Power Appsのモデル駆動型アプリの統一インターフェイスについて

統一インターフェイスは、応答性を高める Web 設計原則を使用して、すべての画面サイズ、デバイス、表示方向に最適な表示および操作エクスペリエンスを提供します。 新しい統一インターフェイスは、使用しているすべてのクライアントに豊富なエクスペリエンスを提供します。 ブラウザー、タブレット、電話のどれを使用している場合でも、同様のエクスペリエンスを体験できます。

詳細:

ブラウザーを使用して統一インターフェイス アプリにアクセスする

プロビジョニングが完了すると、インストールされている統一インターフェイスとレガシー Web アプリケーションにブラウザからアクセスできます。

注意

レガシ Web クライアントは非推奨です。新しい統一インターフェイスを使用するために、レガシ Web アプリの変換を計画する必要があります。 詳細: レガシ Web クライアントの使用が中止された

ブラウザの次の場所から統一インターフェイス アプリにアクセスできます :

  1. アプリ内ナビゲーション:

    アプリ内ナビゲーション。

  2. 設定マイ アプリ 内:

    マイ アプリ ページの統一インターフェイス アプリ。

電話やタブレット PC での統一インターフェイス アプリへのアクセス

統一インターフェイス アプリは、電話やタブレット PC でサポートされている唯一のアプリです。 ユーザーが自分の所属する組織にログインすると、アプリのランディング ページには統一インターフェイス アプリのみが表示されます。

     
電話で
統一インターフェイス電話アプリ
タブレット PC で
統一インターフェイス タブレット アプリ

統一インターフェイスにまだない機能

レガシー Web クライアントの一部の機能は、統一インターフェイスのハイブリッド エクスペリエンスで利用できます。 ハイブリッド エクスペリエンスを有効にすることにより、ブラウザー クライアント内で取得することができます。

統一インターフェイスでは利用できない以下の機能については、今後のリリースで対応予定です。

  • 詳細なグラフプロパティのカスタムスタイル (色および基本書式設定を除く)
  • 複合アドレス コントロール
  • 複合フルネーム コントロール
  • グローバル通知
  • 管理エクスペリエンス
  • 電話の編集可能グリッド
  • 学習パス
  • 検索での重複データ検出

統一インターフェイスの読み取り専用のエンティティ

統一インターフェイスで現在読み取り専用の特定のエンティティがあります。 ユーザーは、統一インターフェイス アプリ内でこれらのエンティティ レコードへの変更を行なえません。 将来のリリースでそれらを編集可能にするように取り組んでいます。

注意

一部のエンティティは削除されます。 詳細: 重要な変更 (非推奨) の予定

以下は、統一インターフェイスで現在読み取り専用のエンティティです。

  • KnowledgeArticleViews
  • KnowledgeBaseRecord
  • SharePointDocument
  • SharePointSite
  • SLA
  • SLAKPIInstance
  • テンプレート
  • 契約
  • 契約品目
  • 契約テンプレート
  • サポート案件の解決

標準またはカスタム エンティティが読み取り専用として表示される場合の回避策

次の手順に従って、すべての標準アクションを使用可能にし、エンティティを編集可能にします。

  1. アプリのナビゲーション バーで、設定 アイコンを選択して、詳細設定 を選択します。

    設定メニューの詳細設定オプション。

    ビジネス管理 ページが新しいタブで開きます。

  2. ナビゲーション バーで、設定を選択してから、カスタマイズを選択します。

    カスタマイズを選択します。

  3. カスタマイズ ページで システムのカスタマイズ を選択します。

  4. ソリューション エクスプローラーの コンポーネント で、エンティティ を展開して、読み取り専用として表示される特定のエンティティを選択します。

  5. 一般 タブの、Outlookとモバイル で、統合クライアントでは読み取り専用 チェックボックスをクリアします。

    統合クライアントでエンティティを読み取り専用にする設定。

  6. カスタマイズを保存し、公開します。

  7. 統一インターフェイス アプリで、ウィンドウを更新します。

関連項目

駆動型のアプリケーション構築のモデルの概要