを展開します。Expand the Data Colors section. 次のように表示されます。The following appears.

[すべて表示][オン]に設定します。Set Show All to On. これにより、視覚化内の各データ要素の色が表示されます。This displays the colors for each data element in the visualization. データ ポイントにポインターを合わせるとスクロールが有効になり、任意のデータ ポイントを変更できるようになります。When you hover over the data points, scrolling is enabled so you can modify any of the data points.

ここでは、 Washington を緑に変更してみましょう。In this case, let’s change Washington to green. Washington までスクロールして、その色のボックス内の下矢印を選ぶと、色を選ぶためのウィンドウが表示されます。We scroll down to Washington and select the down arrow inside its color box, and the color selection window appears.

緑を選ぶと、 Washington のデータ ポイントが緑の網掛けになり、確実に目立ちます。Once selected, the Washington data point is a nice shade of green, and certainly stands out.

視覚化の種類を変更してから処理を終了した場合でも、Power BI では選んだ内容が記憶され、 Washington を緑のままに保ちます。Even if you change visualization types, then return, Power BI remembers your selection and keeps Washington green.

複数のデータ要素のデータ ポイントの色を変更することもできます。You can change the color of a data point for more than one data element, too. 次の図では、 Arizona が赤で Washington は緑のままです。In the following image, Arizona is red, and Washington is still green.

色を使用すると、さまざまなことを行えます。There are all sorts of things you can do with colors. 次のセクションでは、グラデーションを確認してみましょう。In the next section, we take a look at gradients.

グラフの色を 1 つの数値に基づいて決めるBase the colors of a chart on a numeric value

あるフィールドの数値に基づいてグラフの色を動的に設定すると役立つ場合がよくあります。Charts often benefit from dynamically setting color based on the numeric value of a field. このように色を設定すると、1 つの横棒のサイズに使用された値とは異なる値を示して、1 つのグラフに 2 つの値を表示できます。By doing this, you could show a different value than what’s used to for the size of a bar, and show two values on a single graph. また、このような設定を使用して、特定の値の上 (または下) のデータ ポイントを強調表示することもできます (低い収益性の領域を強調表示するような場合)。Or you can use this to highlight data points over (or under) a certain value – perhaps highlighting areas of low profitability.

次のセクションでは、ある数値に基づいて色を決めるためのさまざまな方法を示します。The following sections demonstrate different ways to base color on a numeric value.

データ ポイントの色を 1 つの値に基づいて決めるBase the color of data points on a value

1 つの値に基づいて色を変更するには、色の基準となるフィールドを、 [フィールド] ウィンドウの [Color Saturation] (色の彩度) 領域にドラッグします。To change color based on a value, drag the field you want to base color on into the Color Saturation area in the Field pane. 次の図では、 Profit before tax (税引き前利益)[Color Saturation] (色の彩度)にドラッグされています。In the following image, Profit before tax has been dragged into Color Saturation. グラフを見れば分かるように、 Velo の方が Gross Sales (総売上) は高い (縦棒がより高い) ものの、 Amarilla の方が Profit before tax (税引き前利益) はより大きくなっています (縦棒の色の彩度が高い)。As can see that, although Velo has higher Gross Sales (its column is higher), Amarilla has a larger Profit before tax (its column has more color saturation).

カラー スケールで使用する色をカスタマイズするCustomize the colors used in the color scale

カラー スケールで使用する色もカスタマイズすることができます。You can customize colors used in the color scale, too. [データの色] を展開すると、データの視覚化に使用する色のグラデーションが表示されます。Expand Data Colors and you see a gradient of colors used for visualizing your data. 既定では、データ内の最小値が最も低い彩度の色にマップされ、最大値が最も彩度の高い色にマップされます。By default, the lowest value in your data is mapped to the least saturated color, and the highest value to the most saturated color.

色の範囲は、 [最小][最大] の色の値の間にスペクトルが表示されるグラデーション バーに示され、 最小 値の色が左側、 最大 値の色が右側になります。The color range is shown in a gradient bar that displays the spectrum between Minimum and Maximum color values, with the Minimum value color on the left, and Maximum value color to the right.

異なる範囲の色を使用するためにスケールを変更するには、 [最小] または [最大]の横にある色のドロップダウンを選んでから、色を選びます。To change the scale to use a different range of colors, select the color drop-down beside Minimum or Maximum, and select a color. 次の図では、黒に変更された [最大] の色が示され、グラデーション バーには、[最小][最大] の間に新しい色のスペクトルが示されています。The following image shows the Maximum color changed to black, and the gradient bar shows the new color spectrum between Minimum and Maximum.

