リージョンの概要

従業員および顧客が世界中に分布している多国籍企業の場合、グローバル地域に固有の 環境を作成および管理できます。 あなたのテナントが存在する場所とは別の地域に、環境を作成できます。 ローカル環境は、そのリージョンのユーザーのデータにすばやくアクセスできます。 複数の環境の展開 を読んでして、複数環境の機能を理解してください。

どのようにアプリの展開先を調べますか。

アプリは、その環境をホストする地域で実行されます。 たとえば、環境がヨーロッパ地域で作成されると、アプリはデータ センターで展開されます。

Power Platform 管理センターを使用する

自身が管理者である場合、Power Platform 管理センターの各環境の地域で実行できます。

  • [管理センター] を参照し、管理者アカウントを使用してサインインします。

    左側のメニューから、環境 を選択します。

    環境ページ

Power Apps 管理センターを使用する

自身が管理者である場合、Power Apps 管理センターの各環境のリージョンでも実行できます。

  • [管理センター] を参照し、管理者アカウントを使用してサインインします。

    管理センターでは、既存のすべての環境が 環境 タブにリストされます。

    環境タブ

どの地域が有効ですか。

  • アジア
  • オーストラリア
  • カナダ
  • ヨーロッパ
  • フランス
  • インド
  • 日本
  • 南米
  • 英国
  • 米国
  • 米国の政府機関 (GCC)

これらの領域でだれが環境を作成できますか。

Power Apps を使用し、これらの方法で業務に利益をもらたすさまざまな領域で環境を作成できます:

  • ユーザーに近いデータを保存
  • 地理条件のコンプライアンス要求を維持

Azure Active Directory (Azure AD) テナントが別の地域だとしても (たとえば、カナダやヨーロッパ)、1 つの地域で環境のデータベースを作成できます (たとえば、米国)。 以下に注意します。

  • Azure AD テナントがインドおよびオーストラリアに無い場合、税法においてインドおよびオーストラリアの環境用データベースは、作成できないようにします。 オーストラリアでは、例外が発生することがあります。
  • Azure AD の場所に関係なく、プレビュー (米国) 地域の環境を作成できますが、地域のデータベースをプロビジョニングできません。
  • 米国政府関連組織のみ米国政府 (GCC) の環境を作成できます。
Azure AD テナントのホーム場所 テンプレートの作成地域
インド オーストラリアとプレビュー (米国) 以外の地域
オーストラリア インドとプレビュー (米国) 以外の地域
その他の場所 インド、オーストラリアおよびプレビュー (米国) 以外の地域

特定地域に特定の機能は何ですか。

環境はさまざまな地域で作成でき、地理的場所にバインドされます。 環境でアプリを作成するとき、そのアプリは地理的場所のデータセンターに展開されます。 これには、Common Data Service のデータベース、アプリ、接続、ゲートウェイおよびカスタム コネクタを含む環境で作成するどんな項目にも適用します。

最良のパフォーマンスのために、ユーザーがヨーロッパにいる場合は、ヨーロッパ地域で環境を作成し使用します。 米国にユーザーがいる場合は、米国のユーザー環境を作成し使用します。

注意

オンプレミス データ ゲートウェイは、インドの地域またはカスタム環境では使用できません。 既定環境でゲートウェイを作成する必要があります。

自分のテナント地域外の環境を作成できますか。

現在、テナント地域と異なる地域の環境の作成には制限があります。 取引先企業の マネージャーまたは技術サポート へ問い合わせてください。