Power Apps のエンタープライズ デプロイを管理する

Power Apps は Microsoft による生産性の高いアプリケーション開発プラットフォームです。 このプラットフォームは、マイクロソフトが独自のファースト パーティ アプリケーションである Dynamics 365 Sales、Service、Field Service、Marketing Talent を構築するために使用しています。 つまり、これらのアプリケーションはプラットフォーム上でネイティブに構築されます。 エンタープライズ顧客は、同じテクノロジを使用して独自のカスタム基幹業務アプリケーションを構築することもできます。 また、組織内の個々のユーザーおよびチームは、コードなしまたは低コードで個人またはチームの生産性アプリケーションを作成することもできます。

次のダウンロード可能なホワイトペーパーを参照してください: Power Apps のエンタープライズ デプロイを管理する

このホワイトペーパーは、 Power Apps プラットフォーム上に構築されたアプリケーションの計画、保護、導入、およびサポートを担当するエンタープライズ アプリケーションの管理者を対象としています。 このホワイトペーパーの目的は、現在の環境を把握し、アプリケーションの開発と導入を先取りしてに計画する方法および、導入を管理するための日常的な管理タスクを処理する方法を理解を容易にすることです。 このホワイトペーパーでは、主要な概念、プラットフォームアーキテクチャ、および必要な決定事項について説明します。 可能な場合は、プラットフォームを使用するユーザーに向けて、導入を成功させ、高い生産性を確保するためのベストプラクティスの開発を支援します。

Power Apps プラットフォームは、Microsoft Dataverse とデータ コネクターの共通インフラを活用した、Power BI と Power Automate を含む大規模な Microsoft Power Platform の一部です。 これらの機能は、Microsoft Azure クラウドサービスに基づいて構築され、活用されています。 Power Apps プラットフォーム上に構築されたアプリケーションには、個々の生産性から企業のミッション クリティカルな基幹業務アプリケーションまで拡張できる Azure クラウド サービスも含まれています。

Microsoft Power Platform

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。