PowerApps でプル通知を送信するSend a pull notification in PowerApps

プッシュ通知は、主にアプリのユーザーに注意を促したり、ユーザーが重要なタスクを優先したりできるようにするため、コンシューマー向けおよびビジネス向けのシナリオにおいてデスクトップ アプリで使用されます。Push notifications are used in decktop apps for consumer and business scenarios primarily to engage app users and help them prioritize key tasks. PowerApps では PowerApps Notification コネクタを使用して通知を送信できます。In PowerApps, you can send notifications by using the PowerApps Notification connector. PowerApps で作成したすべてのアプリに、ネイティブのプッシュ通知を送信できます。You can send native push notifications to any app that you create in PowerApps. 通知の種類は今後追加される予定です。We plan to add more notification types in the future.

プッシュ通知の外観の例

次のような場合に、アプリにプッシュ通知を追加します。Add a push notification to your app if:

  • ユーザーがすぐに情報を知る必要がある。Your users need to know information immediately.
  • 事前に読み込まれたコンテキストで、アプリを使用してユーザーが重要なタスクを完了する必要がある。Your users must complete important tasks by using your app, in a preloaded context.
  • 一定の間隔でユーザーに注意を促す必要がある、またはユーザーが特定のコンテキストでアプリを起動する必要がある。You want to engage your users on a specific interval, or you need users to enter the app in a specific context.

注意

プッシュ通知を受信するには、各ユーザーが PowerApps Mobile でアプリを一度開いているか、Dynamics 365 の AppSource からアプリを取得している必要があります。To receive push notifications, each user must have opened the app in PowerApps Mobile once or gotten the app from AppSource in Dynamics 365.

開始する前にBefore you start

[共同作成者] のアクセス許可を持つアプリで、PowerApps Notification の接続を追加します。In an app for which you have the Contributor permission, add a PowerApps Notification connection. まだアプリを持っていない場合は、すぐにテンプレートから作成できます。既定では、必要なアクセス許可が与えられます。If you don't already have an app, you can quickly create one from a template, and you'll have the required permission by default. そのチュートリアルとこのページでは、ケース管理のテンプレートに基づいたアプリを使用します。That tutorial and this one use an app based on the Case Management template.

フローから通知を送信するSend a notification from a flow

注意

フローからプッシュ通知をトリガーする場合、現在一度に通知を送信できるのは 1 ユーザーまたは 1 セキュリティ グループのみです。If you trigger a push notification from a flow, you can send the notification to only one user or security group at a time currently.

  1. Microsoft Flow で、プッシュ通知が送信されるタイミングを指定するトリガーを作成します。In Microsoft Flow, create a trigger that specifies when the push notification is sent.

    たとえば、Common Data Service の [Case] エンティティにレコードが追加されたときに通知を送信するとします。For example, you might want to send a notification when a record is added to the Case entity in the Common Data Service.

    Common Data Service のトリガーによるフローの作成のスクリーンショット

  2. PowerApps Notification コネクタを使用してフローのアクションを作成し、通知を送信するアプリの [アプリ ID] を入力します。Create an action for the flow by using the PowerApps Notification connector, and enter the App ID of the app to which you want to send notifications.

    自分のシナリオが反映されるように、接続の名前を変更することもできます。You can also rename the connection to reflect your scenario.

    プッシュ通知を受信する PowerApps への接続の作成のスクリーン ショット

  3. (省略可能) アプリの起動時 (ユーザーによるプッシュ通知のタップ後) にアプリにパラメーターを渡します。(optional) Pass parameters to the app when it opens (after the user taps the push notification).

    この例では、選択した連絡先の [Case ID][Initial Owner] フィールドを渡します。In our example, we pass along the Case ID and Initial Owner fields for the selected contact.

    プッシュ通知に省略可能なパラメーターを渡しているスクリーン ショット

アプリから通知を送信するSend a notification from an app

プッシュ通知は別のアプリにも、同じアプリにも送信できます。You can send a push notification from one app to another or to the same app.

  1. PowerApps で、プッシュ通知を送信するアプリに移動します。In PowerApps, go to the app to which you want to send push notifications.
  2. [詳細] タブで、そのアプリの [アプリ ID] をコピーします。On the Details tab, copy the App ID of that app.

    アプリ ID を取得する

  3. [接続] タブに進み、PowerApps Notification コネクタへの接続を作成し、前の手順のアプリ ID に貼り付けます。On the Connections tab, create a connection to the PowerApps Notification connector, and paste in the app ID from the previous step.

    接続の作成

  4. トリガー アプリへの接続を追加します。Add the connection to the trigger app.

    この例では、トリガー アプリと同じアプリを使用します。In our example, we use the same app as the trigger app. ケースを再割り当てするユーザーは、新しいケース所有者にもプッシュ通知を送信します。The user who reassigns the case also triggers a push notification to the new case owner.

    接続の追加

  5. プッシュ通知の接続から、[SendPushNotification] メソッドを呼び出します。From the push notification connection, call the SendPushNotification method.

    この例では、フォームの OnSuccess プロパティを使用してこの通知をトリガーします。In our example, we trigger this notification by using the OnSuccess property in a form.

