Power Apps での Distinct 関数

テーブルレコード を要約し、重複を削除します。

内容

Distinct 関数は、テーブルの各レコードにわたって数式を評価し、重複する値が削除された結果の 1 列のテーブルを返します。 列の名前は、Result です。

現在処理されているレコードのフィールドは、この数式内で使用できます。 ThisRecord 演算子を使用するか、他の値を参照するのと同様に名前でフィールドを参照します。 As 演算子を使用して処理対象のレコードを指定することもできます。そうすると数式がわかりやすくなり、入れ子になったレコードにアクセスしやすくなります。 詳細については、以下の例と「レコードのスコープに関する作業」を参照してください。

データ ソースと共に使用する場合、この関数は委任できません。 データ ソースの最初の部分のみが取得され、その後にその関数が適用されます。 結果は完全なストーリーを表さない場合があります。 この制限が存在することを知らせ、可能であれば委任できる代替の選択肢に切り替えるように提案する警告が、作成時に表示される場合があります。 詳しくは、「委任の概要」を参照してください。

構文

Distinct( Table, Formula )

  • Table - 必須。 全体を評価するテーブル。
  • Formula - 必須。 各レコードについて評価する数式。

  1. Button コントロールを挿入し、OnSelect プロパティに次の数式を設定します。

    ClearCollect( CityPopulations,
        { City: "London",    Country: "United Kingdom", Population: 8615000 },
        { City: "Berlin",    Country: "Germany",        Population: 3562000 },
        { City: "Madrid",    Country: "Spain",          Population: 3165000 },
        { City: "Hamburg",   Country: "Germany",        Population: 1760000 },
        { City: "Barcelona", Country: "Spain",          Population: 1602000 },
        { City: "Munich",    Country: "Germany",        Population: 1494000 }
    );
    
  2. Alt キーを押しながら、ボタンを選択します。

    数式が評価され、数式バーで CityPopulations を選択して表示される CityPopulations が作成されます。

    結果ビューに表示される CityPopulations コレクション

  3. Data table コントロールを挿入し、その Items プロパティを次の数式に設定します。

    Distinct( CityPopulations, Country )
    

    数式の全体を選択すると、この数式の結果が数式バーに表示されます。

    結果ビューに表示される Distinct 関数からの出力

  4. データ テーブルのプロパティ ペインで、フィールドの編集 リンクを使用し、結果 列を追加します。

    データ テーブルに表示される Distinct 関数からの出力

  5. Label コントロールを挿入し、その Text プロパティを次の数式に設定します。

    First( Sort( Distinct( CityPopulations, Country ), Result ) ).Result
    

    この数式は、Sort 関数を使用して Distinct からの結果を並べ替え、First 関数を使用して結果テーブルから最初のレコードを取り出し、結果 フィールドを解凍して国名のみを取得します。

    最初の国を名前で表示する Distinct 関数からの出力

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。