Power BI でマトリックスの視覚エフェクトを作成するCreate matrix visualizations in Power BI

適用対象: 適用対象外: 向けの Power BI サービス 適用対象: デザイナーおよび開発者向けの Power BI サービス 適用対象: Power BI Desktop 適用対象外: Pro ライセンスまたは Premium ライセンスが必要 APPLIES TO: Does not apply to.Power BI service for consumers Applies to.Power BI service for designers & developers Applies to.Power BI Desktop Does not apply to.Requires Pro or Premium license

注意

これらのビジュアルは、Power BI Desktop と Power BI サービスの両方で作成および表示できます。These visuals can be created and viewed in both Power BI Desktop and the Power BI service. この記事の手順と図は、Power BI Desktop のものです。The steps and illustrations in this article are from Power BI Desktop.

マトリックス ビジュアルは、テーブルに似ています。The matrix visual is similar to a table. テーブルでは 2 つのディメンションがサポートされ、データはフラットです。つまり、重複する値が表示され、集計されていません。A table supports two dimensions and the data is flat, meaning duplicate values are displayed and not aggregated. マトリックスでは、ディメンションの枠を越えてより簡単かつ有意義にデータを表示できます。また、階段状レイアウトがサポートされます。A matrix makes it easier to display data meaningfully across multiple dimensions -- it supports a stepped layout. マトリックスではデータが自動的に集計され、ドリルダウンを使用できます。The matrix automatically aggregates the data and enables drill down.

Power BI Desktop レポートでマトリックス ビジュアルを作成し、そのレポート ページで他のビジュアルを使用して、マトリックス内の要素をクロス強調表示できます。You can create matrix visuals in Power BI Desktop reports and cross-highlight elements within the matrix with other visuals on that report page. たとえば、行、列、個々のセルを選択して、クロス強調表示できます。For example, you can select rows, columns, and even individual cells and cross-highlight. また、個々のセルおよび複数のセルを選択してコピーし、他のアプリケーションに貼り付けることもできます。Also, individual cells and multiple cell selections can be copied and pasted into other applications.

クロス強調表示されているマトリックスとグラフのドーナツ グラフ

マトリックスに関連付けられている機能は多数あります。この記事の以下のセクションでそれらの機能について説明します。There are many features associated with the matrix, and we'll go through them in the following sections of this article.

注意

Power BI を使用する同僚とレポートを共有するには、それぞれのユーザーが個別の Power BI Pro ライセンスを持っているか、レポートが Premium 容量に保存されている必要があります。Sharing your report with a Power BI colleague requires that you both have individual Power BI Pro licenses or that the report is saved in Premium capacity.

Power BI の合計計算方法を理解するUnderstanding how Power BI calculates totals

マトリックス ビジュアルの使用方法に進む前に、Power BI ではテーブルとマトリックスの合計値と小計値がどのように計算されるのかを学習しておくことが大切です。Before jumping into how to use the matrix visual, it's important to learn how Power BI calculates total and subtotal values in tables and matrices. 合計行や小計行については、Power BI によって、基になるデータのすべての行に対してメジャーが評価されます。表示されている行に値が追加されるだけではありません。For total and subtotal rows, Power BI evaluates the measure over all rows in the underlying data – it isn't just a simple addition of the values in the visible or displayed rows. つまり、合計行の値が予想とは異なる可能性があります。This means you can end up with different values in the total row than you might expect.

次のマトリックス ビジュアルをご覧ください。Take a look at the following matrix visuals.

テーブルとマトリックスの比較

この例では、一番右にあるマトリックス ビジュアルに、販売員/日付の組み合わせ別の "金額" が表示されています。In this example, each row in the matrix visual farthest to the right is showing the Amount for each salesperson/date combination. ただし、販売員は複数の日付で表示されるため、数値が複数回登場します。However, since a salesperson shows up against multiple dates, the numbers can appear more than once. そのため、基になるデータから得た正確な合計値と表示される値の単純な加算は等しくありません。Thus, the accurate total from the underlying data, and a simple addition of the visible values, do not equate. これは、総計する値が一対多の関係の ‘一’ のときに一般的なパターンとなります。This is a common pattern when the value you’re summing is on the ‘one’ side of a one-to-many relationship.

