updateRecord

エンティティ レコードを更新します。

以下に使用できます

モデル駆動型アプリ

構文

context.webAPI.updateRecord(entityLogicalName, id, data).then(successCallback, errorCallback);

パラメーター

件名 必要な領域 内容
entityLogicalName String あり 更新するレコードのエンティティの論理名。 たとえば、"account"。
ID String はい 更新するエンティティ レコードの GUID。
data オブジェクト あり

key がエンティティのプロパティである、 key: value ペアを含む JSON オブジェクト value が更新すべきプロパティの値です。

さまざまな更新のシナリオ向けに data オブジェクトを定義する方法については、このトピックの以降の例を参照してください。

successCallback 関数 No

レコードを更新した場合に呼び出す関数。 次のプロパティを持つオブジェクトが渡され、更新されたレコードが識別されます:

  • entityType: 文字列。 更新されたレコードのエンティティの種類。
  • id: 文字列。 更新されたレコードの GUID。
errorCallback 関数 No 処理が失敗したときに呼び出す関数。 次のプロパティを持つオブジェクトが渡されます。
  • errorCode: 数値。 エラー コード。
  • message: 文字列。 問題を示すエラー メッセージが表示されます。

戻り値

型: Promise<Entityreference>

説明: 成功時に successCallback パラメーターの説明で指定済みの属性を含む promise オブジェクトを返します。

Web API
Power Apps Component Framework API の参照
Power Apps Component Framework の概要