また、値をこれらの色にマップする方法を変更することもできます。You can also change the way the values map to these colors. 次の図では、 [最小][最大] の色がオレンジ色と緑に、それぞれ設定されています。In the following image, the colors for Minimum and Maximum are set to orange and green, respectively.

この最初の図で、横棒に示されたグラデーションがどのようにグラフの縦棒に反映されているかにご注目ください。つまり、最大値が緑、最小値がオレンジ色で、それらの間の各縦棒は、緑とオレンジ色の間のスペクトルの網掛けで色が設定されています。In this first image, notice how the bars in the chart reflect the gradient shown in the bar; the highest value is green, the lowest is orange, and each bar between is colored with a shade of the spectrum between green and orange.

ここで、[最小][最大] の各値ボックスに数値を指定した場合にどうなるか見てみましょう。これらのボックスは、[最小][最大] の各色セレクターの下にあります (次の図を参照)。Now, let’s see what happens if we provide numeric values in the Minimum and Maximum value boxes, which are below the Minimum and Maximum color selectors (shown in the following image). [最小] を 20,000,000 に設定し、[最大] を 20,000,000 に設定してみましょう。Let’s set Minimum to 20,000,000, and set Maximum to 20,000,000.

これらの値を設定すると、[最小] よりも低いか、または [最大] よりも高いグラフの値には、グラデーションが適用されなくなります。つまり、[最大] 値よりも高い値を持つすべての縦棒には緑、[最小] 値よりも低い値を持つすべての縦棒には赤が設定されます。By setting those values, gradient is no longer applied to values on the chart that are below Minimum or above Maximum; any bar with a value over Maximum value is colored green, and any bar with a value under Minimum value is colored red.

[左右逆方向] のカラー スケールを使用するUse Diverging color scales

データに、もともと左右逆方向の尺度がある場合があります。Sometimes your data may have a naturally diverging scale. たとえば、温度の範囲には氷点に中央があり、収益性スコアには中間点 (ゼロ) があります。For example, a temperate range has a natural center at freezing point, and a profitability score has a natural mid-point (zero).

左右逆方向のカラー スケールを使用するには、 [左右逆方向] スライダーを [オン]にスライドさせます。To use diverging color scales, slide the Diverging slider to On. [左右逆方向] がオンの場合、追加のカラー セレクターと値ボックス (ともに [中央]という) が次の図のように表示されます。When Diverging is turned on, an additional color selector and value box, both called Center, appear, as shown in the following image.

[左右逆方向] スライダーがオンの場合、 [最小][最大] 、および [中央] の色を別々に設定することができます。When the Diverging slider is on, you can set the colors for Minimum, Maximum and Center separately. 次の図では、 [中央] が 1 に設定されているため、1 を超える値を持つ縦棒は緑のグラデーションの網かけ、1 を下回縦棒は赤の網かけになります。In the following image, Center is set to one, so bars with values above one are a gradient shade of green, and bars below one are shades of red.

Power BI で元に戻す方法How to undo in Power BI

他の多くの Microsoft のサービスやソフトウェアと同様に、Power BI には、最後のコマンドを元に戻すための簡単な方法が備わっています。Like many other Microsoft services and software, Power BI provides an easy way to undo your last command. たとえば、データ ポイントの色または一連のデータ ポイントを変更した場合に、それらが視覚化に表示されるときの色が好みでない場合があります。For example, let’s say you change the color of a data point, or a series of data points, and you don’t like the color when it appears in the visualization. そして、前にどの色だったか正確には思い出せないけれども、その色に戻したいことがあります。You don’t recall exactly which color it was before, but you know you want that color back!

直前の操作または最近のいくつか操作を 元に戻す には、次の操作を行うだけです。To undo your last action, or the last few actions, all you have to do is:

  • CTRL + Z を入力しますType CTRL+Z

フィードバックFeedback

共有したいヒントがありますか?Do you have a tip you’d like to share? そのヒントを是非マイクロソフトまでお送りください。このページに記載することを検討させていただきます。Please send it our way, and we’ll see about including it here.

注意

上記の色、軸、関連するカスタマイズは、[書式] アイコンが選ばれている場合に使用できます。また、Power BI Desktop でも使用できます。These color, axis, and related customizations, available when the Format icon is selected, are also available in Power BI Desktop.

次の手順Next steps

色の書式設定と軸のプロパティの概要Getting started with color formatting and axis properties