スマート説明を作成する (プレビュー)Create Smart Narratives (preview)

適用対象: 適用対象外: 向けの Power BI サービス 適用対象: デザイナーおよび開発者向けの Power BI サービス 適用対象: Power BI Desktop 適用対象外: Pro ライセンスまたは Premium ライセンスが必要 APPLIES TO: Does not apply to.Power BI service for consumers Applies to.Power BI service for designers & developers Applies to.Power BI Desktop Does not apply to.Requires Pro or Premium license

注意

これらのビジュアルは、Power BI Desktop と Power BI サービスの両方で作成および表示できます。These visuals can be created and viewed in both Power BI Desktop and the Power BI service. この記事の手順と図は、Power BI Desktop のものです。The steps and illustrations in this article are from Power BI Desktop.

スマート説明の視覚化を使用すると、カスタマイズ可能なすぐに利用できる関連分析情報を提供することで、視覚化とレポートをすばやくまとめることができます。The Smart narrative visualization helps you quickly summarize visuals and reports by providing relevant out-of-the-box insights that are customizable.

スマート説明

作成者はこの機能を使って、レポートに説明を追加できます。重要な習得事項を説明したり、傾向を指摘したり、特定の読者に向けて言語の編集と書式設定を行ったりできます。Using this feature creators can add narratives to their report to address key takeaways, point out trends, edit the language and format it to fit a specific audience. レポートのスクリーンショットを PowerPoint に貼り付けて重要な習得事項を追加する代わりに、レポートを更新するたびに更新される説明をレポートに追加できるようになりました。Instead of pasting a screenshot of their report in PowerPoint with key takeaways added, they can now add narratives to the report that are updated with every refresh. エンド ユーザーは、説明を利用してデータを理解し、重要なポイントをすばやく把握し、他のユーザーにデータを説明することができます。Your end users can use the narratives to understand their data, get to the key points faster, and explain the data to others.

注意

この機能はプレビュー段階であるため、まず機能スイッチをオンにする必要があります。それには [ファイル] > [オプションと設定] > [オプション] > [プレビュー機能] に移動して、 [Smart narrative visual](スマート説明視覚エフェクト)  がオンになっていることを確認します。Since this feature is in preview, you will need to first turn on the feature switch by going to File > Options and Settings > Options > Preview feature and make sure Smart narrative visual is turned on:

プレビュー フラグ

Online Sales シナリオ用に使用される pbix については、こちらのドキュメントを参照してください。You can find the pbix used for the Online Sales scenario in this documentation here.

開始するにはGet Started

[視覚化] ペインの新しいスマート説明アイコンをクリックすると、自動的に概要が生成されます。Click on the new smart narratives icon in the visualization pane to automatically generate a summary.

スマート説明アイコン

ページ上のすべての視覚エフェクトに基づいて説明が作成されることがわかります。You will see a narrative created based on all the visuals on the page. たとえば、アイコンをクリックすると、このレポート内の収益、Web サイト訪問者数、売上について説明した各視覚エフェクトの概要が自動的に生成されます。For example, you can click on the icon to automatically generate a summary of the visuals talking about revenue, website visits, and sales in this report. Power BI によって自動的に傾向分析が行われ、収益と訪問者数が両方とも増加していることが示されていることがわかります。さらに、どの程度の成長率であるかも計算されています。この場合は 72% の増加です。Notice that Power BI automatically does trend analysis to show that Revenue and Visits have both grown and it even calculates what kind of growth it sees - in this case, 72% increase.

スマート説明の概要

視覚エフェクトを右クリックして [概要] を選択することもできます。You can also right-click the visual and select 'summarize'. その視覚エフェクトの概要が自動的に生成されます。This will generate an automatic summary of that visualization. たとえば、さまざまなトランザクションを示す散布図に対して右クリック > [概要] を選択すると、Power BI によってデータが分析され、トランザクションあたりの収益が最も高い、またトランザクションの数が最も多い都市や地域が示されます。For example, when you right-click -> summarize on the scatter chart showing the various transactions, Power BI analyses the data and shows which city/region has the highest revenue per transaction and the highest number of transactions. また、これらのメトリックについて予想される値の範囲も示されます。これにより、ほとんどの都市はトランザクションあたりの収益が $45 未満であり、トランザクション数が 10 回未満であったことを把握できます。It also shows the expected range of values for these metrics, so you can understand most cities were below $45 in revenue per transaction and had fewer than 10 transactions.

スマート説明による概要

概要を編集するEdit the summary

概要には高度なカスタマイズが可能です。通常のテキスト ボックスと同じコントロールを使用して新しいテキストを追加したり、既存のテキストを編集したりできます。The summary is highly customizable where you can add new text or edit the existing text using the same controls available in the regular text box. たとえば、テキストを太字にしたり、テキストの色を変更したりできます。For example, you can make the text bold or change the text color.

