PowerApps から Excel へのイメージの追加Add images to Excel from PowerApps

ユーザーがファイルのイメージを表示、追加、または削除したり、ペン コントロールを使用して描画したりできるアプリを自動的に作成します。Create an app automatically in which users can show, add, or delete images from files or drawings from a Pen control. アプリは、作成してクラウド ストレージ アカウントにアップロードする Excel ファイルに基づきます。The app is based on an Excel file that you create and upload to a cloud-storage account.

前提条件Prerequisites

データ ソースとアプリの作成Create the data source and the app

  1. Excel で、隣接しており、2 つの空のセルのすぐ上にある 2 つのセル (A1 と B1 など) にキャプションイメージ [image] を追加します。In Excel, add Caption and Image [image] to any two cells that are side by side (for example, A1 and B1) and that are just above two empty cells.
  2. 更新したセルと、そのセルのすぐ下にあるセルをテーブルとして書式設定し、そのテーブルに名前 (Images など) を付けます。Format the cells that you updated and the cells just below them as a table, and name the table (for example, Images).

    テーブルの作成

  3. ファイル (ImageDemo など) を保存し、クラウド ストレージ アカウントにアップロードします。Save the file (for example, as ImageDemo), and upload it to your cloud-storage account.
  4. PowerApps で、(アプリをまだ開いていない場合は左端にある) [ファイル] メニューの [新規] をクリックまたはタップし、クラウド ストレージ アカウントのタイルの [携帯電話レイアウト] をクリックまたはタップします。In PowerApps, click or tap New on the File menu (along the left edge if you haven't yet opened an app), and then click or tap Phone layout in the tile for your cloud-storage account.

    クラウド ストレージ アカウントの選択

  5. [Excel ファイルの選択] で、作成したファイルをクリックまたはタップします。Under Choose an Excel file, click or tap the file that you created.

    ブックの選択

  6. [テーブルの選択] で、作成したテーブルをクリックまたはタップし、[接続] をクリックまたはタップします。Under Choose a table, click or tap the table that you created, and then click or tap Connect.

    テーブルの選択

  7. PowerApps のインストールまたはアップグレードのみを行った場合は、クイック ツアーを開始するか、[スキップ] をクリックまたはタップします。If you just installed or upgraded PowerApps, take the quick tour, or click or tap Skip.

    クイック ツアーの最初の画面

ファイルからのイメージの追加Add an image from a file

  1. F5 キーを押して (または右上隅の再生ボタンをクリックまたはタップして) プレビュー モードを開始し、右上隅のプラス記号のアイコンをクリックまたはタップします。Open Preview mode by pressing F5 (or by clicking or tapping the play button near the upper-right corner), and then click or tap the plus icon in the upper-right corner.

    プラス記号のアイコン

  2. [キャプション] ボックスに、追加するイメージ ファイルの簡単な説明を入力または貼り付け、その下をクリックまたはタップしてファイルを指定します。In the Caption box, type or paste a short description of the image file that you want to add, and then click or tap below it to specify the file.
  3. [開く] ダイアログ ボックスで、追加するファイルを参照し、そのファイルをクリックまたはタップして [開く] をクリックまたはタップします。In the Open dialog box, browse to the file that you want to add, click or tap it, and then click or tap Open.

    キャプションとイメージの追加

  4. 右上隅にあるチェックマーク アイコンをクリックまたはタップして、変更を保存します。Click or tap the checkmark icon in the upper-right corner to save your changes.

    変更を保存

  5. 最後の 3 つの手順を繰り返して必要な数のイメージを追加し、Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。Add as many images as you want by repeating the last three steps, and then press Esc to return to the default workspace.
  6. (省略可能) 各イメージのキャプションを示すラベル コントロールのいずれかを削除します。(optional) Delete either Label control that shows the caption for each image.

描画の追加Add a drawing

  1. 左側のナビゲーション バーで EditScreen1 をクリックまたはタップして表示し、イメージ カードをクリックまたはタップして選択します。Show EditScreen1 by clicking or tapping it in the left navigation bar, and then click or tap the image card to select it.

    イメージ カードの選択

  2. 右側のウィンドウで、イメージ カードのカード セレクターをクリックまたはタップし、[メモの追加] をクリックまたはタップします。In the right-hand pane, click or tap the card selector for the image card, and then click or tap Add Notes.

    メモの追加

  3. 左側のナビゲーション バーで BrowseScreen1 をクリックまたはタップして表示し、プレビュー モードを開始します。Show BrowseScreen1 by clicking or tapping it in the left navigation bar, and then open Preview mode.
  4. 右上隅にあるプラス記号のアイコンをクリックまたはタップし、キャプションを追加して、ペン コントロールでイメージを描画します。Click or tap the plus icon in the upper-right corner, add a caption, and draw an image in the Pen control.

    図の描画

  5. 右上隅にあるチェックマーク アイコンをクリックまたはタップして、変更を保存します。Click or tap the checkmark icon in the upper-right corner to save your changes.

    変更を保存

  6. 最後の 2 つの手順を繰り返して必要な数の描画を追加し、Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。Add as many drawings as you want by repeating the last two steps, and then press Esc to return to the default workspace.