Power BI Desktop での計算列の作成Create calculated columns in Power BI Desktop

計算列を使うと、既にモデル内に存在するテーブルに新しいデータを追加できます。With calculated columns, you can add new data to a table already in your model. しかし、値のクエリを実行してデータ ソースから新しい列に読み込む代わりに、列の値を定義する Data Analysis Expressions (DAX) 数式を作成します。But instead of querying and loading values into your new column from a data source, you create a Data Analysis Expressions (DAX) formula that defines the column's values. Power BI Desktop では、 [レポート] ビューの新しい列機能を使用して、計算列が作成されます。In Power BI Desktop, calculated columns are created by using the new column feature in Report view.

クエリ エディターの [カスタム列の追加] を使用してクエリの一部として作成されるカスタム列とは異なり、 [レポート] ビューまたは [データ] ビューで作成される計算列は、モデルに既に読み込まれているデータに基づいています。Unlike custom columns that are created as part of a query by using Add Custom Column in Query Editor, calculated columns that are created in Report view or Data view are based on data you've already loaded into the model. たとえば、2 つの異なる (しかし、関連する) テーブルの 2 つの異なる列の値を連結して、加算したり、サブ文字列を抽出したりすることができます。For example, you might choose to concatenate values from two different columns in two different but related tables, do addition, or extract substrings.

作成する計算列は、他のフィールドと同じように [フィールド] 一覧に表示されますが、その値が数式の結果であることを示す特別なアイコンが表示されます。Calculated columns you create appear in the Fields list just like any other field, but they'll have a special icon showing its values are the result of a formula. 列に好きな名前を付けたり、列を他のフィールドと同じようにレポートのビジュアルに追加したりできます。You can name your columns whatever you want, and add them to a report visualization just like other fields.

[フィールド] ビューの計算列を示す、Power BI Desktop のスクリーンショット。

計算列では、DAX を使用して結果を計算します。これは、Power BI Desktop の場合のようなリレーショナル データを操作することを意図した数式言語です。Calculated columns calculate results by using DAX, a formula language meant to work with relational data like in Power BI Desktop. DAX には 200 を超える関数、演算子、およびコンストラクトから成るライブラリが含まれています。DAX includes a library of over 200 functions, operators, and constructs. 数式を作成する際の柔軟性が非常に高く、データ分析に必要なほとんどすべての計算結果を得ることができます。It provides immense flexibility in creating formulas to calculate results for just about any data analysis need. DAX の詳細については、「Power BI Desktop での DAX の基本事項」をご覧ください。To learn more about DAX, see DAX basics in Power BI Desktop.

DAX の数式は Excel の数式と似ています。DAX formulas are similar to Excel formulas. 実際には、DAX は Excel と同じ機能が多数あります。In fact, DAX has many of the same functions as Excel. ただし、DAX の関数は、Power BI Desktop などのレポートで、データを対話式にスライスしたりフィルターを掛けたりする操作を意図して設計されています。DAX functions, however, are meant to work over data interactively sliced or filtered in a report, like in Power BI Desktop. Excel では、テーブルの行ごとに異なる数式を使用できます。In Excel, you can have a different formula for each row in a table. Power BI では、新しい列に対して DAX 式を作成すると、テーブル内のすべての行に対して結果が計算されます。In Power BI, when you create a DAX formula for a new column, it will calculate a result for every row in the table. 列の値は必要に応じて再計算されます。たとえば、基になるデータが更新され、値が変更されたときなどです。Column values are recalculated as necessary, like when the underlying data is refreshed and values have changed.

例を見てみましょうLet's look at an example

Jeff は Contoso の配送マネージャーであり、さまざまな市区町村への配送の数を表示するレポートを作成したいと考えています。Jeff is a shipping manager at Contoso, and wants to create a report showing the number of shipments to different cities. Jeff は、市区町村と都道府県ごとに異なるフィールドがある Geography テーブルを持っています。Jeff has a Geography table with separate fields for city and state. しかし、Jeff はレポートで同じ行の単一の値として、市区町村と都道府県の値を表示したいと考えています。But, Jeff wants their reports to show the city and state values as a single value on the same row. 現時点では、Jeff の Geography テーブルには必要なフィールドがありません。Right now, Jeff's Geography table doesn't have the wanted field.

[フィールド] ビューの Geography フィルターを示す Power BI Desktop のスクリーンショット。

しかし、計算列を使用することで、Jeff は City 列の市区町村と、State 列の都道府県をまとめることができます。But with a calculated column, Jeff can put together the cities from the City column with the states from the State column.

Jeff は、Geography テーブルを右クリックしてから、 [新しい列] を選択します。Jeff right clicks on the Geography table and then selects New Column. その後、Jeff は次の DAX 式を数式バーに入力します。Jeff then enters the following DAX formula into the formula bar:

DAX の数式入力を示す Power BI Desktop のスクリーンショット。

この数式では、単に CityState という名前の新しい列が作成されます。This formula simply creates a new column named CityState. Geography テーブルの各行については、City 列の値を取り、コンマとスペースを追加して、State 列の値を連結します。For each row in the Geography table, it takes values from the City column, adds a comma and a space, and then concatenates values from the State column.

これで、Jeff は必要なフィールドを取得しました。Now Jeff has the wanted field.

[フィールド] ビューの Geography フィルターで CityState がオンになっていることを示す、Power BI Desktop のスクリーンショット。

Jeff はここで、配送数と共にレポート キャンバスにそれを追加することができます。Jeff can now add it to the report canvas along with the number of shipments. これで Jeff は、最小限の労力で、ほぼすべての種類の視覚化に追加できる CityState フィールドを取得しました。With minimal effort, Jeff now has a CityState field that can be added to just about any type of visualization. Jeff が新しいマップを作成するときに、Power BI Desktop では、新しい列の市区町村と都道府県の値を読み取る方法が既に把握されています。When Jeff creates a new map, Power BI Desktop already knows how to read the city and state values in the new column.

マップのビジュアルに表示されているデータを示す Power BI Desktop のスクリーンショット。

次の手順Next steps

ここでは、計算列に関する概要のみを示しました。We've only provided a quick introduction to calculated columns here. 詳細については、次のリソースをご覧ください。For more information, check out the following resources: