クイック メジャーを使用して一般的な計算を実行するUse quick measures for common calculations

クイック メジャー を使用し、一般的で強力な計算を簡単に実行できます。You can use quick measures to quickly and easily perform common, powerful calculations. クイック メジャーでは、一連の Data Analysis Expressions (DAX) コマンドがバックグラウンドで実行され、レポートで使用できるように結果が提供されます。A quick measure runs a set of Data Analysis Expressions (DAX) commands behind the scenes, then presents the results for you to use in your report. DAX を記述する必要はありません。ダイアログ ボックスで指定した入力に基づいて自動的に作成されます。You don't have to write the DAX, it's done for you based on input you provide in a dialog box. 計算のカテゴリ、およびニーズに合わせた各計算の変更方法が、数多くあります。There are many available categories of calculations and ways to modify each calculation to fit your needs. 一番の利点はおそらく、クイック メジャーで実行された DAX を参照することで DAX がすぐに始められること、DAX に関する自分の知識を広められることです。Perhaps best of all, you can see the DAX that's executed by the quick measure and jump-start or expand your own DAX knowledge.

クイック メジャーを作成するCreate a quick measure

Power BI Desktop でクイック メジャーを作成するには、 [フィールド] ウィンドウの項目の横にある省略記号 [...] を右クリックするか選択し、表示されたメニューから [新しいクイック メジャー] を選択します。To create a quick measure in Power BI Desktop, right-click or select the ellipsis ... next to any item in the Fields pane, and select New quick measure from the menu that appears.

新しいクイック メジャーを選択する

既存のビジュアルの [値] ウェルに含まれる値の横にあるドロップダウン矢印を右クリックするか選択し、メニューから [新しいクイック メジャー] を選択する方法もあります。You can also right-click or select the drop-down arrow next to any value in the Values well for an existing visual, and select New quick measure from the menu.

[新しいクイック メジャー] を選択すると、 [クイック メジャー] ウィンドウが表示され、必要な計算や計算の実行対象にするフィールドを選択できます。When you select New quick measure, the Quick measures window appears, letting you select the calculation you want and the fields to run the calculation against.

[計算を選択してください] フィールドを選択すると、利用できるクイック メジャーのリスト (長) が表示されます。Select the Select a calculation field to see a long list of available quick measures.

利用できるクイック メジャー計算

クイックメジャーの 5 種類の計算方法とそれで計算できる内容をまとめると以下のようになります。The five quick measure calculation types, with their calculations, are:

  • カテゴリごとの集計Aggregate per category
    • カテゴリごとの平均Average per category
    • カテゴリごとの差異Variance per category
    • カテゴリごとの最大値Max per category
    • カテゴリごとの最小値Min per category
    • カテゴリごとの加重平均Weighted average per category
  • フィルターFilters
    • フィルターされた値Filtered value
    • フィルターされた値との差異Difference from filtered value
    • フィルターされた値に対する差異の比率Percentage difference from filtered value
    • 初めての顧客からの売上高Sales from new customers
  • タイム インテリジェンスTime intelligence
    • 年度累計Year-to-date total
    • 四半期累計Quarter-to-date total
    • 月度累計Month-to-date total
    • 前年比の変化Year-over-year change
    • 四半期ごとの変化Quarter-over-quarter change
    • 月ごとの変化Month-over-month change
    • 移動平均Rolling average
  • 合計Totals
    • 累積値Running total
    • カテゴリの合計 (フィルター適用)Total for category (filters applied)
    • カテゴリの合計 (フィルター非適用)Total for category (filters not applied)
  • 数学演算Mathematical operations
    • 加算Addition
    • 減算Subtraction
    • 乗算Multiplication
    • 除算Division
    • 差の割合Percentage difference
    • 相関係数Correlation coefficient
  • テキストText
    • 星評価Star rating
    • 値の連結リストConcatenated list of values

今後採用して欲しい新しいクイック メジャーに関するアイデア、土台にする DAX 数式、クイック メジャーに関して検討して欲しいその他のアイデアを投稿する方法については、本記事の最後のセクションをご覧ください。To submit your ideas about new quick measures you'd like to see, underlying DAX formulas, or other quick measures ideas for consideration, see the end of this article.

注意

SQL Server Analysis Services (SSAS) ライブ接続を使っているときは、一部のクイック メジャーを利用できます。When using SQL Server Analysis Services (SSAS) live connections, some quick measures are available. Power BI Desktop には、接続先の SSAS のバージョンでサポートされているクイック メジャーのみが表示されます。Power BI Desktop displays only the quick measures that are supported for the version of SSAS you're connecting to. SSAS ライブ データ ソースに接続しているとき、特定のクイック メジャーが一覧に表示されない場合、それは、そのクイックメジャーの実装に使用される DAX コマンドが、接続先の SSAS のバージョンでサポートされていないことが原因です。If you're connected to a SSAS live data source and don't see certain quick measures in the list, it's because the SSAS version you're connected to doesn't support the DAX commands used to implement those quick measures.

クイック メジャーに使用する計算とフィールドを選択したら、 [OK] を選択します。After you select the calculations and fields you want for your quick measure, select OK. 新しいクイック メジャーが [フィールド] ウィンドウに表示され、土台となる DAX 数式が数式バーに表示されます。The new quick measure appears in the Fields pane, and the underlying DAX formula appears in the formula bar.

クイック メジャーの例Quick measure example

実際のクイック メジャーを見てみましょう。Let's take a look at a quick measure in action.

次のマトリックス ビジュアルは、さまざまな製品の売上表です。The following matrix visual shows a sales table for various products. 各カテゴリの売上合計を含む基本的なテーブルです。It's a basic table that includes the sales totals for each category.

売上テーブルを示すマトリックス ビジュアル

マトリックス ビジュアルが選択されている状態で、 [値] ウェルの [売上合計] の横にあるドロップダウン矢印を選択し、 [新しいクイック メジャー] を選択します。With the matrix visual selected, select the drop-down arrow next to TotalSales in the Values well, and select New quick measure.

[クイック メジャー] ウィンドウの [計算] の下で [カテゴリごとの集計] を選択します。In the Quick measures window, under Calculation, select Average per category.

[フィールド] ウィンドウから [基準値] フィールドに [平均単価] をドラッグします。Drag Average Unit Price from the Fields pane into the Base value field. [カテゴリ] フィールドは [カテゴリ] のままにして [OK] を選択します。Leave Category in the Category field, and select OK.

[フィールド] ペインの [フィルター] オプションが表示されている Power BI Desktop のスクリーンショット。

[OK] を選択すると、興味深いことがいくつか起こります。When you select OK, several interesting things happen.

ビジュアルの新しいクイック メジャー、数式バー、フィールド リスト

  1. マトリックス ビジュアルに、カテゴリ別に平均単価 を計算する新しい列が与えられます。The matrix visual has a new column that shows the calculated Average Unit Price average per Category.

  2. 新しいクイック メジャーの DAX 数式が数式バーに表示されます。The DAX formula for the new quick measure appears in the formula bar. DAX 数式の詳細については、次のセクションを参照してください。See the next section for more about the DAX formula.

  3. [フィールド] ウィンドウで新しいクイック メジャーが選択され、強調表示されます。The new quick measure appears selected and highlighted in the Fields pane.

新しいクイック メジャーは、それを作成したビジュアルだけでなく、レポート内のすべてのビジュアルで使用できます。The new quick measure is available to any visual in the report, not just the visual you created it for. 次の画像では、新しいクイック メジャー フィールドを使用して作成された列グラフのクイック ビジュアルを確認できます。The following image shows a quick column chart visual created by using the new quick measure field.

クイック メジャー フィールドに基づく新しい棒グラフ ビジュアル

クイック メジャーを使用して DAX を学習するLearn DAX by using quick measures

クイック メジャーの優れた利点は、メジャーを実装する DAX 数式が表示されることです。A great advantage of quick measures is that they show you the DAX formula that implements the measure. [フィールド] ウィンドウでクイック メジャーを選択すると、数式バー が表示され、メジャーを実装するために Power BI により作成された DAX 式が示されます。When you select a quick measure in the Fields pane, the Formula bar appears, showing the DAX formula that Power BI created to implement the measure.

数式バーのクイック メジャー数式

数式バーでは、メジャーの背後に数式が表示されるだけでなく、おそらくはもっと重要なことですが、DAX 数式の土台となるクイック メジャーの作成方法を確認できます。The formula bar not only shows you the formula behind the measure, but perhaps more importantly, lets you see how to create the DAX formulas underlying quick measures.

