列の選択と削除

列の選択****と列 の削除は、テーブルに保持する必要がある列と削除する必要がある列を定義するのに役立つ操作です。 この記事では、両方の操作で次のサンプルテーブルを使用して、[列の選択] コマンドと [列の削除] コマンドを使用する方法について説明します。

日付、製品、営業担当者、ユニット、GUID、および作成されたレポートの列を含む 3 行のデータを含むサンプル テーブル。

目標は、次の図のようなテーブルを作成します。

日付、製品、販売担当者、および単位の列を含む 3 行のデータを含む最終テーブル。

列の選択

[ホーム] タブの [列の管理 ] グループで 、[列の選択] を選択します

[列] コマンドを選択します。

[ 列の選択 ] ダイアログ ボックスが表示され、テーブルで使用可能なすべての列が表示されます。 特定のフィールドを保持および削除するフィールドはすべて、関連付けられているチェック ボックスをオフにすることで選択できます。 この例では、列によって作成された GUIDレポート を削除して、これらのフィールドのチェック ボックスをオフにします。

[列の選択] ダイアログ ボックス。

[OK]を選択 した後は、日付、製品 、SalesPerson、 および Units 列のみを含むテーブルを 作成 します。

GUID と列によって作成されたレポートが削除された最終テーブル。

列の削除

[ホーム] タブ から [列の 削除 ] を選択 すると、次の 2 つのオプションがあります。

  • 列の削除: 選択した列を削除します。
  • 他の列を 削除する: 選択した列を 除くすべての 列をテーブルから削除します。

[列の削除] メニュー オプション。

選択した列を削除する

サンプル テーブルから 、GUID 列とレポート作成列 を選択 します。 右クリックして、列見出しを選択します。 新しいショートカット メニューが表示され、[列の削除] コマンド を選択 できます。

テーブル列のショートカット メニュー。

[列の 削除] を 選択した後は、日付製品**、SalesPerson、** および Units 列のみを含むテーブルを 作成 します。

選択した GUID と列によって作成されたレポートが削除された最終テーブル。

他の列の削除

サンプル テーブルから 、GUID とレポート作成を除くテーブルからすべての列 を選択します。 [ホーム]タブで、[ 列の削除]を選択し、 > 他の列を削除します

他の列の削除コマンド。

[他の 列の削除] を選択した後は、日付製品**、SalesPerson、** および Units 列のみを含むテーブルを 作成 します。

選択されていない GUID と列によって作成されたレポートが削除された最終テーブル。