合計と小計を見るときは、それらの値が、潜在するデータに基づいていることを忘れないでください。When you look at totals and subtotals, remember that those values are based on the underlying data. 目に見える値だけに基づいているわけではありません。They aren't solely based on the visible values.

行ヘッダーの展開と折りたたみExpanding and collapsing row headers

行ヘッダーを展開する方法は 2 つあります。There are two ways you can expand row headers. 1 つ目は、右クリック メニューを使用する方法です。The first is through the right-click menu. 選択した特定の行ヘッダー、レベル全体、または階層の最下層までのすべてを展開するオプションが表示されます。You’ll see options to expand the specific row header you selected, the entire level, or everything down to the very last level of the hierarchy. 行ヘッダーを折りたたむ場合も同様のオプションがあります。You have similar options for collapsing row headers as well.

展開と選択を示しているメニュー

[行ヘッダー] カードの下にある書式設定ペインを使用して、行ヘッダーに + または - ボタンを追加することもできます。You can also add +/- buttons to the row headers through the formatting pane under the Row headers card. 既定では、アイコンは行ヘッダーの書式設定と一致しますが、必要に応じてアイコンの色とサイズを個別にカスタマイズできます。By default, the icons will match the formatting of the row header, but you can customize the icons’ colors and sizes separately if you want.

アイコンが有効になると、Excel のピボットテーブル アイコンと似た動作になります。Once the icons are turned on, they work similar to PivotTable icons in Excel.

アイコンがオンになっているマトリックス

マトリックスの展開状態はレポートと共に保存されます。The expansion state of the matrix will save with your report. 展開された、または折りたたまれたダッシュボードにマトリックスをピン留めすることができます。A matrix can be pinned to a dashboard expanded or collapsed. このダッシュボード タイルを選択してレポートを開くと、レポートの展開状態を変更することができます。When that dashboard tile is selected, and the report opens, the expansion state can still be changed in the report.

拡張状態を示しているマトリックス

注意

Analysis Services 多次元モデルに基づいてレポートを作成する場合、モデルで既定のメンバー機能が使用されていると、展開と折りたたみに関する特別な考慮事項がいくつか生じます。If you're building a report on top of an Analysis Services multidimensional model, there are some special considerations for expand/collapse if the model uses the Default Member feature. 詳細については、「Power BI で多次元モデルを操作する」を参照してください。For more information see Work with multidimensional models in Power BI

マトリックス ビジュアルでドリルダウンを使用するUsing drill down with the matrix visual

マトリックス ビジュアルを使って、これまで使用できなかった興味深いさまざまなドリルダウン操作を行うことができます。With the matrix visual, you can do all sorts of interesting drill down activities that weren't available before. また、行、列、さらには個々のセクションやセルを使用して、ドリルダウンすることもできます。This includes the ability to drill down using rows, columns, and even into individual sections and cells. これらのそれぞれのしくみを見てましょう。Let's take a look at how each of these works.

行ヘッダーでのドリルダウンDrill down on row headers

[視覚化] ウィンドウで、 [フィールド][行] セクションに複数のフィールドを追加する場合は、マトリックス ビジュアルの行のドリルダウンを有効にします。In the Visualizations pane, when you add multiple fields to the Rows section of the Fields well, you enable drill down on the rows of the matrix visual. これは階層の作成と似ています。これにより、その階層からドリルダウン (およびバックアップ) して、各レベルのデータを分析できます。This is similar to creating a hierarchy, which then allows you to drill down (and then back up) through that hierarchy, and analyze the data at each level.

次の図の [行] セクションには、"営業段階" と "営業案件サイズ" が含まれ、ドリルスルーできる行にグループ (または階層) が作成されます。In the following image, the Rows section contains Sales stage and Opportunity size, creating a grouping (or hierarchy) in the rows that we can drill through.

選択されている行を示すフィルター カード

ビジュアルの [行] セクションに作成されたグループがある場合、ビジュアル自体の左上隅に ドリル アイコンと 展開 アイコンが表示されます。When the visual has grouping created in the Rows section, the visual itself displays the drill and expand icons in the top-left corner of the visual.

