AppSource でのお客様によるアプリ体験版の使用Let customers test drive your apps on AppSource

PowerApps でのアプリの作成に関心がありますか。Are you passionate about building apps in PowerApps? お客様と共有したいアプリがありますか。Do you have an app you would like to share with customers? 現在、アプリをお客様と共有し、ビジネスの潜在顧客を生成する方法として、AppSource.com で PowerApps 体験版ソリューションを用意しています。We now support PowerApps Test Drive solutions on AppSource.com as a way for you to share apps with customers, and generate leads for your business.

体験版ソリューションとはWhat is a Test Drive solution?

体験版ソリューションを使用すると、お客様は、PowerApps プランにサインアップしたり、アプリケーションをインストールしたりせずに、実際のアプリを試すことができます。A Test Drive solution enables your customers to try out a real app, without signing up for a PowerApps plan or installing any applications. お客様は、Azure Active Directory (AAD) アカウントを使用して AppSource.com にサインインして、Web ブラウザーでアプリを実行するだけです。Customers just sign into AppSource.com using their Azure Active Directory (AAD) account and run the app in a web browser. 体験版がなければ、お客様はアプリに関する説明を読んだり、ビデオを見たりするしかありません。Without Test Drive, customers can only read about your app or watch a video that describes it. 体験版を使用すると、ソリューションの内容やアプリの機能についてよく理解することができます。With Test Drive, customers get a better idea of what your solution is and what functionality your app has. アプリを実際に使用する経験を持つことができます。And they have the experience of actually using the app. お客様がアプリの内部の構築方法を見ることはできないため、知的財産は保護されます。Customers won't be able to look under the hood to see how your app is built, so your intellectual property is protected. 体験版アプリを起動するユーザーについて、潜在顧客の情報を収集して共有し、ビジネスの成長に役立てます。We collect and share lead information for users that launch your Test Drive app to help you grow your business.

AppSource.com で公開されているアプリの例を次に示します。Here is the example of an app listing on AppSource.com:

<span data-ttu-id="c95ef-116">サンプル AppSource 一覧</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="c95ef-116">Sample AppSource listing</span></span>

[無料試用版] リンクを上のアプリ一覧から選択すると、関連付けられた PowerApps 体験版アプリがユーザーのブラウザーで直接起動されます。Selecting the Free Trial link from the app listing above launches the associated PowerApps Test Drive app directly within the user's browser:

サンプル アプリ Web プレーヤー

体験版ソリューションを構築する方法How do I build a Test Drive solution?

体験版ソリューション用のアプリの構築は、PowerApps でアプリを構築する方法と同じですが、外部データ接続の代わりに埋め込みデータを使用します。Building an app for a Test Drive solution is just like building any app in PowerApps, but you use embedded data instead of external data connections. 埋め込みデータを使用することで、アプリをお客様にデプロイする障壁が低くなり、体験版に対する抵抗がなくなります。通常、最終的にお客様に配布する完成したソリューションにはデータ接続が含まれますが、埋め込みデータは体験版ソリューションでは十分に機能します。Using embedded data reduces the barrier of deploying the app to your customer, so there is zero friction for them to try it out. The full solution that you ultimately distribute to customers typically includes data connections, but embedded data works well for a Test Drive solution.

PowerApps では、埋め込みデータによるアプリの構築がネイティブにサポートされるため、アプリで使用するサンプル データが必要になるだけです。PowerApps natively supports building apps with embedded data, so you just need sample data for your app to use. このデータは Excel ファイルに 1 つ以上のテーブルとしてキャプチャする必要があります。This data should be captured in an Excel file as one or more tables. PowerApps は、外部接続を介する代わりに、Excel テーブルのデータをアプリに取得して処理します。In PowerApps, you then pull the data from the Excel tables into the app and work with it there, rather than through an external connection. この後の 3 つの手順のプロセスで、アプリにデータを取得して使用する方法を説明します。The three-step process below shows you how to pull data in and use that data in your app.

手順 1: アプリにデータをインポートするStep 1: Import data into the app

2 つのテーブル SiteInspectorSitePhotos を含む Excel ファイルがあるとします。Assume you have an Excel file with two tables: SiteInspector and SitePhotos.

インポートする Excel テーブル

オプション [静的データをアプリに追加します] を使用して、これら 2 つのテーブルを PowerApps にインポートします。Import these two tables into PowerApps by using the option Add static data to your app.

[静的データをアプリに追加します]

これでアプリのデータ ソースとしてテーブルが追加されました。You now have the tables as data sources in your app.

