API コネクタを開発する (PowerApps)Develop an API connector (PowerApps)

コネクタを作成するプロセスには、複数の手順が含まれています。Building a connector involves multiple steps. 最初に、PowerApps で、ページの右上隅にある [設定] ボタン (歯車のアイコン) をクリックするかタップします。To get started - in PowerApps, click or tap the Settings button (the gear icon) at the upper right of the page. 次に、[カスタム コネクタ] をクリックするかタップします。Then click or tap Custom Connectors.

API コネクタの検索

API を記述するDescribe your API

API コネクタは、HTTP API のインターフェイスを定義するための OpenAPI 標準を使用して記述します。API connectors are described using the OpenAPI standard for defining the interface of an HTTP API. 既存の OpenAPI ファイルを使用して作成を開始できます。または、Postman コレクションをインポートできます (OpenAPI ファイルは自動生成されます)。You can start building with an existing OpenAPI file, or you can import a Postman Collection, which auto-generates the OpenAPI file for you.

API 定義図

これらの API 記述のどちらから始めた場合でも、ウィザードのメタデータ フィールドは自動的に入力されます。If you start from either of these API descriptions, the metadata fields in the wizard are auto-populated. これらはいつでも編集できます。You can edit these at any time.

セキュリティを設定するBuild security

サービスでサポートされる認証の種類を選択し、ID がサービスとクライアント間を適切にフローできるようにするための詳詳細情報を指定します。Pick the authentication type supported by your service, and provide additional details to enable identity to flow appropriately between your service and any clients.

セキュリティ図

詳細については、コネクタのセキュリティに関するページを参照してください。Learn more about connector security.

トリガーとアクションを作成するBuild triggers and actions

  1. コネクタのトリガーとアクションを作成するには、[定義] タブに切り替えます。To build the triggers and actions for your connector, switch to the Definition tab.

    定義図

  2. ウィザードを使用して、新しい操作を追加するか、既存の操作のスキーマと応答を編集できます。Using the wizard, you can add new operations or edit the schema and response for existing ones. 各操作の [全般] のプロパティを使用して、コネクタのエンド ユーザー エクスペリエンスを制御できます。The General properties for each operation enable you to control the end-user experience for your connector. さまざまな種類の操作の詳細については、次のリンクを参照してください。Learn more about the different types of operations using the links below:

  3. 最後に、[コネクタの作成] をクリックするかタップして、API コネクタを登録します。Finally, click or tap Create connector to register the API connector.

ウィザードで利用できないその他の機能については、 condevhelp@microsoft.com にお問い合わせください。For additional features not available in the wizard, please contact condevhelp@microsoft.com.

コネクタをテストするTest the connector

送信する前に、1 つまたは複数の方法で、作成した API コネクタをテストします。Prior to submission, test your API connector in one or more ways:

  • API コネクタ テスト ウィザードを使用して、各操作を呼び出してその機能と応答スキーマを検証できます。Using the API connector Testing wizard, you can call each operation to verify its functionality and the response schema.
  • Microsoft Flow 用のデザイナーで、作成した API コネクタを使用して、フローを視覚的に構築できます。In the designer for Microsoft Flow, you can visually build flows using your API connector. このテスト方法では、コネクタのユーザー インターフェイス機能とその他の機能を視覚化できます。This method of testing gives you visibility into the user interface functionality and features of your connector.
  • PowerApps Studio で、数式バーを使用して各操作を呼び出し、応答を画面上のコントロールにバインドできます。In the PowerApps Studio, you can call each operation using the formula bar, and bind the response to controls on your screen.

このトピックでは概要を説明しました。詳細については、カスタム API の登録と使用に関するページを参照してください。This topic provides an overview; for more information, see Register and use a custom connector.