ドリル コントロールが強調表示されたマトリックス

他のビジュアルのドリルと展開の動作と同じように、そのボタンを選択すると、階層をドリルダウン (またはバックアップ) できます。Similar to the drill and expand behavior in other visuals, selecting those buttons lets us drill down (or back up) through the hierarchy. この場合、次の図のように、"営業段階" から "営業案件サイズ" にドリルダウンできます。ここでは、1 レベル ドリルダウン アイコン (熊手) が選択されています。In this case, we can drill down from Sales stage to Opportunity size, as shown in the following image, where the drill down one level icon (the pitchfork) has been selected.

熊手が強調表示されたマトリックス

これらのアイコンを使用する以外に、行ヘッダーのいずれかを選択し、表示されるメニューから選択してドリルダウンすることもできます。In addition to using those icons, you can select any of those row headers and drill down by choosing from the menu that appears.

マトリックスの行のメニュー オプション

表示されるメニューから選択できるオプションはいくつかあり、次のように結果がそれぞれ異なることに注意してください。Notice there are a few options from the menu that appears, which generate different results:

[ドリルダウン] を選択すると、"その" 行レベルのマトリックスが展開され、選択した行ヘッダー以外の行見出しはすべて "除外" されます。Selecting Drill Down expands the matrix for that row level, excluding all other row headings except the row header that was selected. 次の図では、 [提案] > [ドリル ダウン] が選択されています。In the following image, Proposal > Drill Down was selected. マトリックスに他のトップレベルの行が表示されなくなっていることに注意してください。Notice that other top-level rows no longer appear in the matrix. このようにドリルは便利な機能です。クロス強調表示セクションを表示する場合に特に有効です。This way to drill is a useful feature, and becomes especially cool when we get to the cross-highlighting section.

1 レベル ドリルダウンされたマトリックス

[ドリルアップ] アイコンを選択して、前のトップレベル ビューに戻ります。Select the Drill up icon to get back to the previous top-level view. その後、 [提案] > [次のレベルを表示する] を選択すると、次のレベルの項目 (この例の場合は、"営業案件サイズ" フィールド) がすべて昇順にリストされます。高レベルの階層カテゴリはありません。If you then select Proposal > Show Next Level, you get an ascending listing of all the next-level items (in this case, the Opportunity size field), without the higher-level hierarchy categorization.

[次のレベルを表示する] が使用されているマトリックス

左上隅にある [ドリルアップ] アイコンを選択して、トップレベルのカテゴリをすべてマトリックスに表示してから、 [提案] > [次のレベルに展開] を選択して、階層の両方のレベル ("営業段階" と "営業案件サイズ") の値をすべて表示します。Select the Drill up icon in the upper-left corner to have the matrix show all top-level categories, then select Proposal > Expand to next level, to see all the values for both levels of the hierarchy - Sales stage and Opportunity size.

[次のレベルに展開] が使用されているマトリックス

[展開] メニュー項目を使用して、表示をさらに制御することもできます。You can also use the Expand menu item to control the display further. たとえば、 [提案] > [展開] > [選択] を選択すると、For example, select Proposal > Expand > Selection. "営業段階" ごとに 1 つの合計行と、 [提案] のすべての "営業案件サイズ" オプションが表示されます。Power BI displays one total row for each Sales stage and all the Opportunity size options for Proposal.

[展開] が [提案] に適用されたマトリックス

列ヘッダーでのドリルダウンDrill down on column headers

行でのドリルダウンと同じように、列でドリルダウンすることもできます。Similar to the ability to drill down on rows, you can also drill down on columns. 次の図では、 [列] フィールドには 2 つのフィールドがあり、この記事で前述した行に使用したものと同じような階層が作成されています。In the following image, there are two fields in the Columns field well, creating a hierarchy similar to what we used for the rows earlier in this article. [列] フィールドには、"リージョン" と "セグメント" があります。In the Columns field well, we have Region and Segment. 2 番目のフィールドが [列] に追加されるとすぐに、新しいドロップダウン メニューがビジュアルに表示されます。現時点では [行] が表示されています。As soon as the second field was added to Columns, a new dropdown menu displayed on the visual, it currently shows Rows.

2 番目の列の値が追加されたマトリックス

列でドリルダウンするには、マトリックスの左上隅にある [ドリルオン] メニューから [列] を選択します。To drill down on columns, select Columns from the Drill on menu that can be found in the upper left corner of the matrix. "東部" を選択し、 [ドリル ダウン] を選択します。Select the East region and choose Drill Down.

