PowerApps のカード コントロールCard control in PowerApps

フォームの表示またはフォームの編集コントロールの 1 つのフィールドの表示や編集を体験できます。Provides the display and editing experience for a single field of a Display form or Edit form control.

説明Description

フォームの表示およびフォームの編集コントロールは、レコード全体を表示するためのコンテナーとして機能します。Display form and Edit form controls act as containers for displaying and viewing entire records. 各コンテナーは、個々のフィールドを表示したり、これらのフィールドを更新する方法を提供したりする一連のカード コントロールを保持できます。Each container can hold a set of Card controls that display individual fields or provide a way to update those fields. 各カードには、操作対象となるレコードのフィールドを指定する DataField プロパティがあります。Each card has a DataField property that specifies which field of the record it works on.

さまざまなデータ タイプやユーザー体験用に、いくつかのカードが事前に定義されています。Predefined cards are defined for different data types and user experiences. たとえば、キーボードで使用しやすい、テキスト入力コントロールで数値フィールドを編集するカードが存在する場合があります。For example, there may be a card to edit a number field with a Text input control, which is great for use with the keyboard. 別のカードは、代わりにスライダー コントロールを使用した数値の編集をサポートしている可能性があります。Another card might support editing a number by using a Slider control instead. フォーム コントロールが選択されていると、右側のウィンドウで、フィールドに基づいて容易にカードを選択できます。With the form control selected, you can, in the right-hand pane, easily select a card based on a field.

カード自体には、コントロールが含まれています。Cards themselves contain controls. カードのコントロールが、1 つのフィールドを表示したり編集したりする体験を構成します。The controls of a card make up the experience for displaying and editing a single field. たとえば、数値カードは、フィールドの表示名を提供するラベル コントロールと、フィールドの値のためのエディターを提供するテキスト入力コントロールで構成されている可能性があります。For example, a number card may consist of a Label control to provide the display name of the field and a Text input control to provide an editor for the value of the field. このカードにはまた、発生した検証エラーをすべて表示するラベル コントロールや、フィールドが必要であることを示す一般的なアスタリスクのためのラベル コントロールも含まれている可能性があります。The card may also have a Label control that shows any validation errors that occur and a Label control for the common asterisk to indicate that a field is required.

事前に定義されたカードの各コントロールは、サイズの変更、移動、非表示化、コントロールの追加などの変更を行ってカスタマイズできます。You can customize the controls of a predefined card by resizing it, moving it, hiding it, adding controls to it, and making other changes. また、最初からコントロールを追加する、完全に空白のカードである "カスタム カード" から始めることもできます。You can also start with an entirely blank card, a "custom card", to which you add controls from scratch.

事前に定義されたカードは、既定ではロックされています。Predefined cards are locked by default. ロックされたカードでは、カードまたはカード内のコントロールの特定のプロパティしか変更できず、またロックされたカードを削除することはできません。In a locked card, you can modify only certain properties of the card or the controls within the card, and you can't delete a locked card. Advanced ビューの View タブでカードのロックを表示したり、そのロックを解除したりできます。You can show the card lock and unlock it on the View tab of the Advanced view. プロパティがロックされていて変更できない場合は、その名前の横にロック アイコンが表示されます。If a property is locked and can't be modified, it appears with a lock icon next to its name. カードのロック解除は高度な操作であり、ロックを解除するとカードの自動数式生成が実行されず、カードを再びロックすることもできないため、くれぐれも慎重に行うようにしてください。Unlocking a card is an advanced activity and should be done with care, because automatic formula generation will no longer occur for the card, and you can't relock a card.

フォームのコンテナー内では ThisItem レコードが使用可能であり、そこにはレコードのすべてのフィールドが含まれています。Within the form's container, the ThisItem record is available and contains all the fields of the record. たとえば、カードの Default プロパティは多くの場合、ThisItem.FieldName に設定されています。For example, the card's Default property is often set to ThisItem.FieldName.

Parent 参照を使用して、カードのプロパティを参照するためのコントロールを構成できます。You can use the Parent reference to configure a control to reference the properties of a card. たとえば、コントロールは Parent.Default を使用して、フィールドの初期状態をデータ ソースから読み取ります。For example, a control should use Parent.Default to read the initial state of the field from the data source. 必要な情報に直接アクセスする代わりに Parent を使用すると、カードのカプセル化が向上し、内部の数式を壊すことなくそれを別のフィールドに変更できます。By using Parent instead of directly accessing the information that you want, the card is better encapsulated, and you can change it to a different field without breaking internal formulas.

カードをカスタマイズしたり、ロック解除したり、作成したりする方法の例については、「データ カードについて」をご覧ください。See Understand data cards for examples of how to customize, unlock, and create cards.

主要なプロパティKey properties

DataField – このカードが表示および編集するレコード内のフィールドの名前です。DataField – The name of the field within a record that this card displays and edits.

  • この名前は、数式ではなく、二重引用符で囲まれた 1 つの静的な文字列 (たとえば、"Name") として指定します。Specify the name as a single static string that's enclosed in double quotation marks (for example, "Name"), not a formula.
  • カードは、その DataField プロパティを空白に設定してバインド解除します。Unbind a card by setting its DataField property blank. バインド解除されたカードでは、Valid および Update プロパティは無視されます。The Valid and Update properties are ignored for unbound cards.

