PowerApps のマイク コントロールMicrophone control in PowerApps

ユーザーがサウンドを録音できるコントロールです。A control with which the user can record sounds.

説明Description

このコントロールを追加した場合、ユーザーは、アプリを実行している任意の場所から 1 つ以上のサウンドでデータ ソースを更新できます。If you add this control, the user can update a data source with one or more sounds from wherever the app is running.

主要なプロパティKey properties

Mic – 複数のマイクを備えたデバイスでの、アプリが使用するマイクの数値 ID です。Mic – On a device that has more than one microphone, the numeric ID of the microphone that the app uses.

OnStop – ユーザーがマイク コントロールで録音を終了したときの、アプリの応答方法です。OnStop – How the app responds when the user stops recording with a microphone control.

その他のプロパティAdditional properties

BorderColor – コントロールの境界線の色です。BorderColor – The color of a control's border.

BorderStyle – コントロールの境界線を Solid (実線)、Dashed (破線)、Dotted (点線)、None (なし) のいずれに指定します。BorderStyle – Whether a control's border is Solid, Dashed, Dotted, or None.

BorderThickness – コントロールの境界線の太さです。BorderThickness – The thickness of a control's border.

Color – コントロールのテキストの色です。Color – The color of text in a control.

DisplayMode – コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を設定します。DisplayMode – Whether the control allows user input (Edit), only displays data (View), or is disabled (Disabled).

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの境界線の色です。DisabledBorderColor – The color of a control's border if the control's DisplayMode property is set to Disabled.

DisabledColor – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロール内のテキストの色です。DisabledColor – The color of text in a control if its DisplayMode property is set to Disabled.

DisabledFill – コントロールの DisplayMode プロパティが Disabled に設定されている場合のコントロールの背景色です。DisabledFill – The background color of a control if its DisplayMode property is set to Disabled.

Fill – コントロールの背景色です。Fill – The background color of a control.

Height – コントロールの上端と下端の距離です。Height – The distance between a control's top and bottom edges.

HoverBorderColor – コントロール上にユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色です。HoverBorderColor – The color of a control's border when the user keeps the mouse pointer on that control.

HoverColor – コントロールにユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロール内のテキストの色です。HoverColor – The color of the text in a control when the user keeps the mouse pointer on it.

HoverFill – コントロールにユーザーがマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色です。HoverFill – The background color of a control when the user keeps the mouse pointer on it.

Image – イメージ、オーディオ、マイクの各コントロールに表示される画像の名前です。Image – The name of the image that appears in an image, audio, or microphone control.

ImagePosition – 画面またはコントロールのサイズが画像と異なる場合の、画面またはコントロール内の画像の位置です (Fill (フィル)、Fit (サイズに合わせる)、Stretch (伸ばす)、Tile (タイル表示)、または Center (中央に表示))。ImagePosition – The position (Fill, Fit, Stretch, Tile, or Center) of an image in a screen or a control if it isn't the same size as the image.

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックした場合のアプリの反応を指定します。OnSelect – How the app responds when the user taps or clicks a control.

OnStart – ユーザーがマイク コントロールで録音を開始したときの、アプリの応答方法です。OnStart – How the app responds when the user starts to record with a microphone control.

PressedBorderColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色です。PressedBorderColor – The color of a control's border when the user taps or clicks that control.

PressedColor – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロール内のテキストの色です。PressedColor – The color of text in a control when the user taps or clicks that control.

PressedFill – コントロールをユーザーがタップまたはクリックしたときのコントロールの背景色です。PressedFill – The background color of a control when the user taps or clicks that control.

Reset – コントロールを既定値に戻すかどうかを指定します。Reset – Whether a control reverts to its default value.

Tooltip – ポインターをコントロールに合わせたときに表示される説明テキストです。Tooltip – Explanatory text that appears when the user hovers over a control.

Visible – コントロールを表示するか非表示にするかを指定します。Visible – Whether a control appears or is hidden.

Width – コントロールの左端と右端の間の距離です。Width – The distance between a control's left and right edges.

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離です。X – The distance between the left edge of a control and the left edge of its parent container (screen if no parent container).

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離です。Y – The distance between the top edge of a control and the top edge of the parent container (screen if no parent container).

Patch( DataSource, BaseRecord, ChangeRecord )Patch( DataSource, BaseRecord, ChangeRecord )

Example

  1. マイクを追加し、「MyMic」という名前を付け、OnStop プロパティに次の数式を設定します。Add a Microphone, name it MyMic, and set its OnStop property to this formula:
    Collect(MySounds, MyMic.Audio)Collect(MySounds, MyMic.Audio)

    コントロールの追加、命名、構成についてはこちらをご覧くださいDon't know how to add, name, and configure a control?

    Collect 関数またはその他の関数については各関連記事を参照してください。Want more information about the Collect function or other functions?

  2. カスタム ギャラリー コントロールを追加し、MyMic の下に移動し、カスタム ギャラリー コントロールの Items プロパティを MySounds に設定します。Add a Custom gallery control, move it below MyMic, and set the Items property for the Custom gallery control to MySounds.
  3. カスタム ギャラリー コントロール用のテンプレートで、オーディオ コントロールを追加し、Media プロパティを ThisItem.Url に設定します。In the template for the Custom gallery control, add an Audio control, and set its Media property to ThisItem.Url.
  4. F5 キーを押して、MyMic をクリックまたはタップして録音を開始し、もう一度クリックまたはタップして録音を停止します。Press F5, click or tap MyMic to start recording, and then click or tap it again to stop recording.
  5. カスタム ギャラリー コントロールで、オーディオ コントロールの再生ボタンをクリックまたはタップして録音を再生します。In the Custom gallery control, click or tap the play button in the Audio control to play back your recording.
  6. 必要な数のサウンドを録音してから、Esc キーを押して既定のワークスペースに戻ります。Add as many recordings as you want, and then return to the default workspace by pressing Esc.
  7. (省略可能) カスタム ギャラリー コントロール用のテンプレートで、ボタン コントロールを追加し、OnSelect プロパティを Remove(MySounds, ThisItem) に設定し、F5 キーを押してから、ボタン コントロールをクリックまたはタップして対応する録音を削除します。(optional) In the template for the Custom gallery control, add a Button control, set its OnSelect property to Remove(MySounds, ThisItem), press F5, and then remove a recording by clicking or tapping the corresponding Button control.

SaveData 関数を使用して録音をローカルに保存するか、Patch 関数を使用してデータ ソースを更新します。Use the SaveData function to save the recordings locally or the Patch function to update a data source.