列のドリルダウン メニュー

[ドリルダウン] を選択すると、"リージョン > 東部" の次のレベルの列階層が表示されます。この例の場合は "営業案件数" です。When you select Drill Down, the next level of the column hierarchy for Region > East displays, which in this case is Opportunity count. その他のリージョンは非表示になります。The other region is hidden.

列が 1 レベル ドリルダウンされたマトリックス

列の他のメニュー項目は、行の場合と同じように動作します (前述の「行ヘッダーでのドリルダウン」をご覧ください)。The rest of the menu items work on columns in the same way they do for rows (see the previous section, Drill down on row headers). 行と同じように、列に対して次のレベルを表示する次のレベルに展開するなどの操作を行うことができます。You can Show Next Level and Expand to next level with columns just as you can with rows.

注意

マトリックス ビジュアルの左上にあるドリルダウンとドリルアップのアイコンは行にのみ適用されます。The drill down and drill up icons in the upper-left of the matrix visual only apply to rows. 列でドリルダウンするには、右クリック メニューを使用する必要があります。In order to drill down on columns, you must use the right-click menu.

マトリックス ビジュアルでの階段状レイアウトStepped layout with matrix visuals

マトリックス ビジュアルでは、階層の各親の下のサブカテゴリは自動的にインデントされます。これは階段状レイアウトといいます。The matrix visual automatically indents subcategories in a hierarchy beneath each parent, called a stepped layout.

元のバージョンのマトリックス ビジュアルでは、サブカテゴリはまったく別の列に表示され、ビジュアルのかなり多くのスペースを占めていました。In the original version of the matrix visual, subcategories were shown in an entirely different column, taking up much more space in the visual. 次の図には元のマトリックス ビジュアルのテーブルが表示されています。サブカテゴリは別の列にあることに注意してください。The following image shows the table in original matrix visual; notice the subcategories in a separate column.

別の列にサブカテゴリが表示されている古いマトリックス ビジュアルのスクリーンショット。

次の図では、マトリックス ビジュアルが表示されており、階段状レイアウトになっています。In the following image, you see a matrix visual, with stepped layout in action. Computers というカテゴリのサブカテゴリ (Computers Accessories、Desktops、Laptops、Monitors など) は若干インデントされており、ビジュアルの占有スペースがかなり小さくなっています。Notice the category Computers has its subcategories (Computers Accessories, Desktops, Laptops, Monitors, and so on) slightly indented, providing a cleaner and much more condensed visual.

現在のマトリックスでのデータの書式設定

階段状レイアウトの設定は簡単に調整できます。You can easily adjust the stepped layout settings. マトリックス ビジュアルを選択した状態で、 [視覚化] ウィンドウの [書式] セクション (ペイント ローラーのアイコン) の [行見出し] セクションを展開します。With the matrix visual selected, in the Format section (the paint roller icon) of the Visualizations pane, expand the row headers section. [階段状レイアウト] トグル (オンとオフを切り替える) および [階段状レイアウトのインデント] (ピクセル単位でインデント量を指定する) という 2 つのオプションがあります。You have two options: the stepped layout toggle (which turns it on or off), and the stepped layout indentation (specifies the indentation amount, in pixels).

階段状レイアウト コントロールが表示されている行ヘッダー カード

[階段状レイアウト] をオフにすると、サブカテゴリは親カテゴリの下にインデントされず、別の列に表示されます。If you turn off stepped layout, Power BI shows the subcategories in another column rather than indented beneath the parent category.

マトリックス ビジュアルでの小計と総計Subtotals and grand totals with matrix visuals

マトリックス ビジュアルでは、行と列両方の小計をオンまたはオフにできます。You can turn subtotals on or off in matrix visuals, for both rows and columns. 次の図では、行の小計がオンに設定され、下部に表示するように設定されていることがわかります。In the following image, you can see that the row subtotals are set to On and set to display at the bottom.

合計と小計が表示されているマトリックス

[小計] をオンにしてラベルを追加すると、Power BI では総計の値に対する行も同じラベルで追加されます。When you turn on Subtotals and add a label, Power BI also adds a row, and the same label, for the grand total value. 総計を書式設定するには、 [総計] の書式オプションを選択します。To format your grand total, select the format option for Grand total.