スマート説明のテキスト ボックス コントロール

また、動的な値を追加することによって概要をカスタマイズし、独自の分析情報を追加することもできます。You can also customize the summary and add your own insights by adding dynamic values. テキストを既存のフィールドやメジャーにマップしたり、自然言語を使用してテキストにマップする新しいメジャーを定義したりできます。You can map text to existing fields and measures, or use natural language to define a new measure to map to text. たとえば、返品数に関する情報を追加したい場合、gif に示されているように値の追加エクスペリエンスを使用できます。For example, if you want to add information about the number of returned items, you can use the add value experience as shown in the gif. 動的な値を追加するための Q&A エクスペリエンスが統合されています。We have integrated the Q&A experience to add dynamic values. 入力すると、Q&A 視覚エフェクトのようにドロップダウンに候補が表示されるので、これを値として保存するだけです。As you type, you'll get suggestions in a drop-down as in a Q&A visual and you can just save this as a value. そのため、Q&A でデータについて質問できるだけでなく、DAX すら実行せずに独自の計算を作成することができます。So, in addition to being able to ask questions of your data in Q&A, the scope has been expanded to create your own calculations without even doing DAX.

動的な値

動的な値の書式を設定することができます。たとえば、通貨として表示したり、小数点以下の桁数や桁区切り記号を指定したりできます。You can format the dynamic values, for example, to show as currency, specify decimal places, thousand separator, etc.

動的な値の書式設定

これを行うには、概要の値を直接クリックして書式を設定するか、テキスト ボックス コントロールの [確認] タブで値に対応する編集ボタンをクリックします。You can do this by clicking directly on the value in the summary to format it or clicking on the edit button corresponding to the value in the review tab of the text box control.

動的な値の書式設定 [確認] タブ

[確認] タブでは、以前に定義した値の確認、削除、再利用を行うこともできます。You can also the Review tab to review, delete, or reuse previously defined values. プラス アイコンをクリックすると、その値が概要に挿入されます。Clicking on the plus icon will insert the value in the summary. また、下部にあるオプションを切り替えて自動生成された値を表示することもできます。You can also show autogenerated values by toggling the option at the bottom.

"現在のデータとフィルターではこの値に対する結果がありません" という内容の、非表示の概要シンボルが表示されることがあります。Sometimes, you will see hidden summaries symbol saying "Current data and filters produce no result for this value". これは、伝えるべき情報がないため概要が空になる可能性があるためです。This is because some summaries can be empty as there is nothing interesting to say. たとえば、折れ線グラフの高値と低値を調べる概要は、それが平坦な線であれば空になる可能性がありますが、他の条件下では空でない可能性もあります。For example, a summary looking at high and low values in a line chart could be empty if it's a flat line but could be non-empty under other conditions. これらのシンボルは、概要を編集しようとしたときにのみ表示されます。These symbols will be visible only when you try to edit the summaries.

非表示の概要

ビジュアル対話Visual interactions

概要は動的です。クロスフィルターを使用すると、生成されたテキストと動的な値が自動的に更新されます。The summary is dynamic and automatically updates the generated text and dynamic values when you cross filter. たとえば、ドーナツ グラフで Electronics 製品を選択すると、レポートの残りの部分はクロスフィルターされます。概要もクロスフィルターされて Electronics 製品に焦点が当てられます。For example, if you select Electronics products in the donut chart, the rest of the report is going to cross filter and the summary will also cross filter to focus on the Electronics products too. この場合、訪問者数と収益の傾向が異なるため、それを反映するようにテキストが更新されます。In this case, the visits and revenues have different trends, so the text gets updated to reflect that. また、追加した返品数の値が $4196 に更新されます。And the count of returns value you added gets updated to $4196. クロスフィルターを行うと、一部の空の概要も更新される可能性があります。Some of the empty summaries could also be updated when you cross-filter.

クロスフィルター

さらに高度なフィルター処理を行うこともできます。You can also do more advanced filtering. たとえば、複数の異なる製品の傾向を調べる次の視覚エフェクトについて、ある四半期の傾向だけに興味がある場合は、関連するデータ ポイントを選択するだけでそのフラグメント用に更新された概要を得られます。For example, if you are only interested in the trend across a certain quarter in this visual that looks at trends of multiple different products, you can just select the relevant data points to get the summary updated for that fragment.

FilteringFiltering

制限事項Limitations

  • ダッシュボードへのピン留めはサポートされていません。Pinning to Dashboard isn't supported.
  • 動的な値と条件付き書式設定 (データ バインドされたタイトルなど) の使用はサポートされていません。Using Dynamic Values and Conditional Formatting (for example, data bound title) isn't supported.
  • Azure Analysis Services、オンプレミス AS はサポートされていません。Azure Analysis Services, On-Prem AS isn't supported.
  • KPI、カード、複数行カード、マップ、テーブル、マトリックス、R/Python 視覚エフェクト、カスタム視覚エフェクトでは、概要作成がサポートされていません。KPI, Card, Multi row card, Maps, Table, Matrices, R/Python visuals, custom visuals don't support summarization. これらの視覚エフェクトの一部は、今後追加される予定です。Some of these visuals would be added in the future.
  • 他の列によってグループ化された列を含む視覚エフェクトや、データ グループ フィールドに基づいて構築された視覚エフェクトでは、概要作成がサポートされていません。Summarization isn't supported for visuals with columns that are grouped by other columns and ones built on a Data Group field. 
  • 視覚エフェクト外のクロスフィルター処理はサポートされていません。Cross filtering out of the visual isn't supported.
  • 動的な値の名前変更や、自動生成された動的な値の編集はサポートされていません。Renaming dynamic values or editing autogenerated dynamic values isn't supported.
  • QnA 算術や総計のパーセントなど、実行時の計算を含む視覚エフェクトの概要作成はサポートされていません。Summarization of visuals containing on the fly calculations like QnA arithmetic, Percent of Grand total etc. is not supported.