PowerApps から Oracle データベースへの接続Connect to an Oracle database from PowerApps

PowerApps で接続を作成すると、Oracle データベースのテーブルを一覧表示してテーブルの行の作成、読み取り、更新、削除を行い、アプリを作成することができます。List tables, and create, read, update and delete table rows in an Oracle database after you create a connection and build an app in PowerApps. Oracle データベースへの接続では、フィルター処理や並び替えなど、トリガーとストアド プロシージャを除く機能の完全委任がサポートされています。The Oracle Database connection supports full delegation of filtering, sorting, and other functions but not triggers or stored procedures.

前提条件Prerequisites

  • Oracle 9 以降Oracle 9 and later
  • Oracle クライアント ソフトウェア 8.1.7 以降Oracle client software 8.1.7 and later
  • オンプレミス データ ゲートウェイのインストールInstallation of an on-premises data gateway
  • Oracle クライアント SDK のインストールInstallation of the Oracle client SDK

オンプレミス データ ゲートウェイをインストールするInstall an on-premises data gateway

ゲートウェイをインストールするには、こちらのチュートリアルの手順に従います。To install a gateway, follow the steps in this tutorial.

オンプレミス データ ゲートウェイはブリッジとして機能し、オンプレミス データ (クラウド内に存在しないデータ) と Power BI、Microsoft Flow、Logic Apps、PowerApps の各サービス間でデータを素早く安全に転送することができます。An on-premises data gateway acts as a bridge, providing quick and secure data transfer between on-premises data (data that isn't in the cloud) and the Power BI, Microsoft Flow, Logic Apps, and PowerApps services. 複数のサービスやデータ ソースで、同一のゲートウェイを使用できます。You can use the same gateway with multiple services and multiple data sources. 詳細については、ゲートウェイの概要に関する記事を参照してください。For more information, see Understand gateways.

Oracle クライアントをインストールするInstall Oracle client

オンプレミス データ ゲートウェイと同じコンピューターに、64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) for Windows x64 をインストールします。On the same computer as the on-premises data gateway, install the 64-bit ODAC 12c Release 4 (12.1.0.2.4) for Windows x64. このインストールを行わないと、既知の問題の一覧で説明しているように、接続の作成時または使用時にエラーが発生します。Otherwise, an error will appear if you try to create or use the connection, as the list of known issues describes.

Oracle データベースのテーブルからアプリを作成するCreate an app from a table in an Oracle database

  1. PowerApps Studio の [File (ファイル)] メニュー (画面左側) の [New (新規)] をクリックまたはタップします。In PowerApps Studio, click or tap New on the File menu (near the left edge).

    [新規] オプション

  2. [データを使用して開始] の下にある矢印をクリックまたはタップします。Under Start with your data, click or tap the arrow.

    既にある接続の一覧が表示されます。A list of connections that you already have appears.

  3. [新しい接続] をクリックまたはタップします。Click or tap New connection.

    新しい接続

  4. 接続の一覧で [Oracle Database] をクリックまたはタップします。In the list of connections, click or tap Oracle Database.

    新規データベース

  5. Oracle サーバーの名前と、ユーザー名およびパスワードを指定します。Specify the name of an Oracle server, a username, and a password.

    SID が必要な場合は、次の形式でサーバーを指定します。Specify a server in this format if an SID is required:
    ServerName/SIDServerName/SID

    接続パラメーター

  6. 使用するゲートウェイをクリックまたはタップするか、ゲートウェイをインストールします。Click or tap the gateway that you want to use, or install one.

    インストール後にゲートウェイが表示されない場合は、[ゲートウェイ一覧を最新の情報に更新] をクリックします。If your gateway doesn't appear after you install it, click Refresh gateway list.

    新規ゲートウェイ

  7. [作成] をクリックまたはタップして接続を作成します。Click or tap Create to create the connection.

    新規

  8. [既定] データセットをクリックまたはタップします。Click or tap the default dataset.

    新規

  9. テーブルの一覧で、使用するテーブルをクリックまたはタップします。In the list of tables, click or tap the table that you want to use.

    新規

  10. [接続] をクリックしてアプリを作成します。Click Connect to create the app.

    新規

PowerApps により、選択したテーブルのデータが次の 3 つの画面に表示されるアプリが作成されます。PowerApps creates an app that has three screens and shows data from the table that you selected:

  • BrowseScreen1 には、テーブルに含まれるすべてのエントリが一覧表示されます。BrowseScreen1, which lists all entries in the table.
  • DetailScreen1 には、1 つのエントリに関する詳細が表示されます。DetailScreen1, which provides more info about a single entry.
  • EditScreen1 では、ユーザーがエントリの更新または作成を行うことができます。EditScreen1, in which users can update an entry or create an entry.

新規

次の手順Next steps

  • 生成したアプリを保存するには、Ctrl+S キーを押します。To save the app that you've just generated, press Ctrl-S.
  • 既定で表示される BrowseScreen1 のカスタマイズ方法については、レイアウトのカスタマイズに関するページを参照してください。To customize BrowseScreen1 (which appears by default), see Customize a layout.
  • DetailsScreen1 または EditScreen1 のカスタマイズ方法については、フォームのカスタマイズに関するページを参照してください。To customize DetailsScreen1 or EditScreen1, see Customize a form.

既知の問題、ヒント、およびトラブルシューティングKnown issues, tips, and troubleshooting

  1. ゲートウェイに到達できません。Cannot reach the Gateway.

    このエラーは、オンプレミス データ ゲートウェイがクラウドへ接続できない場合に表示されます。This error appears if the on-premises data gateway can't connect to the cloud. ゲートウェイの状態を確認するには、powerapps.microsoft.com にサインインして [ゲートウェイ] をクリックまたはタップし、使用するゲートウェイをクリックまたはタップします。To check the status of your gateway, sign in to powerapps.microsoft.com, click or tap Gateways, and then click or tap the gateway that you want to use.

    ゲートウェイが実行中でありインターネットに接続可能であることを確認してください。Make sure that your gateway is running and can connect to the Internet. 電源がオフになっているかスリープ状態のコンピューターには、ゲートウェイをインストールしないでください。Avoid installing the gateway on a computer that may be turned off or asleep. また、オンプレミス データ ゲートウェイ サービス (PBIEgwService) を再起動してみてください。Also try restarting the on-premises data gateway service (PBIEgwService).

  2. System.Data.OracleClient には Oracle クライアント ソフトウェア version 8.1.7 以降が必要です。System.Data.OracleClient requires Oracle client software version 8.1.7 or greater.

    このエラーは、オンプレミス データ ゲートウェイと同じコンピューターに Oracle クライアント SDK がインストールされていない場合に表示されます。This error appears if the Oracle client SDK isn't installed on the same computer as the on-premises data gateway. この問題を解決するには、正式なプロバイダーをインストールしてくださいTo resolve this issue, install the official provider.

  3. テーブル '[Tablename]' には、キー列が定義されていません。Table '[Tablename]' does not define any key columns.

    このエラーは、Oracle データベースへの接続に必要な主キーが設定されていないテーブルへ接続しようとすると表示されます。This error appears if you're connecting to a table that doesn't have a primary key, which the Oracle Database connection requires.

  4. 執筆時点では、ストアド プロシージャ、複合キーの設定されたテーブル、テーブル内で入れ子になったオブジェクト型はサポートされていません。As of this writing, stored procedures, tables with composite keys, and nested object types in tables aren't supported.