Power Virtual Agents の Dataverse for Teams 環境のアップグレード

ユーザーが Power Virtual Agents for Teams アプリを使用して Microsoft Teams でボットを作成すると、顧客が選択した Dataverse for Teams の環境が作成されます。 Dataverse for Teams の詳細

Dataverse for Teams 環境のアップグレード

テナント管理者は、Dataverse for Teams 環境をアップグレードし、完全な機能を利用できます (Dataverse for Teams 環境と Dataverse 環境のこの比較を参照)。 環境のアップグレードは、たとえば、Dataverse for Teams 容量制限に到達している場合に役立ちます。

管理者は、Power Platform 管理センターからアップグレード プロセスを開始できます。 Dataverse 環境のアップグレードの詳細については、Dataverse for Teams 環境 - アップグレード プロセス トピックを参照してください。

Power Virtual Agents での環境のアップグレードによる影響

環境がアップグレードされている間、ユーザーはその環境でボットを編集または作成することはできません。 ユーザーは、Power Virtual Agents for Teams アプリでアップグレードについて通知され、環境内でボットを作成または編集することはブロックされます。

後で再試行してください - このチームはアップグレード中です、というメッセージが表示された、Teams 内の Power Virtual Agent アプリのスクリーンショット。

アップグレード中に、ユーザーがボットとチャットしようとすると問題が発生します。 予定ダウンタイムを計画するか、ユーザーに通知する必要があります。

環境が正常にアップグレードされた後、ユーザーは引き続き Power Virtual Agents for Teams アプリでボットを編集できます。

ユーザーは、https://web.powerva.microsoft.com の Power Virtual Agents Web アプリでボットを編集することを選択することもできます。

アップグレードされた環境は、チャットボット タブの環境リストの名前の横にひし形のアイコンで表示されます。

アップグレード環境のボットのリストがあり、環境名の横にひし形のアイコンが表示されている、Teams 内の Power Virtual Agents アプリのスクリーンショット。

注意

Power Virtual Agents Web アプリにアクセスするには、ユーザーにはスタンドアロン PVA ライセンスまたは個人用トライアルが必要です。

アップグレード後、ボットは何もしなくてもアップグレード前と同じように動作し続けます。

環境をアップグレードした後、ボットの作成者が他の作成者とボットを共有したい場合は、環境が作成されたチームのチーム所有者として作成者を追加する必要があります。 Power Platform 管理センターで チーム所有者 セキュリティ グループが環境から削除された場合、作成者をチーム所有者として追加することはできません。 このバグは今後のアップデートで解決され、現在標準 Dataverse 環境でできるようにボットを共同作成者と共有することができるようになります。

重要

アップグレード後、対象のセッションは、プレミアム コネクタ、Microsoft Teams 以外のチャネル、Azure Framework 拡張などのプレミアム機能を利用していなくても、請求済対象と見なされます。 詳細については、ライセンス ガイドを参照してください。