総計カードが表示されているマトリックス

小計と総計をオフにするには、[視覚化] ペインの [書式] セクションで、 [小計] カードを展開します。If you want to turn subtotals and grand total off, in the format section of the visualizations pane, expand the Subtotals card. [行の小計] スライダーを [オフ] にします。Turn the row subtotals slider to Off. このようにすると、小計が表示されません。When you do so, the subtotals aren't shown.

小計がオフになっているマトリックス

列の小計も同じ方法で変更できます。The same process applies for column subtotals.

条件付きアイコンを追加するAdd conditional icons

条件付きアイコンを使用して、テーブルまたはマトリックスに視覚的な合図を追加します。Add visual cues to your table or matrix with conditional icons.

[視覚化] ウィンドウの [書式] セクションで、 [条件付き書式] カードを展開します。In the format section of the Visualizations pane, expand the Conditional formatting card. [アイコン] スライダーを [オン] にして、 [詳細コントロール] を選択します。Turn the Icons slider to On and select Advanced controls.

アイコン画面が表示されているマトリックス

マトリックスの条件、アイコン、および色を調整し、 [OK] を選択します。Adjust the conditions, icons, and colors for your matrix and select OK. この例では、低い値には赤いフラグ、高い値には紫の円、中間の値すべてについては黄色の三角形を使用しています。In this example, we used a red flag for low values, purple circle for high values, and yellow triangle for everything in between.

アイコンが表示されているマトリックス

マトリックス ビジュアルでのクロス強調表示Cross-highlighting with matrix visuals

マトリックス ビジュアルを使って、クロス強調表示の基準としてマトリックスの要素を選ぶことができます。With the matrix visual, you can select any elements in the matrix as the basis for cross-highlighting. マトリックスで列を選択すると、レポート ページの他のビジュアルと同じように、その列が強調表示されます。Select a column in a matrix and Power BI highlights the column, as does any other visuals on the report page. この種のクロス強調表示は、他のビジュアルやデータ ポイントの選択で一般的な機能となってきているので、現在はマトリックス ビジュアルでも同じ機能が提供されています。This type of cross-highlighting has been a common feature of other visuals and data point selections, so now the matrix visual offers the same function.

さらに、Ctrl キーを押しながらクリックすることで、クロス強調表示機能を使用することもできます。In addition, using Ctrl+Click also works for cross-highlighting. たとえば、次の画像では、一連のサブカテゴリがマトリックス ビジュアルから選ばれています。For example, in the following image a collection of subcategories were selected from the matrix visual. ビジュアルから選ばれなかった項目は灰色表示されており、ページの他のビジュアルに、マトリックス ビジュアルでの選択内容がどのように反映されるかがわかります。Notice how items that weren't selected from the visual are grayed out, and how the other visuals on the page reflect the selections made in the matrix visual.

Ctrl キーを押しながらクリックして示されるクロス強調表示を使用した、マトリックス ビジュアルと他の 2 つのビジュアルのスクリーンショット。

Power BI から値をコピーして他のアプリケーションで使用するCopying values from Power BI for use in other applications

ご利用のマトリックスまたはテーブルには、Dynamics CRM レポート、Excel レポート、その他の Power BI レポートなど、他のアプリケーションで使用したいコンテンツが含まれている場合があります。Your matrix or table may have content that you'd like to use in other applications: Dynamics CRM, Excel, and other Power BI reports. Power BI で右クリックすると、単一のセルまたはセルの選択範囲をクリップボードにコピーできます。て、With the Power BI right-click, you can copy a single cell or a selection of cells onto your clipboard. その後、それを他のアプリケーションに貼り付けます。Then, paste them into the other application.

  • 単一のセルの値をコピーするには、セルを選択し、右クリックしてから、 [値のコピー] を選択します。To copy the value of a single cell, select the cell, right-click, and choose Copy value. 書式設定されていセル値がクリップボード上にある場合でも、その値を別のアプリケーションに貼り付けることができるようになりました。With the unformatted cell value on your clipboard, you can now paste it into another application.

    マトリックス ビジュアルのスクリーンショット。値を指している矢印、および [値のコピー] オプションと [選択範囲のコピー] オプションが含まれる展開された右クリック メニューが示されています。

  • 複数のセルをコピーするには、セルの範囲を選択するか、または Ctrl キーを使用して 1 つまたは複数のセルを選択します。To copy more than a single cell, select a range of cells or use CTRL to select one or more cells.

