重複する値の処理

データから重複を削除したり、重複のみを表示するようにデータをフィルター処理したりできる変換を使用して、重複する一連の値を処理して、その値に集中することができます。

警告

Power Query では大文字と小文字が区別されます。 重複する値を処理するときに、Power Query では、テキストの大文字と小文字が考慮されるため、望ましくない結果になる可能性があります。 回避策として、ユーザーは重複を削除する前に大文字または小文字の変換を適用できます。

この記事の例では、 [ID][カテゴリ][合計] の列を含む次のテーブルを使用します。

Initial sample table.

重複を削除する

実行できる操作の 1 つは、重複する値をテーブルから削除するというものです。

  1. 重複する値を含む列を選択します。

  2. [ホーム] タブに移動します。

  3. [行の削減] グループで、 [行の削除] を選択します。

  4. ドロップダウン メニューから、 [重複の削除] を選択します。

    Remove duplicates.

警告

重複を削除するときに、一連の重複の最初のインスタンスが選択されるという保証はありません。 並べ替えを保持する方法の詳細については、「並べ替 えを保持する」を参照してください。

複数の列から重複を削除する

この例では、テーブルのすべての列を使用して、重複を特定して削除します。

Initial table with duplicates in multiple columns.

重複する行が 4 つあります。 目標は、これらの重複する行を削除して、テーブル内に一意の行だけが含まれるようにすることです。 テーブルからすべての列を選択し、 [重複の削除] を選択します。

この操作の結果、求めているテーブルが得られます。

Final table with duplicates removed from all columns.

注意

この操作は、列のサブセットを使用して実行することもできます。

1 つの列から重複を削除する

この例では、テーブルの [カテゴリ] 列だけを使用して、重複を特定して削除します。

Initial table with duplicates in the Category column.

これらの重複を削除して、一意の値のみを保持します。 [カテゴリ] 列から重複を削除するには、その列を選択し、 [重複の削除] を選択します。

この操作の結果、求めているテーブルが得られます。

Final table with duplicates removed from the Category column.

重複を保持する

重複に対して実行できるもう 1 つの操作は、テーブルで見つかった重複のみを保持するというものです。

  1. 重複する値を含む列を選択します。

  2. [ホーム] タブに移動します。

  3. [行の削減] グループで、 [行の保持] を選択します。

  4. ドロップダウン メニューから、 [重複の保持] を選択します。

    Keep duplicates.

複数の列の重複を保持する

この例では、テーブルのすべての列を使用して、重複を特定して保持します。

Initial table for keeping duplicates from multiple columns.

重複する行が 4 つあります。 この例の目標は、テーブルで重複している行のみを保持することです。 テーブルのすべての列を選択し、 [重複の保持] を選択します。

この操作の結果、求めているテーブルが得られます。

Final table with only duplicated rows from multiple columns.

1 つの列の重複を保持する

この例では、テーブルの [ID] 列だけを使用して、重複を特定して保持します。

Initial table for keeping duplicates from a single column.

この例では、重複が複数あり、それらの重複のみをテーブルに保持します。 [ID] 列の重複を保持するには、 [ID] 列を選択し、 [重複の保持] を選択します。

この操作の結果、求めているテーブルが得られます。

Final table with only duplicated rows from a single column.

関連項目

データ プロファイリング ツール