pickFile

ダイアログ ボックスを開いて、コンピューター (Web クライアント) またはモバイル デバイス (モバイル クライアント) からファイルを選びます。

構文

context.device.pickFile(options)

以下に使用できます

モデル駆動型アプリ

パラメーター

パラメーター名 必要な領域 内容
options Object No ファイルを選択するオプション。

戻り値

種類: Promise<FileObject[]>

PromiseFileObject を参照してください

備考

options パラメーター オブジェクトは以下のプロパティを持ちます:

件名 内容
accept String 選択する画像ファイルの種類。 有効な値は、 audiovideo 、または image です。
allowMultipleFiles Boolean 複数ファイルの選択を許可するかを示します
maximumAllowedFileSize Number 選択するファイルの最大サイズ

Device
Power Apps Component Framework API の参照
Power Apps Component Framework の概要