Power Virtual Agents ボットをテストする

Power Virtual Agents でボットを設計するときは、ボットをテストする ウィンドウを使用して、ボットがボットの会話を通じて顧客をどのように導くかを確認できます。

予期しない動作を見つけて修正するために、トピック間の追跡を有効にして、ボットの会話を段階的に解説し、キャンバス作成の対応するノードに移動することができます。

前提条件

ボットをテストするのウィンドウでトピックをテストする

  1. ボットをテストする のウィンドウが非表示になっている場合、ボットのテスト を選択して開きます。

    [ボットのテスト] ボタンがサイド ナビゲーション ペインの下部に表示されます。

  2. 以前の会話をクリアするには、ボットのテスト ペインの上部にある リセット を選択することをお勧めします。 以前の会話をクリアすると、以前の会話に惑わされないため、見たいトピックのフローを確認しやすくなります。

    [ボットのテスト] ペインの上部にある [リセット] をクリックして、会話の履歴をクリアします。

  3. ボットのテスト ペインの下部にある メッセージの入力 プロンプトで、トピックのトリガー フレーズを入力します。

    トリガー フレーズはトピックの会話を開始し、ボットをテストする ウィンドウに指定したボット応答およびユーザー応答の選択肢が表示されます。

  4. 会話を続行し、トピックで設計 されているとおりに流れることをテストします。

  5. ボットをテストする ウィンドウで応答を選択し、そのトピックの会話エディターの応答に移動します。 作成キャンバスには強調表示されているノードが緑色で表示されます。

会話内の応答を選択すると、その応答に対して強調表示された作成キャンバスが表示されます。

トピックの作成キャンバスに戻り、いつでも会話パスを変更できます。 トピックへの変更を保存すると、チャットをテストする ウィンドウは自動的に更新されます。

トピックの会話パスを追跡する

ボットを微調整するときにトピック間の追跡を有効にすると、会話パスを段階的にたどることができます。

  1. ボットをテストする ウィンドウの上部の、トピック間の追跡オン に設定します。

    [ボットのテスト] パネルの上部にある [トピック間の追跡] トグルを切り替えます。

  2. 確認するトピックのトリガー フレーズを入力して、会話のテストを続けます。

  3. ボットのテスト ペインで会話を移動すると、作成キャンバスで会話パスの現在の位置が強調表示されます。 作成キャンバスには強調表示されているノードが緑色で表示されます。

  4. 作成キャンバスで会話パスの前の場所に移動するには、ボットのテスト ペインでその場所を選択します。

ボットのテスト ペインで会話パスがトピック間を移動すると、作成キャンバスが最新の情報に更新されて、トピック間を適切に強調表示されたノードまで移動します。