Power Virtual Agents 試用版にサインアップ

この記事では、個人として Power Virtual Agents にサインアップする方法について説明します。 管理者の場合は、ユーザー ライセンスの割り当てとPower Virtual Agentsへのアクセス管理 を参照してください。

以下の手順に従って、Power Virtual Agents 試用版にサインアップします。 プロセスを完了した後、Power Virtual Agents を使用してボットを作成して公開することができます。

  1. サインアップ ページ に移動します。

  2. メール アドレスを入力してから、サインアップ を選択します。

サインアップ ポータルを始めましょう

次に、Power Virtual Agents サインイン ページが表示され、アカウントの使用を開始できます。

前提条件

試用期限

試用期限通知

サインアップ プロセスが完了した後、期間限定の無料試用版 Power Virtual Agents が始まります。 試用期間が終了したことを知らせる通知が表示され、電子メールを受信します。 試用期間の終了時に、試用期間を 30 日間延長することができます。

無効なライセンスのページ。 試用の延長

注意

試用期間が終了した後、ボットは最大 90 日間動作し続けるので、正確な有効期限の時間の延長を心配する必要はありません。

サインアップ プロセスのトラブルシューティング

ほとんどの場合、この記事の手順を使用して、Power Virtual Agents にサインアップできます。 問題によっては、サインアップできない場合があるかもしれません。

個人用電子メール アドレス

個人の電子メール アドレスを使用して Power Virtual Agents にサインアップすることはできません。 サインアップを完了するには、職場または学校のアカウントを使用する必要があります。

セルフサービス サインアップの無効

サインアップを完了できなかったことを通知するメッセージが表示されたら、組織の IT 管理者が Power Virtual Agents のセルフサービス サインアップを無効にしています。 サインアップを完了するには、IT 管理者に問い合わせて、サインアップを有効にする の指示に従うよう依頼してください。

申し訳ありませんが、サインアップを完了できませんという内容のメッセージが表示され、ウイルスがサインアップを無効にします