Power Query を使用して Common Data Service (CDS) で新しいエンティティを作成するCreate new entities in the Common Data Service (CDS) using Power Query

Power Query の統合を使用すると、ビジネス アプリ開発者は Common Data Service (CDS) で幅広いデータソースから新しいエンティティを作成できます。With the integration of Power Query, business app developers can create new entities in the Common Data Service (CDS) from a wide range of data sources.

ユーザーは Common Data Service を使用すると、一連の標準エンティティとカスタム エンティティ内にデータを安全に格納して、管理できます。The Common Data Service lets users securely store and manage data within a set of standard and custom entities. エンティティは、データベース内のテーブルと同様に、データを格納するために使用される一連のフィールドです。An entity is a set of fields used to store data, similar to a table within a database. Common Data Service にデータが格納されたら、Microsoft PowerApps で、格納されたデータを使用するさまざまなアプリケーションを構築できます。Once the data is stored in the Common Data Service, you can use Microsoft PowerApps to build rich applications that use the stored data.

Power Query の統合を使用すると、PowerApps を使用するビジネス アプリ開発者は、Common Data Service にリレーショナル データベース ( SQL Server、IBM DB2 など)、Excel、Access、テキスト ファイルに加えて、Salesforce、Azure SQL Database およびデータ ウェアハウス、Web API、OData フィード、その他のソースのオンライン サービスのようなオンプレミス データ ソースなどの外部データ ソースのデータに基づき、新しいエンティティを作成できます。With Power Query integration, business app developers using PowerApps can create new entities in the Common Data Service based on data from external data sources, such as on-premises data sources like relational databases (SQL Server, IBM DB2, and so on), Excel, Access, and text files, as well as online services such as Salesforce, Azure SQL Database and Data Warehouse, Web APIs, OData feeds, and many more sources. Power Query を使用すると、さまざまなデータ ソースに接続できる上に、Common Data Service にデータを読み込む前にフィルター処理、変換、データの結合もできます。In addition to the wide array of data sources to which you can connect, using Power Query also lets you filter, transform, and combine data before loading it into the Common Data Service.

データからの新しいエンティティ

Power Query の機能を使用して CDS の新しいエンティティを有効にするEnabling the CDS New Entities from Power Query feature

この機能は PowerApps テナントで利用できますが、既定ではオンになっていません。This feature is available in your PowerApps tenant, but is not turned on by default. web.powerapps.com で有効にすることができます。You can enable it in web.powerapps.com.

注意

自分で作成したデータベースでのみ、新しいカスタム エンティティを作成できます。You can create new custom entities only in databases that you have created.

この機能を有効にするには、PowerApps ポータルで次の手順を実行します。In the PowerApps portal, take the following steps to enable this feature:

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[Common Data Service] > [エンティティ] タブを参照します。Browse to the Common Data Service > Entities tab, in the left navigation pane.

  2. エンティティ一覧から、[新しいエンティティ] のドロップダウンを選択します。From the Entities list, select the New Entity dropdown.

  3. ドロップダウン メニューに表示される一覧から、次の図のように [データからの新しいエンティティ (Technical Preview)] を選択します。From the list that appears in the dropdown menu, select New Entity from Data (Technical Preview) as shown in the following image.

    データからの新しいエンティティ

  4. メニューで [データからの新しいエンティティ (Technical Preview)] を選択すると、次の図のように、ダイアログとともにこの Technical Preview で使用可能なコネクタの一覧が表示されます。Once you select New Entity from Data (Technical Preview) from the menu, a dialog appears with the list of available connectors in this Technical Preview, as shown in the following image.

    使用可能なコネクタ

  5. 使用するコネクタを選択したら、次の手順に進み、データ ソース接続の詳細と資格情報を指定したり、インポートするテーブルを選択したりします。Once you've selected the connector you want to use, you can continue to the next steps to specify data source connection details and credentials, select which tables to import, and so on. クエリ エディターにもアクセスできるようになるため ([ナビゲーター] ビューの [編集] ボタンを使用します)、CDS にデータをインポートする前に、フィルター処理やデータ変換の手順を適用できます。You may be able to access the Query Editor as well (using the Edit button in the Navigator view) and thereby apply filters or data transformation steps before importing data into CDS.

読み込みの設定とその他の動作を調整するAdjust load settings and other behavior

前のセクションの手順が完了し、Power Query を使用して新しいエンティティを CDS に作成するためのデータ ソースの準備が整ったら、更新動作などのその他の読み込みの設定、表示名や主キーなどのエンティティ特有の設定を調整できます。Once you've completed the steps in the previous section, and have a data source ready to use to create new entities in CDS using Power Query, you can adjust additional load settings, such as refresh behavior and entity-specific settings (such as Display Name, Primary Keys, and others).

上記の手順を完了して [読み込み] を選択すると、CDS に新しいカスタム エンティティが作成されます。Once those steps are completed and you select Load, you will have created new custom entities in CDS. 特定のエンティティの[エンティティ] メニューにアクセスして、初期読み込みの後にクエリを編集することもできます。You can also edit queries after the initial load by accessing the Entity menu for a specific entity.

これはとても心躍る機能です。お客様のご意見をお待ちしております。We're very excited about this functionality, and are eager to hear your feedback. この機能に関する提案およびフィードバックをお寄せくださいPlease send us your suggestions and feedback about this feature!