Default – ユーザーが変更する前のコントロールの初期値です。Default – The initial value of a control before it is changed by the user.

  • データ ソースに応じたフィールドの既定値を参照するには、カード内のコントロールごとに、このプロパティを Parent.Default に設定します。For each control in a card, set this property to Parent.Default to refer to the default value of the field according to the data source. たとえば、ユーザーがそのスライダーの一般的な値で始めるようにするには、スライダーの Default プロパティを Parent.Default に設定します。For example, set a slider's Default property to Parent.Default to ensure that the user starts with a generic value for that slider.

DisplayMode – 値は Edit、ViewDisabled のいずれかになります。DisplayMode – Values can be Edit, View, or Disabled. カード内のコントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を構成します。Configures whether the control inside the card allows user input (Edit), only displays data (View) or is disabled (Disabled).

  • 既定ではフォームの動作に関連するこのプロパティを構成すると、編集フォームと表示フォームの両方で 1 つのカードを使用できます。Allows a single card to be used in both edit and view forms, by configuring this property, which is tied to the Form's behavior by default.
  • View モードでは、テキスト入力ドロップ ダウン日付の選択などの子コントロールでテキスト値のみが表示され、対話型要素や装飾は表示されません。In View mode, child controls such as Text input, Drop down, Date Picker will only display the text value and will not render any interactive elements or decorations.

DisplayName – データ ソース内のフィールドのユーザー フレンドリ名です。DisplayName – The user friendly name for a field in a data source.

  • DataSourceInfo 関数は、このメタデータをデータ ソースから提供します。The DataSourceInfo function provides this metadata from the data source.
  • カード内のコントロールは、Parent.DisplayName を使用してフィールドの名前を参照します。Controls within the card should use Parent.DisplayName to refer to the name of the field.

Error – 検証が失敗した場合にこのフィールド用に表示するユーザー フレンドリなエラー メッセージです。Error – The user friendly error message to display for this field when validation fails.

  • このプロパティは、SubmitForm が呼び出されたときに設定されます。This property is set when SubmitForm is called.
  • このメッセージは、データ ソースのメタデータと、カードの Required プロパティのチェックに基づいた検証の問題を示します。The message describes validation problems based on the data source's metadata and checking the card's Required property.

Required – データ ソースのフィールドの編集時に、カードに値が含まれている必要があるかどうかを指定します。Required – Whether a card, editing the field of a data source, must contain a value.

  • DataSourceInfo 関数は、必要なメタデータをデータ ソースから提供します。The DataSourceInfo function provides the required metadata from the data source.
  • カード内のコントロールは、Parent.Required を使用して、そのカードのフィールドが必要かどうかを判定します。Controls within the card should use Parent.Required to determine whether that card's field is required.

Update – フィールドのデータ ソースに書き戻す値です。Update – The value to write back to the data source for a field.

  • データ ソースに書き戻すためにカードの編集コントロールから値を取得するには、このプロパティの数式を使用します。Use this property's formula to pull the values from the edit controls of the card in order to write back to the data source. たとえば、そのカード内のスライダーからの値でデータ ソースを更新するには、カードの Update プロパティを Slider.Value に設定します。For example, set a card's Update property to Slider.Value to update the data source with a value from the slider in that card.

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。Width – The distance between a control's left and right edges.

WidthFitフォームの編集 コントロールなどのコンテナー コントロールで、コントロールを水平方向に自動的に拡大して空の領域を埋めるかどうかを示します。WidthFit – Whether a control automatically grows horizontally to fill any empty space in a container control such as an Edit form control. 複数のカードでこのプロパティが true に設定されている場合、領域はカード間で分割されます。If multiple cards have this property set to true, the space is divided between them. 詳細については、「データ フォームのレイアウトについて」を参照してください。For more information, see Understand data form layout.

その他のプロパティAdditional properties

BorderColor – コントロールの境界線の色です。BorderColor – The color of a control's border.

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。BorderStyle – Whether a control's border is Solid, Dashed, Dotted, or None.

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。BorderThickness – The thickness of a control's border.

Fill – コントロールの背景色です。Fill – The background color of a control.

Height – コントロールの上端と下端の距離です。Height – The distance between a control's top and bottom edges.

Validカードまたはフォームの編集コントロールに、データ ソースに送信する準備ができている有効なエントリが含まれているかどうかを指定します。Valid – Whether a Card or Edit form control contains valid entries, ready to be submitted to the data source.

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。Visible – Whether a control appears or is hidden.

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。X – The distance between the left edge of a control and the left edge of its parent container (screen if no parent container). 複数の列を持つコンテナーのカード コントロールの場合、このプロパティは、カードが表示される列を決定します。For a Card control in a container that has multiple columns, this property determines the column in which the card appears.

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。Y – The distance between the top edge of a control and the top edge of the parent container (screen if no parent container). 複数の行を持つコンテナーのカード コントロールの場合、このプロパティは、カードが表示される行を決定します。For a Card control in a container that has multiple rows, this property determines the row in which the card appears.

Examples

例については、「データ カードについて」と「データ フォームのレイアウトについて」を参照してください。See Understand data cards and Understand data form layout for examples.