Power BI で R ビジュアルを作成して使用する

適用対象:Does not apply to."ビジネス ユーザー" 向けの Power BI サービス Does not apply to.デザイナーおよび開発者向けの Power BI サービス Applies to.Power BI Desktop Does not apply to.Pro または Premium ライセンスが必要

R ビジュアルは現在、Power BI Desktop でのみ作成でき、その後 Power BI サービスに発行できます。 R ビジュアルの作成の詳細については、「R を使用した Power BI ビジュアルの作成」を参照してください。

Power BI サービスでの R ビジュアルの表示

Power BI サービスでは、R スクリプトで作成したビジュアルの表示と操作がサポートされています。 R スクリプトで作成したビジュアルは一般的に R ビジュアルと呼ばれ、R の豊富な分析と視覚化の機能を使用した高度なデータ整形と予測などの分析に使用できます。

注意

R プログラミング言語は、統計学者、データ科学者、ビジネス アナリストの間で最も広く使用されているプログラミング言語です。 R 言語には、7,000 を超えるアドオン パッケージを提供しているオープン ソース コミュニティや、広く利用されている R ユーザー グループがあります。 Power BI サービスに展開されている R のバージョンは Microsoft R 3.4.4 です。

R ビジュアルは、次の図に示すレポートのような Power BI Desktop レポート内に作成します。

Desktop report with two visuals.

Power BI Desktop でレポートを作成すると、1 つ以上の R ビジュアルを含むレポートを Power BI サービスに発行できます。

このサービスでは、すべての R パッケージがサポートされているわけではありません。 Power BI サービスで現在サポートされているパッケージを確認するには、この記事の最後にあるサポート対象パッケージの一覧を参照してください。

Power BI Desktop サンプル ファイル (.pbix ファイル) をダウンロードして、いくつかの R ビジュアルの動作を確認し、さまざまな使い方を試すことができます。

Power BI Desktop で作成し、Power BI サービスに発行した R ビジュアルは、ほとんどの部分で Power BI サービスの他のビジュアルと同様に動作し、対話的な操作、フィルター処理、スライス、または他のユーザーとの共有を行うことができます。 他のビジュアルとのいくつかの違いは、R ビジュアルにはヒントを表示できないこと、ダッシュボードにピン留めできないこと、他のビジュアルをフィルター処理できないことです。

次の図に示すように、Power BI サービスの R ビジュアルは、ほとんど他のビジュアルと同様に表示され、動作します。ユーザーはビジュアルを作成した基になる R スクリプトを意識する必要がありません。

Screenshot of the report page in the Power BI service.

R スクリプトのセキュリティ

R ビジュアルは R スクリプトから作成されますが、R スクリプトにはセキュリティやプライバシーのリスクとなる可能性のあるコードが含まれる場合があります。

このようなリスクが存在するのは主に作成の段階です。作成の段階では、スクリプトの作成者が自身のコンピューターでスクリプトを実行します。

Power BI サービスには、ユーザーとサービスをセキュリティのリスクから保護するためにサンドボックス技術が適用されます。

このサンドボックス アプローチでは、Power BI サービスで実行する R スクリプトに一定の制限が適用され、インターネットへのアクセスや、R ビジュアルの作成に不要な他のリソースへのアクセスなどが制限されます。

R スクリプトのエラー エクスペリエンス

R スクリプトでエラーが発生した場合、R ビジュアルはプロットされず、エラー メッセージが表示されます。 エラーの詳細については、次の図に示すように、キャンバス上の R ビジュアル エラーから [詳細を確認する] を選択します。

Screenshot showing an R visual error message.

もう 1 つの例として、Azure に R パッケージがないために R スクリプトを正常に実行できなかった場合、次の図のようなエラー メッセージが表示されます。

Screenshot showing a runtime error.

ライセンス

R ビジュアルの場合、レポートのレンダリング、更新、フィルター処理、およびクロスフィルター処理を行うために、Power BI Pro または Premium Per User (PPU) のライセンスが必要です。 Power BI Pro のライセンスの詳細および無料ライセンスとの違いについては、「Power BI Pro コンテンツとは」を参照してください。

Power BI 無料版のユーザーは、Premium ワークスペースで共有されたタイルのみを使用できます。 詳細については、「Power BI Pro を購入する」を参照してください。

次の表に、R ビジュアルの機能をライセンス別に示します。

Power BI Desktop で R ビジュアルを作成する R ビジュアルを使って PBI サービス レポートを作成する レポートで R ビジュアルを表示する
ゲスト (Power BI embedded) サポートされています サポートされていません Premium/Azure 容量のみでサポートされている
アンマネージド テナント (未確認のドメイン) サポートされています サポートされていません サポートされていません
無料ライセンスのマネージド テナント サポートされています サポートされていません Premium 容量のみでサポートされている
Pro または PPU ライセンスを使用したマネージド テナント サポートされています サポートされています サポート

