モデル駆動型アプリのクライアント側スクリプトのベスト プラクティスとガイダンス

下の一覧では、モデル駆動型アプリのクライアント側スクリプトのベスト プラクティスとガイダンスを示しています。

ベスト プラクティス 説明
window.top を使用しないでください JavaScript のカスタマイズで window.top を使用することと関連する、スクリプトエラーと誤ったアプリケーション動作を回避する方法について説明します。
エンティティ フォームやビューをプログラムから開くときに NavBar の無効化を検討する URLでエンティティ フォームやビューを開く時にナビゲーション バー (NavBar) が有効だと、待ち時間が長いネットワークでクライアントのパフォーマンスが低下する可能性があります。
ベストプラクティス: モデル駆動型アプリにおけるクライアント スクリプト モデル駆動型アプリの JavaScript コードを記述する際に考慮すべきベスト プラクティスとなるヒントの一部です。
HTTP および HTTPS リソースを非同期に操作 モデル駆動型アプリの JavaScript クライアント拡張を作成する場合は、HTTP リソースおよび HTTPS リソースと非同期に対話する必要があります。
非アクティブ化または無効化されたカスタマイズを削除 非アクティブ化または無効化されたカスタマイズは、ソリューション管理を改善するため、および古いコンポーネントを使用または管理するリスクを減らすためにソリューションから削除されます。

関連項目

クライアント スクリプトを使用してビジネス ロジックを適用