    PowerApps の数式

ユーザーが通知をタップしたときに、特定のページとコンテキストを読み込むLoad a specific page and context when a user taps the notification

パラメーターを渡すPass parameters

プッシュ通知で、アプリに特定のパラメーターを渡すことができます。Your push notification can pass specific parameters to the app. たとえば、[CaseID] の値を読み取るには、[Param("CaseID")] を使用します。For example, to read the CaseID value, use Param("CaseID"). このパラメーターをすばやく識別するには、ラベル コントロールをアプリに追加します。To quickly identify this parameter, add a Label control to your app. そのコントロールの Text プロパティを Param("CaseID") に設定します。Set the Text property of that control to Param("CaseID"). ユーザーが [すべてのアプリ] 一覧からアプリを開いた場合、値は空です。If the user opens the app from the All apps list, the value is empty. ユーザーがデバイス上の別の場所からアプリを開いた場合、値には [CaseID] の値が入力されます。If the user opens the app from another location on the device, the value is populated with the CaseID value.

スタート ページを設定するSet the start page

アプリの起動時に、たとえば [Case details](ケースの詳細) のページが開くように、アプリを設定することができます。You can set your app to open, for example, the Case details page as soon as the app opens:

  1. タイマー コントロールを追加し、その OnTimerEnd プロパティを次の数式に設定します。Add a Timer control, and set its OnTimerEnd property to this formula:
    Navigate(EditCase, ScreenTransition.None)Navigate(EditCase, ScreenTransition.None)
  2. (省略可能) Visible プロパティを false に設定して、タイマー コントロールを非表示にします。(optional) Hide the Timer control by setting its Visible property to false.
  3. 画面の OnVisible プロパティを Timer.Start() に設定します。Set the OnVisible property of the screen to Timer.Start().

ヒント

次のように、アプリで一意の通知用のスタート ページを作成することをお勧めします。It's a good idea to create a unique first page in the app for the notification:

  1. アプリがまだ開いていない空のページを作成し、テキスト入力コントロールを追加して、その timer.Duration の値を設定します。Create an empty page that your app doesn't already open, add a Text Input control, and set its timer.Duration value.
  2. アプリを作成するときは、タイマーの値を 0 以外に設定します。When you create the app, set the timer to a non-zero value. アプリを公開する準備ができたら、タイマーがすぐにトリガーされるように、値を 0 に設定します。When you're ready to publish the app, set the value to 0 to immediately trigger the timer.

構文Syntax

名前Name 説明Description
SendPushNotificationSendPushNotification 通知の接続設定に指定されたアプリに、プッシュ通知を送信します。Sends a push notification to the app that's specified in the connection settings for the notification.

パラメーターParameters

名前Name 種類Type 説明Description
recipientsrecipients 文字列配列、必須String array, required 以下の一覧:A list of:
  • ユーザーまたはセキュリティ グループの電子メール アドレスEmail addresses for users or security groups
  • Azure Active Directory のユーザーまたはセキュリティ グループのオブジェクト IDObject IDs for users or security groups in Azure Active Directory
messagemessage 文字列、必須String, required プッシュ通知のメッセージの本文。The message body of the push notification.
openAppopenApp ブール値、省略可能Boolean, optional ユーザーがプッシュ通知をタップしたときにアプリを開くかどうか。Whether to open the app when the user taps the push notification.
paramsparams パラメーター、省略可能Parameters, optional 通知に渡すキーと値のパラメーター。Key-value parameters to pass with the notification. 特定のページを開き、特定の状態を読み込むように、アプリでさらに処理することができます。These can be further processed in the app to open a specific page and load a specific state.

サンプルの数式Sample formulas

基本の通知を送信します。Send a basic notification.

PowerAppsNotification.SendPushNotification(
{
  recipients: [""f60ccf6f-7579-4f92-967c-2920473c966b", 72f988bf-86f1-41af-91ab-2d7cd011db47],
  message: "A new case was assigned to you."
 }
)

アプリを開き、特定のパラメーターを渡す通知を送信します。Send a notification that opens an app and passes along specific parameters.

PowerAppsNotification.SendPushNotification(
{
  recipients:["email1@contoso.com", "email2@contoso.com"],
  message:"message in the notif toast",
  params:Table({key:"notificationKey", value:"The value for notificationKey"}),
  openApp:true
 }
)

既知の制限Known limitations

  • 現時点では、通知は Windows Phone の PowerApps Mobile に表示されません。Currently, notifications aren't displayed on PowerApps Mobile for Windows Phone.
  • 現時点では、Web ブラウザーでのみアプリを実行するユーザーにはプッシュ通知を提供していません。Currently, we don't provide push notifications for users who run apps only in a web browser.
  • 通知には、特定のアプリ アイコンの代わりに汎用的な PowerApps アイコンが表示されます。Notifications show the generic PowerApps icon instead of a specific app icon.
  • Microsoft Flow を使用する場合、一度に 1 人の受信者にしかプッシュ通知を送信できせん。When you use Microsoft Flow, you can send a push notification to only one recipient at a time.

参照情報については、PowerApps 通知の参照に関するページを参照してください。For reference information, see PowerApps Notification reference.