Common Data Service からのデータのインポートまたはエクスポートImport or export data from the Common Data Service

Common Data Service との間でデータを移動する場合、次の 2 とおりの方法があります。You can move data into or out of the Common Data Service in one of two ways:

  • 複数のエンティティのデータを一回限りで一括インポート/エクスポートしたい場合、Microsoft Excel を使用できます。If you want to do a one-time bulk import or export of data, you can use Microsoft Excel for multiple entities.
  • 単一のエンティティのデータを別のサービス (Dynamics 365 や Salesforce など) や Excel ファイルとの間で日常的にインポート/エクスポートしたい場合、If you want an ongoing import or export of data for a single entity to another service, such as Dynamics 365 or Salesforce, or even to an Excel file. Microsoft Flow を使用して日常的なインポート/エクスポートを設定することができます。To set up ongoing import or export, you can use Microsoft Flow.

データの一回限りのインポートとエクスポートImport or export data once

Excel からデータをインポートするImport data from Excel

  1. powerapps.com で、[Common Data Service] セクションを展開し、左側のナビゲーション ウィンドウで [エンティティ] をクリックまたはタップします。On powerapps.com, expand the Common Data Service section and click or tap Entities in the left navigation pane.
  2. [New entity (新しいエンティティ)] の横の省略記号をクリックまたはタップし、[Import data (データをインポート)] をクリックまたはタップします。Next to New entity, click or tap the ellipsis, and then click or tap Import data.
  3. データをインポートするエンティティを選択し、[次へ] をクリックまたはタップします。Select the entity that you want to import data into, and then click or tap Next.
  4. [検索] をクリックまたはタップします。Click or tap Search. インポートするデータがあるファイルを選択します。Select the file that you want to import data from.
  5. [Mapping Status] (マッピングの状態) が一致せず、緑色のチェックマークが表示されない場合は、エンティティのフィールドと Excel ファイルの列との間でマッピングを指定する必要があります。If the Mapping Status is not Match with a green check mark, then you will need to specify the mapping between the entity fields and the columns in the Excel file. 列をマッピングするには、次の手順を実行します。To map the columns:
    1. [Show Mapping (マッピングを表示する)] をクリックまたはタップします。Click or tap Show Mapping.
    2. 各エンティティ フィールドについて、Excel ファイル内の一致する列を選択します。For each entity field, select the matching column in the Excel file.
    3. [Save changes (変更の保存)] をクリックまたはタップします。Click or tap Save changes.
  6. [インポート] をクリックします。Click Import.

Excel にデータをエクスポートするExport data to Excel

標準エンティティまたはカスタム エンティティからデータを 1 回限りエクスポートしたり、複数のエンティティから一度にデータをエクスポートしたりすることができます。You can do a one-time data export from a standard entity or custom entity, and you can export data from more than one entity at a time. 複数のエンティティからデータをエクスポートした場合、各エンティティがそれぞれ異なる Microsoft Excel ファイルにエクスポートされます。If you export data from more than one entity, each entity is exported into its own Microsoft Excel file.

  1. powerapps.com の左側のナビゲーション ウィンドウで、[エンティティ] をクリックまたはタップします。On powerapps.com, click or tap Entities in the left navigation pane.
  2. [New entity (新しいエンティティ)] の横の省略記号をクリックまたはタップし、[データのエクスポート] をクリックまたはタップします。Next to New entity, click or tap the ellipsis, and then click or tap Export data.
  3. エクスポートするデータがあるエンティティを選択し、[Excel にエクスポート] をクリックまたはタップします。Select the entities that you want to export data from, and then click or tap Export to Excel.
  4. "エクスポートが完了しました" と表示されたら、[Download exported data (エクスポートされたデータのダウンロード)] をクリックまたはタップして、データをダウンロードします。When Export Completed appears, click or tap Download exported data to download the data.

Microsoft Flow で日常的なインポート/エクスポートをセットアップするUse Microsoft Flow to set up ongoing import or export

日常的なインポート/エクスポートは、一度に 1 つの標準エンティティまたはカスタム エンティティに対して設定することができます。You can set up ongoing import or export for a single standard entity or custom entity at a time. 接続先としては、次のような場所を選択することができます。Some possible places you can connect to include:

  • Dynamics 365Dynamics 365
  • SalesforceSalesforce
  • 任意のクラウド ファイル プロバイダーに保存されている Microsoft Excel ファイルMicrosoft Excel files stored in any cloud file provider
  • Microsoft SQL データベース (クラウドとオンプレミスの両方)A Microsoft SQL database, both in the cloud and on-premises
  • 独自システムに接続するように定義されたカスタム コネクタA custom connector that you define to connect to your own systems

現在、Microsoft Flow を使用してデータをインポートしたりエクスポートしたりする場合、その機能は完全な同期サービスではありません。Today, when you use Microsoft Flow to import or export data, it is not a full synchronization service. 一方のサービスにオブジェクトを追加すると、そのオブジェクトがもう一方のシステムにもインポートされます。When an object is added to one service, it will be imported into the other system. しかしオブジェクトを一方のシステムから削除しても、そのオブジェクトがもう一方のシステムから削除されることはありません。However, that means if an object is deleted from one system it will not be deleted in the other system.

インポートの設定方法は、インポートしたいオブジェクトのテンプレートが既に存在するかどうかによって異なります。How to set up the import depends on if a template already exists for the object that you want to import. テンプレートが存在する場合は、システム間でデータをコピーするための設定をテンプレートで行うことができます。If a template exists, you can set it up to copy data from one system to another. 詳細については、「Common Data Service を使用するフローの作成」を参照してください。For more information, see Create a flow that uses the Microsoft Common Data Service. ただし、そのようなテンプレートが存在しない場合は、データベースを使用できるフローを作成する必要があります。However, if no such template exists, you'll need to create a flow that can use the database. 詳細については、「Microsoft Flow でのフローの作成」を参照してください。For more details, refer to How to create a flow from scratch.