年度ごとの計算を行う必要があっても、DAX 式の構成方法がわからない場合を想像してみてください (または、何から手を付ければよいのかわからない場合)。Imagine you need to do a year-over-year calculation, but you're not sure how to structure the DAX formula, or you have no idea where to start. 机に頭を打ちつける代わりに、 [年度ごとの変化] 計算を使用してクイック メジャーを作成し、それがビジュアルでどのように表示されるか確認してください。DAX 数式のしくみがわかります。Instead of banging your head on the desk, you can create a quick measure using the Year-over-year change calculation, and see how it appears in your visual and how the DAX formula works. その後、DAX 数式を直接変更したり、ニーズを満たす同じようなメジャーを作成したりしてみてください。Then you can either make changes directly to the DAX formula, or create a similar measure that meets your needs and expectations. そばに教師がいるかのように、「これをしたらどうなる?」という質問に対して数クリックで答えが得られます。It's like having a teacher that immediately responds to what-if questions you ask with a few clicks.

不要なクイック メジャーはモデルからいつでも削除できます。You can always delete quick measures from your model if you don't like them. 削除はとても簡単で、メジャーの横にある [...] を右クリックするか選択し、 [削除] を選択するだけです。That's as easy as right-clicking or selecting the ... next to the measure and selecting Delete. クイック メジャーは名前を変更することもできます。メニューから [名前の変更] を選択します。You can also rename a quick measure whatever you like by selecting Rename from the menu.

クイック メジャーの削除または名前変更

制限事項と考慮事項Limitations and considerations

注意すべきいくつかの制限事項と考慮事項があります。There are a few limitations and considerations to keep in mind.

  • [フィールド] ウィンドウに追加されているクイック メジャーは、レポートのあらゆるビジュアルで使用できます。You can use quick measures added to the Fields pane with any visual in the report.
  • [フィールド] リストでメジャーを選択し、数式バーの式を見ることにより、クイック メジャーに関連付けられている DAX をいつでも確認できます。You can always see the DAX associated with a quick measure by selecting the measure in the Fields list and looking at the formula in the formula bar.
  • クイック メジャーは、モデルを修正できる場合にのみ利用できます。Quick measures are only available if you can modify the model. 一部のライブ接続の使用時は利用できません。That isn't the case when you're working with some Live connections. SSAS Tabular ライブ接続は前述のようにサポートされています。SSAS tabular live connections are supported, as previously described.
  • DirectQuery モードで作業しているときは、タイム インテリジェンス クイック メジャーを作成することはできません。You can't create time intelligence quick measures when working in DirectQuery mode. これらのクイック メジャーで使用される DAX 関数では、データ ソースに送信される T-SQL ステートメントに変換されるときに、パフォーマンスに影響があります。The DAX functions used in these quick measures have performance implications when translated into the T-SQL statements that are sent to your data source.

重要

クイック メジャーの DAX ステートメントでは、引数の区切り記号としてコンマのみ使用されます。DAX statements for quick measures use only commas for argument separators. お使いのバージョンの Power BI Desktop の言語でコンマが小数点記号として使用されていると、クイック メジャーは正しく動作しません。If your version of Power BI Desktop is in a language that uses commas as decimal separators, quick measures will not work properly.

タイム インテリジェンスとクイック メジャーTime intelligence and quick measures

タイム インテリジェンス クイック メジャーで独自の日付テーブルを使用できます。You can use your own custom date tables with time intelligence quick measures. 外部の表形式モデルを使用している場合は、タイムインテリジェンスで使用する目的で [日付テーブルとしてマーク] を指定する方法に関するページで説明されているように、モデルを作成するときに、そのテーブルのプライマリ日付列が日付テーブルとしてマークされたことを確認します。If you're using an external tabular model, make sure that when the model was built, the primary date column in the table was marked as a date table, as described in Specify Mark as Date Table for use with time-intelligence. 独自の日付テーブルをインポートしている場合は、「Power BI Desktop で日付テーブルを設定し、使用する」で説明されているように、日付テーブルとしてマークします。If you're importing your own date table, make sure to mark it as a date table, as described in Set and use date tables in Power BI Desktop.

その他の情報と例Additional information and examples

まだ提供されていないクイック メジャーについてのアイデアがありますか。Have an idea for a quick measure that isn't already provided? 成功しました。Great! Power BI Ideas ページを見て、Power BI Desktop にあれば便利だと思うクイック メジャーに関するあなたのアイデアや DAX 数式を投稿してください。Check out the Power BI Ideas page, and submit your ideas and DAX formulas for quick measures you'd like to see in Power BI Desktop. Microsoft は、今後のリリースでクイック メジャー リストに追加するか検討します。We'll consider adding them to the quick measures list in a future release.