データ ソースとしてインポートされた Excel テーブル

手順 2: 読み取り専用シナリオと読み取り/書き込みシナリオを扱うStep 2: Handling read-only and read-write scenarios

インポートしたデータは、静的つまり読み取り専用です。The data you imported is static, therefore read-only. アプリが読み取り専用の場合 (ユーザーへのデータの表示のみを行うアプリなど)、アプリ内でテーブルを直接参照します。If your app is read-only (i.e. it only displays data to the user), reference the tables directly in the app. たとえば、SiteInspectorテーブルの Title フィールドにアクセスする場合、式で SiteInspector.Title を使用します。For example, if you want to access the Title field in the SiteInspector table, use SiteInspector.Title in your formula.

アプリが読み取り/書き込みの場合は、最初に各テーブルのデータをコレクションに取得します。これは PowerApps の表形式データ構造です。If your app is read-write, first pull the data from each table into a collection, which is a tabular data structure in PowerApps. その後、テーブルではなくコレクションを処理します。Then work with the collection rather than the table. SiteInspector テーブルと SitePhotos テーブルから SiteInspectorCollect コレクションと SitePhotosCollect コレクションにデータを取得するには、次のようにします。To pull data from the SiteInspector and SitePhotos tables into the SiteInspectorCollect and SitePhotosCollect collections:

ClearCollect(SiteInspectorCollect,SiteInspector); ClearCollect(SitePhotosCollect,SitePhotos)

この式では、両方のコレクションがクリアされてから、各テーブルのデータが対応するコレクションに収集されます。The formula clears both collections, then collects data from each table into the appropriate collection:

  • アプリのどこかでこの式を呼び出して、データを読み込みます。Call this formula somewhere in your app to load the data.
  • アプリのすべてのコレクションを表示するには、[ファイル] > [コレクション] に移動します。View all collections in your app by navigating to File > Collections.
  • 詳しくは、「アプリのコレクションの作成と更新」をご覧ください。For more information, see Create and update a collection in your app.

ここで、Title フィールドにアクセスする場合は、式で SiteInspectorCollect.Title を使用します。Now if you want to access the Title field, use SiteInspectorCollect.Title in your formula.

手順 3: アプリのデータを追加、更新、削除するStep 3: Add, update, and delete data in your app

これまで、データを直接読み取る方法とコレクションから読み取る方法を説明しました。次は、コレクションのデータの追加、更新、削除を行う方法について説明します。You've seen how to read data directly and from a collection; now we'll show you how to add, update, and delete data in a collection:

行をコレクションに追加するには、Collect( DataSource, Item, ... ) を使用します。To add a row to a collection, use Collect( DataSource, Item, ... ):

Collect(SiteInspectorCollect,{ID:Value(Max(SiteInspectorCollect, ID)+1),
    Title:TitleText.Text,SubTitle:SubTitleText.Text,Description:DescriptionText.Text)

コレクションの行を更新するには、UpdateIf( DataSource, Condition1, ChangeRecord1 [, Condition2, ChangeRecord2, ...] ) を使用します。To update a row in a collection, use UpdateIf( DataSource, Condition1, ChangeRecord1 [, Condition2, ChangeRecord2, ...] ):

UpdateIf(SiteInspectorCollect,ID=record.ID,
    {Title:TitleEditText.Text,SubTitle:SubTitleEditText.Text,Description:DescriptionEditText.Text)

コレクションから行を削除するには、RemoveIf( DataSource, Condition [, ...] ) を使用します。To delete a row from a collection, use RemoveIf( DataSource, Condition [, ...] ):

RemoveIf(SiteInspectorCollect,ID=record.ID)

注意

コレクションにデータが保持されるのはアプリが実行している間だけです。アプリが終了すると、すべての変更は破棄されます。Collections hold data only while the app is running; any changes are discarded when the app is closed.

要約すると、埋め込みデータを使用するアプリのアプリのバージョンを作成できます。これを使用して、外部データに接続するアプリのエクスペリエンスをシミュレーションします。In summary, you can create a version of your app with embedded data, which simulates the experience of your app connecting to external data. データを埋め込んだら、そのアプリを体験版ソリューションとして AppSource.com に公開する準備が整いました。After the data is embedded, you will be ready to publish this app as a Test Drive solution on AppSource.com.

体験版ソリューションを AppSource.com に登録する方法How do I list my Test Drive solution on AppSource.com?

アプリの準備ができたので、AppSource.com に公開します。このプロセスを開始するには、PowerApps.com の申し込みフォームに必要事項を入力してください。Now that your app is ready, it's time to publish it to AppSource.com. In order to start this process, please complete the application form on PowerApps.com.

申し込みが完了すると、AppSource.com でアプリを公開するために送信する手順が記載された電子メールが届きます。また、エンドツーエンドのプロセスを詳しく説明している利用開始のドキュメントをこちらからダウンロードできます。Once you apply you will receive an email with instructions on how to submit your app to be published on AppSource.com. The onboarding documentation that captures the full end-to-end process can also be downloaded here.