デモ Web サイトを構成してボットをライブ Web サイトに追加

ボットを Web に公開する場合、事前構築済みの (チームメートおよび関係者とボットを共有するために使用できる) デモ Web サイト、および独自のライブ Web サイトに公開できます。

ヒント

いつデモ Web サイトを使用し、いつ独自の Web サイトを使用する必要がありますか?
デモ Web サイトは、ボットを試して、ボットを試してみたいチームメートまたは他の関係者と共有するためにのみ使用する必要があります。 運用環境での使用を意図しておらず、たとえば、顧客に直接使用することはしないでください。
顧客が対話するためのヘルプ Web ページのヘルプ ボットなど、生産シナリオでは、ライブ Web サイトでボットを公開および使用する必要があります。

前提条件

デモ Web サイト

デモ Web サイトのウェルカム メッセージおよび提案されたトリガー フレーズを編集できます。 これは、ボットに何を尋ねるべきかをチームメートに促すのに役立ちます。

ヒント

テストの意図または目的を説明するためウェルカム メッセージを変更することができ、それは何回でも変更できます。 したがって、営業時間に関連する会話をテストするように求めるウェルカム メッセージを作成し、次にボットを更新した後、ウェルカム メッセージを変更して、テスターにギフト カードに関連する会話を試すように依頼できます。

デモ Web サイトを更新する:

  1. サイド ナビゲーション ウィンドウで管理を選択し、次にチャネル タブに移動します。

  2. デモ Web サイト タイルを選択します。

  3. ウェルカム メッセージ テキスト フィールドに、ボットの横に表示したいウェルカム メッセージを入力します。

  4. 推奨されるトリガー フレーズの一覧を、会話のスタータ テキスト フィールドに入力します。 トリガー フレーズは特定のトピックを開始するものであるため、チームメートに試してもらいたい特定のトピックにこれらをカスタマイズできます。

    デモ Web サイトを共有する

デモ Web サイトのリンクを共有するには、デモ Web サイトの URL をコピーして、チームメートと直接共有するだけです。

カスタム Web サイト

ボットを IFrame としてライブ Web サイトに追加できます。 ライブ Web サイトは、顧客向けの外部 Web サイト、または SharePoint または Yammer サイトのような内部サイトである場合があります。

ボットを Power Apps 管理センターに追加することもできます。

ボットを Web サイトに追加する:

  1. サイド ナビゲーション ウィンドウで、管理を選択してから、チャネル タブに移動します。

  2. カスタム Web サイトを選択し、次にコピーを選択してクリップボードに直接コピーするか、またはメールで共有して、既存のメール アプリでスニペットが含まれた新しいメール メッセージを開きます。

    ボットをカスタム Web サイトに追加する

  3. スニペットを Web 開発者に提供して、ボットを Web サイトに追加します。

ボットを Power Apps に追加する:

  1. Power Virtual Agents ポータルで、サイド ナビゲーション ウィンドウの管理を選択し、次にチャネル タブに移動します。

  2. カスタム Web サイトを選択し、次に IFframe スニペットの URL のみをコピーしますが、これは src="<URL>" で定義される URL です。

    src URL のみを選択する

  3. Power Apps ポータル スタジオに移動して、サイド ナビゲーション ウィンドウでコンポーネントを、次に IFrame を選択して IFrame コンポーネント をアプリに追加します。

    IFrame を Power Apps に追加する

  4. IFrame スニペットからコピーした URL を IFrame コンポーネントのリンク フィールドに貼り付けます。 および高さフィールドを調整して、会話ウィンドウのサイズを調整することができます。

    ボット IFrame を Power Apps に追加する

  5. 右上隅にある Web サイトを閲覧するをクリックしてボットと対話できます。

    ボット IFrame を Power Apps に追加する