プログラム可能性と拡張性の概要 (プレビュー)

[この記事はプレリリース ドキュメントであり、変更されることがあります。]

Microsoft Power Platform 管理者は、多くの場合、テナントの日常的なアクティビティをオーケストレーションおよび自動化する必要があります。 これは、以下に示すツールを使用してさまざまな方法で実行できます。

重要

  • これはプレビュー機能です。
  • プレビュー機能は運用環境での使用を想定しておらず、機能が制限されている可能性があります。 これらの機能を公式リリースの前に使用できるようにすることで、顧客が一足先にアクセスし、そこからフィードバックを得ることができます。
  • この機能は、地域ごとに段階的に展開されており、あなたの地域ではまだ利用できない可能性があります。

注意

プログラミング ツールは現在 API ファーストで開発されています。つまり、新しいプロパティと機能は、使用可能になった最新の API バージョンで最初に公開されます。 これらは、後で Power Platform CLI、PowerShell コマンドレットとコネクタの更新に組み込まれます。 将来的には、これは利用可能なすべてのツール間で自動的に同期されるようになります。

顧客管理プレーンと顧客データ プレーン

これまで、Power Platform 管理者は、プラットフォーム内でテナントとそのリソースの管理に異なる API を使用してきました。 これには、環境を管理するための API、Power Apps を管理するための別の API、さらに Power Automate フローを管理するための別の API が含まれていました。 Power Platform API を使用することで、Microsoft はリソースを収集して調整し、最終的に顧客がこれらのリソースを管理できる単一の API サーフェス提供しています。

顧客管理プレーンは、テナント レベルのリソースと環境が表面化される場所です。 これには、環境の作成 (Dataverse の有無に関わらず)、従量課金制の請求ポリシーの管理、消費キャパシティに関するクエリとレポートなど操作が含まれます。 これらの機能はすべて Power Platform API で表面化され、その他の機能が定期的に追加されます。

顧客データ プレーンは、環境データベース内に格納されているデータやレコードを操作するためのものです。 このデータベースは、最も一般的に Microsoft Dataverse と呼ばれ、独自のリッチな OData ベースの APIが含まれます。 Dataverse API を使用した操作には、テーブルからのデータの取得、関数とアクションの使用、およびバッチ操作の実行が含まれます。

最終的に、顧客は、管理プレーン用とデータ プレーン用の 2 つの主要な API を使用できるようになります。 このドキュメントは、Power Platform API として利用できる管理プレーンと、それを利用するツール専用です。

使用可能なツール

管理者は、いくつかのプログラマビリティ ツールを利用できます。 これらは徐々に複雑さを増し、機能も向上します。 時間の経過とともに、さまざまなプログラミング言語で利用できるライブラリが増えるでしょう。 最新の更新プログラムについては、リリース計画を参照してください。

Power Platform for Admins 管理コネクタ

自動化に慣れていない場合は、コネクタを使用するのが最も簡単です。 Power Automate に基づくグラフィカル ワークフロー エディタを使用すると、管理者は定型的なタスクをすばやく実装できます。 詳細については、Power Platform for Admins 管理コネクタの使用を開始するを参照してください。

Power Platform CLI

Microsoft Power Platform CLI は、開発者と ISV が、Microsoft Power Platform で環境ライフサイクル、認証関連のさまざまな操作を実行して、Microsoft Dataverse 環境、ソリューション パッケージ、ポータル、コード コンポーネントなどと作業できる、シンプルなワンストップ開発者 CLI です。

PowerShell コマンドレット

PowerShell は、世界中の組織で一般的な自動化ツールです。 詳細については、Power Platform 管理者向けの PowerShell の使用を開始するを参照してください。

Power Platform API

使用可能な最も高度なツールであり、Power Platform 管理センターで可能なものと完全に同等です。 詳細については、Power Platform API の使用を開始するを参照してください。

次の手順

選択するツールに関係なく、開始するには次の記事を確認することをお勧めします。