考慮事項と制限事項

Power BI サービスの R ビジュアルには、一定の制限があります。

  • R ビジュアルのサポートは、サポート対象の R パッケージの確認に関するページで特定されているパッケージに限定されます。 現在のところ、カスタム パッケージはサポートされていません。

  • データ サイズの制限 – プロット作成で R ビジュアルが使用するデータは、150,000 行に制限されています。 150,000 を超える行が選択されている場合は、上位の 150,000 の行のみが使用され、メッセージがイメージに表示されます。 また、入力データには 250 MB の制限があります。

  • R ビジュアルの入力データセットに 32,766 文字を超える文字列値が含まれている列がある場合、その値は切り捨てられます。

  • 解像度 - R ビジュアルはすべて 72 DPI で表示されます。

  • デバイスのプロット - 既定のデバイスへのプロットのみがサポートされています。

  • 計算時間の制限 – R ビジュアル計算で実行時間が 60 秒を超えると、エラーが発生します。

  • R ビジュアルは、データ更新、フィルター処理、および強調表示の際に更新されます。 ただし、イメージ自体は対話に対応しておらず、ツール ヒントはサポートされていません。

  • R ビジュアルは他のビジュアルの強調表示に応答しますが、他の要素をクロス フィルター処理するために R ビジュアルの要素をクリックすることはできません。

  • 現在のところ、R ビジュアルで Time データ型はサポートされていません。 代わりに Date/Time を使用してください。

  • [Web に公開] を使用する場合、R ビジュアルは表示されません。

  • R ビジュアルでは、入力列の名前変更はサポートされていません。 列は、スクリプトの実行時に元の名前で参照されます。

  • 現在のところ、R ビジュアルはレポートの印刷機能では印刷されません。

  • 現在のところ、R ビジュアルは Analysis Services の DirectQuery モードでサポートされていません。

  • R ビジュアルには、テキスト ラベルをグラフィック要素に変換する機能があります。 Power BI サービスでこれを行うには、次の手順を実行する必要があります。

    • R スクリプトの先頭に次の行を追加します。

powerbi_rEnableShowText = 1

  • 中国語、日本語、および韓国語のフォントでは、Power BI サービスで正しく機能させるために、以下のすべての追加手順が必要になります。

    • 最初に、R パッケージ showtext とそのすべての依存関係をインストールします。 このインストールは、次のスクリプトで実行できます。

install.packages("showtext")

  • 次に、R スクリプトの先頭に次の行を追加します。
powerbi_rEnableShowTextForCJKLanguages =  1

R パッケージの概要

R パッケージは、適切に定義された形式で結合された R 関数、データ、およびコンパイル済みコードのコレクションです。 R のインストールには標準のパッケージ セットが付属しており、他のパッケージはダウンロードしてインストールできます。 インストールしたら、使用するセッションに R パッケージを読み込む必要があります。 無料の R パッケージの主要なソースは、CRAN (Comprehensive R Archive Network) です。

Power BI Desktop では、どのような種類の R パッケージでも制限なく使うことができます。 Power BI Desktop で使う R パッケージをユーザー自身がインストールできます (たとえば、RStudio IDE を使って)。

Power BI サービスの R ビジュアルは、この記事の「サポートされるパッケージ」セクションで示されているパッケージによってサポートされます。 サポートされるパッケージの一覧に目的のパッケージがない場合は、パッケージのサポートを要求できます。 サポートを要求する方法については、「Power BI サービスの R パッケージ」を参照してください。

R パッケージの要件と制限事項

R パッケージにはいくつかの要件と制限があります。

  • Power BI サービスは、ほとんどの場合、無料の R パッケージと、GPL-2、GPL-3、MIT+ などのオープン ソース ソフトウェア ライセンスをサポートします。

  • Power BI サービスは、CRAN で公開されているパッケージをサポートします。 サービスは、プライベートまたはカスタムの R パッケージをサポートしません。 ユーザーには、Power BI サービスでパッケージを使用できるようにすることを要求する前に、プライベート パッケージを CRAN で使用できるようにすることをお勧めします。

  • Power BI Desktop には、R パッケージの 2 つのバリエーションがあります。

    • R ビジュアルの場合は、カスタム R パッケージを含むすべてのパッケージをインストールできます。
    • カスタム R ビジュアルの場合は、パブリック CRAN パッケージのみがパッケージの自動インストールに対してサポートされます。
  • セキュリティおよびプライバシー上の理由から、World Wide Web 経由でクライアント サーバー クエリを提供する R パッケージ (RgoogleMaps など) は、現在はサービスでサポートされていません。 このような試みに対してはネットワークがブロックされます。 サポート対象およびサポート非対象の R パッケージの一覧は、「Power BI サービスの R パッケージ」を参照してください。

  • 新しい R パッケージの組み込みに関する承認プロセスには、依存関係のツリーがあります。サービスにインストールするために必要な一部の依存関係はサポートできません。

サポートされているパッケージ:

サポート対象の R パッケージの長い一覧 (およびサポート非対象のパッケージの短い一覧) は、次の記事を参照してください。