エンティティ間のリレーションシップを構築するBuild a relationship between entities

エンティティのデータに、別のエンティティのデータとの関連性があることは少なくありません。Data in one entity often relates to data in another entity. たとえば、Customers エンティティと Orders エンティティがある場合、Orders エンティティは、どの顧客からの発注であるかを示す Customers エンティティに対するルックアップ リレーションシップを持つことが考えられます。For example, you might have a Customers entity and an Orders entity, and the Orders entity might have a lookup relation to the Customers entity to show which customer placed the order. ルックアップ フィールドを使用すれば、発注した顧客の Customers エンティティからのデータを表示することができます。You can use a lookup field to show data from the Customers entity for the customer who placed the order. 詳細については、「Entity relationships and lookup fields」 (エンティティ リレーションシップとルックアップ フィールド) を参照してください。For more information, see Entity relationships and lookup fields.

リレーションシップの定義Define a relationship

2 つのエンティティ間 (または同じエンティティ間) で作成できるリレーションシップには、いくつかの種類があります。You can create several types of relationships from one entity to another (or between an entity and itself). 1 つのエンティティは、複数のエンティティとのリレーションシップを持つことができます。また、1 つのエンティティが、別のエンティティに対して複数のリレーションシップを持つこともできます。Each entity can have a relationship with more than one entity, and each entity can have more than one relationship to another entity. 以下に、いくつかの一般的なリレーションシップの種類を示します。Some common relationship types are:

  • 標準 - このタイプのリレーションシップは、2 つのエンティティの間に存在します。Normal - This type of relationship exists between two entities.
  • 自己 - このタイプのリレーションシップは、同じエンティティ間に存在します。Self - This type of relationship exists between an entity and itself.
  • 一対一 - このタイプのリレーションシップでは、エンティティ A の各レコードが、エンティティ B の 1 件のレコードとのみ対応関係を持つことができます (その逆も同様)。One-to-one - In this type of relationship, each record in entity A can match only one record in entity B, and vice versa. 現行リリースの Common Data Service は、カスタム エンティティのこのタイプのリレーションシップをサポートしていません。The current release of the Common Data Service does not support this type of relationship for custom entities.
  • 一対多 - このタイプのリレーションシップでは、エンティティ A の各レコードが、エンティティ B の複数のレコードと対応関係を持つことができます。一方、エンティティ B の各レコードは、エンティティ A の 1 件のレコードに対してしか対応関係を持つことができません。One-to-many - In this type of relationship, each record in entity A can match more than one record in entity B, but each record in entity B can match only one record in entity A.
  • 多対多 - このタイプのリレーションシップでは、エンティティ A の各レコードが、エンティティ B の複数のレコードと対応関係を持つことができます (その逆も同様)。Many-to-many - In this type of relationship, each record in entity A can match more than one record in entity B, and vice versa. 現行リリースの Common Data Service は、このタイプのリレーションシップをサポートしていません。The current release of the Common Data Service doesn't support this type of relationship.

ルックアップ リレーションシップの追加Add a lookup relation

エンティティにルックアップ リレーションシップを追加するには、[リレーションシップ] タブでリレーションシップを作成し、リレーションシップを作成するエンティティを指定します。To add a lookup relation to an entity, create a relation under the Relationships tab and specify the entity with which you want to create a relationship.

  1. powerapps.com で、[Common Data Service] セクションを展開し、左側のナビゲーション ウィンドウで [エンティティ] をクリックまたはタップします。On powerapps.com, expand the Common Data Service section and click or tap Entities in the left navigation pane.
  2. エンティティの一覧で、目的のエンティティをクリックまたはタップすると、そのフィールドが表示されます。In the list of entities, click or tap an entity to display its fields. この一覧は、その上に表示される検索バーに文字を入力してフィルタリングできます。You can filter the list by typing one or more characters in the search bar above the list.
  3. 画面の上部に表示される [リレーションシップ] をクリックまたはタップします。Near the top of the screen, click or tap Relationships. このタブには、エンティティのすべてのリレーションシップが表示されます。This tab shows you all of the relationships for the entity. [新しいリレーションシップ] をクリックします。Click New relationship.
  4. [リレーションシップの作成] ページで、リレーションシップを作成する関連エンティティを指定します。次に、リレーションシップの名前と表示名を指定します。On the Create relationship page, specify the related entity with which you want to create a relationship and then, specify the name and display name of the relation.
  5. [保存] をクリックまたはタップして変更を確定します。Click or tap Save to commit the changes. 同じ名前のルックアップ フィールドが自動的に作成されます。A lookup field with the same name will be automatically created.

アプリでのルックアップ フィールドの使用Use a lookup field in an app

ルックアップ フィールドを含むエンティティから自動的にアプリを作成した場合、そのエンティティはドロップダウン コントロールとして表示され、折りたたまれた状態にある参照先エンティティのプライマリ キー フィールドからのデータを含みます。If you create an app automatically from an entity that contains a lookup field, it appears as a Drop down control that contains data from the primary key field of the referred entity in a collapsed state. 展開時にドロップダウンで 2 つのフィールドを表示するには、ルックアップ リレーションシップの関連エンティティの [Default Lookup] (既定のルックアップ) フィールド グループに PrimaryId フィールドと任意の 2 番目のフィールドを追加する必要があります。To see two fields in the drop down when it is expanded, you must add the PrimaryId field and a second field of your choice to the Default Lookup field group of the related entity of the lookup relation.

ルックアップ リレーションシップを持つレコードの削除Delete a record with a lookup relation

エンティティ A がエンティティ B に対するルックアップ リレーションシップを持つ場合、次のことが当てはまります。If entity A has a lookup relation to entity B:

  • エンティティ A のレコードは自由に削除することができます。You can delete any record in entity A without restriction.
  • エンティティ A のレコードとの対応関係を持つレコードがエンティティ B に存在する場合、エンティティ B のレコードを削除するためにはまず、エンティティ A の、対応するすべてのレコードを削除する必要があります。If a record in entity B matches one or more records in entity A, you must delete all matching records in entity A before you can delete the record in entity B.

: エンティティ B が標準エンティティで、エンティティ A に対する親リレーションシップを持つ場合、エンティティ A からレコードを削除すると、エンティティ B からも、対応するすべてのレコードが削除されます。Note: If entity B is a standard entity with a parent relationship to entity A and you delete a record from entity A, all matched records in entity B are also deleted.

フィールドを削除する方法については、フィールドの管理に関するページを参照してください。For information about how to delete a field, see Manage fields.

次の手順Next steps