    マトリックス ビジュアルのスクリーンショット。矢印が 3 つの値から、[値のコピー] オプションと [選択範囲のコピー] オプションが含まれる展開された右クリック メニューを指しています。

  • コピーには、列および行のヘッダーが取り込まれます。The copy will include the column and row headers.

    値が貼り付けられた Excel の行と列を示すスクリーンショット。

  • 選択したセルだけが含まれる視覚エフェクト自体のコピーを作成するには、Ctrl キーを使用して 1 つまたは複数のセルを選択し、右クリックして、 [視覚エフェクトをコピー] を選択します。To make a copy of the visual itself containing only your selected cells, select one or more cells using CTRL, right-click, and choose Copy visual

    [視覚エフェクトをコピー] オプションのスクリーンショット

  • コピーはもう 1 つのマトリックス視覚化ですが、コピーしたデータだけが含まれています。The copy will be another matrix visualization, but contain only your copied data.

    視覚エフェクトのコピー例のスクリーンショット

マトリックス値をカスタム URL として設定するSetting a matrix value as a custom URL

Web サイト URL が含まれる列またはメジャーがある場合は、条件付き書式を使用して、それらの URL をアクティブ リンクとしてフィールドに適用できます。If you have a column or measure that contains website URLs, you can use conditional formatting to apply those URLs to fields as active links. このオプションは、書式設定ペインの [条件付き書式] カードの下にあります。You’ll find this option under the Conditional formatting card in the formatting pane.

スクリーンショットでは、書式設定アイコンと [Web URL] の位置関係が矢印で示されています。

[Web URL] を [オン] にし、列の URL として使用するフィールドを選択します。Turn Web URL On, and select a field to use as the URL for the column. 適用されると、そのフィールド (列) の値はアクティブなリンクになります。Once applied, the values in that field (column) become active links. マウス ポインターを移動してリンクを表示し、選択してそのページに移動します。Hover to see the link, and select to jump to that page.

詳細については、テーブルの条件付き書式設定に関する記事を参照してください。For more information, see Conditional table formatting

マトリックス ビジュアルでの網掛けとフォントの色Shading and font colors with matrix visuals

マトリックス ビジュアルでは、条件付き書式 (色、網掛け、データ バー) をマトリックス内のセルの背景に適用したり、テキストや値自体に条件付き書式を適用したりできます。With the matrix visual, you can apply conditional formatting (colors and shading and data bars) to the background of cells within the matrix, and you can apply conditional formatting to the text and values themselves.

条件付き書式を適用するには、マトリックス ビジュアルを選択し、 [形式] ウィンドウを開きます。To apply conditional formatting, select the matrix visual and open the Format pane. [条件付き書式] カードを展開し、 [背景色][フォントの色] 、または [データ バー] のスライダーを [オン] にします。Expand the Conditional formatting card and for Background color, Font color, or Data bars, turn the slider to On. いずれかのオプションをオンにすると、"詳細コントロール" のリンクが表示されます。このリンクを使用すると、色と、色書式の値をカスタマイズできます。Turning on one of these options displays a link for Advanced controls, which lets you customize the colors and values for the color formatting.

[データ バー] コントロールが表示されている [形式] ウィンドウ

"詳細コントロール" を選択すると、ダイアログが表示されます。このダイアログで調整を行うことができます。Select Advanced controls to display a dialog, which lets you make adjustments. この例は、 [データ バー] のダイアログを示しています。This example shows the dialog for Data bars.

[データ バー] ウィンドウ

考慮事項とトラブルシューティングConsiderations and troubleshooting

  • マトリックスのセルまたはヘッダー内のテキスト データに改行文字が含まれている場合、要素に関連付けられている書式指定ペイン カードで [右端で折り返す] オプションをオンにしない限り、これらの文字は無視されます。If the text data in your matrix's cells or headers contain new line characters, those characters will be ignored unless you toggle on the 'Word Wrap' option in the element's associated formatting pane card.

次の手順Next steps

Power BI 用の Power Apps ビジュアルPower Apps visual for Power BI

Power BI での視覚化の種類Visualization types in Power BI